MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大型主体で旬を迎えて味もバツグン!東京湾・走水沖のビシアジ!

大型主体で旬を迎えて味もバツグン!東京湾・走水沖のビシアジ!

春から夏にかけてが旬と言われるマアジ。今まさに脂が乗って美味しい時期だ。東京湾・走水沖は言わずと知れたアジ釣りのメッカ。速い潮が大型で美味しいアジを育んでくれるため、周年大型アジ釣りが楽しめるぞ!

東京湾・走水沖の旬の美味アジ 安定釣果!

周年狙える走水沖のアジ。
春シーズンも好調だったが、まだ水温が低い時期だけにムラもあった。
これからの夏シーズンは水温も上昇して安定してくる。
急激な水温変化などがなければアジの食い渋りも少なく安定釣果が続くようになる。

さらに、一般的にアジの旬は春から夏ごろとされ、今から夏は脂が乗って美味しい時期でもある。
つまり、美味しいアジが安定して釣れる時期というわけだ。

しかも、走水といえば大型アジが上がる東京湾のアジ釣りのメッカ。
40㎝に迫る大型も多く、釣り応えもバツグンだ。

その走水沖中心に午前、午後のビシアジ乗合で出船している走水港「関義丸」。
このところ半日でトップ30~50匹前後、いい日は60匹以上釣れる日もあり、安定した釣果が続いている。
これからの夏シーズンも期待十分といった様子だ。

「関義丸」関口道義船長は「このところ食いは順調です。
半日でお土産は十分釣れると思いますよ」と話す。

ただし、「春から夏、つまり今の時期は一年のうちでも一番潮が速い時期です。潮が速いと慣れないひとはタナボケしやすくなるので、いつも以上に正確にタナを取ることを心がけてください」と話す。

潮が速いときはオマツリも多くなるので、それも注意が必要とのこと。
普段から潮の速い走水沖なので多少のオマツリは避けられない。
オマツリしたら「おたがいさま」の気持ちで協力して解決しよう。

後述するが、少しの工夫でオマツリをグッと少なくすることはできるので、それも心得ておこう。

「関義丸」ではレンタルタックルも充実。
竿&リールはもちろん、ロッドキーパーからビシまでフルレンタルOK!
手ぶら釣行ができる。

釣り座のセッティングはアジ釣りの基本の「キ」

竿は使用する130号から150号ビシに対応した1.5~2mぐらいのビシアジ専用竿がおすすめ。

リールはまめなコマセの入れ替えを行うためにも電動リールは必要。
道糸P‌E3~4号を300mぐらい巻けるもので、できるだけ小型軽量なものがベストだ。

「関義丸」では、状態の良い竿と電動リールのレンタルタックルに加え、ロッドキーパーやビシも貸し出してくれるので、クーラーひとつの手ぶら釣行もO‌Kだ。

「関義丸」ではアンドンビシ130号が基本。
ただし、潮が速いときは150号を使うこともあるので、両方持っているひとは両方持参しよう。

「20号の増しオモリを船に用意しているので、潮が速くなったらそれを追加してもいいですよ」とのことなので、なければ130号ビシだけでもO‌Kだ。
大アジが多い走水沖、クッションゴムも付けておきたい。クッションは1.2~1.5㎜20〜30㎝前後を。

仕掛けはハリス2号前後の2~3本バリ仕掛けを。

ハリスは細くて1.5号、マダイなどのゲストも期待している場合は3号でもいい。
太ハリスはオマツリの多い状況でもヨレが少なく長持ちするので、慣れないひとは太ハリスの2本バリ仕掛けという選択もアリだ。

船で配られる付けエサは赤タン。
これに加え宿でアオイソメを購入していってもいい。
アカタンはオールマイティ―に使えるエサ、アオイソメは濁り潮時などに効くことも多く、両方使って様子を見てみるのがベストだろう。

どんな釣りでもそうだが、コマセ釣りではとくに釣り座のセッティングが大切。

実際に沖に出て釣りをするときのことを考慮してロッドキーパーやコマセオケの位置、足元のオケの置き場所などを決めていこう(上のイラスト参照)。

また船から電動リールの電源を取る場合は、自分の立ち位置と電源の位置も確認しておこう。
電源コードがじゃまになると、けっこう釣りづらい。

オマツリ防止に2つの投入時の工夫を!

船長の合図があったら仕掛けを投入する。

マダイなどとちがってアジの仕掛けは2mほどと短いので、先に仕掛けを投入しておき、その後ビシを投入するのが一般的な投入方法だ。

前述したように今は潮が速いことが多い時期。
この投入のときにひと工夫するだけで、オマツリはかなり少なくすることができる。

「投入するときは船べり近くにボチャンと入れるのではなく、
ビシを振り子の要領で前方に投げ入れるようにするといいですよ。
とくにコマセの入れ換え時など、再投入するときは両隣のひとの道糸が入っているところより、
できるだけ外側にビシが着水するように軽くキャストしてやると、
糸の交差が避けられてオマツリが少なくなります」と関口船長。

またビシの落下中はリールのスプールをサミングして軽くブレーキをかけ、糸フケが出にくくしてやるのも大切。

この2つのことを行うだけでも「オマツリはグッと減りますよ」とのこと。

潮の速い走水だけに、これで釣果にもけっこう差がついてくるのだ。

正確なタナ取りとまめなコマセワークを!

ビシが着底したらすぐに糸フケを取ってやる。
糸フケを取った状態で道糸が斜めになっていたら3~4m巻き上げて再度着底させて糸フケを取る。

これを何度か繰り返すとだんだん道糸が真っすぐになってくる。
潮の状態にもよるが、糸が垂直に海面に入っている状態がベスト。

この状態からタナを取れば、ほぼ正確なタナをキープできる。

タナが底から2mの場合は、糸フケを取って道糸を真っすぐにした状態から1m巻き上げコマセをまき、次に50㎝巻き上げてコマセをまく、さらに50㎝巻き上げてコマセをまいたらそれで2m、この位置でアタリを待つ。

ここでアタリがなければ再度着底して同様にタナ取りをしてアタリを待ち、アタらなければ回収してコマセのつめ替え。
これが基本ルーティンだ。

注意したいのがビシの入れっぱなし。
ビシアジはしっかりコマセをまいてアジを寄せて釣る釣りなので、まめなコマセの入れ替えが大切だ。

入れっぱなしで「コマセがポロポロ出ていれば釣れる」と思う人もいるかもしれないが、走水沖は潮が速いのでコマセの出も良く、すぐにビシが空っぽになってしまうし、コマセもサーッと流れ去ってしまう。

自分のまいたコマセで自分の仕掛けに魚を寄せて食わせるイメージで釣るようにしよう。

アタッたらまず手巻きで巻いて魚の大きさを確認し、その後電動のスイッチオン。

速く巻きすぎると口切れしやすく、遅く巻きすぎだと時間がかかってハリ穴が広がりバレることも。
魚の大きさと相談し、中速程度で巻き上げてこよう。

走水沖の旬の大アジは脂が乗って食味も最高。
刺身、塩焼きもいいが、おすすめは釣りたて新鮮アジのアジフライ! ホクホクジューシーで絶品です!!

旬の大アジが好釣!半日船で手軽に楽しめる、東京湾・走水沖 ビシアジ釣行レポート

水沖から観音崎沖にかけての一帯は言わずと知れたビシアジ釣りのメッカ。
速い潮が大きく、美味しいアジを育むと言われる。
アジが口を使うかは潮次第だが、食いが立つと大型入れ食いも珍しくないぞ!

一般的に春から夏が旬と言われるマアジ。
今まさに旬を迎えている。脂が乗った大型アジは刺身が絶品。
釣りたてアジで作るアジフライもオススメ

『東京湾トレジャーハンティング』連載中、Gear 2ndのYU‐KIは、この日「関義丸」のレンタルタックルでビシアジ初挑戦。
「最初は全く食わなくてどうなるかと思ったけど、後半入れ食いです!楽しい~!! 

グッドサイズの2点掛けや3点掛けも珍しくない。こうなると引き味もバツグン! 楽しいよ~

しっかりコマセを振って自分のコマセで釣ることを心がけよう。アタリが無ければまめに入れ替えを

中、小型は抜き上げたほうが手返しがいい

大型はタモを使おう。重量級は掛かりが良くても口切れすることがある

数釣れているうえ型がいいので半日でお土産十分

デッカイ! 走水サイズだ

「関義丸」では、このところ20~38㎝級の中、大アジが半日でトップ30~60匹前後釣れている。お土産バッチリ

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水港「関義丸」

一般的に春から夏にかけてが旬と言われるマアジ。
今まさに脂が乗って美味しい時期だ。

その旬のマアジが、数釣れているのが東京湾・走水沖エリアだ。

走水沖は言わずと知れたアジ釣りのメッカ。

速い潮が大型で美味しいアジを育んでくれるため、周年大型アジ釣りが楽しめるのだ。

「このところ半日でトップ30~50匹前後、いい日は60匹以上釣れてますよ」。

そう話すのは走水港「関義丸」関口道義船長。

しかも35~40㎝級のグッドサイズが多くまじって釣れている。

「春から夏は潮が速い時期なんで、オマツリに気を付けて、正確なタナ取りを心がけてください。

魚は居ますからね、基本の釣り方ができれば釣れますよ!」と話す。

40㎝に迫る大型も多く引き味もバツグン、さらに味も最高とくれば釣りに行かない手はないぞ!

以上の記事は「つり丸」2019年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
毎年、夏にもヒラメを狙える貴重な釣り場、銚子沖が秋を迎えても絶好調だ。銚子外川港の「福田丸」では連日トップ15枚を超え、20枚を超える日も!今後は、まだ計画段階だが超美味な深場の新ターゲットも開拓予定というからこちらも楽しみだ!
更新: 2019-10-23 07:00:00
いろいろな美味しい魚が狙える茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」のLT五目。季節によって、並ぶ顔ぶれが変わり、現在は秋の回遊魚イナダが絶好調!トップ30匹以上釣れる日が続いており、大型クーラーが満タンになることも珍しくない状況だ。
更新: 2019-10-21 07:00:00
東京湾の走水沖は速い潮に揉まれて美味な大アジが育つ海。そこで40㎝オーバーの瀬付きアジを狙って出船しているのが、走水港の「吉明丸」。10月から11月はベストシーズン。魚屋には出回らない特別な大アジを釣りに出かけよう。
更新: 2019-10-20 07:00:00
伊豆のコマセマダイ専門船として有名な下田柿崎「兵助屋」では秋ダイシーズンに突入中だ。ここ南伊豆沖はマダイポイントは広範囲にあり、風向きによって釣り分けることができる恵まれた海域なのだ。「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-19 07:00:00
沼津沖、湾内のコマセ釣りマダイが高活性。湾内でも超一級ポイントで知られる平根を船宿の目前にする久料「魚磯丸」では、良型マダイをメインに数釣り中。今後はカンパチやワラサなど五目も楽しめる!「秋のコマセマダイ基本講座」掲載!
更新: 2019-10-18 07:00:00
最新記事
ポケットに入れられるPE対応ハサミ「セーフティーシザース」
更新: 2019-10-23 12:00:00
毎年、夏にもヒラメを狙える貴重な釣り場、銚子沖が秋を迎えても絶好調だ。銚子外川港の「福田丸」では連日トップ15枚を超え、20枚を超える日も!今後は、まだ計画段階だが超美味な深場の新ターゲットも開拓予定というからこちらも楽しみだ!
更新: 2019-10-23 07:00:00
東京湾のサワラゲームが絶好調で開幕した。今シーズンは数もサイズも良く、こんなチャンスはなかなかない!という状況。サワラゲームのタックルはシーバス用の延長でOK!手軽なタックル&テクニックで楽しめるので、ぜひチャレンジしていただきたい。
更新: 2019-10-22 07:00:00
手にしやすいアカムツ専用ロッド登場「アカムツX」S210/М210
更新: 2019-10-21 12:00:00
いろいろな美味しい魚が狙える茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」のLT五目。季節によって、並ぶ顔ぶれが変わり、現在は秋の回遊魚イナダが絶好調!トップ30匹以上釣れる日が続いており、大型クーラーが満タンになることも珍しくない状況だ。
更新: 2019-10-21 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読