どでかいヤツが釣れてます! 南房のスルメイカ【南房】

どでかいヤツが釣れてます! 南房のスルメイカ【南房】

千倉港の「千鯛丸」では、9月5日にスルメイカ束釣りの爆釣を達成。日ムラこそあれ、頭で60〜70杯の日もしばしばでまさに絶好調。いまスルメ釣りに行くなら南房だっ!


100匹以上釣れる日もある! 重量感たっぷりのビール瓶サイズのスルメイカ釣りが楽しめるのは、残りひと月足らずだ

まだまだ夏っぽい雰囲気だが、そろそろスルメも終盤戦だ。

ビールビンサイズが多点掛け。ズッシリ!! を楽しもう。

竿を支えるのもひと苦労。この重量感がたまらない!

直結仕掛けが有利だが、サバがいないこともあるのでブランコも用意しておこう。

大型主体に100杯以上釣れる日もある。

たまらん瞬間ですな。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・千倉「千鯛丸」。

「はいどうぞ、底から30mまで反応が出ていますよー」の声に一斉に仕掛けを投げ入れる。早く底に着けと、もどかしい気持ちで竿先を下に向けて仕掛けを送る。ひとシャクリめ、ズシン!とスルメイカが乗ったときの重量感がこの釣りのダイゴ味。水鉄砲を噴き上げながらイカが取り込まれる風景が船のあちこちで見られ始めた。
南房では9月に入ってスルメイカが好調継続中だ。千倉の「千鯛丸」では、9月5日の103杯をトップに、60杯、70杯の好釣果が出ている。水深は140〜200mと昼釣りでは比較的浅いので、大型スルメが乗ったときの感触は格別。3杯も乗れば重くて竿を支えるのもひと苦労だ。
南房スルメイカはそろそろシーズン終盤戦。重量感たっぷりのビール瓶サイズのスルメイカ釣りが楽しめるのは残りひと月足らずだろう。早めの釣行をお勧めしたい。

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


スルメイカ 南房 千鯛丸

関連する投稿


夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

夏のマダイ乗っ込み準備万端! 6kgオーバーも浮上中(千鯛丸)

他地区より遅れて乗っ込みマダイが好調なのが千倉沖だ。千倉港「千鯛丸」では4㎏、5㎏の良型が連日コンスタントに上がり、キロ前後のサイズも数釣れている。取材日にも6.1㎏、4.6㎏の大ダイが顔を出した、マダイファンにはぜひ注目してほしい釣り場だ。


大型アカムツレギュラーシーズン! 仕掛けから応用まで(渡辺丸)

大型アカムツレギュラーシーズン! 仕掛けから応用まで(渡辺丸)

南房・江見沖は急深の地形のみならず、近くに鴨川海溝を有する。これはアカムツの生息域を決定付けるなにものでもない。しかも、アカムツ自体の生体は深海魚という理由ですべてが解明されておらず、いまだ不明な部分が多い。


多点掛けでスルメイカ爆釣ラッシュを狙え!【東京湾・金谷〜富浦沖】

多点掛けでスルメイカ爆釣ラッシュを狙え!【東京湾・金谷〜富浦沖】

東京湾のスルメイカも、相模湾同様にムギイカをスルーして、いきなり中型サイズでスタートした。これはおそらくムギイカサイズがいなかったというわけではなく、ヤリイカがロングランで釣れていたこともあるのだろう。そのぶん、狙うのが遅くなったというわけだ。


相模湾のスルメイカ、やっとスタート!【相模湾・真鶴〜小田原南沖】

相模湾のスルメイカ、やっとスタート!【相模湾・真鶴〜小田原南沖】

例年、連休前後になると相模湾西部ではムギイカが始まるが、今年はムギイカを通り越していきなりスルメイカ釣りが始まった。


連日50匹OVER! 南房イサキの絶好シーズン、キターーッ!【南房総】

連日50匹OVER! 南房イサキの絶好シーズン、キターーッ!【南房総】

南房のイサキは3月に開幕するが、初期は水温の変化に敏感なため、なかなか安定しない。5月後半になると、水温も上昇しイサキの動きも活発化。それで、安定した釣果をもたらすのだ。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読