MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
チビムロ泳がせカンパチ絶好調!【三宅島三本岳周り】

チビムロ泳がせカンパチ絶好調!【三宅島三本岳周り】

伊豆七島の三宅島周りでは、8月のお盆前後にようやくムロアジの幼魚、いわゆるチビムロが釣れだした。この魚が浅場で大挙して群れると私たちが気になるのがカンパチ。ムロアジが大好物であるこの魚は、チビムロが群れる海域に集まってくるのだ。

浅場で10kg級高活性。エサを上手に確保して泳がせ釣りをしよう!!

「信栄丸」をチャーターして三本岳へ。

伊豆諸島を代表する超一級ポイントの三本岳周り。起伏が激しい地形を好むカンパチたちが大挙して回遊してくる。

泳がせ用、エサ釣り用の最低2タックルが必要。

釣れたムロアジは大きなイケスへ移してためていく。

秋シーズンはこのチビムロが特エサだ。表層で群れるので効率よく釣りあげよう。

水深20m以浅でヒットするカンパチの引きは強烈だ。

見事なンカンパチが浮上。この瞬間まで油断できない。

サメと勘違いするような横走りで抵抗を繰り返した良型カンパチキャッチにほっと一安心。

カンパチ釣り名人の浅草の高須さん。こちらも10㎏級。

時合いには同時ヒットはザラ。この時に確実にフッキングまで持ち込むテクニックが必要だ。

これも10㎏オーバー。チビムロに来た。

終わってみれば、このとおり。三宅島はカンパチパラダイスだった。

事前情報がないまま、8月半ば、ちょうど1年前、カンパチが爆釣した三宅島の西に鎮座する岩礁、三本岳に向かった。
島の周りにはチビムロはいるが、三本岳周りにはチビムロがいるか分からない。いても釣れるかどうか、分からない。そんな不安要素をかかえながらの釣行。
定番のシマアジポイントでは、チビムロは見当たらない。しかし、水深20m以浅に流れ着くと元気なチビムロの群れを発見。思惑どおり表層で釣れた。
さて、エサの確保の次は本命カンパチがいるかどうかだ。結果はすぐに出た。エサ取り場の浅場でチビムロを泳がすなり、いきなり良型の本命が顔を見せた。さすが、伊豆諸島の超一級ポイント、このポテンシャルの高さが最大の魅力である。
この勢いは衰えず、短時間で効率よくカンパチキャッチに成功。10㎏前後主体の群れが今期の本命のようだ。
9月に入るとエサのムロアジはさらに釣りやすくなる。エサが肝となる三宅島の泳がせカンパチ釣り。挑戦するなら、いまだ。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00
最新記事
タックルは標準的なシロギス用でOK。1.5〜2mのシロギス竿に小型スピニングリールの組み合わせ。道糸はPEラインの1号以下を巻いておく。ナイロンラインはアタリがわかりづらくなりオススメではない。
更新: 2019-02-17 12:00:00 公開: 2019-02-17 12:00:00
久里浜沖のマダイを狙う時のタックルは、標準的なコマセマダイ用でOK。竿は80号のビシを背負えるコマセマダイ用2.4〜3.6m。リールは小型電動。道糸としてPEライン3〜4号を200m以上巻いておく。
更新: 2019-02-16 12:00:00 公開: 2019-02-16 12:00:00
外房・片貝沖のヤリイカがいよいよ本格シーズン!仕掛けはプラヅノ11㎝のブランコ式が基本。ツノ数は5〜7本。慣れた人は10本前後の仕掛けもいるが、底付近でしか乗らないときはツノ数を多くしない方が効率がいい。
更新: 2019-02-16 07:00:00 公開: 2019-02-16 07:00:00
片貝沖のアコウダイ釣りが開幕した。さっそく片貝旧港「正一丸」へと取材に行ってきた。当日は日並みが良く、2〜4㎏のアコウが次々と浮上。深場釣り師なら一度はやってみたいと思う憧れの提灯行列が連発!
更新: 2019-02-15 12:00:00 公開: 2019-02-15 12:00:00
「ようやく黒潮が島から離れ、水温が下がり始めました。シーズンはこれからだと思います。手ぶらで来てもらっても、船釣りができるくらい、なんでもレンタルできます」と話す、アサギクの若番頭、荒井聖司さん。
更新: 2019-02-15 07:00:00 公開: 2019-02-15 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読