MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【鴨居沖~観音崎沖】タチウオ&金アジをリレー釣りで迎撃!!

【鴨居沖~観音崎沖】タチウオ&金アジをリレー釣りで迎撃!!

東京湾の釣りで圧倒的な人気を誇るタチウオとアジ! 釣趣バツグンで、食べればどちらも絶品。単体で狙う船宿が多いが、実は、一度に両方楽しむことができるリレー船もあり、その釣果が上昇ムードとのこと。

タチウオは今後、浅場! 爆釣モード全開のアジ

一度の釣行で、2魚種のターゲットを狙う欲張り派向けのリレー釣りで、東京湾の2大人気魚・タチウオ&金アジが狙える!

こんなオイシイ釣りを看板にしているのが鴨居大室港「福よし丸」で、その釣果がグングン上昇しているので、攻略法を紹介しよう。

「本来なら、6月に入って開幕する夏タチの様子を見てからアジとのリレー船をスタートするんだけど、今年は昨年からの深場の冬タチが好調に釣れててね。最近でこそ、ポツポツの釣果にはなったけど、もう夏タチが始まるんで、そのまま行っちゃえと続けているんだよね」とは、船長の福本善行さんの声だ。

そんな話通り、乗船取材では深場の水深80mダチで一人1~3本と、お世辞でも釣れているとは言えない状況だったが、
お客さんは「難しいからこそ燃えるし、1本の価値があり自身になるからさ。激うまで食卓も賑わうしね」とネガティブさは皆無だった。

「6月頃には、数釣りが楽しめる水深20~30mの浅場の夏タチになってるかもだしね。私の読みでは、この時期としては水温も18度台で高いし、始まりは早いと思ってるんだけどね。ちなみに、もう一方の金アジは絶好調で、クーラー満タン続出中だからさ」と微笑んだ。

タチウオは道糸の太さでオモリの号数が決まる

アジが絶好調とのこともあり、ちょい長めの前半・午前11時過ぎくらいまでをタチウオ釣りに当てている「福よし丸」。

そのタックルは、アジとの流用で楽しむ人もいるが、今後は浅場でのタチウオ釣りになるので、できれば浅場用のタックルを用意して欲しいと船長は言う。

「アタリの出方が違うからね。アジ用だとオモリも重くて疲れるし、竿の張りが強すぎて号の場合、オモリは60号(水深が、かなり浅い場合は40号もあり)。PE3号は80号。PE4号は100号となっているので、それに対応する先調子寄りのロッドやLT(ライトタックル)のゲームロッド(レンタルあり)をチョイスしよう。

リールはPE2号用の小型電動、もしくは両軸。3号以上には中型電動か両軸を合わせるのが一般的だ。

仕掛けは、シンプルな1本バリが主流。ハリスは6号、長さは2m。これに準ずる市販品で十分釣りができる。
ハリはタチウオ用の1/0、2/0。チモトに補強用の蛍光チューブを2㎝ほど被せるのもアリだ。

上へ上へと誘い上げ追わせて食わそう!

例年、夏タチが開幕するのは、第二海堡周りから大貫沖にかけてで、その水深は20~30mとなっている。

浅場のタチウオはエサを求めて深場から浮上してきている。つまり食い気がある個体が多く、そんな奴らは往々にしてリアクションバイト(反射食い)してくるので、これを念頭に釣りを展開すると釣果が伸びるってワケだ。

具体的には、船長が指示するタナの範囲で、エサをタチウオに見せて、シャクって誘い、食わす。または追わせて、食わすのだ。

「竿をシャクることとリールで道糸を巻き取ることを交互に行って、上へ上へとエサを動かして釣るんだよね」と船長。(イラストで参照)

竿先のみ弾く小さなアクションや胴から誘い上げる大きなアクションに、リールの巻き取りでハンドルを1回転動かしたり、
90度ずつ四分の一回転ずつ動かす。また30度ずつ動かす六分の一回転を行うなど、バリエーションを試して、
その時の食いパターンを探って迎撃しよう。

前アタリ後、イッキに食ってきたり、ジワジワ噛みながら追いかけてから加え込むなど、
食わすまでの駆け引き・ゲーム性は楽しいの一言。ぜひ味わいに行こう!

アジは手返し重視の電動リールをチョイス

オススメなのは、扱いやすく、コマセをまきやすい2mまでのショートロッドタイプで8対2~7対3の先調子となる。
リールは、電動を推奨する。後に説明するが、当地は速潮必至で仕掛けの上げ下ろしを頻繁に行うので用意したいのだ。

その他は仕掛け図の通りでクッションに輪ゴムの2重掛を用いても良い(船長に言えばもらえる)のがオリジナルと言える。
「幅3㎜、厚さ1㎜、直系12㎝のもので十分対応できるからね。忘れたりした時は気軽に言って」と目を細めた。

コマセちょい残しでタナで待つのがコツ

釣り方は、通常のビシアジ釣りと変わらないが、当地は潮が速いので、コマセのまき方が少々違ってくる。

やり方は解説の通りで、底から2mの位置で一度コマセを振り出すだけでOK。
これで3mの指示ダナまで巻いて待てば、コマセと仕掛けが自然と同調するのだ。

「ここは湾口で最も幅が狭い(千葉側の富津岬と神奈川の観音崎が張り出している)ので、潮が速いからさ。力強くまくとコマセが全部ブッ飛んじゃうんで、ソフトにまくのがキモになるんだよね。それに最近はアジの警戒心が強くなったのか、巻いた後、すぐには食ってこないこともあってさ。コマセをあえて残して、指示ダナでチョロチョロと潮で出すのも効果的だから」と船長がコツを教えてくれた。

速潮時のタナ取りを覚えて数を伸ばそう

大潮など潮がカッ飛んでいる時の速潮対策も覚えておいて損はない。
そんな時は、底から3mの指示ダナが出ても、そこで待たず、コマセを撒いた2mの位置でビシを留めよう。
それで解説図に描いたようにタナまで自動的にビシが持ち上がり、仕掛けとコマセが同調。釣れるので問題ないのだ。

なお、こんな状況でアタリが出ない場合は底を取り直して再度探るより、仕掛けを入れ替えた方が断然早く結果が出ると教えておこう。

「速潮時は、一度も底を取り直せないくらいビシが持ち上がって、コマセも出ちゃうからね。無意味なんで、入れ替え重視ってことになるんだ」と船長。

これからは大潮周りだけでなく、通常時も潮が速くなる時期なので、入れ替えをマメに行った方が有利と船長が教えてくれたので実践しよう!!

東京湾の2大人気 魚種がターゲット! 鴨居沖~観音崎沖タチウオ&金アジ釣果レポート

タチウオで使うオモリは、道糸の太さ(PE2号=60号)で変わる。タックルの詳細は特集ページを!

タチウオのエサのサバは縫い差し!

タチウオは深場から浅場にポイントを変える端境期で食い渋りがちだが、じっくり攻めれば釣れる。
なお浅場に変われば爆釣もあると船長は言う

前半のタチウオは、これからが本番!!

タチウオの歯は凶器。触るとスパッと切れるので、くれぐれも触れないように!

アタリを捉えて、食わせるまでが楽しいタチウオ。良型・指4本サイズのコイツは、追わせて食わせたそう

夏のタチウオはLTで挑むアングラーも多い

タチウオは深場と浅場の端境期で型程度も、今後は数釣り可とのこと

アジの仕掛けは全長2mの市販品でOK。クッションに輪ゴムを使う(船長に言えばもらえる)のもアリ

ビシアジで使うタックルの調子はお好みも、130号ビシが背負えるロッドを用意。リールは中型電動で道糸PE4号が基本

金アジのサイズは、中の大。30㎝クラスが中心で、40㎝弱の大型が結構まじる

抜き上げる時は、タイミングを計ってイッキに船内に入れるよう

ブランドの金アジ。大型は大事にタモ入れで取り込むのもアリだ

このサイズに思わず微笑む

後半のマアジは良型連発でクーラー満タンに!!

ダブルヒットも当たり前!

金アジ釣りは、リレー釣りの後半3時間程度となるが、ご覧の釣果が期待できる 

このサイズの金アジなら10本も獲ればお土産になる

金アジは30~40㎝の良型が主体で、今後も期待大!

爆釣体験するならイマだ!

ゲストにマダイがヒットすることが多々あると船長は言う

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・鴨居大室港「福よし丸」

東京湾の釣りで圧倒的な人気を誇るタチウオとアジ! 釣趣バツグンで、食べればどちらも絶品。
単体で狙う船宿が多いが、実は、一度に両方楽しむことができるリレー船もあり、その釣果が上昇ムードとのこと。

てなワケで、その釣りで人気を博す鴨居大室港「福よし丸」へ急行。状況を確認してきた。

「例年ならこの時期はアジ一本で一日を通すんだけど、今期はポツポツながらもタチウオが釣れているんで、リレーを辞めるタイミングがなくてさ。お客さんも1本でもタチウオがあると食卓が潤うからと言って来てくれるんで出船してるんだよね。アジの調子が鴨居沖でグングン上がっていて、まず、お土産には困らないんで、タチウオができるのもあるけどね」とニッコリ顔で福本善行船長が語ってくれた。

そんなタチウオのポイントは観音崎沖の水深70~80mダチで、食わせダナは40m前後。浮いたタチウオを探って食わせるテクニカルな釣りになっているが、もうすぐイージーに釣れる浅場の夏タチが始まるとのこと。

「6月の中旬になれば、釣りやすい水深20~30mになり、例年通りの数釣りが期待できるからさ」と船長。なお、アジは今後、潮が速くなるので、その対応法をマスターしておくと、さらに数が伸びると言う。

それぞれの爆釣法を参考にして、激うまのタチ&金アジをゲットしよう!!

以上の記事は「つり丸」2019年6月15日号の掲載記事です。

最新記事
新潟県寺泊沖の夏の風物詩である夜ムギイカが開幕した。釣り場は、寺泊沖水深160m前後。夜釣りのため、乗りダナは水深50m以浅であるのが特徴。手返しよく釣れば、誰にでも数釣りが可能。初夏の日本海を楽しもう!
更新: 2019-06-20 12:00:00
鹿島沖のテンヤマダイは浅場で釣れる時期に突入! 「灘のほうでは乗っ込みマダイがいますが、口を使わず乗っ込みももう終了です。今後は灘では浅場、沖のポイントが楽しくなります」と「安重丸」の安重船長。
更新: 2019-06-20 07:00:00
タイラバの新アクションアイテムで強烈アピール!
更新: 2019-06-19 12:00:00
駿河湾・清水沖の超高級魚を狙う、中深場五目!狙いはアカムツ&クロムツだが、大本命は幻の大アラ!!10kg級が釣れることもある。海況が安定する梅雨時はベストシーズン!アカムツ、クロムツは良型が釣れる!
更新: 2019-06-19 07:00:00
6月1日、三浦半島剣崎沖のイサキ釣りが解禁した。ここのイサキのウリは、なんといってもその食味。「脂が乗って味がバツグン」と、解禁を心待ちにしているファンも多い。ジャンボサイズまじりで楽しめるぞ!
更新: 2019-06-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読