どでかいヤツが釣れてます! 南房のスルメイカ【南房】

どでかいヤツが釣れてます! 南房のスルメイカ【南房】

千倉港の「千鯛丸」では、9月5日にスルメイカ束釣りの爆釣を達成。日ムラこそあれ、頭で60〜70杯の日もしばしばでまさに絶好調。いまスルメ釣りに行くなら南房だっ!


100匹以上釣れる日もある! 重量感たっぷりのビール瓶サイズのスルメイカ釣りが楽しめるのは、残りひと月足らずだ

まだまだ夏っぽい雰囲気だが、そろそろスルメも終盤戦だ。

ビールビンサイズが多点掛け。ズッシリ!! を楽しもう。

竿を支えるのもひと苦労。この重量感がたまらない!

直結仕掛けが有利だが、サバがいないこともあるのでブランコも用意しておこう。

大型主体に100杯以上釣れる日もある。

関連するキーワード


スルメイカ 南房 千鯛丸

関連する投稿


オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

二兎を追う者一兎を得ずのことわざがあるが、三魚を追って三魚とも得る、となるか!? 3魚種のリレー釣りにトライだ。


ヤリイカ、新群れ入って数も上昇中、いよいよ本番!【南房・白浜沖】

ヤリイカ、新群れ入って数も上昇中、いよいよ本番!【南房・白浜沖】

冬の釣りの花形のひとつ、ヤリイカが南房エリアで好調に釣れている。「今シーズンは全体的にサイズがいいですね。本当はもっと小型もまじったほうがいいんだけどね」とは、乙浜港「信栄丸」の安田仁船長。


ヤリイカ好きもスルメ好きも南房・白浜沖に集まれ!【南房・白浜沖】

ヤリイカ好きもスルメ好きも南房・白浜沖に集まれ!【南房・白浜沖】

南房のイカ釣りがアツくなってきた。季節的に見ればヤリイカの本格シーズンといいたいところだが、南房には大型スルメイカがいぜん強い勢力を保っている。つまり、スルメが好調なのである。


これから本番! 南房・千田沖のキンメ&アコウ【南房・千田沖】

これから本番! 南房・千田沖のキンメ&アコウ【南房・千田沖】

一年の中で最も寒い時期である「寒の内」。われら「食いしん坊」にとっては鍋が最も旨い季節となった。この時期の鍋料理にもってこいの鍋ネタとして、キンメダイとアコウダイがあげられる。どちらも高値安定の高級魚だ。南房総千田港「三喜丸」には、このふたつの高級魚を狙えるメニューがある。これはまさに垂涎のメニューだ。


朝イチはスルメ、後半ヤリイカを狙え!【南房・布良沖〜白浜沖】

朝イチはスルメ、後半ヤリイカを狙え!【南房・布良沖〜白浜沖】

「今シーズンは遅いよね。昨シーズンは初冬から釣れていたからね。ここにきてやっと始まったという感じだよ」、南房・布良港「松栄丸」の黒川一夫船長はこう話す。相模湾のヤリイカも遅れているが、この海域もまた遅いスタートとなった。


最新の投稿


「マサバ」の寿司…甘いとかうまいでは表現できない、そんな味

「マサバ」の寿司…甘いとかうまいでは表現できない、そんな味

梅の花の咲く季節。「今年は遅いわね」とスナック『愛』のママがつぶやくと、「あら、家の前の紅梅がひとつ、ふたつ咲いているわよ」と居酒屋『真心』の女将さん。たかさんの、妻の十八番がキャンディーズの春一番で、春めく。ボクはあまりの寒さに、熱い船場汁をすする。やっぱりサバはうまいね。


銀色の荒武者、乗っ込み開始! クロダイカカリ釣り【静岡・清水港】

銀色の荒武者、乗っ込み開始! クロダイカカリ釣り【静岡・清水港】

好調! 早くも乗っ込みのハシリが上がりだし、クロダイファンにとってトロフィーサイズの50㎝オーバー、「年無し」クラスが連日のように釣り上げられている。今年はいいぞ!!


絶品! お土産バッチリ!! 寒サバ・アジ&身厚スルメ【外房・勝浦沖】

絶品! お土産バッチリ!! 寒サバ・アジ&身厚スルメ【外房・勝浦沖】

「今の時期のサバは本当に美味しいので、ぜひ釣りに来ていただきたいと思います。また、ちょうどスルメが釣れ始めましたので、釣れているうちはスルメを狙います。このスルメも肉厚で本当に美味しいですよ」とは、勝浦港「勝丸」の浜田勝美船長。


今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記 特別編メコンオオナマズ【タイ・バンコク】

今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記 特別編メコンオオナマズ【タイ・バンコク】

今回は、満を持しての海外釣行レポートとしてタイ・バンコク編をお送りします。バンコクからほど近い【ブンサムランフィッシングパーク】という釣り堀に行ってまいりました。ここは大きなメコンオオナマズが釣れるというので、世界各国から釣師が集まる大変有名な釣りスポットです。しかし渋滞が酷い。近いのに1時間半もかかってしまいました。


相模湾・瀬ノ海のマアジはこれからが最もいい! 【相模湾・瀬ノ海】

相模湾・瀬ノ海のマアジはこれからが最もいい! 【相模湾・瀬ノ海】

相模湾・瀬ノ海のアジが今年も堅調だ。海況さえよければスソでも二ケタ釣果はカタく、トップは30〜50匹台と順調に推移している。取材日の翌日は、トップが70匹を超えたほど。サイズは30㎝台後半が多く、ときには40㎝クラスも顔を出すという。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018
つり丸定期購読