沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

本命アラは 5㎏! 6㎏!! 新潟・間瀬沖の五目釣り【新潟・間瀬沖】

本命アラは 5㎏! 6㎏!! 新潟・間瀬沖の五目釣り【新潟・間瀬沖】

新潟・間瀬沖の五目釣りは、本命のアラに加えて、脇を固めるのはマゾイにメバル、カレイにマダラと豪華ラインナップ。美味しいお土産がいっぱいなのだ。


結構な確率で「幻」が浮上しているが、ラインブレイクやハリ折れで姿を見せない特大サイズも潜んでいるというから、夢は広がる

五目釣りは文字通り五目。いろんな魚がまじってゾロゾロ上がってくる。

日本海の中深場釣りで幻の高級魚アラを狙い、6㎏の大型をゲットしたディープマスター・テル岡本。間瀬沖のアラ釣りは9月も狙い目!

アラ狙いのほか、フラッシャーサビキ仕掛けで五目釣りもする。釣れるのは、ホッケ、マダラ、ソウハチガレイにカジカなどなど。

ホッケは数釣れる。

こちらは5㎏! この日は船中2本の大アラが上がった。

ソウハチガレイは鮮度が良ければ刺身で旨い。

ソウハチガレイとマダラで8本バリにパーフェクト。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・間瀬港「光海丸」。

午前便、午後便、夜釣りとフル回転で様々な日本海の釣りを案内してくれる新潟、間瀬港の「光海丸」。
小林聡船長の初夏~秋口のイチオシの釣りが、午前・午後通しの「一日便」で沖の中深場にアプローチする「沖五目」だ。
水深200mラインでのメインターゲットは5㎏オーバーの大アラ。エサ釣りと同乗OKのスロージギングも含め、結構な確率で「幻」が浮上しているが、ラインブレイクやハリ折れで姿を見せない特大サイズも潜んでいるというから、夢は広がる。
「五目」の脇を固めるのは本命に負けず劣らずの高級魚マゾイを筆頭に、グラマーなウスメバルにムシガレイ、近年品薄で高級品の良型ホッケ、夏は身が美味なマダラ、関東では馴染みの薄いソウハチガレイやカジカ類などなど、実に多彩な「日本海の美味」が顔をそろえる。
中深場ロッドにPE6号を300m巻いた小型電動でOKの手軽さもこの釣りのウリだ。
今回はTEAM OKAMOTO9名のチャーターで出船したが、筆者の6㎏のほか5㎏と2本の「幻」を手にすることができた。
例年7月と9月に「一山ある」という間瀬沖のアラ釣り。今後に期待が膨らむ。

五目用&アラの仕掛けについて

タックルは、アラ釣り、五目釣り共通。中深場用ロッドにPE6号を300m巻いた小型電動でOK。

五目釣りの仕掛けは、北海道向けのホッケ・ヤナギノマイ仕掛けで、エサはホタルイカ。

アラ釣りのエサはイワシかサバのタンザク。

海面に浮かんだ大きな金茶の魚体。アラは5㎏オーバーの大型の期待大。仕掛けはハリス20号胴付き4本バリを使用。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


前半はクロムツ後半はアラの超高級魚狙い!その仕掛けとは(源泉丸)

前半はクロムツ後半はアラの超高級魚狙い!その仕掛けとは(源泉丸)

「源泉丸」では、クロムツ、アラともに200号のオモリを使用する。そのため、竿は200号のオモリに対応した先調子がオススメだ。


ハリ数パーフェクトに大興奮! 釜石沖のデカマダラ(第八荒神丸)

ハリ数パーフェクトに大興奮! 釜石沖のデカマダラ(第八荒神丸)

例年「東北ツアー」の最終戦に据える岩手県越喜来崎浜港「第八荒神丸」でのマダラ。


勝浦沖ディープゾーンで狙う! 超高級魚アラ…ゲストも(初栄丸)

勝浦沖ディープゾーンで狙う! 超高級魚アラ…ゲストも(初栄丸)

勝浦沖の中深場を「ディープゾーン」と称し、高級根魚を追い続ける勝浦港「初栄丸」渡辺和明船長。


置き竿釣法で数釣り狙い! 間瀬沖アマダイ仕掛け(光海丸)

置き竿釣法で数釣り狙い! 間瀬沖アマダイ仕掛け(光海丸)

新潟県中越・間瀬港に遊漁船「光海丸」を開業したばかりの小林聡船長。彼は、真沖のアマダイの状況についてこう話す。「間瀬の魚市場に水揚げされているアマダイがいまピークなんです。しかも、高値で取引きされてます。だから、いまがアマダイ釣りの絶好機なんですよ」


茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

茨城・平潟沖のマダラ開幕! 身肉が旨くて白子も魅力(第十五隆栄丸)

関東最北端の港、茨城県平潟港に今年もやってきたマダラの季節。9月1日、今や多くの深場釣り師の間で常識となった「マダラは夏は身肉、晩秋以降は白子が魅力」を知らしめた「第十五隆栄丸」の鈴木和次船長.


最新の投稿


美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

美マダイ浮上! 初釣りにオススメ葉山沖のコマセマダイ(福栄丸)

初釣りはマダイと考えている釣り人に鎌倉〜葉山冲のマダイ釣りをオススメしたい。1㎏前後がレギュラーサイズで、良い人で5枚前後。これに2㎏、3㎏の良型も期待できるからだ。


冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

冬の必須アイテム!「VARIVAS ネックウォーマーVAC-58」

厳寒期のナイトナイトゲームの対応する高性能ネックウォーマー!


釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、ホシテンスという魚を知ろう!

ホシテンスは、スズキ目ベラ科テンス属の魚。サンゴ礁域や岩礁域周辺の砂地に生息。浅い場所にもみられる。


ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

ファーストバイトを確実に捉えて迎撃! 爆乗間近のヤリイカ(坂口丸)

多点掛けと食味で釣り人を魅了する。冬場の人気ターゲット・ヤリイカが駿河湾でスタート。乗りも順調ってことで、お隣の相模湾の様子を探りに12月の中旬に出掛けてみた。


東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

東京湾・人数限定片舷乗合で楽しむサワラ&シーバス(小峯丸)

11月中旬現在、東京湾でサワラとシーバスが好調だ。しかもサワラは4㎏オーバー、シーバスは70〜80㎝オーバーというグッドサイズがヒット中!そのため、千葉・寒川港「小峯丸」船上は平日もアングラーの姿が絶えない。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読