MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【茨城・鹿島沖】テクニックで食わす! 青物ジギングゲーム

【茨城・鹿島沖】テクニックで食わす! 青物ジギングゲーム

鹿島沖の青物がようやく本格化して来た。まだ日ムラはあるものの、ヒラマサにワラサ・イナダがジギングで好調に釣れているのだ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

ヒラマサも視野に入れラインはPE3号

鹿島沖で青物ルアーゲームがグッドシーズンを迎えている。根周りではヒラマサが、そして鹿島沖や北のエリアではワラサやイナダの回遊が始まったのだ。

「根周りでは状況によってはヒラマサが好調です。10㎏オーバーもキャッチされています。イナダやワラサはまだ本格的な群れは入って来てはいませんが、例年であればいい時期ですので、回遊はこれからでしょう。ただ、今いる群れは、ひとつの規模が大きいんです。見つけることができれば連続ヒットも珍しくありません。いずれにせよ、今後が楽しみな状況には変わりありませんよ!」とは、鹿島港「幸栄丸」で主にルアー船を担当する荒原康宏船長。

そんな鹿島沖の青物ゲームのタックルは、攻略ははジギングがメインとなるため、ジギングタックルは必須。
ロッドは6ft前後の青物ジギング用で、リールは詳しくは後述するが荒原船長がオススメするテクニックが「速巻き&ストップ」ということもあり、中型スピニングを使用する。速巻きが有効ということを考えれば、できればハイギアをセレクトしたい。
ラインはPE3号+リーダー40 Lbが基準。

「イナダやワラサだけを狙うのであれば2号あれば十分ですが、根周りのヒラマサを攻めることもあり、またサイズが10㎏オーバーもキャッチされているので、3号を基準と考えてください」(荒原船長)

ジグは、120〜150gを中心に、魚の移動が速いときや船がよく流れるときのために、200gまで用意しておきたい。
また、鳥山が出たときなどのためにキャスティングタックルも持参しておいてもソンはない。海では何が起きるか分からないからだ。

船長オススメは速巻き&ストップ

「ヒラマサは基本的に根で、状況によってはベイト反応も狙っています。イナダやワラサはそのものの反応に船を当てています」とは、荒原船長。
つまりこれが何を意味するのかといえば、これが攻略方法のヒントであり、ヒラマサとイナダ・ワラサでは攻略方法が異なるということだ。

根周りのヒラマサの場合は、船の下にターゲットがいるとは限らないので、ジグは前方にキャストし、広範囲を探るのが得策。
反応直撃のイナダ・ワラサの場合は、船の真下にターゲットがいるので、ジグはキャストせず、合図と同時に素早く真下に投入することが基本となる。

最後に、今後はイナダ・ワラサが攻略の中心となる予想であることを踏まえ、ここでは荒原船長オススメの攻め方をご紹介しよう。
「一般的なワンピッチジャークでももちろん釣れますが、私がオススメするのは、アクションにより変化を付けた“速巻き&ストップ”です」
その方法は文字通り高速でリールを巻いて、適当なところでストップさせるだけ。
「この緩急が大切なんです。魚が追って来ていればストップさせたところで必ずアタリが出ますので、ここでアワセを入れて掛けにいきます。より自分で釣った感が強く、釣りとしての楽しみが倍増しますよ」

少し慣れて来たら、ストップさせたときに少しロッドを下げるのがコツだという。ぜひお試しあれ!

ヒラマサ好調!! 今後はワラサ・イナダが主体に【茨城・鹿島沖】青物ジギングゲーム釣果レポート

朝イチの根周り狙いではヒラマサが連続ヒット!

ヒラマサは10kgオーバーもヒットしているので油断大敵

根周りを攻めているのか、魚探反応に直接当てているのかを理解して攻められれば、より効率的な攻略が可能だ

そんなに大きくはない、といえどもとってもよく引くのが青物。これが楽しい!

イナダやワラサは連続&同時ヒットも珍しくない。周りが連れているときはチャンスだ!

イナダと侮るなかれ。脂が乗って美味しいゾ

電動ジギングではワラサ!

ナイスサイズのイナダ

抜き上げ可能なサイズであれば。フックの掛かりどころや周囲に注意して抜き上げよう。手返しがよくなり、釣果も伸びる

しばらくはイナダ・ワラサ、ヒラマサの青物狙いで出船予定とのことだが、潮次第ではキメジ(キハダ)やカツオへも出船するとのこと。出船状況は船宿ホームページなどで確認を!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「幸栄丸」

取材は5月中旬。朝イチは南下して大根へ。その名の通りポイントは広大な根周りで、狙いはヒラマサ。
「第三号幸栄丸」操る荒原康宏船長の狙いは見事的中し、すぐにジギングでヒラマサがバタバタとヒット!

時合が終わったと判断すると、今度は北上しながらワラサ・イナダ狙いに。
しばしのクルージングの後いきなり船が止まると、船上にはまたもやバタバタと魚が暴れる音が響く。
ほぼ全員同時ヒットしており、なかには連続ヒットさせている人もいる。

「根周りのヒラマサは潮次第といったところですが、10㎏オーバーもジギングでヒットしています。今後はワラサ・イナダが中心になって来ると思いますが、今期はまだ本格的な群れが来ていません。例年ではそろそろベストシーズンとなりますので、期待したいですね!」と荒原船長。

また荒原船長によると、潮によっては狙いが沖のキメジ(キハダ)カツオとなる可能性もあるとのこと。これはこれで回遊が待ち遠しく嬉しいターゲットだが、出船状況は必ず釣行前に確認していただきたい。いずれにしても、鹿島沖から目が離せない!!

以上の記事は「つり丸」2019年6月15日号の掲載記事です。

関連記事
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾の横須賀沖で、落ちのマダイが絶好調!金沢八景の「野毛屋」では取材日に3.7㎏の良型含みで船中21枚、翌日は40枚、翌々日は49枚と、まるで秋の数釣りハイシーズン!
東京湾・冬期のシーバスゲームは、イワシを追いかけているシーバスの群れを釣るので、確実に数釣りが楽しめる。手軽だけどじつは奥が深い。この魅力をぜひ体験してほしい。
最新記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル