MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夜ムギイカ開幕! タナは50m以浅、オモリ40号でライトに狙う!

夜ムギイカ開幕! タナは50m以浅、オモリ40号でライトに狙う!

新潟県寺泊沖の夏の風物詩である夜ムギイカが開幕した。釣り場は、寺泊沖水深160m前後。夜釣りのため、乗りダナは水深50m以浅であるのが特徴。手返しよく釣れば、誰にでも数釣りが可能。初夏の日本海を楽しもう!

開幕好調!ムギイカの群れは濃い!オモリ100号がノーマル、オモリ40号枝ス3本がLT

新潟県中越沖の夏を告げる釣り物が夜ムギイカだ。

今期初出船日は、手探りながらも各船ムギイカオンリーでトップ70杯前後、翌日は100杯越えをたたきだしている。
昨年不調だっただけに、今シーズンは7月いっぱい釣れ続くことが期待される。

ポイントは寺泊沖水深160m前後。
寺泊の遊漁船では、18時30分前後に出船、24時ごろ帰港というスケジュールが基本だ。

釣り方は大きくわけて2通りある。

オモリ100号使用でプラヅノ、浮きスッテミックスブランコ仕掛け使用がノーマル。

オモリ40号、プラヅノ、浮きスッテの総計が3本の直ブラ仕掛けがライト。

今回乗船した寺泊港「なかくに丸」では、後者のライト釣法をススメており、
現地では地元の釣り具ショップ「トミー」発信で、人気の釣り方となっている。

子供やビギナーもカンタンに入門でき、数釣れる釣り方とあって、さらに人気が出ることは必至。

ここでは、ライト釣法を中心に解説したい。

“ライトスルメ”のタックルとは!?

使用オモリが40号でさらに、仕掛けのツノ&スッテの総数が3本であるので、当然、タックルもLTでオーケー。
ただし、なんでもよいというわけではない。

ロッドは胴調子よりも先調子よりのものがベター。

具体的には8対2〜7対3調子のLT用、バスロッドやベイジギング、スロージギング用でもオーケー。
メタルスッテ専用やタイラバ、テンヤ用でも流用できる。

リールは、フォール中のアタリをとることが多いため、ベイトタイプがベスト。
小型電動、または小型両軸で、できれば水深が表示されるカウンター付きのものがよい。

道糸はPE1〜2号。タナが浅いので150mあれば十分。

仕掛けは、幹糸5号。捨て糸、枝間、リーダーともに70㎝が基本。

使用するツノやスッテの総数は3本まで。種類は好みでよい。
11〜14㎝プラヅノ、2〜4号浮きスッテ、2号前後餌木などを直ブラ式で使用する。

道糸とリーダーの接続部にブルーの小型水中ライトを装着すれば、仕掛けは完成だ。

オモリは40号。棒状で抵抗が少ないものがベスト
水中ライトも必携。ブルーが流行りだ

船はパラアンカーの流し釣り 水深50m以浅を探る

現場ではパラシュートアンカーをおろしての流し釣りとなる。

底までの水深は100m以上あるが、夜は集魚灯の効果により、船の周りにイカが集まってくる。

「なかくに丸」では、水深50mより下に仕掛けを下ろさないのがルールだ。

スルメイカの習性として、タナが一定しないことがあげられる。
つまり、タナが決まってないのだ。
だから、釣り人はアタリダナを探し当てなくてはいけない。

LTなので操作が楽といっても、毎回50mまで落として海面近くまでシャクリあげていたのでは、疲れてしまう。

そんなことはせず、〝フォールで乗せる〟を念頭に入れてタナ探りをするのが基本だ。

この釣りに詳しい寺泊港内の釣り具ショップ「トミー」の田巻太郎さんに聞くと、
「まずは、サミングでストップ&ゴーを繰り返しながら、仕掛けを下ろしてください。表層からです」

どれくらいのタイミングでサミングするかというと、
「幹間が70㎝ですから、1mおきにストップを1〜2秒入れるとよいでしょう。
親指でおさえてとめる感覚ですかね。広く探りたいときは、1回のフォールを2〜3mにしてもよいです」

イカが乗るとフォールが止められる、そこが乗りダナ。乗せそこねたら、その付近をシャクリ上げの誘いをして上へ上へ探るとよい。

「フォールがとめられたら乗ってます。シャクリアワセはいりません。
すばやくリールを巻いて巻きアワセしてください。
その後、一定スピードで巻き上げていると、追い乗りしてきますよ」とのこと。

このように基本は〝フォール〟。そのためのブランコ仕掛けなのだ。

もちろん、巻き上げでシャクリながら乗せてもよい。

しかし、タナを探るときは効率が悪いので、乗りダナがある程度確定してから、誘い上げで乗せるようにしよう。

20時以降から勝負。沖揚がり寸前まで諦めないように!

この釣りは夜釣りのため、現場到着後、すぐにはなかなかイカが乗らないことが多い。

たいていの場合、電気の集魚効果が出始めるのは20時以降だ。

潮の流れにもよるが、イカの活性があがると、水深20m以浅で乗るようになる。
そうなると、手返しが早くなり数を釣ることが容易になる。

こんなときは決して、タナを下げないようにしよう。
イカ釣りも誰かが深いタナを探ってしまうと、イカの群れは沈んでしまう傾向があるので注意したい。

数をさらに伸ばしたいなら、沖揚がり寸前までがんばって釣ってみよう。

電気の効果は後半になればなるほど強まる。

オモリ40号ライトに狙って、お手軽イカ釣り!新潟中越・寺泊沖 夜ムギイカ釣行レポート

初夏の夜の寺泊港はにぎやか。週末はどの船も満船必至。早めの予約がオススメ

交換可能な仕掛けには、さなざななスッテやツノ、水中ライト(ブルー)が有効だ。
ルアー感覚でいろいろなものを試してみよう

LTはスピニングでもオーケー。人数が少ないときはメタルスッテも可能

燕市の田巻さんと亜珠ちゃん(10歳)は親子で乗船。初夏の夜釣りを満喫中

亜珠ちゃんは、初挑戦でこの通り。LTで誰でも簡単に釣ることができる

ライトタックルならシャクリも誘いも楽々!
そして、繊細なアタリ、触りも感じ取ることが可能だ

多点掛けもカンタン!
手返し早くすれば、数釣りできる!!

「トミー」の田巻さんはこの釣法のパイオニア。
分からないことがあれば、お店で気軽に聞いてみよう!

直ブラ仕掛けでノーマルタックルも。
パターンにはまれば、すさまじい釣果を出すこともできる

食べても美味しい!ムギイカをゲットだ!

乗りが渋いときでも名人クラスは軽く70杯以上キャッチ
100杯超えもめずらしくない。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・寺泊港「第1・第5なかくに丸」

新潟県寺泊沖の夏の風物詩である夜ムギイカが開幕した。

釣り場は、寺泊沖水深160m前後。
夜釣りのため、乗りダナは水深50m以浅であるのが特徴だ。
そのため、手返しよく釣れば、誰にでも数釣りが可能。

そして、この海域で近年定着しつつあるのが、“ライトスルメ”だ。
読んで字のごとく、ライトタックルでムギイカやスルメイカを釣ろう、というもの。

ざっと、タックルを説明すると、道糸は1〜2号、小型両軸リールと
オモリ負荷40号前後の先調子もしくは8対2、7対3調子のショートロッドの組み合わせに、
浮きスッテもしくはプラヅノの総計3本の直ブラ仕掛け、オモリ40号で狙うというもの。

ツノ数少なく誰にでも扱いやすいうえに、使用オモリが40号と軽いので手持ち竿で誘い続けてもあまり疲れない。
そして、よく釣れる!

釣り初めてのビギナーから子供まで誰にでもお手軽に釣りができるという、釣り方だ。

「うちはライト釣法は大歓迎です。今期は昨年より群れが濃いので期待できますよ」とは、
夜ムギイカ釣りの名人でもある「なかくに丸」の中川光男船長。

この釣りは、タナをどう効率よく探り当てるかで釣果が大きく左右される。
そのため、“探り”がかなり重要な要素。

フォールで探って、シャクリで掛ける! 

これを念頭においておくのが数を乗せるキモである。

ハイシーズンともなれば、一束越えも夢ではない。

さらに、昼間は落水沖で例年どおり、マダイが乗っ込み中。
特徴は、数よりもサイズ。
5㎏オーバーがドンっとヒットするのが魅力だ。

昼も夜も贅沢に楽しめる寺泊沖。

初夏の日本海を120%満喫しよう。

以上の記事は「つり丸」2017年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
新潟西港の「魁明丸」は佐渡島〜粟島エリアでほぼ通年、オキメバルを中心とした深海釣りを行っている。水深100m程度を攻める佐渡島では中型主体の釣りとなるが、粟島沖は水深160mの深場に群れる大型メバルを狙う。
更新: 2019-07-15 07:00:00
キュキューンと小気味の良いシャープな引き味はもちろん、食べれば超絶品! 良質な脂がその魚体まで黄金色に輝かす東京湾のブランドアジ・横須賀沖の猿島周りの黄金アジが、水温の上昇と共に活性を高めている!
更新: 2019-07-14 12:00:00
最新記事
「第16回 上総湊港伝統釣法 真鯛シャクリ釣り釣り大会」の参加者募集内容になります。2019年8月4日開催に開催されます。
更新: 2019-07-17 22:30:38
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読