本命アラは 5㎏! 6㎏!! 新潟・間瀬沖の五目釣り【新潟・間瀬沖】

本命アラは 5㎏! 6㎏!! 新潟・間瀬沖の五目釣り【新潟・間瀬沖】

新潟・間瀬沖の五目釣りは、本命のアラに加えて、脇を固めるのはマゾイにメバル、カレイにマダラと豪華ラインナップ。美味しいお土産がいっぱいなのだ。


結構な確率で「幻」が浮上しているが、ラインブレイクやハリ折れで姿を見せない特大サイズも潜んでいるというから、夢は広がる

五目釣りは文字通り五目。いろんな魚がまじってゾロゾロ上がってくる。

日本海の中深場釣りで幻の高級魚アラを狙い、6㎏の大型をゲットしたディープマスター・テル岡本。間瀬沖のアラ釣りは9月も狙い目!

アラ狙いのほか、フラッシャーサビキ仕掛けで五目釣りもする。釣れるのは、ホッケ、マダラ、ソウハチガレイにカジカなどなど。

ホッケは数釣れる。

こちらは5㎏! この日は船中2本の大アラが上がった。

ソウハチガレイは鮮度が良ければ刺身で旨い。

ソウハチガレイとマダラで8本バリにパーフェクト。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・間瀬港「光海丸」。

午前便、午後便、夜釣りとフル回転で様々な日本海の釣りを案内してくれる新潟、間瀬港の「光海丸」。
小林聡船長の初夏~秋口のイチオシの釣りが、午前・午後通しの「一日便」で沖の中深場にアプローチする「沖五目」だ。
水深200mラインでのメインターゲットは5㎏オーバーの大アラ。エサ釣りと同乗OKのスロージギングも含め、結構な確率で「幻」が浮上しているが、ラインブレイクやハリ折れで姿を見せない特大サイズも潜んでいるというから、夢は広がる。
「五目」の脇を固めるのは本命に負けず劣らずの高級魚マゾイを筆頭に、グラマーなウスメバルにムシガレイ、近年品薄で高級品の良型ホッケ、夏は身が美味なマダラ、関東では馴染みの薄いソウハチガレイやカジカ類などなど、実に多彩な「日本海の美味」が顔をそろえる。
中深場ロッドにPE6号を300m巻いた小型電動でOKの手軽さもこの釣りのウリだ。
今回はTEAM OKAMOTO9名のチャーターで出船したが、筆者の6㎏のほか5㎏と2本の「幻」を手にすることができた。
例年7月と9月に「一山ある」という間瀬沖のアラ釣り。今後に期待が膨らむ。

五目用&アラの仕掛けについて

タックルは、アラ釣り、五目釣り共通。中深場用ロッドにPE6号を300m巻いた小型電動でOK。

五目釣りの仕掛けは、北海道向けのホッケ・ヤナギノマイ仕掛けで、エサはホタルイカ。

アラ釣りのエサはイワシかサバのタンザク。

海面に浮かんだ大きな金茶の魚体。アラは5㎏オーバーの大型の期待大。仕掛けはハリス20号胴付き4本バリを使用。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


平潟沖マダラ好調でクーラー満タン早揚がり確実⁉︎ (第十五隆栄丸)

平潟沖マダラ好調でクーラー満タン早揚がり確実⁉︎ (第十五隆栄丸)

水深250mの海底に仕掛けが届いた途端、「食った!」「こっちも来たぞ!」糸フケを取る間もなく深海竿を叩く派手なアタリにあちこちから声が上がる。


15kg級の超大型も出る! 岩手・綾里沖の高級魚マダラ(第八荒神丸)

15kg級の超大型も出る! 岩手・綾里沖の高級魚マダラ(第八荒神丸)

「サンマを使わないんですか?」怪訝な顔の同行者に笑顔でうなづき、すべてのハリに「スーパーイカタンMEGA」を配し、綾里沖のマダラに挑む。


ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

ゲストも多彩な日立・久慈沖のムラソイ五目釣り(大貫丸)

超浅場で狙える日立久慈沖のムラソイ五目が開幕した。日立久慈港「大貫丸」の初日の釣果は、トップがムラソイ9匹。ほかにナント15匹ものジャンボメバルがまじっている。サイズはムラソイもメバルも20〜35㎝と期待どおりの結果だったのだ。


ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

ライトゲーム&キャスティングで五目釣り!(アシストクラブ金進丸)

「柏崎沖で釣れる魚を何でも狙っていきます。夏におすすめなのはジギングを中心としたライトゲームと、キャスティングゲームですね」と話す、高い支持を得る新潟県柏崎港「アシストクラブ 金進丸」秋山進一船長。


昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

昼はウイリー五目&夜は生きエサの泳がせでBIGな魚を釣ろう(光海丸)

下越の間瀬沖では、アジが乗っ込み期に入り、大アジが数釣れている。昼間はむろん夜も好調だ。昨年からスタートした、夜釣りの泳がせでは大ビラメのほか、ワラサ、ブリが高確率でヒット中だ。


最新の投稿


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

夏のまっ盛りに開幕した東京湾のタチウオ、今シーズンも魚影は濃いようで、良い日はトップ30本前後の釣果が聞こえていた。光り輝く銀色の魚体に会いに向かったのは、シーズンを通してタチウオ乗合を出船している金沢漁港の「鴨下丸」。


暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

昨年の夏場は、東京湾のアジが広範囲で絶好調続きだった。今シーズンも同じように好調が続いている。走水港「吉明丸」では走水沖をメインに狙って、35㎝前後の良型を主体に、トップ50匹以上を記録することもしばしばだ。今回の取材では、走水沖40m前後を狙って、トップは60匹だった!


ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

午前、午後の二便で出船中の大津「小川丸」のマアジ船は、猿島沖〜観音崎沖を中心に周年を通して楽しめる。この海域のアジは、黄金色に輝き幅が広く脂の乗りも抜群。ブランドアジとして人気が高い。


相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

コマセ釣りが解禁して間もなく、相模湾にカタクチイワシが回遊し、突如としてルアーの釣果が上向いた。各所でトリヤマが立ち、キハダが巨大な水飛沫を上げてボイルしているのだ。さらにアベレージサイズも25〜30㎏とひと回り大きくなり、非常にエキサイティングな状況となっている。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読