MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激アツ伊豆遠征ゲーム!大型ヒラマサ&キハダが御蔵島に回遊中!

激アツ伊豆遠征ゲーム!大型ヒラマサ&キハダが御蔵島に回遊中!

南伊豆出船で狙う、御蔵島のジギング&キャスティングゲームが好調。大型のヒラマサ、キハダが御蔵島に回遊中だ。釣法はジギング、キャスティングともに有効だ。状況によって、両タックルを準備しておくと安心だ!

待望のキハダ&ヒラマサが御蔵島に回遊!ビッグワンキャッチのコツとは?

【出船ごとに大型キハダ&ヒラマサをキャッチ中!】

御蔵島にビッグフィッシュが回遊中だ。
メインとなるターゲットはキハダ、そしてヒラマサ。

キハダは40㎏オーバー、ヒラマサは20㎏オーバーが現実的な数字。
ビッグサイズのキャッチが続いている。

同船取材を行った弓ヶ浜の「惠丸」でも、絶好調。
GW中は同船でキャッチされたヒラマサのレコードとなる、28・5㎏もキャッチされた。

早い船では4月上旬から出船を繰り返していたが、5月以降だけをチェックしても僚船の釣果とあわせ、いずれの船でも空振りということはほとんどない。
出船ごとに30~40㎏クラスのキハダ、15~20㎏クラスのヒラマサキャッチが続いている。
数多い釣果、というわけではないが、まさに絶好調と言えるだろう。

取材日はスタートフィッシング直後に10㎏弱のヒラマサがヒット!

好調な滑り出しを期待したが後が続かず…。
わずかな根魚や5㎏弱のカンパチがヒットしてきたものの、ビッグワンは沈黙。

しかし、ラスト30分でドカンッと登場! 相手は42㎏のキハダだった。

「最近は後半が調子いいみたい」という良川福一船長の読みが当たった形だった。

アングラーとしては何よりも諦めないことが肝心、と思わされた一日だった。

【釣法はジギング&キャスティングの両方】

御蔵島周りでのビッグゲーム。
その釣法はジギング、キャスティングともに有効だ。
状況によって、どちらに偏るかは分からない。両タックルを準備しておくことをおすすめする。

基本となるのはジギングだ。
水深の目安は60~150m程度。
潮の速さは日並次第だが、使用するメタルジグは200g前後をメインウエイトと考えておく。
一般的なセミロングタイプのもので十分に対応可能だ。
大型のシングルフックをフロントに一本、というのが基本だ。

タックルはスピニングでもベイトでも好みのセッティングでよい。
200g前後のジグの使用に適した6ft台のロッドをセレクトする。

スピニングの場合、リールのサイズはダイワ製なら5000番、シマノ製なら8000番から10000番が適当だ。
セレクトに悩んだら少し大きめのほうが、余裕をもってファイトを展開できるのでおすすめだ。

ベイトの場合はジギング専用リールのなかでも中型以上のサイズを選ぶとよいだろう。

ラインはPE3~4号、リーダーは50~70Lbが目安。
ラインシステムを万全にしておくことはもちろん、相手がデカいので、とりわけメインラインはなるべく新品を使うと安心できる。

以上のほかスロー系ジギングでも実績はある。
こちらでやりたい、という方はあまりにライト過ぎるセッティングは避けて、トライしてみるとよいだろう。

キャスティングの場合は、相模湾でのキハダタックルがそのまま流用できる。

メインラインにPE4号、リーダーが80 Lbというセッティングをベースに、ロッド、リールのセッティングを合わせていけばよいだろう。
ルアーも100g程度のペンシルベイトを基本に、ポッパーなども選んでも面白いだろう。

相手はビッグサイズが中心。
それゆえ、ジギング、キャスティング、いずれの場合でもタックル全般のチェックは念入りに行っておくことが大切だ。

【キハダ、ヒラマサは中層を回遊していることが多い】

ここからはジギングを中心に、基本的な攻略パターンを紹介していこう。

ベースとなるのはごくオーソドックスな、ワンピッチワンジャークを基本としたバーチカルジギング。

着底後、水深の半分程度を目安にシャクリ上げ、落とし直す。
これを3~5回を繰り返して回収、再投入というのが基本パターン。
これを繰り返していく。
スピードは透明度の高い海域であることからも、中速からやや速めを心掛けるとよい。

何よりも注意したいのは探るレンジ。
船長からの指示が何もない場合でも、水深の半分までは必ず探るようにしたい。

キハダ、ヒラマサは中層を回遊していることが多い。
海底から30m、50m上でのヒット、というのは普通のこと。
ときには船長から「中層に反応」、とアナウンスが入ることもあるが、
それがなくとも必ず水深の半分くらいまでは探ったほうが賢明だ。

首を振っているのか、モゾモゾッという感触が伝わってくることもあるが、
ドンッ、ガンッと、ヒットはけっこう分かりやすく訪れることも多い。

前者の場合はしっかりラインスラックを巻き取ってからしっかりアワセる。
後者の場合はいきなりひったくられることでアワせた気になることが多いが、
ひるむことなくしっかりアワセを入れることがバラシを防止する最大の対処法だ。

御蔵島の場合は大型ヒラマサであっても比較的キャッチしやすい地形だ。
適正なドラグをセットしておけば、相手が走るときは耐え、止まったらガンガン巻くというスタイルを心掛ければ十分に対応可能。

キハダの場合も含め、一定の時間が掛かることを念頭に、焦ることなく冷静に対処すればキャッチへの道は険しくはない。とはいえ、興奮して頭が真っ白となるのも仕方はない。そこが醍醐味でもあるのだから。

以上、御蔵島のビッグゲームを紹介した。
ぜひ堪能していただきたい。


ジギング&キャスティングで挑戦! 御蔵島周り ヒラマサ&キハダ釣行レポート

メインステージは御蔵島の西側、水深60~150mのポイントだ

いきなりドスンっと来た!
経験豊富なアングラーだけに、強気のファイトでグイグイとプレッシャーを与え続けた

ギャフは決まった! しかし相手は巨大。固唾をのんで見守るしかない

下船後の検量でジャスト42kg!見事なビッグワンを仕留めたのは小田原市の石田さん。
「PE3号、50Lbリーダーでした。新品ラインで良かったです」。見事なやり取りだった

開始早々ドスンっと来た! 相手はキハダ? それともヒラマサ?

少し細身だが長さは十分。この日のファーストフィッシュ!

ヒラマサの9.15kgをキャッチしたのは横須賀市の中島さん

ジグは200g前後がメインウエイトだった

ウィグルライダー190gを操り、底付近で食わせた

ボトムを叩けば、こんな魚は釣れるだろうが…。それではビッグフィッシュが遠のいてしまう

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・弓ヶ浜「恵丸」

大型のヒラマサ、キハダが御蔵島に回遊中だ。

「GWには、うちのヒラマサの記録、28.5㎏が出たよ。キハダも含めて10㎏以下が来ない。あっ、カツオは8~9㎏くらいか」

景気のいい前情報をくれたのは、弓ヶ浜「惠丸」の良川福一船長。
こういう話はいつまで続くかは分からない。

凪ぎに恵まれた5月中旬、小田原「長谷川釣具店」のチャーター船に便乗させていただいた。

開始早々、水深130mのポイントでひとりのアングラーのロッドが絞り込まれた。

手慣れたファイトでネットに導いたファーストフィッシュは9㎏ちょっとのヒラマサ。
近々の釣果からは満足とは言えないサイズかも知れないが、十分なビッグフィッシュだ。

しかし、そこからは苦戦の時間が続いた。
カンパチ、根魚はポツポツと顔を出すものの、期待のビッグワンのヒットが得られない。

ときおり水面にキハダと思われる大きな水柱があがるがキャスティングにも無反応。

ジリジリした時間が流れたストップフィッシング30分前。いきなり来た!

息の詰まるような緊迫感のあるファイト!

猛烈な抵抗をみせたランディングを終え、船上に取り込まれたキハダは見事な42㎏。
ジギングでは賛辞に値するデカキハダだ。

「まだまだイケると思うよ」
とは良川船長。

まだ未挑戦の方。
後悔しないためにも早めの釣行をおすすめします!

以上の記事は「つり丸」2019年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾を舞台に展開されるボートからのクロダイ落とし込み釣り。その中で、周年を通して疑似餌を使った釣りを楽しませくれる船がある。新山下の「フネクロ」がおすすめしている「ジョイントキャンディー」を使った釣りが、それだ。
更新: 2019-09-16 07:00:00
ヒラマサ狙いで人気を集める千葉県外房沖。一般アングラーの足が遠のきがちなサマーシーズンも、時期ならではの魅力がある。夏から秋シーズンもジギング&キャスティングで狙うヒラマサを中心に、魚種多彩なゲストも楽しめる。
更新: 2019-09-15 08:58:16
ロングランで楽しめる、人気の高い東京湾のタチウオジギング。長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-09-02 22:48:49
福島の海が回復。さらに豊穣な海となって多くの釣り人たちを楽しませてくれている。釣れるのはヒラメ、マゾイ、クロソイ、メバル、アイナメ、マダイ、カレイ、青物etc。みなおいしい高級魚ばかり。半日も釣ればお土産は十分。
更新: 2019-08-16 08:41:48
東京湾でも一気に盛り上がってきている餌木タコ。取材した川崎「つり幸」では、釣り人のほとんどが竿釣りという日も。餌木タコ仕掛けは専用竿&餌木2個付け!ビギナーも大漁で竿独特の釣趣もバツグンだ!
更新: 2019-08-05 07:00:00
最新記事
毎年ファンをヒートアップさせる相模湾のカツオ・キハダ。今年は両魚ともにサイズが良く、カツオは5㎏オーバーを狙え、キハダは30㎏超級が連発し例年以上に釣り人を熱くさせている。今後も、まだまだ数多くのドラマが待っているはずだ。
更新: 2019-09-22 07:00:00
秋の気配が感じられる頃に始まる東京湾口のアマダイ。久比里の「巳之助丸」では、8月20日から乗合を開始し、好釣果が続いている。22日にはトップ10匹、23日にはトップ15匹と数が出たうえ50㎝を越える特大サイズが3本出た日も。
更新: 2019-09-21 07:21:41
釣った魚をイケスで生かすためのエア抜きニードル「ABUエアー抜き ピンオンリール付き」
更新: 2019-09-20 13:26:01
★動画★料理編「アジ釣り女子会」私を釣り~に連れてって!! 沖釣り専門誌「つり丸」と日本最古のスポーツ紙「日刊スポーツ」の共同企画!参加者を募集します(女子限定)。9月27日(金)出船!事前に太田屋さんに電話で予約を入れてくださいね。
更新: 2019-09-20 07:00:00
東京湾のLTアジは年中狙える超優良ターゲットだ。現在、大きなムラもなく安定して好調が続いている。20cmクラスの良型を上目のタナで勝負!基本を押さえれば誰でも数釣りできる。そんなLTアジのタックルセレクト&基本の釣り方を解説。
更新: 2019-09-19 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読