MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
初夏の新潟 ナイト泳がせで大ビラメ&ブリ・ワラサ!【釣り方】

初夏の新潟 ナイト泳がせで大ビラメ&ブリ・ワラサ!【釣り方】

今期で3シーズン目を迎えた下越・間瀬沖のナイト泳がせ。5月開幕直後から絶好調だ。ヒラメはむろん、定番のワラサ、8kg以上のブリ、スズキ、マダイもヒットしている。ナイト泳がせのエサは現地調達で勝負しよう!

今期開幕直後から絶好調!3シーズン目で釣果アップ!

間瀬港「光海丸」の小林聡船長が上越沖のカカリ釣りの夜ヒラメ釣りからヒントを得て、手探り状態からスタートしたのが2年前。
今期で3シーズン目を迎えた間瀬沖のナイト泳がせだが、5月の開幕直後から絶好調だ。

ヒラメはむろん、定番のワラサ、8kg以上のブリ、スズキ、マダイまでヒットしている。

「今シーズンはエサのマアジがよく釣れるんですよ。保険のために釣ってます」と小林船長が話すように、
18時出船後、19時までの約1時間、追っかけアジスタイルでエサのアジ釣りをする。
ここで釣ったアジに本命がよくヒットしている。

「あくまでアジは保険です。エサの本命はマイワシ。船に着けば確変確定で何でも釣れるって感じになります」という。

だが、このマイワシはきまぐれで居たりいなかったり…。

アジもイワシも釣れなかったらどうするかというと、冷凍イワシエサでもヒラメもマダイもワラサもヒットする。

この最終手段を使うことはほとんどないのが今期の特徴だ。

さて、エサ釣りを終えるといよいよ泳がせ釣りへ。

ポイントをヒラメ狙いの場所へ移動し、パラシュートアンカー入れて、実釣スタートとなる。
22時半ごろまで潮流ししてこの釣りを終えるのがスケジュールだ。

タックルはワラサ・ブリなど青物に対応するものを!

さて、ナイト泳がせのタックルだが、竿は7対3もしくは8対2調子で長さ2m前後mのものが扱いやすい。

使用オモリは80号と意外と軽いため、さまざまなものが使える。

ここで大事なことは、ワラサやブリがヒットすることを前提にしてタックルをチョイスすることだ。

青物の疾走を止めるバッドパワーが求められる。
バッド部がしっかりしたものを選ぼう。

リールはPE4〜5号を300m収納できる小〜中型電動リール。
電動はパワーのあるものが望ましい。

手巻きでも大丈夫ではないか、と思うだろうが、エサのアジ釣りでは電動リールが必携なので、電動リールを用意しよう。

エサ釣りは船長オススメのサビキ。泳がせはハリス18号で。

船長オススメのサビキはコレ。電話予約で船上購入可能

泳がせ釣りでは、生きエサがなくては釣りにならない。
そのエサを釣るには、専用のサビキ仕掛けが必要だ。

小林船長が推奨するのは、ハリス1.5号ハゲ皮銀袖バリのアジ釣り用サビキ(事前確認で船上購入可能)。

これはアジ釣りとイワシ釣りにはダントツの結果をタタキだしているので、分からない人は迷わずこのサビキを使うとよい。

エサ釣りに使用するのはオモリ80号だ。

泳がせは、ワラサやブリが回遊しているとの前提で、ハリス12号以上長さ60㎝、親バリにチヌ10号、孫バリにトレブル4番5番を使っているのが船宿仕掛け。

ヒラメには太すぎるのではないか、と思うだろうが、夜釣りではハリスの太さはほとんど関係なし。

8号では大ビラメがヒットしてもいとも簡単に切っていってしまう。

だから、最低でもフロロ10号が必要と船長は言う。
ステ糸はなくてもよい。

まずはエサ釣り。アジとイワシの釣り方とは?

エサはアジとイワシだが、それを釣る仕掛けが同じでも釣り方は異なる。

泳がせ釣りをする前のエサ取りのための追っかけアジ釣りのときは、まずは船長の合図ですぐに仕掛けを落とせるように準備を万端にしておく。

船長の合図ですぐに投入。
船長の指示ダナより3m前よりサミングで50㎝〜1m刻みで止めを入れながらサビキを落とし込んでいく。

このとき長い静止時間をとる必要はない。
指示ダナを通過したらすぐさま電動のハイスピードで指示ダナ上まで巻き上げ、再度落とし込みをする。
これの繰り返しだ。

アジがヒットするとフォールが止められる。
たいていの場合、サビキの下のハリに掛かっているのみなので、強引に5mほどゆっくりと落とし、フォールを止められたところで少し待ち、ころあいをみて巻き上げ開始。
数付いているときはゆっくり目で巻き上げるとよい。

数が付かないときは、中速度で巻き上げてくる。
このようにエサのアジは“追っかけ釣り”なので、“フォールで掛ける”ことを覚えておこう。

いっぽう、マイワシは泳がせ釣りをしているときに、イワシが船の周りに回遊してくるパターンが多い。

アジのように釣りたいが、たいていは水面近くで群れいるので、水面もしくは水深5mもしくは10mで置き竿にして待つほうがよくヒットする。

群れの活性が高い場合は、アジ釣りと同じ釣り方で中層で釣れることもある。

泳がせ釣り中にアジを釣る場合は、ボトム付近を重点的に狙う。
こちらも置き竿もしくは落としこみで狙う。

泳がせのタナは底から3m前後が基本

さあ、生きエサを十分に確保できたらこれからが本番の泳がせ釣り。

エサは親バリを鼻掛けもしくは上アゴ掛けして、孫バリはアジなら腹側で尻尾のほう、イワシは大型ならアジと同じ、小さめなら孫バリは打たずにフリーにしておこう。

タナは底から3m上が基本。
しかし、潮がにごっているときなどは、底上2mでもよい。
その判断は船長に従うようにしよう。

アタリはさまざまだ。
いきなり竿が海中に引きずりこまれるように曲がるときもあれば、モゾモゾモゾとしかしないこともある。

問題となるのは後者のアタリが小さいときだが、竿先を送りこみたくなる、だろうがそれはこらえて、その場で我慢して待つほうがいい。

船長いわく、「竿は触らず完全に突っ込むまで放置」がいいとのこと。
とはいうものの、アタリがでたら手持ち竿にして、うまくアワセを入れたくなるのが釣り人の性。
手持ち竿で竿を下に下げず常にテンションを保つようにしてじっと待つようにしよう。

アジエサのときはとくに、この待ちが大切。
早アワセは厳禁だ。これでもか、これでもか、と余計に待つくらいでいい。

逆にイワシエサの場合は、気持ち早アワセ気味でいい。

このようにアジとイワシのエサの違いでアワセ方が異なることを覚えておこう。

青物の場合、中層で何度も突っ走るので多少強引なやり取りをしなくてはいけない。
ドラグを強めにしめて強引に巻き上げよう。

最初だけで途中であまり引かないのはヒラメであることが多い。

ヒラメだと思ったらポンピングのやり取りはダメだ。
竿を一定の角度に曲げて、リールを手巻きで巻き続けるか、電動のスイッチを入れて一定のテンションを保ちながら巻き上げよう。

そして、海面では必ず慣れた人にタモいれしてもらう。
大型であるほど、船長もしくは仲乗りさんにタモ入れしてもらわなくてはいけない。

釣り人は、ヒラメの頭をタモの中へ遊動し、タモのなかに収まったら、引っ張らずに逆に緩めるようにしよう。

ナイト泳がせ釣り! 下越・間瀬沖 大ビラメ&ブリ・ワラサ釣行レポート

佐渡島に沈む太陽。幻想的な光景だ。
しかし、見とれてはいられない。このときがエサのアジ釣りのゴールデンタイム!

霊峰「弥彦山」の麓が間瀬港。この沖には豊かな海が広がる

船に着いたマイワシの反応

船の周りをぐるっと囲むように泳ぐ魚の群れはなんとマイワシ。イワシが船に着けば、確変確定だ

泳がせ釣りで本命を捉える第一歩は、エサ釣り名人になること。
エサ釣りに集中しよう! 

エサはアジとマイワシ

マイワシは良型だ

6㎏のヒラメをキャッチ

「次は大ビラメ狙い!」といって大きめのマアジを付けてボトムにおろすと、ドカンと来た5kg級

ヒラメの取り込みは慎重に行う

6.7㎏の大ビラメがアジエサにヒット。
6月はこのサイズのヒラメが高確率で狙える

ヒラメはみな良型

船は間瀬沖をパラシュートアンカーを使って大流しする

ワラサやブリ、ヒラメともにハリス8号以下ではいとも簡単に切られてしまう。最低でもハリスは10号を使おう

ワラサをゲット!

脂の乗ったブリを釣り上げた!

これも7kg以上のブリ

ルアーにもワラサがきた

脂が乗ったワラサとブリがぞろった

3度目の正直でこの釣果。諦めずに通う釣り人に釣果がともなってくる

複数キャッチも!

イワシエサにヒットしたマダイ

うれしいゲストの激うまスズキもまじる

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・間瀬港「光海丸」

今期で3シーズン目を迎えた下越・間瀬沖のナイト泳がせ。
5月スタート直後から絶好調だ。

「保険のために19時までエサのアジ釣りをしています。
日ムラもありますが、今期は小アジが調子よく安心して夜釣りに臨めてます。
いつまで続くかは分かりませんが、マイワシの群れが船に着けば、確変確定です。
ヒラメもワラサもマダイも釣れますよ」とは、上越沖の夜ヒラメ釣りにヒントを得て、
独自のスタイルでナイト泳がせ釣りを展開中の間瀬港「光海丸」の小林聡船長。

「うちはパラアンカーを使ってポイントを大流ししていきます。
だから、釣り座にあまり関係なく釣れますよ」という。

では、釣り方はどうなのか。

「普通のヒラメ仕掛けですけど、ハリスは最低でも14号以上を使ってください。
長さは60㎝で十分。船宿仕掛けは12号以上ですからね」とのこと。オモリは80号だ。

釣れる魚は本命ヒラメとワラサ・ブリのほか、スズキ、マダイもまじる。

昨シーズンのデータから推測すると6㎏以上の大ビラメの高確率日は6月半ば。

ますます状況がよくなる間瀬沖のナイト泳がせ、この機会にぜひ体験してみてはいかがだろう。

「まずはエサ釣りに集中することが大事です」との小林船長のアドバイスを忘れずに!

以上の記事は「つり丸」2019年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
東京湾LTアジが好調キープ。当日は八景沖〜野島沖を狙った。水深10m台〜20m台という浅場。コマセが効きだすと、どちらの釣り場でもコンスタントにアタりトップ28匹。慣れた人は、ほとんどが25匹前後だった。
手軽で簡単に釣れ、そして食べても美味しいイシモチが、今季も東京湾で絶好調!金沢八景の「小柴丸」では出船の度にトップ40~50匹と高値安定の釣果で、今季もいかんなく優等生振りを発揮している。
東京湾で好調なスタート!大人気ターゲットのカワハギはエサをかすめ取るエサ取り名人。そんなカワハギのタックル、仕掛け、エサ付け、釣り方を紹介!釣り方をマスターして、良型を釣りに行きましょう!!
上越沖の秋ダイがアツい!近年は冬場もよく釣れ、周年マダイ釣りを楽しめる。現在は中ダイ数釣りモードだが、6㎏大ダイも浮上している。今期はまじりで5kgオーバーのヒラマサや7kgのブリもキャッチされている!
最新記事
「釣りフェスティバル2020 in YOKOHAMA」2020年1月17日~19日に開催
東京湾の青物ジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」では1㎏前後が主体ながら、午後船の短時間で、イナダ、カンパチを織りまぜ20本以上キャッチする腕達者も!湾内青物の釣果とタックル&最新攻略術を紹介!
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
第5回 ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル2019~全国魚市場・魚河岸まつり~ 11月14日~17日
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読