MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
チビムロ泳がせカンパチ絶好調!【三宅島三本岳周り】

チビムロ泳がせカンパチ絶好調!【三宅島三本岳周り】

伊豆七島の三宅島周りでは、8月のお盆前後にようやくムロアジの幼魚、いわゆるチビムロが釣れだした。この魚が浅場で大挙して群れると私たちが気になるのがカンパチ。ムロアジが大好物であるこの魚は、チビムロが群れる海域に集まってくるのだ。

浅場で10kg級高活性。エサを上手に確保して泳がせ釣りをしよう!!

「信栄丸」をチャーターして三本岳へ。

伊豆諸島を代表する超一級ポイントの三本岳周り。起伏が激しい地形を好むカンパチたちが大挙して回遊してくる。

泳がせ用、エサ釣り用の最低2タックルが必要。

釣れたムロアジは大きなイケスへ移してためていく。

秋シーズンはこのチビムロが特エサだ。表層で群れるので効率よく釣りあげよう。

水深20m以浅でヒットするカンパチの引きは強烈だ。

見事なンカンパチが浮上。この瞬間まで油断できない。

サメと勘違いするような横走りで抵抗を繰り返した良型カンパチキャッチにほっと一安心。

カンパチ釣り名人の浅草の高須さん。こちらも10㎏級。

時合いには同時ヒットはザラ。この時に確実にフッキングまで持ち込むテクニックが必要だ。

これも10㎏オーバー。チビムロに来た。

終わってみれば、このとおり。三宅島はカンパチパラダイスだった。

事前情報がないまま、8月半ば、ちょうど1年前、カンパチが爆釣した三宅島の西に鎮座する岩礁、三本岳に向かった。
島の周りにはチビムロはいるが、三本岳周りにはチビムロがいるか分からない。いても釣れるかどうか、分からない。そんな不安要素をかかえながらの釣行。
定番のシマアジポイントでは、チビムロは見当たらない。しかし、水深20m以浅に流れ着くと元気なチビムロの群れを発見。思惑どおり表層で釣れた。
さて、エサの確保の次は本命カンパチがいるかどうかだ。結果はすぐに出た。エサ取り場の浅場でチビムロを泳がすなり、いきなり良型の本命が顔を見せた。さすが、伊豆諸島の超一級ポイント、このポテンシャルの高さが最大の魅力である。
この勢いは衰えず、短時間で効率よくカンパチキャッチに成功。10㎏前後主体の群れが今期の本命のようだ。
9月に入るとエサのムロアジはさらに釣りやすくなる。エサが肝となる三宅島の泳がせカンパチ釣り。挑戦するなら、いまだ。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読