MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【勝浦沖】モンスターハンティングの季節到来! イシナギを迎撃

【勝浦沖】モンスターハンティングの季節到来! イシナギを迎撃

思わず『モンスターハンターたちよ、出てコイや〜!!』と叫びたくなるくらいの超大型イシナギがコンスタントに釣れて、お祭り騒ぎとなっている船宿があるので急遽、紹介しよう。これを見たら骨太ファイトしたくなる!!

1対1の漢のバトルを制して栄光を掴み取ろう!! 勝浦沖のイシナギ 釣果レポート

この釣りは、イカエサがなければ成立しない。ベストはヤリイカだがスルメも食う。スルメイカ釣り道具も持参を! 

エサ付けはエンペラと水管にハリを刺す

250号が背負える泳がせ専用ロッドに道糸PE10号を巻いた大型両軸または大型電動で挑む

ハリスはフロロまたはナイロン60〜80号3mだ

食うのが下手なイシナギだがアタリは明確。ガッガッガガ〜ンと竿先に出るが、早アワセは禁物。海面に竿先が突っ込むまで待ってアワセを入れよう

この日は、状況を把握するために大船長・渡辺清志さんも竿を出すと、首尾良くヒット! 20㎏オーバーを仕留めた。「イカのしゃぶられ多数に、トリプルヒットなどもあり、さらなる大爆発も期待できます。夢の大物体験をしたいアングラーはお越し下さい」とのこと

始まってみれば、ラッシュ状態!

30 ㎏クラスまでがコンスタントに揚がる

こちらもナイスサイズ!

常連のハンター豊田さんにも当たりが!!

ハンドギャフでは揚がらないモンスターが、もしばしば登場する当地。この魚も滑車を使って船内に入れられた

これぞ当地の真骨頂! 今期最大80㎏オーバーが浮上!!
「このモンスターが釣れるから通っちゃうんだよね。開幕直後は10 ㎏クラスが多いんだけど、すでにサイズアップ。
イッキに本格化した感じだよね」と語った

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・川津港「基吉丸」

イシナギがコンスタントに釣れて、お祭り騒ぎとなっている船宿とは外房川津港「基吉丸」。
若船長の渡辺優さん曰く、「いや〜、実はまだかまだかと、ヒヤヒヤしていたんですが、ようやく顔を出してくれてホッとしたところでしてね」。

話をよく聞くと例年より1ヶ月も遅れて最初の群れが入って来たそうだ。

「この魚は夏場にかけて群れで浅瀬に乗っ込んでくるので、1本獲れると、続けてヒットするんですが、今期は遅れてた分がイッキに押し寄せた感じで、現在はさらに大型化した20〜30㎏クラスのセカンドランが入ってきたみたいでね」と微笑んだ。

ちなみに釣り方は、イカの泳がせ釣り。釣ったイカ(できればヤリイカが理想も、スルメでもOK)を海底まで落とし込み、タナを切って待つのみ。

「いろいろ誘いを入れる人もいますが、その日の食いダナを探る感じでじっと待つスタイルの方がアタル傾向にありますよね。底から2〜5mの範囲をじっくり調べて下さい」と船長。

なお現在のポイントは、大型実績がある真沖の水深70〜80mダチの居着き場で、ご覧の釣果となっている。
近海で楽しめる大物釣りの中でもトップクラスの型を誇る川津沖のイシナギ。夏の思い出に、ぜひトライを!!

以上の記事は「つり丸」2017年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
新潟西港の「魁明丸」は佐渡島〜粟島エリアでほぼ通年、オキメバルを中心とした深海釣りを行っている。水深100m程度を攻める佐渡島では中型主体の釣りとなるが、粟島沖は水深160mの深場に群れる大型メバルを狙う。
更新: 2019-07-15 07:00:00
キュキューンと小気味の良いシャープな引き味はもちろん、食べれば超絶品! 良質な脂がその魚体まで黄金色に輝かす東京湾のブランドアジ・横須賀沖の猿島周りの黄金アジが、水温の上昇と共に活性を高めている!
更新: 2019-07-14 12:00:00
最新記事
「第16回 上総湊港伝統釣法 真鯛シャクリ釣り釣り大会」の参加者募集内容になります。2019年8月4日開催に開催されます。
更新: 2019-07-17 22:30:38
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読