MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【東京湾】開幕! 夏の人気者マダコ 手軽に釣って美味を味わおう

【東京湾】開幕! 夏の人気者マダコ 手軽に釣って美味を味わおう

アタリというアタリはない。引き味なんてのも全くないが、タコ釣りは楽しい。ユーモラスな姿態、食味だけでなく、アタリも引きもない釣趣もまたやってみると存外にオモシロイのだ!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

東京湾・金沢八景「一之瀬丸」マダコ仕掛け

家族連れのお母さんが2㎏級をゲット!

6月に入り乗り合いを開始したと聞き、今季の模様はイカに?(タコだけどね)と金沢八景の「一之瀬丸」にお邪魔した。

ご存知の通り四季折々の釣り物メニュー豊富な船宿で、当日もスルメイカやマゴチ、午前アジ、イサキにマゴチなどなど各船盛況の中、マダコ船も10人の釣り人を乗せて出船。ここ数日好調という横浜大黒埠頭沖へと向かった。

「水深は10mくらい。多少浅くなったり深くなったりします。テンヤを引きずると根掛かりしますから注意してくださいね」のアナウンスが出て釣り開始。と、早々に左舷トモ寄りの釣り人が糸を手繰り始め「ちょっと小さいけど」と抜き上げたのは、700g級のマダコ。続いて右トモ氏が同様の型を抜き上げると、また左舷トモ寄りの方が早くも2杯目を釣る。幸先の良いスタートだ。

家族で訪れていたお母さんにも「なんか変?」のあと、半信半疑で手繰った糸の先にはなんと良型のタコでワー!キャー! ワー! 船長のアシストもあって無事に取り込まれたのは2㎏近い良型で、小三の息子さんと一緒に笑顔で写真に納まってくれた。

その後もポツポツながらタコは順調に釣れ上がるのだが、何故か私を含めミヨシ寄りにはなかなか回って来ない。船長も微妙に流す筋を変え、満遍なく釣らせようとしてくれているのだが…。

苦戦していたミヨシ寄りにも乗り到来!

それでも10時半近くになってようやく自分にも「むに!」とした感触。その後一度は離れたか、またコヅキの感触に戻る。

しかし、そのままコヅキ続けると再度「むに!」。その感触が徐々に「もたぁ~」としたものに変わったところで、腕を海面に向けおもいっきり伸ばしてからの大アワセ!

上手いこと行ったようで渋糸にはなんとも言えない重量感。そのまま手を止めずに手繰り続け、海面で船ベリに張り付かれないように気を付けて取り込む。600g級と小型ながらタコボウズを脱出した。

2杯目もそう時間を置かずに乗って来たが、これは一手二手三手と手繰ったところで抜けてしまう。
急いでテンヤを落とし直し、速めのコヅキでアピールするも、残念ながら乗り直しは無かった。

魚ならずとも逃がしたタコもデカかった…。

私同様それまで苦戦していた左舷ミヨシ氏も、手釣り道具からルアーロッドに持ち替えるとすぐさまヒット!

タコジグで見事に初物をゲットした。続いては氏に同行の女性アングラーも根掛かりを船長に外してもらったところ、そのテンヤにタコが乗っていたラッキーに破顔一笑だ。
 船長のこまめな流し替え、飽きずにコヅキ続けた釣り人の粘りもあって、次々とボウズを脱出していったが、12時近くなって風が強くなる。タコ釣りは岸寄りギリギリを流すことも多く、大抵は強風でも問題ないのだが、この日の風向きは南西。

「この風が吹くと風波が岸壁に当たり、そのはねっかえりで海はグダグダになる」とのことで釣りづらいことおびただしい。船長はポツポツながら乗っていたこのポイントを諦め、沖堤の内側、ベイブリッジの橋脚周りと風裏になる場所にタコを求めた。しかし時々大ダコが上がる穴場ポイントも、この日は留守のようで沖揚がり時間を迎えることとなった。

7月からはエリア拡大さらに楽しめそう!

この日は後半場所が限定されたこともあり、大釣りこそなかったもののトップは6杯。
残念ながら一人ボウズが出てしまったが、船長が満遍なくアタるよう操船してくれたおかげで残り全員(9人)は顔を見た。

東京湾のマダコは釣っても食べても夏が旬。刺身はもちろん空揚げや、串に刺して醤油を付けながら焼く焼きダコも旨い。

オリーブオイルとの相性も抜群だから『なんちゃってイタリアン』もおすすめで、いずれにしても冷たいビールに最高のお供だ。

今後は7月1日(予定)に富岡沖、八景沖も解禁となって釣り場もグンと広がる。今シーズンも東京湾の夏ダコは、ビギナーからベテランまで笑顔一杯で楽しめそうだ。

大切なのは釣り座ではなく小突き!?

タコ釣りも根を釣るというか底を釣る釣りだから、釣り座の優劣は出る。
船が流れていく潮下の席が絶対有利だし、流す筋によってトモ側が良かったりミヨシ側が良かったり…。

しかし船長は「どんな席でも釣る人は釣る。小突きのスピードや幅をその日の状況に合わせているんだろうねー。潮下の人達がスルーしてその人が釣る、なんてことは良くあるよ」とのこと。

席のせいにする前に小突きの腕をもっと磨きなさい! と言うことなんだろうなー。
あと船長と意見が合ったのが「不思議と乗るテンヤ、カニがある」ということ。

何杯か乗ったカニは多少ボロくなっても使い続ける価値は大有り。
見た目で違いは分からないが、当たりテンヤ、当たりガニはたしかに存在するように思う。

釣って納得! 食べて納得! 江戸前のマダコ釣果レポート

しっかり小突くことが大切。ただ、それほど難しいテクニックは必要ないので、女性や子供、家族連れでも楽しめる釣りだ

お母さん、ヤッタね!! 見事な2㎏級

こちらはややカワイイサイズだが、小型でも食べては柔らかくておいしい

しっかり小突いて十分に乗せてから大アワセ、これが基本

ルアーロッドで竿釣りを試みる人もいた。関西では竿釣りがポピュラーだ

東京湾の夏ダコが、2㎏オーバーの良型まじりで安定釣果。おいしいタコを釣りに行こう!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢八景「一之瀬丸」

アタリというアタリはない。手で手繰る糸にも引きという引きは伝わらずただ重いだけ。
だけど一度やったら病み付きの楽しさなのがタコ釣りだ。

今年も東京湾マダコシーズンが開幕。金沢八景の「一之瀬丸」でも6月に入り乗り合いを開始。
早くも5.8㎏なんてスーパージャンボ級も飛び出して、連日トップ5~6杯と安定した釣果を記録している。

昨年一昨年のトップツ抜け当たり前の釣果からするとやや見劣りするが「昨年までが異常だっただけで、今年の釣果がマダコとしては平均的なんですよ。今季はまだ放流するかどうか悩むような小型のタコが出てこないけど、そろそろそんなタコもまじりだすはずだから、乗りも多くなってビギナーにも楽しめるようになると思いますよ」とはマダコ船担当の西村幸治船長だ。

目下の釣り場は横浜沖周辺だが、例年7月になると富岡沖、八景沖も解禁となり、状況によって狙う千葉側も含め釣り場はグンと拡大して、夏ダコシーズンに突入する。

沖釣りの中で最も道具立てがシンプルと言えるタコ釣りは、クーラー一つでの釣行も可能。

麦藁帽子と冷たい飲み物をたっぷり用意して、釣って納得! 食べて納得! の江戸前のタコ釣りに出掛けよう。

以上の記事は「つり丸」2017年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
最新記事
「アタリを出して、掛ける」という釣りを手軽に楽しむなら、東京湾のシロギスがオススメだ。金沢八景「荒川屋」では、午前、午後船でトップ20匹前後の釣果が記録されている。
オキメバルをもっと手軽に楽しむために開発された専用ロッド「スーパーディープクルーザー オキメバル」
【富山湾】厳寒期の日本海でも高出船率!陸から近いところで良型スルメイカのノリノリと繊細な釣り方で美味オニカサゴをリレーで楽しもう!
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル