MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
ヒラメ五目・朝イチにエサのイワシを釣ってヒラメ&高級根魚!!

ヒラメ五目・朝イチにエサのイワシを釣ってヒラメ&高級根魚!!

相模湾・平塚沖のヒラメ五目は朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!シーズンは7月いっぱいぐらいまで。上向き傾向の相模湾ヒラメ&高級ゲストの根魚を狙いに出かけてみよう!

perm_media 《画像ギャラリー》ヒラメ五目・朝イチにエサのイワシを釣ってヒラメ&高級根魚!!の画像をチェック! navigate_next

朝イチにイワシを釣って、それをエサにヒラメ狙い!高級ゲストもまじる!

【ヒラメは上向き傾向!7月いっぱいぐらいまで狙える】

平塚港「庄三郎丸」では、早春の時期からヒラメ五目船を出している。

春になるとカタクチイワシの群れが平塚周辺に接岸するので、
朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙うメニューだ。

今シーズンは2月後半にヒラメ五目をスタートさせた「庄三郎丸」。
エサにするカタクチイワシも安定して釣れるようになり、ヒラメの釣果も上向いてきている。

ヒラメのほかにはマゴチ、ハタの仲間、カサゴ、ニベ、ホウボウなど多彩な高級魚ゲストがまじっている。

釣り場は平塚沖を中心に西に東に広範囲。
水深も10m前後から60m前後までと幅広く狙う。
使用オモリは50号でライトタックルで狙えるのも魅力だ。

シーズンは7月いっぱいぐらいまで。
まだまだシーズンは続くので、ぜひ挑戦してみよう!

【タックルはライト用でOK!】

前述したように使用オモリは50号。
そのため、竿はオモリ50号に対応した7対3〜6対4調子が最適。
長さは2m前後でOK。汎用性が高いライト用ロッドが扱いやすくオススメだ。

リールは小型の手巻き両軸リール、または小型電動のどちらでもOK。

手巻きタックルと電動タックルの2種類を用意できるなら、
水深60m前後を狙う時は電動タックルを使うと手返しが楽になるだろう。

道糸はPEラインの2号前後を150m巻いておけば大丈夫だろう。

朝イチのイワシ釣りも、このタックルをそのまま流用できる。

【仕掛けは胴付き式の2本バリか1本バリ】

仕掛けは胴付き仕掛けを使用する。
ハリ数は2本バリ、または1本バリのどちらか。

エサは朝釣ったイワシを使うので、1本バリ仕掛けに比べると、2本バリ仕掛けはおよそ倍の量のエサを使うことになる。
朝釣れたイワシが少ないときは1本バリ仕掛け、十分にイワシが釣れたときは2本バリにするという選択もいいだろう。

また2本バリ仕掛けは1本バリ仕掛けよりもハリ数が多いので、それだけアタる確率が高くなるのがメリットだ。

枝スは5号、30〜40㎝。
幹糸は6号、2本バリの場合は幹間は60〜80㎝。
捨て糸は3〜4号、5〜30㎝。
ハリは丸セイゴの14〜18号。
ヒネリがないものがオススメだ。
オモリは50号を使用する。

根掛かりしやすいポイントを狙うこともあるので、仕掛けとオモリは多めに準備しておこう。
また、ハリスを結んだ替えバリを用意しておくと便利だ。

ヒラメ狙いの仕掛けは2本バリのほか1本バリも!

【朝のイワシ釣りは確実に釣ろう!】

朝イチはエサにするカタクチイワシを釣る。

ここでしっかり数を釣らないとエサが足りなくなってしまい、本命が釣れなくなってしまうので確実に釣ること。
本命狙いよりも真剣に一生懸命やろう。

仕掛けは出船前に船長が各自にサビキ仕掛けをくれるのでそれを使う。
オモリはヒラメ狙いの50号でOKだ。

船長が反応を見つけて投入合図が出たら即座に仕掛けを投入。

指示ダナの範囲を探ろう。タナの探り方を示したのが下のイラストだ。

アタリがあったらその位置でしばらく待つか、ゆっくり巻き上げて追い食いさせるのが大事。  

1匹ずつ釣っていては効率が悪い。
ヒラメ仕掛けは1本バリを使うなら30匹以上、2本バリを使うなら60匹以上を目安に釣ろう!

ハリを外す際はイワシを強く握らず、ハリ外し等を使って迅速に外すこと。

釣れたイワシのエサ付けは、下アゴからハリを刺し入れ、上アゴに刺し抜く。
上アゴだけに刺すと、仕掛けの上げ下げで口が開いて回ってしまい、仕掛けが絡みやすくなる。
またイワシが死にやすくもなってしまう。

【オモリを底付近にキープ。アタリの出方は3パターン】

イワシ釣りが終了したら本命狙い。

ハリにすばやくエサのイワシを付ける。
ここでエサ付けに時間がかかると、イワシが弱るので注意しよう。

エサを付けたら仕掛けを投入。
オモリが着底したら、オモリを10㎝ほど巻き上げてアタリを待つ。

ベイトの反応があったり、海底の起伏が激しいときは船長からタナ指示が出ることもある。
その場合は指示に従おう。

船が流されて水深が変わることもあるので、マメにタナを取り直すことも忘れずに。
また、時々竿を頭上に起こして誘い上げることも有効だ。

アタリの出方は、大まかに3パターン。

一つはアタリと同時に一気にもっていくパターン。
向こうアワセで掛かりやすいので、竿を起こして魚の重みを感じたら、やり取りをはじめよう。

二つめはなかなか食い込まないパターン。この場合、即アワセは厳禁。
しばらく待って、食い込んだら、竿を立ててしっかりアワせよう。

三つめは食い上げのアタリ。急に糸がフケた場合は食い上げている可能性大。
即座に糸フケを取り、魚の重みを感じたら、竿を起こしてアワせてからやり取りを開始しよう。

LTで狙えるから楽しさもアップ!相模湾・平塚沖 ヒラメ五目の釣行レポート!

平塚港から西に東に広範囲のポイントを狙う

朝イチはサビキ仕掛けでイワシ釣り。仕掛けは船長からわたされたものを使う

カタクチイワシのほかマイワシ、ウルメイワシ、小サバ、小アジ、ムツなどもまじる

ヒット! 力強い引きはヒラメか!?

待望のヒラメがタモ取りされた!

当日、船中最初に取り込まれたヒラメ

顔出しNGの釣り人も見事ヒラメゲット!

マゴチもゲット!

ニベもゲットした!塩焼き、ムニエル、煮付け‥‥美味だ

掛かるカサゴは良型が多い

マハタもヒット!嬉しい〜!

ホウボウもヒット。高級根魚がゲストだ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・平塚「庄三郎丸」

平塚港「庄三郎丸」では、2月後半からヒラメ五目船をスタートしている。

カタクチイワシの群れが平塚周辺に接岸するので、
朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙うメニューだ。

開幕当初に比べるとイワシも安定して釣れるようになり、ヒラメの釣果も上向き傾向。
トップ5枚を記録する日もあった。

本命はヒラメだが、多彩な高級ゲストがまじるのも魅力。
マゴチ、ハタの仲間、カサゴ、ニベ、ホウボウなどがまじっている。

「庄三郎丸」では50号のオモリを使うので、ライトタックルで楽しめるのも魅力。

道具が軽いので釣りやすく、釣趣も抜群だ。

シーズンは7月いっぱいぐらいまで。

まだまだシーズンは続くので、上向き傾向の相模湾ヒラメを狙いに出かけてみよう!

以上の記事は「つり丸」2019年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル