数はそのままサイズアップ! 沼津沖の夜タチウオ【駿河湾・沼津沖】

数はそのままサイズアップ! 沼津沖の夜タチウオ【駿河湾・沼津沖】

「タチウオって、バラすから面白いんだよね」。これは某タチウオ名人が言った言葉だ。このタチウオ名人の一言が私をタチウオ釣りの魔界に引きずり込んだ。毎週のようにタチウオ船に乗り、タチウオ釣りにのめりこんでいった。バラすから熱くなる。熱くなるからのめりこむ。だから今日も釣りに行くのだ。


〝数狙い〟のシーズンから〝型狙い〟のシーズンへ移行。指3本サイズがレギュラーサイズだが、指5本サイズも釣り上げたぞ

明るい時間でも魚がいれば食う。

薄暗い時間からがチャンスタイム。

こちらはフカセ釣りで楽しんだ。

このサイズなら大満足です!

カマスはいいお土産になる。

エサはサバの切り身。

沼津沖の夜タチウオが、これまでの〝数狙い〟のシーズンから、〝型狙い〟のシーズンへの移行期に入った。
今回の夜タチウオ取材では、指3本サイズがレギュラーサイズだったが、指5本に届こうかというサイズも何本か釣り上げられた。
竿を湾曲させるその重量感と力量感あふれるタチウオの引きは釣趣満点だ。
日中深場にいるタチウオの群れは、夜になると採餌のために浅場へと集まる。これを狙うのが夜タチウオ釣りなのだが、静浦港出船の夜タチウオ船は、行程が5分程度と近場であることがうれしい。
刺身が旨いタチウオだが、塩焼きを好む釣り人もまた多い。取材日にはカマスが多くまじり、この塩焼きもまた絶品だった。
沼津の夜タチウオはこれからますます盛り上がっていくことになるだろう。秋の夜釣りは沼津に集まれ!

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


夜タチウオ 駿河湾 沼津沖

関連する投稿


トップ50本は当たり前! ジギングで狙う河口沖のタチウオ(神栄丸)

トップ50本は当たり前! ジギングで狙う河口沖のタチウオ(神栄丸)

「今日はトップ100本を超えましたよ。平均で80本くらいかな。来るなら早いほうがいいですよ」釣況を伺うために電話した相手は、由比港「神栄丸」の石原佑樹船長。数字を示されてあおられては? 黙ってはいられない。明日行きます! と同船取材をお願いした。


極上ターゲット・タイラバのヒットパターンを攻略(大宝丸)

極上ターゲット・タイラバのヒットパターンを攻略(大宝丸)

清水港内に流れ込む巴川河口から出船している「大宝丸」。長橋寿光船長は、駿河湾の沖釣りの究極の楽しさを追及している。


ひとつスッテ釣法で釣る! 夜マルイカの釣り方&仕掛け(魚磯丸)

ひとつスッテ釣法で釣る! 夜マルイカの釣り方&仕掛け(魚磯丸)

冬場に夜ヤリイカ釣りでにぎわう駿河湾奥部に位置する大瀬崎周辺。産卵のために岸近くの浅場に集結する個体を狙っている。船はアンカーを打ってのカカリ釣りだ。ほぼ、同じポイントでこの夏場に楽しめるのが夜マルイカ釣り。


爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

爆釣を体感せよ! 駿河湾のシイラ…今後はカツオやキハダも(福将丸)

台風の影響によるウネリが大きい。次第に風が強まる予報もあった。ピーカン&ベタ凪ぎが最高とされるシイラ狙いには、決して好条件とは言えない。そんな取材日だった。


狙え! スーパードラゴン級のタチウオ! ジギングが好調(神栄丸)

狙え! スーパードラゴン級のタチウオ! ジギングが好調(神栄丸)

駿河湾のタチウオというと、“夜”というイメージが強いかもしれないが、ここ由比~富士川沖ではこの時期は日中に楽しめる。雨の季節を迎え富士川から濁りが入ると、日中でも浅いタナで釣れるようになるのだ。そう、ついに早朝タチウオが開幕したのだ!


最新の投稿


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

夏のまっ盛りに開幕した東京湾のタチウオ、今シーズンも魚影は濃いようで、良い日はトップ30本前後の釣果が聞こえていた。光り輝く銀色の魚体に会いに向かったのは、シーズンを通してタチウオ乗合を出船している金沢漁港の「鴨下丸」。


暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

昨年の夏場は、東京湾のアジが広範囲で絶好調続きだった。今シーズンも同じように好調が続いている。走水港「吉明丸」では走水沖をメインに狙って、35㎝前後の良型を主体に、トップ50匹以上を記録することもしばしばだ。今回の取材では、走水沖40m前後を狙って、トップは60匹だった!


ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

午前、午後の二便で出船中の大津「小川丸」のマアジ船は、猿島沖〜観音崎沖を中心に周年を通して楽しめる。この海域のアジは、黄金色に輝き幅が広く脂の乗りも抜群。ブランドアジとして人気が高い。


相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

コマセ釣りが解禁して間もなく、相模湾にカタクチイワシが回遊し、突如としてルアーの釣果が上向いた。各所でトリヤマが立ち、キハダが巨大な水飛沫を上げてボイルしているのだ。さらにアベレージサイズも25〜30㎏とひと回り大きくなり、非常にエキサイティングな状況となっている。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読