MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【横浜沖】繊細なゲームを気軽にを楽しむクロダイ釣りに挑戦!

【横浜沖】繊細なゲームを気軽にを楽しむクロダイ釣りに挑戦!

「例年、6月くらいを境にクロダイの食性が変わるんです。夏場にかけてはイガイが中心になります。」と池田船長。東京湾でも数少ないクロダイの落とし込み釣りを得意とする「フネクロ」のメイン船長だ。

奥が深い釣りを体感する横浜沖のクロダイ!! 釣果レポート

まずはエサのイガイ(カラス貝)採りからスタート。童心に帰ったような楽しい時間だ

小物類も多くはない。手軽に楽しめるのがこの釣りの魅力でもある

エサ付けは簡単。ヒモ?にハリをチョンとかければOKだ

大粒をひとつで行くか、小粒を2つ付けるか? これだけの違いで釣果も変わってくる

ジョイントキャンディーでトライするのもOK。ただ、釣果が上向くのは8月中旬以降、が例年の目安だ

タックルはスピニングタックル。とてもシンプルだ。リールはレバーブレーキ搭載モデルが使いやすい

片舷に並んで船を流しながら、次々とストラクチャー周りに落とし込んでいくのが基本スタイル

ポイントを見分ける目、そして狙ったピンポイントに打ち込む技術が釣果を大きく分ける

しっかりロッドを立てるのがファイトの基本。素早く浮かせなければ障害物に巻かれてしまう

グッドサイズを仕留めた横浜市の木村さん。「糸が入って行かなかったので、ゆっくり聞いたら…」とコメント。繊細な釣りだ

イガイ(カラス貝)を一撃でかみ砕くクロダイ。ハリを外すときは慎重に

少々苦戦したが、綺麗な良型を仕留めたのは、江戸川区の安達さん

コイツはキビレ。梅雨時に多く見られる、とは池田船長。クロダイよりやや小振りな魚が多い

エサを大粒のものから小粒のものに換えて即ヒット!この日は最大50cm。
しかし、大型が揃うこの釣りでは、50cmオーバーは決して珍しいサイズではない

この日の最大級! 

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「アイランドクルーズFC フネクロ」

周年楽しむことができる東京湾のクロダイ。しかし、季節によって釣りの内容は微妙に変わる。
季節によってクロダイの食性、水温や水色などが変わってくるからだ。

ジョイントキャンディーという疑似餌を使った釣りを得意とする同船。時期によっては生エサをしのぐ釣果を記録することも珍しいことではない。

しかし、冒頭の言葉のように、イガイ(カラス貝)を主食とする時期は、キャンディーの分はすこぶる悪い、という。
実釣取材時も、エサ主体の釣りとなった。この釣りではかなりの悪条件とされる澄潮に見舞われ、スタート時はかなりの苦戦を強いられた。しかし、エサのサイズを合わせて対応、次第に潮に濁りが入ったりと、徐々に上向き、3人で20回を超えるアタリを出すことができた。

本誌発売時以降、しばらくはエサ主体の釣りが中心となるだろう。それでも8月半ば頃からはキャンディーの釣りも復調してくるのが例年のパターン。いずれの釣趣を楽しむか、釣り人の好みで選択可能。夏のクロダイを、ぜひ堪能いただきたい。

以上の記事は「つり丸」2017年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
茨城エリアのテンヤマダイは、年内いっぱいぐらいがベストシーズン!例年、この時期は数、型ともに楽しめる。またゲストも豊富で、定番の根魚をはじめ青物もヒット。日立久慈港「大貫丸」でも本命を含めアタリが多く、今後も爆釣が期待できる!
更新: 2019-10-15 12:00:00
東伊豆、伊東沖で秋のマダイが好調!今回の取材でも良型2.5㎏、2.4㎏、4㎏と型物が連発している。釣り場が近く、豊富なゲストも魅力で特大アジやカイワリはレギュラーゲスト。今後も爆釣の期待大だ!
更新: 2019-10-14 07:00:00
一日で二種類の釣りが楽しめるリレー釣り。金沢八景の「野毛屋」では、午前のLTアジ、午後のフグで出船中だ。どちらも好調に釣れている。午前だけで帰りたい、寝坊して午後から釣りたい、など釣り人の都合に応じて選べるのも半日船の魅力。
更新: 2019-10-10 07:00:00
福島県・小名浜沖は2シーズン目を迎えるアカムツの高ポテンシャルフィールドだ!ぜひあなたの腕試しの場に!ポイントの状況、小名浜アカムツタックル、仕掛け、エサ付け~釣り方まで完全攻略法を紹介!
更新: 2019-10-09 07:00:00
東京湾でピカイチのうまさを誇る横須賀沖・猿島周りのブランドアジが大人気。20~23㎝クラス主体に、30㎝前後の中型、さらに35㎝オーバーの大アジもまじる。タックル、仕掛け、基本の釣り方、タナ取りを徹底解説!秋最高の味覚を手軽に楽しもう!
更新: 2019-10-06 07:00:00
最新記事
令和元年度 公認釣りインストラクター資格制度11月30日、12月1日(東京会場) 受験者募集
更新: 2019-10-16 12:00:00
アングラーの情熱と船長のサポート、そしてタックルの目覚ましい進化が切り拓いてきた深海域のジギングゲーム。スローピッチジャークを基本とした新島沖のキンメゲームも、着実にファンを増やしている釣りのひとつだ。
更新: 2019-10-16 07:00:00
茨城エリアのテンヤマダイは、年内いっぱいぐらいがベストシーズン!例年、この時期は数、型ともに楽しめる。またゲストも豊富で、定番の根魚をはじめ青物もヒット。日立久慈港「大貫丸」でも本命を含めアタリが多く、今後も爆釣が期待できる!
更新: 2019-10-15 12:00:00
CLUE OFFSHORE GAMES 番外編 九十九里片貝港プレミアムライトジギング(PLJ)10月20日に開催 参加者募集
更新: 2019-10-15 07:00:00
3000番でキハダ20kgクラス、スルメ15点掛けにも対応する2019年限定モデル「フォースマスター リミテッド3000」
更新: 2019-10-14 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読