MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
外房の伝統釣法カモシ釣りで大型ヒラマサ&タイを釣ろう

外房の伝統釣法カモシ釣りで大型ヒラマサ&タイを釣ろう

ご当地釣法は数あれど、その独自性で群を抜くのは外房のカモシ釣り。細いハリスでときに10kgを超えるヒラマサをキャッチすることもあるのがカモシ釣りの真骨頂。現在、ヒラマサと乗っ込みマダイが好調だ!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

カモシ釣りって何だ? 何がすごいんだろう?

カモシ釣りとは、外房エリアで昔から行われてきた伝統釣法である。
コマセマダイなどと良く似た道具立てだが、細かいところはかなり異なっている。

まず、第一の特徴はコマセにサンマのミンチを使うことが挙げられる。

第二には、道糸はカモシラインと呼ばれるナイロン製のものを使うことにある。
ナイロンは伸びる素材で、道糸全体がクッションの役割りを果たし、細いハリスで大型魚をあげるのを可能にするのだ。

「今シーズンのヒラマサは10㎏近いものが出ましたが、4号ほどの細いハリスを使っていました。この細さでも取れるところがカモシ釣りのすごいところですね」と、御宿岩和田港「太平丸」の大野俊広船長は言う。

春のシーズンインから12月までほとんどカモシ釣りに出ているこだわりの宿だ。

カモシ釣りのシーズンは大きく分けて2つ。春夏シーズンと秋冬シーズンだ。
春夏シーズンのメインは乗っ込みの大ダイ狙いで、小型ヒラマサがまじるという感じで、秋冬が10㎏クラスの大型ヒラマサ狙いというのが従来のパターンだったが、最近は春夏シーズンも大型ヒラマサが回遊してくるようになった。

「春夏は3〜4㎏のヒラマサが多いけど、10㎏前後も結構釣れるようになりましたね。マダイはこの時期は3㎏オーバーの大ダイが多いですよ」

ヒラマサは回遊魚。この海域で5月ごろから多く見られたが、一度群れが抜けてまた新しく群れが入ってきている模様だ。
ヒラマサに関してはいつ抜けてしまうかわからないのが現状だが、釣果が出ているうちはチャンスだ。

マダイは乗っ込みものが多く、今後夏場にかけても釣れ続くので心配は少ないだろう。

タックルは電動もOKハリスは各号を準備

カモシ釣りに用いる竿は2〜3mのカモシ専用竿、ライト泳がせ竿、ワンピースロッドなど。
竿を思い切り持ち上げてコマセを振り出すので、ある程度胴がしっかりとした竿を選ぼう。

リールは本格派はレバードラグ式の両軸リールを使用するが、最近は電動リールを使用する人も増えている。
ダイワなら500番、シマノなら3000番ぐらいがちょうどいいサイズだ。

道糸はナイロン18〜20号程度を100m巻いておく。
20ヒロ(30m)の場所に目印を付けておき、以降5ヒロごとに目印を付けておく。

「たまにPEで来る人もいますが、うちは基本ナイロンを使ってもらっています」
現在は船宿によってはPEラインメインで使うところもあるので、事前に確認しておこう。

「糸を巻いていない状態のリールを持ってきてくれればうちの糸を巻きますよ」

道糸量は100mで目印付きのものを1000円程度で巻いてもらえるので利用したい。
これらの道具をそろえるのが大変な人は船宿のレンタルタックルがおすすめだ。

「レンタルタックルでやる人も結構いますよ。うちのレンタルは良く釣れるみたいで、初めての人もいいサイズを釣っていますよ」
「太平丸」は大型船に10人限定、大船長が助手で乗っているので慣れない人も安心だ。挑戦してみたいという人はレンタルから始めるのがいいだろう。

仕掛けはカモシ用テンビンを使用する。このカモシテンビンのほかにカモシ中通し、カモシタラシ糸、カモシ袋、オモリ、クッションゴムが必要になる。オモリは100号、クッションゴムは3㎜1〜1.5mほど。

カモシ袋はこのところサメに狙われることが多く破られてしまう。このため予備を多めに準備しておこう。

ハリスはマダイメインなら4〜5号6〜7ヒロ、ヒラマサと両狙いなら6〜8号5〜6ヒロ、大型ヒラマサ狙いなら12〜14号4ヒロほど。
「朝はマダイの食いがいいので細く長く、ヒラマサがアタりだしたら太くするのがいいでしょう。マダイを釣りたかったらハリスは4号程度でいいですよ」
ハリスはストレートでもいいし、スイベルを介してテーパーにしてもいい。
ハリはマダイ狙いならマダイ10号前後、ヒラマサ狙いならヒラマサバリ13〜14号ほど。

「うちの船宿仕掛けは軸が頑丈な管付きのイシダイバリを使用しています」
大型ヒラマサが掛かるとハリが伸ばされることもある。
ある常連さんはがまかつの「カン付き伊勢尼10号」をマダイ狙いで愛用している。このハリはバラシも少なくなりお気に入りだという。結び目には補強のパイプを入れている。

コマセはサンマミンチ エサは使い分けよう

コマセはサンマのミンチだが、ビシアジのようにそのまま使うのではなく、一度海水を入れてしっかりとまぜてドロドロの状態にして使用する。投入前に準備しておこう。

付けエサは船宿ではサンマのぶつ切りを用意している。これはおもにマダイ用のエサで、中の身の部分をカットしてタンザク状にして、ひっくり返して皮目が内側に来るようにしてハリに付ける。

マダイ専門に狙う常連さんによると、タンザク状にしたものを正方形にカットして、これを3、4枚ハリに付けて使うのも効果的だという。マダイ狙いではハリを隠したほうが食いがいいそうだ。

ヒラマサが回遊しているときによく効くエサがヒイカだ。これは自分で購入して持参しよう。ヒイカはエンペラ側の中央にハリ掛けする。サンマのタンザクとのミックスもいいだろう。

しっかり竿を振り上げてコマセを出そう

コマセは備え付けのポンプを使ってカモシ袋に注入し、袋一杯に詰める。投入はテンビンからでコマセマダイなどと同じだ。
投入の合図とともにタナの指示がある。

「20ヒロ、30m」「30ヒロ45m」などヒロとメートルで教えてくれるので聞き逃さないようにしよう。

20ヒロの場合は、海面からテンビンの位置が20ヒロ、30mの位置に来るようにする。

最初に指示ダナよりも5ヒロほど沈めて、3、4回にわけてコマセをまく。ただし、特殊なカモシ袋に入ったドロドロ状の
コマセは軽く竿を動かしたぐらいではちゃんと出てくれない。

竿を下げた状態から頭上一杯まで一気に竿を持ち上げ、そこから一気に竿を落としこんでやる。
持ち上げられたカモシ袋が、竿を一気に下げることで反転し、コマセが出るというわけだ。これを繰り返してタナにセットする。

基本は置き竿にしてアタリを待つ。たまに誘いを入れてみよう。
誘いは竿をゆっくりと持ち上げて、ゆっくりと落とし込んでいく。
インターバルはコマセマダイよりも長めだが、エサ取りの有無をチェックしておこう。

自分の仕掛けだけでなく、周りの人のエサもチェックして、エサ取りがいるようなら早めの手返しを心掛けよう。
アタリは竿先が震えたかと思うと一気に絞り込まれる。ドラグは緩めに設定しておき、慌てずにやり取りしよう。

特に大型のヒラマサがきたときは、オマツリが頻発するので注意しよう。
マダイだけでなくヒラマサも誰か一人にヒットするとかなりの確率で他に人にもヒットしているので、誰かがアタったら
集中して挑もう。
現在は朝はマダイメイン、中盤からヒラマサと両狙いがおすすめだが、その時々で状況が変わるので船長に聞いてみよう。

【外房・御宿沖】ヒラマサは依然大型回遊中 乗っ込み大ダイのチャンス大!釣果レポート

コマセは凍っているので、海水を入れてとかしてドロドロに。備え付けのポンプでコマセを入れる

船宿支給の付けエサはサンマのぶつ切り。身の部分をカットして付ける

ヒラマサ狙いにはヒイカ。こちらは持参しよう

船宿の手作り仕掛けのハリは管付きのイシダイバリ。頑丈で大型ヒラマサでも安心だという

マダイ狙いも管付きバリを使う人が多い

「探見丸」を持参する人も多い

ポイントはカモシ釣りの名場所、御宿沖三本松だ

リールはレバードラグ式の両軸リールほか電動を使う人も増えている

道糸はナイロン20号前後を100m巻いておく。糸には目印を付けておく

朝イチはマダイの食いがよく、ハリスは細く長めにする

カモシ袋からサンマのミンチを出すために大きくシャクリ上げ、その後に一気に落とし込む

「この釣りはハマりますよ。2日連続でやっています」と常連さん

「朝一番でこのサイズが連チャンしました」

半ばごろからヒラマサのアタリも頻繁に。一度ヒットすると高確率で続いた

ヒラマサのサイズは3〜4㎏級が多いが、今年の春夏シーズンは大型も目立つ

こちらは6kg級のヒラマサ。船長によると、ヒラマサとブリの交雑種ではないかとのこと。
最近こういった固体が増えているという

ヒラマサがヒット! 強烈な引きだ。しかし、あと少しという所でバレてしまった

このサイズのヒラマサもさすがの引き味を楽しめる

「私はマダイが好きで基本はいつもマダイ狙いです。ここのマダイは味がいいんですよ」。良型ばかりを前日は6枚、この日は4枚ゲット

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・御宿岩和田港「太平丸」

今年の外房はカモシ釣りが熱い。
カモシ釣りはこの地方独特の伝統釣法だが、ただ伝統があるというだけでなく、連日好釣果をたたき出しているのだ。

「今年はどちらも釣れてるよ。ヒラマサは一度抜けてからまた群れが入ってきてるし、マダイは乗っ込みの大型が連日好調です」と、御宿岩和田港「太平丸」の大野俊広船長は言う。

カモシ釣りとは、コマセにサンマのミンチを用いて、付けエサにはサンマやヒイカを使うコマセ釣りだ。
道糸はナイロンを使うことで細いハリスでも大型ヒラマサをキャッチできる確率が上がる。

今シーズン最大の10㎏クラスのヒラマサもハリスは4号ほどだったという。

春から夏は小型ヒラマサに乗っ込みマダイ、晩秋が大型ヒラマサというのがお決まりのパターンだったが、
今シーズンは大型ヒラマサもたびたびキャッチされている。

興奮必至のカモシ釣り、今シーズンは始めるのにいい機会かも!

以上の記事は「つり丸」2017年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
最新記事
新ブランドから8本編組PEライン登場「ROOTS PE×8」4月発売予定。
南房江見沖のコマセ五目釣りが元気一杯!アマダイ、オニカサゴ、キダイなどの底物中心の冬・春バージョンへとスタイルチェンジ!イサキは、すごい勢いで食い盛っている。
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル