チビムロ泳がせカンパチ絶好調!【三宅島三本岳周り】

チビムロ泳がせカンパチ絶好調!【三宅島三本岳周り】

伊豆七島の三宅島周りでは、8月のお盆前後にようやくムロアジの幼魚、いわゆるチビムロが釣れだした。この魚が浅場で大挙して群れると私たちが気になるのがカンパチ。ムロアジが大好物であるこの魚は、チビムロが群れる海域に集まってくるのだ。


浅場で10kg級高活性。エサを上手に確保して泳がせ釣りをしよう!!

「信栄丸」をチャーターして三本岳へ。

伊豆諸島を代表する超一級ポイントの三本岳周り。起伏が激しい地形を好むカンパチたちが大挙して回遊してくる。

泳がせ用、エサ釣り用の最低2タックルが必要。

釣れたムロアジは大きなイケスへ移してためていく。

秋シーズンはこのチビムロが特エサだ。表層で群れるので効率よく釣りあげよう。

水深20m以浅でヒットするカンパチの引きは強烈だ。

見事なンカンパチが浮上。この瞬間まで油断できない。

サメと勘違いするような横走りで抵抗を繰り返した良型カンパチキャッチにほっと一安心。

カンパチ釣り名人の浅草の高須さん。こちらも10㎏級。

時合いには同時ヒットはザラ。この時に確実にフッキングまで持ち込むテクニックが必要だ。

これも10㎏オーバー。チビムロに来た。

終わってみれば、このとおり。三宅島はカンパチパラダイスだった。

事前情報がないまま、8月半ば、ちょうど1年前、カンパチが爆釣した三宅島の西に鎮座する岩礁、三本岳に向かった。
島の周りにはチビムロはいるが、三本岳周りにはチビムロがいるか分からない。いても釣れるかどうか、分からない。そんな不安要素をかかえながらの釣行。
定番のシマアジポイントでは、チビムロは見当たらない。しかし、水深20m以浅に流れ着くと元気なチビムロの群れを発見。思惑どおり表層で釣れた。
さて、エサの確保の次は本命カンパチがいるかどうかだ。結果はすぐに出た。エサ取り場の浅場でチビムロを泳がすなり、いきなり良型の本命が顔を見せた。さすが、伊豆諸島の超一級ポイント、このポテンシャルの高さが最大の魅力である。
この勢いは衰えず、短時間で効率よくカンパチキャッチに成功。10㎏前後主体の群れが今期の本命のようだ。
9月に入るとエサのムロアジはさらに釣りやすくなる。エサが肝となる三宅島の泳がせカンパチ釣り。挑戦するなら、いまだ。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


超当たり年だ! 銭州カンパチの仕掛け&釣り方までご紹介(龍正丸)

超当たり年だ! 銭州カンパチの仕掛け&釣り方までご紹介(龍正丸)

大物の聖地としていまもその名を全国に轟かせている銭洲。3年前にはIGFAのワールドレコードとなる74㎏の巨大カンパチもキャッチされており、まだまだそのポテンシャルの高さには定評があるフィールドだ。


きっかけひとつで泳がせ釣りのカンパチ爆釣スイッチオン!(ラッパ荘)

きっかけひとつで泳がせ釣りのカンパチ爆釣スイッチオン!(ラッパ荘)

伊豆諸島のカンパチの超一級ポイントとして知られる三宅島の沖に鎮座する三本岳。銭洲と同じくカンパチが大好物のムロアジが、この三本岳の周辺に集結。8月と9月に小型のムロアジをエサにした泳がせ釣りで良型カンパチの数釣りを楽しむことができる。


ムロアジ&サバで釣る大物! 泳がせ釣りカンパチ絶好機!(龍正丸)

ムロアジ&サバで釣る大物! 泳がせ釣りカンパチ絶好機!(龍正丸)

大物釣りの聖地、銭洲が秋のカンパチシーズンを迎えている。太平洋上に突出する銭洲岩礁周辺の浅場にはチビムロと呼ばれる小型のムロアジが大集結中だ。今期は小型ではなく25㎝前後の中型のムロアジが多く回遊しており、それがメインのベイトになっているようだ。


絶海の孤島”イナンバ”で釣る! 遠征五目釣りのススメ(舵丸)

絶海の孤島”イナンバ”で釣る! 遠征五目釣りのススメ(舵丸)

夏の遠征釣りがヒートアップ中の伊豆諸島海域。静岡県内からJGという限定近海許可を持っている遊漁船が行ける、もっとも遠い伊豆諸島のポイントのひとつがイナンバだ。


銭州のムロアジ泳がせ釣り&五目釣りのタックルをご紹介(龍正丸)

銭州のムロアジ泳がせ釣り&五目釣りのタックルをご紹介(龍正丸)

伊豆半島の先端・石廊崎から南に75㎞。神津島からは南西36㎞に位置する絶海に、突如、頭を出す岩礁群がある。そう、その場所こそ、釣り人なら誰もが一度は訪れたいと思う魚の宝庫〝銭洲〟。字の如く、ここまで来れば銭(お金)になる大物、そして高級魚が獲れると漁師たちが命名したエリアなのだ。


最新の投稿


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

夏のまっ盛りに開幕した東京湾のタチウオ、今シーズンも魚影は濃いようで、良い日はトップ30本前後の釣果が聞こえていた。光り輝く銀色の魚体に会いに向かったのは、シーズンを通してタチウオ乗合を出船している金沢漁港の「鴨下丸」。


暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

昨年の夏場は、東京湾のアジが広範囲で絶好調続きだった。今シーズンも同じように好調が続いている。走水港「吉明丸」では走水沖をメインに狙って、35㎝前後の良型を主体に、トップ50匹以上を記録することもしばしばだ。今回の取材では、走水沖40m前後を狙って、トップは60匹だった!


ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

午前、午後の二便で出船中の大津「小川丸」のマアジ船は、猿島沖〜観音崎沖を中心に周年を通して楽しめる。この海域のアジは、黄金色に輝き幅が広く脂の乗りも抜群。ブランドアジとして人気が高い。


相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

コマセ釣りが解禁して間もなく、相模湾にカタクチイワシが回遊し、突如としてルアーの釣果が上向いた。各所でトリヤマが立ち、キハダが巨大な水飛沫を上げてボイルしているのだ。さらにアベレージサイズも25〜30㎏とひと回り大きくなり、非常にエキサイティングな状況となっている。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読