MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
チビムロ泳がせカンパチ絶好調!【三宅島三本岳周り】

チビムロ泳がせカンパチ絶好調!【三宅島三本岳周り】

伊豆七島の三宅島周りでは、8月のお盆前後にようやくムロアジの幼魚、いわゆるチビムロが釣れだした。この魚が浅場で大挙して群れると私たちが気になるのがカンパチ。ムロアジが大好物であるこの魚は、チビムロが群れる海域に集まってくるのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》チビムロ泳がせカンパチ絶好調!【三宅島三本岳周り】の画像をチェック! navigate_next

浅場で10kg級高活性。エサを上手に確保して泳がせ釣りをしよう!!

「信栄丸」をチャーターして三本岳へ。

伊豆諸島を代表する超一級ポイントの三本岳周り。起伏が激しい地形を好むカンパチたちが大挙して回遊してくる。

泳がせ用、エサ釣り用の最低2タックルが必要。

釣れたムロアジは大きなイケスへ移してためていく。

秋シーズンはこのチビムロが特エサだ。表層で群れるので効率よく釣りあげよう。

水深20m以浅でヒットするカンパチの引きは強烈だ。

見事なンカンパチが浮上。この瞬間まで油断できない。

サメと勘違いするような横走りで抵抗を繰り返した良型カンパチキャッチにほっと一安心。

カンパチ釣り名人の浅草の高須さん。こちらも10㎏級。

時合いには同時ヒットはザラ。この時に確実にフッキングまで持ち込むテクニックが必要だ。

これも10㎏オーバー。チビムロに来た。

終わってみれば、このとおり。三宅島はカンパチパラダイスだった。

事前情報がないまま、8月半ば、ちょうど1年前、カンパチが爆釣した三宅島の西に鎮座する岩礁、三本岳に向かった。
島の周りにはチビムロはいるが、三本岳周りにはチビムロがいるか分からない。いても釣れるかどうか、分からない。そんな不安要素をかかえながらの釣行。
定番のシマアジポイントでは、チビムロは見当たらない。しかし、水深20m以浅に流れ着くと元気なチビムロの群れを発見。思惑どおり表層で釣れた。
さて、エサの確保の次は本命カンパチがいるかどうかだ。結果はすぐに出た。エサ取り場の浅場でチビムロを泳がすなり、いきなり良型の本命が顔を見せた。さすが、伊豆諸島の超一級ポイント、このポテンシャルの高さが最大の魅力である。
この勢いは衰えず、短時間で効率よくカンパチキャッチに成功。10㎏前後主体の群れが今期の本命のようだ。
9月に入るとエサのムロアジはさらに釣りやすくなる。エサが肝となる三宅島の泳がせカンパチ釣り。挑戦するなら、いまだ。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
新潟・間瀬沖のアラ!御当地スタイル!マイワシエサで、「タナを取ったら放置」の釣法…。新潟県間瀬港「光海丸」小林聡船長のアラ釣り。この秋のオススメ!
鹿島沖のテンヤマダイが秋の好シーズン!取材日の最大は1㎏級であったが、8月1日には5.3㎏,8月19日には4.8㎏,8月22日には9.6㎏と5.8㎏を取り込んでいる!
宮城・亘埋沖。高活性のヒラメ釣り場は、ビギナー入門オーケーのヒラメ道場!生きイワシエサで釣るヒラメが高活性!全開モード!爆釣を体感しよう!
「つり丸・10月1日号(2021年)」の巻頭第1特集に掲載された相模湾のライトイナダ五目の取材の様子を公開!
最新記事
これからの季節の必需品。肌寒い日にぴったり。コンパクトで便利なウエア「DJ-3421(撥水ポケッタブルピステ)」
周年夜釣りが楽しめる沼津湾。この時期のターゲットはタチウオ!テンヤやルアーもOK!ベタナギ率が高い沼津湾で夜タチウオ釣りを楽しもう!
カンパチ、ワラサなどの青物に加え、オオモンハタなどの根魚も狙える!西伊豆・戸田のアジ泳がせ釣り!釣行日もオオモンハタ、ワラサと連続ヒット!
久比里「巳之助丸」のアマダイは好シーズンに突入!連日好釣果が続き、日によっては50cm級も!釣趣と食味の優れたアマダイは、秋の沖釣りにも最適だ。
しばって束ねる、簡単固定したいときの万能結束バンド「まとめ太郎、まとめ太郎Lock」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル