この秋はみんな一緒にイイダコ釣りを楽しもう【内房・富津沖】

この秋はみんな一緒にイイダコ釣りを楽しもう【内房・富津沖】

ファミリーフィッシングにも最適、誰でも手軽に楽しめる釣り物として人気のある東京湾のイイダコ釣りが、今年もスタートした。イイダコは、はるか昔から人間の生活に関わりがあったようだ。古墳時代や弥生時代の出土品の中にはイイダコ漁に使われたと思われる蛸壺が発見されているという。古くから人間とは身近な存在にあったようだ。


ビギナーの方も、最初こそ苦労はしたものの、乗ったときの感触を摑むと、そこからは釣れるように。皆さん意気揚々でした!

ふたり揃ってヒット!

ポイントは港から航程数分。水深は5〜7mだ!

これはビックリ! 良型のマダコが掛かってきた!!

子供も手軽に楽しめる釣りだ!

イイダコ釣りは女性にも人気!

関連する投稿


祝鯛!! 新年はマダイ釣りで始めよう【内房・富浦沖】

祝鯛!! 新年はマダイ釣りで始めよう【内房・富浦沖】

新年は験担ぎでマダイ釣りから始めてはいかがでしょう! 気分爽快の三段引きを味わいに、さあ、大海原に出かけよう!


東京湾口の美味マダイをのんびりと釣る【内房・富浦沖】

東京湾口の美味マダイをのんびりと釣る【内房・富浦沖】

マダイの一級ポイントで知られる富浦沖。東京湾口の千葉県側に位置し、一年を通して安定した釣果が望めることで、近年人気上昇中のマダイエリアだ。


好調が続く東京湾のタチウオ! 良型多く脂も乗って美味!!【東京湾】

好調が続く東京湾のタチウオ! 良型多く脂も乗って美味!!【東京湾】

ライトタックルでスッ、スッと、50㎝刻みで誘い上げてくると、「ズンッ」と根掛かりのようなアタリが伝わった。銀箔に輝き、釣趣、食味に優れながら、沖釣り対象魚ではトップクラスの鋭い歯を持つタチウオを久しぶりに狙った。アタリは一日途絶えることなく続き、その魅力を再確認した。


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


アオリ・スミ・モンゴウ、餌木イカ五目が好期だ【内房・上総湊沖]】

アオリ・スミ・モンゴウ、餌木イカ五目が好期だ【内房・上総湊沖]】

上総湊沖では秋から早春にかけて餌木を使ったイカ釣りのシーズンを迎える。対象となるイカはアオリイカ、スミイカ、モンゴウイカの3種。どれも美味しいイカで、魚屋では滅多に見られない。秋シーズンが始まったばかりの上総湊沖のイカを釣りに行ってきた。


最新の投稿


「マサバ」の寿司…甘いとかうまいでは表現できない、そんな味

「マサバ」の寿司…甘いとかうまいでは表現できない、そんな味

梅の花の咲く季節。「今年は遅いわね」とスナック『愛』のママがつぶやくと、「あら、家の前の紅梅がひとつ、ふたつ咲いているわよ」と居酒屋『真心』の女将さん。たかさんの、妻の十八番がキャンディーズの春一番で、春めく。ボクはあまりの寒さに、熱い船場汁をすする。やっぱりサバはうまいね。


銀色の荒武者、乗っ込み開始! クロダイカカリ釣り【静岡・清水港】

銀色の荒武者、乗っ込み開始! クロダイカカリ釣り【静岡・清水港】

好調! 早くも乗っ込みのハシリが上がりだし、クロダイファンにとってトロフィーサイズの50㎝オーバー、「年無し」クラスが連日のように釣り上げられている。今年はいいぞ!!


絶品! お土産バッチリ!! 寒サバ・アジ&身厚スルメ【外房・勝浦沖】

絶品! お土産バッチリ!! 寒サバ・アジ&身厚スルメ【外房・勝浦沖】

「今の時期のサバは本当に美味しいので、ぜひ釣りに来ていただきたいと思います。また、ちょうどスルメが釣れ始めましたので、釣れているうちはスルメを狙います。このスルメも肉厚で本当に美味しいですよ」とは、勝浦港「勝丸」の浜田勝美船長。


今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記 特別編メコンオオナマズ【タイ・バンコク】

今日も爆釣!俊兄の釣りバカ日記 特別編メコンオオナマズ【タイ・バンコク】

今回は、満を持しての海外釣行レポートとしてタイ・バンコク編をお送りします。バンコクからほど近い【ブンサムランフィッシングパーク】という釣り堀に行ってまいりました。ここは大きなメコンオオナマズが釣れるというので、世界各国から釣師が集まる大変有名な釣りスポットです。しかし渋滞が酷い。近いのに1時間半もかかってしまいました。


相模湾・瀬ノ海のマアジはこれからが最もいい! 【相模湾・瀬ノ海】

相模湾・瀬ノ海のマアジはこれからが最もいい! 【相模湾・瀬ノ海】

相模湾・瀬ノ海のアジが今年も堅調だ。海況さえよければスソでも二ケタ釣果はカタく、トップは30〜50匹台と順調に推移している。取材日の翌日は、トップが70匹を超えたほど。サイズは30㎝台後半が多く、ときには40㎝クラスも顔を出すという。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018
つり丸定期購読