MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【東京湾】絶好調の黄金アジ!しっかりタナを取って迎撃しよう!!

【東京湾】絶好調の黄金アジ!しっかりタナを取って迎撃しよう!!

キュキューンと小気味の良いシャープな引き味はもちろん、食べれば超絶品! 良質な脂がその魚体まで黄金色に輝かす東京湾のブランドアジ・横須賀沖の猿島周りの黄金アジが、水温の上昇と共に活性を高めている!

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

義和丸アジの仕掛け

エサは赤タン 付け方は重要!

とにかく底ダチをしっかり取ってタナでコマセを撒いアタリを待つ!!

タナさえ取れれば数はもちろん 型も期待できる! 東京湾黄金アジ釣果レポート

アンドンビシはS130号。仕掛けはハリス2号2mの2〜3本バリ。クッションゴムを付けるなら1㎜×30㎝が定番

タナを取る行程さえ覚えれば子供でもイージーに釣れる

「こんな大型が出るからやめられない」と常連さん

日に何度か訪れる時合い。この時はダブル、トリプルが狙えるので、仕掛けを上下させて追い食いを狙おう!

こちらの常連さんもご満悦

食いが悪ければ、食いの良い群れを探し出してくれる船長が、新安浦沖を案内。釣果をサポートしてくれるぞ!

しっかりタナを撮って黄金アジを迎撃しよう!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新安浦「義和丸」

「うちは午前、午後の2度出しでビシアジ船を出しているけど、どちらも平均して40匹前後は釣れているよね。サイズは日ムラがあってまちまちだけど、ここんとこ35㎝オーバーの良型がまじるようになって、夏に向けて本格化してきた感じはするよね」とは、当地で年間を通してアジを狙う新安浦港「義和丸」の村上義人船長の言葉だ。

現在の攻めているポイントは、行程15分程度の真沖を中心に、猿島一帯の水深20〜40m前後で、今後も同様の場所を状況を見ながら探って行くと言う。

マアジ釣りはコマセ釣りの基本で、タナが命。数が伸びない人は間違いなくタナがズレていると船長。

「速潮時はもちろんですが、通常時も落としたビシで底を何度か確認するように着底させ、斜めに落ち込んだ道糸の軌道を修正。垂直になるまで立たせててからタナを取り始めて下さい。ちなみに指示ダナは底から3mです」と船長が極意を教えてくれたのだ。

必釣法を聞いたからには行かなきゃ損。猿島周りの激旨黄金アジをガッツリ釣って思う存分いただきましょう!!

以上の記事は「つり丸」2017年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
南房・白浜沖でヤリイカがいよいよ本格シーズンに突入! 群れは濃厚、誰でも数釣り!サバが多い時は一工夫で乗り切れ!今なら誰でも激アツだ!
御前崎沖のマダイ五目に注目。海はまだ高水温秋の様子でいろんな魚たちが高活性!新たなメインターゲット!?のメイチダイにも注目だ!ハリス全長8m・2本バリで釣ろう!
城ケ島沖〜沖ノ瀬でクロムツ&アカムツが好調!この時期は高確率でダイヤをゲットできる。黒から赤の夢のダイヤリレー!今シーズンもダイヤはザクザクだ!!
最新記事
黄金色に輝く魚体が美味しさを象徴している東京湾の〝金アジ〟が超激アツ!水深浅く入門にも最適!寒くても絶好調の激うま金アジ!LTで手軽に釣って堪能しよう!!
東京湾のシーバスゲームが好調だ。今年は数年ぶりの当たり年!本牧「長崎屋」では1月にトップで100本オーバーという日が何日も!
東京湾のカワハギが復調気配。今シーズンはこの時期になっても良型主体で高活性が続いてる!肝もまだまだパンパンでまさに釣って良し食べて良しの最盛期状態だ。
伝統のモデルが大進化!最上位機種の性能を継承したスピニングリール「アルテグラ」

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル