MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
6月解禁! 「テンヤ+ワーム」で狙う 鹿島沖のマゴチ!

6月解禁! 「テンヤ+ワーム」で狙う 鹿島沖のマゴチ!

鹿島沖のマゴチは6月1日から解禁した。「テンヤ+ワーム」で狙うスタイルでは、多くのポイントでアタリがあり、まずまずの釣果!さらに上向いていることが期待される鹿島沖のマゴチ!パターンにハマれば連発もある!

茨城・鹿島沖のマゴチ!6月から解禁!

一昨年から初夏の鹿島沖でブレイクしたマゴチ釣り。
今シーズンは6月から解禁ということで、シーズンがスタートした。

今回、解禁初日に取材した鹿島旧港「第十八不動丸」も試し釣りに出船。
試し釣りのときは、どのポイントでも型を見たというまずまずの釣果。
好釣果を期待して解禁日の取材に臨んだ。

取材時は朝から雨がポツポツ降る天候。
潮も濁り、あまりいい条件ではなかった。

それでも港から近いポイントから開始すると、数人にバイト。
食いが浅いのかなかなかフッキングにいたらなかったが、何ケ所目かのポイントで型を見ると、それを皮切りにコンスタントに船に取り込まれるようになった。

初日の釣果は2〜7本という好釣果に終わった。

「今日は天気も雨でしたし、潮が濁っていました。潮が澄んで、晴れた日には、もっとアタると思います」と
「第十八不動丸」の加瀬秀和船長。

今シーズンもこれからが楽しみだ。

タックルはテンヤマダイ用やロックフィッシュ用でOK

今回取材した「第十八不動丸」もそうだが、多くの船が「テンヤ+ワーム」というスタイルで狙っている。

そのためタックルは、ひとつテンヤマダイ用がよく使われている。
この場合、注意したいのは調子。

マゴチの口は硬い。
アタったらしっかりアワせないとフッキングしないので、軟らかめの調子は不向き。
胴に張りがあるものがいいだろう。

今回の取材ではノリーズプロスタッフの榎戸富さんと吉田裕樹さんに同行してもらった。

二人ともひとつテンヤマダイ用ロッドで、張りのあるノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛80H」と「80MH」を使っていた。

このほかロックフィッシュ用も流用可能。
またテンヤマゴチ専用ロッドも出ているので、こちらもオススメだ。

リールは小型スピニングリール。
60㎝オーバーの大型マゴチや4〜5㎏の大型マダイが掛かることもあるので、ドラグ性能がいいものを使うこと。
道糸はPEラインの0.6〜1号を巻いておく。

テンヤとワームのバリエーションは豊富に!

前述したように、「第十八不動丸」は「テンヤ+ワーム」というスタイルで狙っている。
テンヤもワームもバリエーション豊富に用意しておくこと。さまざまな状況に対応できるからだ。

鹿島沖のマゴチは「テンヤ+ワーム」で狙うのが主流

テンヤは6〜10号。ジグヘッドは20〜40g。

ノリーズの榎戸さんと吉田さんはエコギア「スイミングテンヤ」と「オーバルテンヤ」を使い分けていた。

スイミングテンヤ」は一定の層を引いてくるのに最適。
一方、「オーバルテンヤ」はシャクリ上げたり、フォールさせたりする上下の動きをさせるのにピッタリだ。

ワームはカラー、形状、大きさなど、とにかくバリエーション豊富に用意したほうがいい。

榎戸さん、吉田さんがおもに使っていたのは、エコギア熟成アクアシリーズの「バグアンツ」、エコギアクアシリーズの「バグアンツ」、「パワーシャッド」、「バルト」など。

ワームは形状、サイズ、カラーなどバリエーション豊富に用意しておこう

「第十八不動丸」加瀬船長がすすめる基本の釣り方!

まずはテンヤをキャストする。
釣り人が多いときは、安全面からアンダーキャストでおこなうこと。
投げ方の種類にかかわらず、キャストする際は必ず周囲の安全を確認してからおこなおう。

テンヤが着水したら、そのまま海底に着くまでフォールさせる。
着底したら手前まで引いてくるのだが、加瀬船長がすすめる基本パターンは二つ。

ひとつは一定のスピードで巻き、そのまま巻いてくるとテンヤが浮き上がるので、巻くのを止めてフォォールさせて着底させる。
そして再度、巻いては着底させる。
これを繰り返して船下まで探ってくる。
テンヤが海底から1m以内にあるのが理想だ。
テンヤが海底から離れるとアタリが減るので注意しよう。

ふたつめは、テンヤが着底したら、糸フケを取り、竿をシャクリ上げてテンヤを浮かせる。
浮いたテンヤをフォールさせて着底させる。
このとき起こした竿を戻しながら糸を巻き取る。
そして再度、シャクリ上げてテンヤを浮かせてから、フオールさせる。
これを繰り返して手前まで探ってくる。

アタったら即アワセではなく、ひと呼吸おいてからシャープにアワせる。

「即アワセするとスッポ抜けることがありますので、ひと呼吸おいてからアワせます。
乗せるように竿を立てながらの巻きアワセでは、掛かりが悪くなります。
マゴチの口は硬いですから、ハリを口に貫通させるようにシャープにアワせましょう」と加瀬船長。

マゴチの特徴を理解してステップアップしよう!

昨年の鹿島沖のマゴチ取材で榎戸さんが教えてくれたのが、マゴチは自分の正面からくるものよりも、背後から前に通過するものにバイトしやすいということ。

海底にいるマゴチは潮上に頭を向けている。

つまり、潮に逆らうようにテンヤを引いてくると、マゴチがバイトしやすいのだ。
そのため、榎戸さんはつねに潮の向きを気にしながら、キャストする方向を決めているのだ。

潮の向きを判断するには、海面付近でいいからテンヤを海中に入れてみる。
すると、テンヤのヘッドが潮上に向かうのでわかる。

また海中でテンヤを引いてくるときに、抵抗を感じるか感じないかでも榎戸さんは判断しているそうだ。 

「テンヤ+ワーム」で狙うスタイルでは好スタート!茨城・鹿島沖 マゴチ釣行レポート

6月から解禁している鹿島沖のマゴチ。
今シーズンも好スタートを切った!

ノリーズプロスタッフの吉田裕樹さんは、「エコギア熟成アクア バグアンツ」で良型ゲット!

ノリーズプロスタッフの榎戸富さんも「エコギアアクア バグアンツ」で本命を手にした

マゴチが浮上! 取り込みはタモで確実に

船中のファーストヒットは嬉しい!

マゴチは刺身はもちろん、テンプラや唐揚げも美味しい

今シーズンの初物ゲット

当日は全員が型を見た!

加瀬船長の奥さんの美奈子さんも良型!

ゲストでヒラメをゲット!

トラフグもまざった

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島旧港「第十八不動丸」

今シーズンの鹿島沖のマゴチは6月1日から解禁した。

解禁前にいくつかの船宿が試し釣りで出船(このとき釣れた魚は全てリリース)していたが、多くのポイントでアタリがあって、まずまずの釣果が記録されていた。

取材は解禁初日に鹿島旧港「第十八不動丸」に乗船。

「第十八不動丸」も解禁前に試し釣りに出船しており、取材当日は試し釣りでアタリがあった港近くのポイントからスタート。

しかし、潮が濁っているのが原因か、活性が低くフッキング率が悪い。

それでもコンスタントにアタり、2〜7匹と全員が型を見た。

「どのポイントでもアタリはありますから、潮が澄んで晴れれば、もっとアタりそうですよ」とは「第十八不動丸」の加瀬秀和船長。

初夏に向けて、さらに上向いていることが期待される鹿島沖のマゴチ!

パターンにハマれば連発もあるぞ!!

以上の記事は「つり丸」2017年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
茨城エリアのテンヤマダイは、年内いっぱいぐらいがベストシーズン!例年、この時期は数、型ともに楽しめる。またゲストも豊富で、定番の根魚をはじめ青物もヒット。日立久慈港「大貫丸」でも本命を含めアタリが多く、今後も爆釣が期待できる!
更新: 2019-10-15 12:00:00
東伊豆、伊東沖で秋のマダイが好調!今回の取材でも良型2.5㎏、2.4㎏、4㎏と型物が連発している。釣り場が近く、豊富なゲストも魅力で特大アジやカイワリはレギュラーゲスト。今後も爆釣の期待大だ!
更新: 2019-10-14 07:00:00
一日で二種類の釣りが楽しめるリレー釣り。金沢八景の「野毛屋」では、午前のLTアジ、午後のフグで出船中だ。どちらも好調に釣れている。午前だけで帰りたい、寝坊して午後から釣りたい、など釣り人の都合に応じて選べるのも半日船の魅力。
更新: 2019-10-10 07:00:00
福島県・小名浜沖は2シーズン目を迎えるアカムツの高ポテンシャルフィールドだ!ぜひあなたの腕試しの場に!ポイントの状況、小名浜アカムツタックル、仕掛け、エサ付け~釣り方まで完全攻略法を紹介!
更新: 2019-10-09 07:00:00
東京湾でピカイチのうまさを誇る横須賀沖・猿島周りのブランドアジが大人気。20~23㎝クラス主体に、30㎝前後の中型、さらに35㎝オーバーの大アジもまじる。タックル、仕掛け、基本の釣り方、タナ取りを徹底解説!秋最高の味覚を手軽に楽しもう!
更新: 2019-10-06 07:00:00
最新記事
茨城エリアのテンヤマダイは、年内いっぱいぐらいがベストシーズン!例年、この時期は数、型ともに楽しめる。またゲストも豊富で、定番の根魚をはじめ青物もヒット。日立久慈港「大貫丸」でも本命を含めアタリが多く、今後も爆釣が期待できる!
更新: 2019-10-15 12:00:00
CLUE OFFSHORE GAMES 番外編 九十九里片貝港プレミアムライトジギング(PLJ)10月20日に開催 参加者募集
更新: 2019-10-15 07:00:00
3000番でキハダ20kgクラス、スルメ15点掛けにも対応する2019年限定モデル「フォースマスター リミテッド3000」
更新: 2019-10-14 12:00:00
東伊豆、伊東沖で秋のマダイが好調!今回の取材でも良型2.5㎏、2.4㎏、4㎏と型物が連発している。釣り場が近く、豊富なゲストも魅力で特大アジやカイワリはレギュラーゲスト。今後も爆釣の期待大だ!
更新: 2019-10-14 07:00:00
魚を掴んだときのロック作業を簡単にできるフィッシュグリップ がまかつ「フィッシュグリップ GM-2501」
更新: 2019-10-13 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読