この秋はみんな一緒にイイダコ釣りを楽しもう【内房・富津沖】

この秋はみんな一緒にイイダコ釣りを楽しもう【内房・富津沖】

ファミリーフィッシングにも最適、誰でも手軽に楽しめる釣り物として人気のある東京湾のイイダコ釣りが、今年もスタートした。イイダコは、はるか昔から人間の生活に関わりがあったようだ。古墳時代や弥生時代の出土品の中にはイイダコ漁に使われたと思われる蛸壺が発見されているという。古くから人間とは身近な存在にあったようだ。


ビギナーの方も、最初こそ苦労はしたものの、乗ったときの感触を摑むと、そこからは釣れるように。皆さん意気揚々でした!

ふたり揃ってヒット!

ポイントは港から航程数分。水深は5〜7mだ!

これはビックリ! 良型のマダコが掛かってきた!!

子供も手軽に楽しめる釣りだ!

イイダコ釣りは女性にも人気!

専用のテンヤにキス竿があれば楽しめる。エサはラッキョウ。

船前には濱名船長のレクチャーがある!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・富津「浜新丸」。

江戸前の秋の風物詩といえるイイダコ釣り。道糸の先にテンヤを結んだシンプルな道具立てと、手軽に楽しめることから人気のある釣り物だ。
今期の模様だが、9月16日の富津「浜新丸」の取材時は、水温が28度台と高い状態。そのため、イイダコの湧きが遅れているようで、当日はアタリが散発で拾いながらの釣りとなった。
さらに初期は小型が多いのが特徴。テンヤに乗る感触がわかりにくく、「微妙な重さの変化をとらえて掛ける」といった技術も要求される。
当日乗船された方のなかには、ファミリー、カップルといった初心者もいた。ビギナーにとっては難しい状況だったが、最初こそ苦労はしたものの、乗ったときの感触を摑むと、そこからは釣れるようになってきて皆さん意気揚々。初秋の一日を存分に楽しんでいた。
「水温が下がってくれば数も釣れるようになり、楽しめるようになると思います。本番はこれからですね」と今後の展望を話す富津港「浜新丸」の濱名博一船長。もう少しだけ待てば、好釣果が聞かれていることだろう!

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


マゴチメインに五目釣り! 仕掛け&アワセ方(館山沖・鯨丸)

マゴチメインに五目釣り! 仕掛け&アワセ方(館山沖・鯨丸)

初夏から夏に東京湾で盛んになるマゴチ釣り。東京湾奥や神奈川の乗合船が、エビエサやハゼエサなどで狙うのが一般的だが、内房、館山湾では生きたカタクチイワシエサを使い、マゴチ中心の五目釣りで狙う。


獲れたてのセグロイワシをエサに狙うはコチ&ヒラメ【内房・富浦沖】

獲れたてのセグロイワシをエサに狙うはコチ&ヒラメ【内房・富浦沖】

富浦周辺では、春から夏にかけてセグロイワシ(=カタクチイワシ)が大量に獲れる。それをエサにした泳がせ釣りが、富浦周辺の船宿(とくに仕立専門船宿)で盛んにおこなわれている。


内房の大場所・横瀬に大ダイ乗っ込み本番中だっ!【内房・富浦沖】

内房の大場所・横瀬に大ダイ乗っ込み本番中だっ!【内房・富浦沖】

富浦沖は、館山湾と東京湾の両方の湾口部にあたり、おもなポイントは、館山湾口の横瀬と富浦沖の象背根。今期は、横瀬水深80mから始まり、水深50〜70mのなだらかな根周りに乗っ込みマダイが集結中だ。連日、3㎏オーバーはあたり前、すでに5㎏オーバーも多数キャッチされている。


富浦沖のマダイ、乗っ込み気配好感触&大型チャンス【内房・富浦沖】

富浦沖のマダイ、乗っ込み気配好感触&大型チャンス【内房・富浦沖】

今シーズンは各地で遅れ気味でスタートした乗っ込みマダイだが、ここ内房・富浦沖でも例年より若干遅い釣れだしながら、好調な釣果が続いている。


手軽に楽しめ本格釣果! ボート釣りを楽しもう!!【内房・富浦沖】

手軽に楽しめ本格釣果! ボート釣りを楽しもう!!【内房・富浦沖】

ボート釣りは、釣り船にはない自由さがある反面、釣果の責任はポイントを選んだ自分にあるといっていい。本格的にやれば釣り船顔負けの釣果も可能だが、遊び感覚でやってもそこそこの釣果は期待できる。ファミリーやカップルでボートに乗ればそれだけでも楽しいもの。でも、少しのことで楽しさも釣果もグーンとアップする。


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読