MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【東京湾】ジギングで夏パターンへ突入したタチウオを満喫!

【東京湾】ジギングで夏パターンへ突入したタチウオを満喫!

タチウオのエサ釣りがテクニカルで人気なら、このジギングもエサ釣りに負けず劣らずテクニカル。リールを巻く誘いのスピードがタチウオの活性に合わなければ、隣はイレグイでも、自分はさっぱりということにも。

リールはノーマルギア ラインはPE1号

東京湾のタチウオジギングで使用するロッドは、現在では各社からタチウオジギング専用として多数のモデルが発売されているので、その中からお気に入りのもを選べば間違いない。

リールは、「こなや丸」の進藤通孝船長は、フォールのアタリが取りやすい小型両軸で、ノーマルギア(ローギア)タイプをすすめている。その理由は、タチウオには青物のように速いアクションは必要ないから。もし、ハイギアやそれ以上の高速ギアモデルを使っているのであれば、巻き速度を遅めにすることで対応可能だ。

ラインは、「こなや丸」ではPE1号で可能な限り統一してもらっている、とのこと。0.8号でもよいのだが、
「タチウオ以外の魚がヒットして来たときに、細いと切れてしまうんです」と言う。それ以外の魚とは、サワラだ。

ラインの長さについては、夏タチシーズンは100m巻いてあれば事足りるが、高切れしてしまった場合や、
秋から冬にかけての深場も楽しむことを考えると、200mは巻いておきたい。

タックルで重要なのがフック。バーブレスなのはもちろんだが、フロントフックのアシスト部分がチューブで覆ったものを「こなや丸」では推奨している。これは、オマツリした際に他のアングラーの道糸を傷つけないため。タチウオジギングではオマツリは多い。みんなで楽しく一日を過ごすためにも、ぜひ推奨フックを使うようにしたい。このフックは船宿でも販売しているので、持っていない人は受付のときに購入可能だ。

タナが浅くても ジグは120gがメイン

夏タチシーズンはタナが浅いことが多いので、メタルジグは80〜100gといった軽めのものでもよさそうだが、
「120gをメインに、150gがあればだいたい大丈夫でしょう」と進藤船長。軽いジグはフォールスピードが遅いため、フォール中の掛かりが悪いのだ。ただ、食いが渋いときは軽いジグのほうがよいこともあるので、持参しておくとよいだろう。

ジグの形状については、センターバランスをメインに、その幅広タイプや細身タイプなど各種。
さらに、リアヘビーのフォールの速いタイプがあればよい。カラーは赤金、ピンク系、パープル系は必須だ。

ジグのカラーよりも巻き速度!

釣り方については、まずは進藤船長が指示するタナをしっかりと守って攻めることが重要。詳細はイラストで紹介しているので、ぜひ参考にしていただきたい。

タナ以外で重要なのは、リールの巻き速度。
「夏タチは冬とは違って、速く巻いてどんどん上へと誘ってくることが重要です。したがって、ジグのカラーを気にするよりも、ロッドアクションよりも、巻きの速さだけを気にするようにしてください。活性が上がれば、フォールのアタリが多くなります」と進藤船長。

実際、取材当日にじっくりと観察してみたところ、ジグのヒットカラーはバラバラ。
しかし、ただ巻きの速度が合っている人は連続ヒット。シャクったり、速度が合っていない人はサッパリだった。
ただ巻きのアタる速さをいかに早く見つけるか。勝負の分かれ目が、ココにある!

攻略のカギは“巻きの速度”と “タナ”を探ること! 東京湾タチウオジギング釣果レポート

夏のシーズンはタナが浅いので、子供や女性も手軽に楽しめるのが魅力だ

船長オススメのジグは、「ベイス」と「アサルト」(クルー)。フロントフックはチューブを被せたタイプを使おう

アベレージは指3〜3.5本。これから迎えるベストシーズンは、水面付近でのワームゲームもおもしろい

今期は110cmオーバーが日に船中5〜6本出ることも珍しくないという。ぜひチャレンジを!

進藤船長が適時タナや釣り方をアナウンスしてくれるので、それをしっかりと守ればちゃんと釣れます!

夏タチはタナが浅いので、より手軽だ

デカイ! と思ったら、魚を暴れさせないように、水面下で泳がせておく。船長がネットやギャフで取り込んでくれる

「今年は大型が多いです」と「こなや丸」の進藤道孝船長。その言葉通り、
小学5年生の熊谷君は指4本オーバーのナイスサイズをキャッチ!

熊谷君のお父さんは船中最大の118cmをキャッチ! メーターオーバーが狙えるチャンスだ!

タチウオは水面から出すと激しく暴れる。暴れればその分だけバラシが多くなる。当日も水面バラシが目立った。
これは本当にもったいないですよ…

ヒットパターンをつかんで次々とタチウオをヒットさせていく熊谷君はこの日の竿頭!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・長浦港「こなや丸」

取材日は、小学5年生の熊谷君が大ブレイク! 当日のヒットパターンはただ巻き(ロッドでアクションはつけずにリールをただ巻くだけの誘い)だったのだが、熊谷君の巻きスピードが大はまり。指4本以上はある大型を含め、見事竿頭となったのだった。

「同じタックル、同じライン、同じジグを使い、同じようにアクションさせても、同じようには釣れません。できるだけみなさんに釣って欲しいのでアドバイスなどはするのですが、それでもみんなが同じように釣れないのがタチウオゲームの面白いところ。最盛期は例年7月後半頃で、今後は数も期待でき、しかも今期はサイズもいいので、ぜひチャレンジしてください」とは、このタチウオジギングをはじめ、東京湾のルアーゲームのパイオニア的存在である長浦港「こなや丸」の進藤通孝船長。

今期は110㎝オーバーが一日に船中5〜6本出ることも珍しくないとのこと。この夏は、タチウオジギングで熱くなろう!

以上の記事は「つり丸」2017年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
夏が旬といわれるマゴチが浅場で釣れている。ここ数年で確立した釣り方はテンヤにソフトワームを装着するというもの。簡単に言ってしまえばルアー釣りだが、いまやエサ釣り師たちのスタンダートな釣法なのだ。
更新: 2019-07-07 12:00:00
例年にないほどのロケットスタートをみせ、好調持続中の相模湾シイラゲーム!新群れの流入も 日を追うごとに増え、おおいに盛り上がっている!タックルセレクトからルアーアクションまでマスターアングラー椙尾和義さんのアドバイスを中心に紹介する。
更新: 2019-07-05 07:00:00
外房のヒラマサシーズンが終盤戦に突入!浅場の根周りで釣りが出来るまでワラサ狙い、竿入れ時間を迎えてからはヒラマサ狙いのパターン。ワラサは連続ヒット、ヒラマサも充分楽しめる。早めの釣行がおすすめだ。
更新: 2019-07-01 07:00:00
駿河湾・由比沖のタチウオが好調だ。今期はサイズがいいのが特徴で、2㎏オーバーというスーパードラゴンサイズがキャッチされている。7月頃から夜釣りが始まる予定。暑い日中を避けられ、こちらも非常に楽しみだ!
更新: 2019-06-29 12:00:00
相模湾のシイラが例年にないほどのロケットスタートを切っている。特大クラスはまだキャッチでできてないが、メーターオーバーはけっこう出ている。梅雨があければ期待は特大!早めの釣行がおすすめ!
更新: 2019-06-23 07:00:00
最新記事
「第16回 上総湊港伝統釣法 真鯛シャクリ釣り釣り大会」の参加者募集内容になります。2019年8月4日開催に開催されます。
更新: 2019-07-17 22:30:38
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読