MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【鹿島湾】本格シーズン突入! オレンジカラーが鉄板のマゴチ

【鹿島湾】本格シーズン突入! オレンジカラーが鉄板のマゴチ

夏が旬といわれるマゴチが浅場で釣れている。ここ数年で確立した釣り方はテンヤにソフトワームを装着するというもの。簡単に言ってしまえばルアー釣りだが、いまやエサ釣り師たちのスタンダートな釣法なのだ。

エリアの特徴

鹿島沖のマゴチの魚影の濃さはピカイチ。60 ㎝オーバーの大型も良く釣れる。
ポイントは遠浅の鹿島灘全域で水深10m前後の砂地一帯。船を横流し(風流し)にして探っていくスタイルが基本となるので、
シロギス釣り同様、どんどんキャストして広く探る方が釣果は伸びる。
夏のマゴチは“照りゴチ”とも呼ばれ、本来は梅雨明け頃がハイシーズン。
今後はさらに浅い場所を攻めることになるのでビギナーや女性でも十分に楽しめる。

タックル

タックルはひとつテンヤ用でOKだ。ロッドのタイプは竿先が軟らかめのものよりもやや硬め(MHまたはH)のタイプがオススメ。
軟らかめのロッドだとテンヤを動かす時に竿先が曲り込んでしまうので、テンヤを動かす操作(コントロール)が難しい。
また、アタリと海底の感触も分かりにくくなる。

リールはキャストを要するため小型スピニングリールを使用する。スプールにセットしておくラインは0.8〜1号。
リーダーは2.5〜3号を2〜3m。それを摩擦系ノットで接続する。

こだわりクローズアップ【ソフトルアー】

冷凍エビは引っ張ってもほとんど動きがない。また、投げると頭がすぐ取れる。
対してソフトルアーは、引っ張ってくると、まるで生きているように動く。その動きこそがフィッシュイーターであるマゴチの本能を刺激し、捕食スイッチをONにするのだろう。

テンヤマゴチに使用するソフトルアーは大きく分けて3種。
①ザリガニのような形をしたタイプ。
②魚の模したタイプ。
③胴体がイモムシのようでクルリと丸まった尾を持つタイプ。

その中でもイチオシは④のソフトルアー。色は赤に金ラメが入ったもの。
このルアーは特定の生き物を模しているわけではないが、尾の動きが絶妙でアピール力抜群。

実績も高いとのことで少し分けてもらった。
当日、色々なタイプを試していく中、ここぞという時に使おうとバッグに忍ばせておく。
そしていよいよ出番がきた。すると、すぐにヒット!! そして次の投入も、また次も…。

テンヤマゴチ攻略法

《テンヤは重めでオーケー》

テンヤの号数は8号が基本。水深10m前後を狙うにしては重すぎるのでは!? 
と思うかもしれないが、マゴチ釣りではテンヤをキャストして釣るのである程度の重さが必要。

また、ロッド操作でソフトルアーを動かしながら海底を維持するにも若干重めの方が良い。
一応、予備として5〜6号、10〜12号も用意しておこう。

形状については、海底での安定性という意味ではテンヤ型になるが、この釣りは常に海底にテンヤを置いて釣るわけではない。
ソフトルアーを常に動かして釣るので海底の凸凹に引っ掛かりにくいカブラ型の方が向いている。

《4つの攻略法》

鹿島沖のマゴチ釣りは、ポイントを広く探れるように風を船の側面にあてて流していく「横流し」が基本。
この方法だとキャストして海底を探るにも都合が良く胴の間でもオマツリが少ない。船は左右入れ替えながら流していく。

自分の釣り座からラインが前方へ払い出すときは着底させたテンヤが遠ざかっていくので、速く誘うとテンヤが海底から浮き上がってしまう。逆にラインが船下へと入り込むときは前方へキャストしたテンヤがどんどん自分に近づいてくる。
この場合は速め、かつ大きめに誘ってこないとテンヤは動かない。
船を流す方向とラインの出方をしっかり把握し誘いの調整を行うように。

さて、それではいよいよ釣り方だ。マゴチは基本的にはベタ底狙いとなるのだが、同じ海底に住むヒラメとは習性が違う。
ヒラメはエサを見つけると泳ぎ上がってでもエサを捕食する傾向がある。対するマゴチは積極的にはエサを追わず、
目の前に現れたエサを素早く捕食すると言われている。

その捕食レンジは50〜60 ㎝程だとか…。まずは、この違いを頭に入れて釣ることがキーとなる。

釣り方は大きくいうと4つある。まずは確実に海底を探る最も手堅い方法“ズル引き”。

釣り方の手順はキャストしてテンヤが着底したら糸フケを取ってロッド操作でテンヤをサビいてくる。
またはロッドを海面に向けた状態で極ゆっくりとリーリング。このとき常にテンヤが浮かないように注意する。

続いては“ボトムピョンピョン”。
これは海底でテンヤを小刻みに跳ねあげながら手前と寄せてくる。ズル引きに対してこちらは海底をアマガエルがピョンピョンと跳ねているようなイメージ(海にはアマガエルはいないけど…)。

動作としては竿先をチョンチョンと小刻みに上げては止めを繰り返してテンヤを手前に動かしてきたら、竿先を海面に戻してラインを巻き取りながら再び誘う、の繰り返し。

そして次は“カーブフォール”。テンヤが着底したら素早く糸フケを取り、1mほどロッドを上げた状態(位置)で待つ。
するとテンヤはゆっくりとカーブしながら海底へとフォールして着底する。

ロッドを上げた分、ラインを回収しながら、再び同じ動作を繰り返かえしながら船下まで誘う。
ラストはルアー釣り師が良く言う“スイミング”。スイミングと言ってもソフトルアーを泳がせ続けるわけではない。
海底から50㎝の範囲を泳ぐようにリールを巻いては止め、ラインを張ったままフォールさせ、着底したら再びリーリング。
そしてストップ。それを繰り返す。徐々にラインが海面に対して立ってきたら迷わず再投入する。

アタリを感じたら、慌てずに一定のテンションを保ちながらラインを巻き取り、アワセ幅を確保してから大きくアワセる。
アタリ→即アワセのテンヤマダイに対して、テンヤマゴチは一呼吸置いて大きくアワセる。

そんなタイミングとなるので覚えておこう。

【鹿島湾】いまが釣りドキ!! カンタンテンヤワームで釣るマゴチ 釣果レポート

当日のポイントは鹿島港前だったが、南も北もまだまだ釣り場は数多くある

プライヤーとハサミは必ず持参しよう

浅い水深で広範囲を探るためスピニングタックルがベター。テンヤタックルの流用で十分

テンヤにこのようにワームを付けるだけ。孫バリはいらない。外してもよい

「早アワセは禁物です。アタリが出たら一呼吸おいて、アワセましょう」

良型キャッチ中!50㎝級は数釣りオーケー

6月中はオレンジのワームが鉄板だった

マゴチが吐き出したのはシャコ。オレンジワームが効く理由はコレか!

飯塚船長がアシスト!

オレンジ色のワームが絶好調です!!

大型のマゴチも数多くまじった

松永直己プロもこのとおり!

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島「長岡丸」
※2隻フル稼働中。車は船の前に止められるので便利

6月に開幕した鹿島沖のマゴチ。6月半ばからようやく上向いてきた。
夏場が旬といわれるこの魚、乗っ込みのため、沿岸の浅場に集結するこれからが本格シーズンだ。

釣り方は、ここ2年で定着したテンヤとソフトワームの組み合わせでテンヤタックルで釣るというもの。

陸っぱりのサーフでは、ジグヘッドにワームというのが定番になっているが、
船上では、普段使い慣れているテンヤタックルでテンヤとソフトワームの組み合わせが釣りやすく、実績が高い。

「マゴチはこれからですよ。ボトムをゆっくりと引きずったり、リフト&フォールなどさまざまな誘いを試してみてください。アタリは明確に出ますから、誰にでも簡単に楽しめますよ」とは、「長岡丸」の飯塚正貴船長。

ポイントは岸近くの水深10m前後の砂地。夏が進むとさらに水深は浅くなる。
テンヤのサイズは3号前後で十分そうだが、慣れない人は、8〜10号サイズを使用し確実にボトムをトレースすることが肝。

使用するソフトワームは、3〜4インチのバグアンツ、もしくはシャッドテールやカーリーテールのもの。
カラーはオレンジが鉄板で、グリーン系のものが安定してヒットしている。

マゴチの活性が高ければツ抜けも珍しくない。テンヤタックルを活用して気軽にエントリーしてみよう。

以上の記事は「つり丸」2017年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
東京湾の青物ジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」では1㎏前後が主体ながら、午後船の短時間で、イナダ、カンパチを織りまぜ20本以上キャッチする腕達者も!湾内青物の釣果とタックル&最新攻略術を紹介!
外房が青物ベストシーズン!メインターゲットのヒラマサをはじめ、ワラサ・イナダ、カンパチという青物御三家がジギングで好調にヒット。ゲストも多く、マハタ、サワラ、ヒラメ、ハガツオ、カサゴなどと実に多彩。
東京湾でアオリイカシーズンイン!冬場はアオリ専門船になる鴨居港「きよし丸」。取材日のアオリイカは好調でトップ10杯を釣り上げた。船中釣果は35杯。これかららが盛期!アオリイカ独特の強烈な乗りを楽しもう。
秋から冬の東京湾では、ビッグシーバスの狙い撃ちが可能。ここではそんな魅力あふれるシーバスゲームを紹介する。コノシロパターンが中心となれば80㎝オーバーも迎撃可!大型だけに照準を合わせて展開できる!
東京湾 湾奥のサワラゲームが激アツだ。千葉・船橋港「フレンドシップ」はこの日は午前と午後の二便で出船。午後のポイントはなんと東京ディズニーシーの目の前。こんなところでサワラがボッコボコ!
最新記事
東京湾の青物ジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」では1㎏前後が主体ながら、午後船の短時間で、イナダ、カンパチを織りまぜ20本以上キャッチする腕達者も!湾内青物の釣果とタックル&最新攻略術を紹介!
関東エリアで魚影がも最も濃いといわれている茨城海域のヒラメが11月1日、鹿島沖で部分解禁。取材日は1投目から船中あちこちでヒット。規定数の10匹に達する釣り人も!2kgオーバーが多く最大は79㎝の大型!
第5回 ジャパンフィッシャーマンズフェスティバル2019~全国魚市場・魚河岸まつり~ 11月14日~17日
東京湾LTアジが好調キープ。当日は八景沖〜野島沖を狙った。水深10m台〜20m台という浅場。コマセが効きだすと、どちらの釣り場でもコンスタントにアタりトップ28匹。慣れた人は、ほとんどが25匹前後だった。
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読