数はそのままサイズアップ! 沼津沖の夜タチウオ【駿河湾・沼津沖】

数はそのままサイズアップ! 沼津沖の夜タチウオ【駿河湾・沼津沖】

「タチウオって、バラすから面白いんだよね」。これは某タチウオ名人が言った言葉だ。このタチウオ名人の一言が私をタチウオ釣りの魔界に引きずり込んだ。毎週のようにタチウオ船に乗り、タチウオ釣りにのめりこんでいった。バラすから熱くなる。熱くなるからのめりこむ。だから今日も釣りに行くのだ。


〝数狙い〟のシーズンから〝型狙い〟のシーズンへ移行。指3本サイズがレギュラーサイズだが、指5本サイズも釣り上げたぞ

明るい時間でも魚がいれば食う。

薄暗い時間からがチャンスタイム。

こちらはフカセ釣りで楽しんだ。

このサイズなら大満足です!

カマスはいいお土産になる。

エサはサバの切り身。

沼津沖の夜タチウオが、これまでの〝数狙い〟のシーズンから、〝型狙い〟のシーズンへの移行期に入った。
今回の夜タチウオ取材では、指3本サイズがレギュラーサイズだったが、指5本に届こうかというサイズも何本か釣り上げられた。
竿を湾曲させるその重量感と力量感あふれるタチウオの引きは釣趣満点だ。
日中深場にいるタチウオの群れは、夜になると採餌のために浅場へと集まる。これを狙うのが夜タチウオ釣りなのだが、静浦港出船の夜タチウオ船は、行程が5分程度と近場であることがうれしい。
刺身が旨いタチウオだが、塩焼きを好む釣り人もまた多い。取材日にはカマスが多くまじり、この塩焼きもまた絶品だった。
沼津の夜タチウオはこれからますます盛り上がっていくことになるだろう。秋の夜釣りは沼津に集まれ!

以上の記事は「つり丸」2012年10月15日号の掲載情報です。

関連するキーワード


夜タチウオ 駿河湾 沼津沖

関連する投稿


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


夜タチウオ、好機来たる! ルアーもエサも絶好調【駿河湾・沼津沖】

夜タチウオ、好機来たる! ルアーもエサも絶好調【駿河湾・沼津沖】

寒いなんて言っていられない! 夜タチウオ、ベストシーズンが到来したぞっ! 脂たっぷり甘みたっぷりの指3~5本サイズが釣れてます! 行くしかないぞっ、沼津沖へ!


爆食いヒラメ、2ケタ釣果も夢じゃないぞ!!【駿河湾・由比〜三保沖】

爆食いヒラメ、2ケタ釣果も夢じゃないぞ!!【駿河湾・由比〜三保沖】

ヒラメ釣りというと、どうしても茨城、房総エリアに注目が集まる。ヒラメ狙いで出船する船数も多く、釣果の情報も数多く目にするので、それも当然だろう。しかしここ駿河湾にも、ひとしれずひっそりと? ヒラメが爆釣しているポイントがあったりするのだ!


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング