沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果報告、仕掛け、タックル、釣り方、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト

本命アラは 5㎏! 6㎏!! 新潟・間瀬沖の五目釣り【新潟・間瀬沖】

本命アラは 5㎏! 6㎏!! 新潟・間瀬沖の五目釣り【新潟・間瀬沖】

新潟・間瀬沖の五目釣りは、本命のアラに加えて、脇を固めるのはマゾイにメバル、カレイにマダラと豪華ラインナップ。美味しいお土産がいっぱいなのだ。


結構な確率で「幻」が浮上しているが、ラインブレイクやハリ折れで姿を見せない特大サイズも潜んでいるというから、夢は広がる

五目釣りは文字通り五目。いろんな魚がまじってゾロゾロ上がってくる。

日本海の中深場釣りで幻の高級魚アラを狙い、6㎏の大型をゲットしたディープマスター・テル岡本。間瀬沖のアラ釣りは9月も狙い目!

アラ狙いのほか、フラッシャーサビキ仕掛けで五目釣りもする。釣れるのは、ホッケ、マダラ、ソウハチガレイにカジカなどなど。

ホッケは数釣れる。

こちらは5㎏! この日は船中2本の大アラが上がった。

ソウハチガレイは鮮度が良ければ刺身で旨い。

ソウハチガレイとマダラで8本バリにパーフェクト。

今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・間瀬港「光海丸」。

午前便、午後便、夜釣りとフル回転で様々な日本海の釣りを案内してくれる新潟、間瀬港の「光海丸」。
小林聡船長の初夏~秋口のイチオシの釣りが、午前・午後通しの「一日便」で沖の中深場にアプローチする「沖五目」だ。
水深200mラインでのメインターゲットは5㎏オーバーの大アラ。エサ釣りと同乗OKのスロージギングも含め、結構な確率で「幻」が浮上しているが、ラインブレイクやハリ折れで姿を見せない特大サイズも潜んでいるというから、夢は広がる。
「五目」の脇を固めるのは本命に負けず劣らずの高級魚マゾイを筆頭に、グラマーなウスメバルにムシガレイ、近年品薄で高級品の良型ホッケ、夏は身が美味なマダラ、関東では馴染みの薄いソウハチガレイやカジカ類などなど、実に多彩な「日本海の美味」が顔をそろえる。
中深場ロッドにPE6号を300m巻いた小型電動でOKの手軽さもこの釣りのウリだ。
今回はTEAM OKAMOTO9名のチャーターで出船したが、筆者の6㎏のほか5㎏と2本の「幻」を手にすることができた。
例年7月と9月に「一山ある」という間瀬沖のアラ釣り。今後に期待が膨らむ。

五目用&アラの仕掛けについて

タックルは、アラ釣り、五目釣り共通。中深場用ロッドにPE6号を300m巻いた小型電動でOK。

五目釣りの仕掛けは、北海道向けのホッケ・ヤナギノマイ仕掛けで、エサはホタルイカ。

アラ釣りのエサはイワシかサバのタンザク。

海面に浮かんだ大きな金茶の魚体。アラは5㎏オーバーの大型の期待大。仕掛けはハリス20号胴付き4本バリを使用。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


白子タップリの大型が待っている! 平潟沖のマダラ(第十五隆栄丸)

白子タップリの大型が待っている! 平潟沖のマダラ(第十五隆栄丸)

ガタガタ! ギュンギュン! 深場釣りの中でも、派手なアタリと強烈な引きが楽しめるマダラ。加えてこれからの時期は白子の食味もたまらない! そのマダラが北茨城、平潟沖で好調に釣れている。


NEWスタイルゲーム「スキッデイング」で釣る(アシストクラブ金進丸)

NEWスタイルゲーム「スキッデイング」で釣る(アシストクラブ金進丸)

新潟のオフショアシーンを切り開いてきた柏崎「アシストクラブ金進丸」。近年、本船発のNEWスタイルゲームとして注目を集めているのが「スキッディング」だ。「簡単に言えばNEISの『ザ・スイッチバック』を使って、小魚を捕食するイカの動きを演出する釣りです」と話す、秋山進一船長。


真夏の沖釣り! 仙台湾のカレイ&マゴチを釣りに行こう!(拓洋丸)

真夏の沖釣り! 仙台湾のカレイ&マゴチを釣りに行こう!(拓洋丸)

宮城県の仙台湾はカレイの海で全国に知られている。県内では人気№1の不動の沖釣りターゲットだが、8月はヒラメや青物などの引きが強い、または、大型の魚を看板にあげる船宿が多くなる。


NEWジギング”スキッティング”を体験(アシストクラブ金進丸)

NEWジギング”スキッティング”を体験(アシストクラブ金進丸)

「最近は浅場だけでなく中深場を狙うことも多くなってきました。いままでのジギングでは攻略できなかったターゲットも狙って釣れるようになってきたので、ぜひ挑戦してもらいたいですね」言葉の主は新潟県柏崎港を拠点とする「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長。


佐渡島沖で高級魚の五目釣り、夜はメタルスッテでアカイカ(光海丸)

佐渡島沖で高級魚の五目釣り、夜はメタルスッテでアカイカ(光海丸)

「10㎏の大アラを釣りたい!」そんな幻級の高級魚を釣るなんて、夢の話だったが、現実にかなえてくれるのが、新潟県間瀬港「光海丸」だ。


最新の投稿


1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

1人20枚オーバーも! 銚子沖のヒラメは食いが超活発!(福田丸)

銚子沖のヒラメが絶好調だ! 6月に解禁した銚子沖のヒラメ釣り、今期は8月のお盆過ぎから数が出だし、外川港の「福田丸」ではトップ2桁当たり前、ひとり20枚を超す驚きの釣果も出ている。この時期の、いわゆる夏ビラメはアタリが多く数釣りできるのが魅力だ。


沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

沖の深場と近場の浅場を釣り分ける! 大原沖ヒラメ仕掛け(力漁丸)

タックルと仕掛け。竿は80号のオモリに対応したヒラメ専用竿、またはゲームロッドなどの5対5〜7対3調子。長さはヒラメ専用竿なら2.5〜3.6m、ゲームロッドなら2〜2.4mぐらい。リールは小型電動、または手巻きの中小型両軸。これに道糸はPEラインの2〜4号を巻いておく。


今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

今シーズンから9月解禁! 大原沖の良型ヒラメをゲットだ(力漁丸)

ヒラメファンが待ち焦がれる解禁日。大原沖では今年から9月1日が部分解禁、10月1日に全面解禁と2回に分けての解禁となった。そして、今年の調子を占う意味もある9月1日の解禁初日、大原港「力漁丸」では最高のスタートダッシュを見せた。


ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

ヒラメ専門コダワリ船長が案内する駿河湾ヒラメ仕掛け(龍神丸)

「龍神丸」の基本仕掛けは、捨て糸の長さ30〜50㎝、ハリス長1〜1.2mというバランスだ。どちらかといえば、この仕掛けは横流し用だが、佐野船長は基本的にエンジン潮流しスタイルでポイントを流す。


カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

カツオ&キハダをコマセ釣りで釣る! サイズともに良(湘南 海成丸)

解禁から1ヶ月以上経った相模湾のコマセ釣りのキハダ、カツオ。最近は湾内に群れが入ってきているそうでポイントまで一時間もかからず到着。ナブラを追いかけても実釣時間充分だそうです。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読