MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【東京湾・走水沖】夏のタチウオシーズン開幕!仕掛け&釣り方

【東京湾・走水沖】夏のタチウオシーズン開幕!仕掛け&釣り方

夏のタチウオシーズンが開幕した。夏には夏の釣り方があるのでその釣り方で楽しむ。小型のエサを追っているのでエサは小さめ。ハリも小さくして、スピーディにシャクって掛けていく。本格的な数釣りはこれから!

夏の沖釣り【タチウオ】シーズン始めはいつ?年中狙えるターゲットに

東京湾のタチウオが夏シーズンに突入した。

従来ならばそれまで釣れていなかったのが6月ごろから浅場で釣れだすのを「夏タチ」と呼んでいたが、最近は「ずっと釣れている」ため、厳密なシーズン始まりとは言えなくなってきている。

「最近は一年中釣れていますが、春の釣り、冬の釣りと今の釣り方は全く違ってきますから、今の時期にマッチした夏の釣りをすることが良い釣果を出す鍵になりますよ」とは、金沢漁港「忠彦丸」の安田剛船長。

6月上旬現在で釣れているのは走水沖周辺。

タナは30~40mほどと中層メインだが、日によってタナがコロコロ変わるのもこの時期の特徴だという。

「指2~3本サイズ主体と、小型の数釣りの時期です。たまに大型がまじるという感じです」

タックルはLT系で道糸は細すぎはダメ!

タックルはいわゆるLT系のタチウオタックルを使用。

竿は、8対2から7対3調子で、キチンとシャクれてアワセが効くものが良いという。

「誘って引っ掛けていく釣りなので、軟らかい竿は向きません」

リールは小型電動か小型両軸リールを使用する。

「道糸は3号以下を厳守してください。3号の人はオモリ60~80号、2号以下の人はオモリ40~60号を使用してください」

ライトタックルの場合、道糸はPE2号以下だが1.5~2号がオススメ。
1号以下になるとライントラブルが激増してしまう。

仕掛けは片テンビンに1本バリが基本となる。

「忠彦丸」の船宿仕掛けはオーナー「サーベルフックX」1/0号、ハリス6号1.8mだ。

「この時期はタチウオのサイズも小型主体です。また、追っているベイトは小型なので、エサも小さくしています。
バランスが悪くなるので、必ず1/0を使用してください」

タチウオ仕掛けというとチモトにパイプを付けるのが定番だが…。

「パイプは付けないでやってください。現在の釣り方ではハリが飲まれることはほとんどありません。
それよりもアタリを出すことを優先してください。逆にハリを飲ませるような釣り方をしていては釣れません」

さらに、仕掛けではもう1つ注意すべき点があるという。

「カン付きバリでも、必ずハリスは軸に結んでください。カンに結んだだけだと、ハリ掛かりが悪くなりますよ」

船長オススメのオーナー「サーベルフックX」の1/0。軸に結びパイプはつけない

エサつけは超重要!ズレないようにまっすぐに

支給のサバエサは船長が言う通り、小型にカットされている。
冬シーズンと比べると小さくしてあるという。

「エサの付け方はハリのケン(エサ止め)によって変えてやります。
ウチで推奨しているサーベルフックXの場合は、幅が広いです。
幅が広いハリを使う場合は皮側から刺していきます。
狭いハリの場合は、身から刺していきます。エサの上下はどちらでも構いませんよ」

夏の釣り方は、つねに上へ上へとシャクっていく釣りだ。

逃げ惑う小魚のようにエサを動かしていく。
このため、動いてもエサがずれないように丁寧に付ける必要がある。

さらに、ハリはエサのセンターにまっすぐ来るように付けよう。
これができないとエサの動きが悪くなり、アタリも遠のいてしまう。

「夏場はエサに対してちょっかいを出すだけです。何匹かのタチウオがエサにアタックしてきて、少しずつエサが小さくなっていって、ちょうどハリが来た時に食ってきた魚を引っ掛けるというイメージの釣りです。なので、エサ付けが特に重要になるんです」

エサはこの時期のベイトに合わせて小型。
エサ付けで釣果が大きく変わってくるのでしっかりと正しくつけよう

指定ダナよりも絶対に下げない!

「現在のタチウオが釣れている水深、タナはバラバラです。
指示ダナは、『35mよりも上』などと出します。
この時、そのタナより仕掛けは下げないでください」

指示ダナはタチウオの反応の上限近くに設定しているという。
この時、タナを下げてしまうと、魚が落ちてしまうのだという。

「オモリから落ちていくので、最初は魚が逃げます。
その中からエサを見つけたやる気のある魚が上がってきます。
反応を見ながらシビアに指示ダナを出していきますが、そこを通過させるのではなく、それより上で釣ることを徹底してください」

指示ダナを正確に取るために、リールのカウンターを見るのではなく、道糸のマーカーを見よう。

船長が推奨する釣り方は2通りある。

①小さく鋭く上げてくる誘い

「竿先は下に向けた状態からスタートします。
鋭くシュっとシャクリ上げ、オモリとテンビンがひっくり返って糸フケが出たら、
その分を回収してシャクリ上げを繰り返していきます」

重要なのは、とにかく鋭い動きにしていくことだという。
ソフトにシャクっていてはハリ掛かりしないのだ。

「鋭くシャクることでエサがいろんなん方向に動きます。
これが小魚が逃げる動きになっていい誘いになるんです。
毎回毎回鋭くシャクるのは疲れちゃう、という人は1回アタリがあってから鋭くするのでもいいですよ」

②誘い止め&誘い止め

もう一つの釣り方は、50㎝ほどシャクリ上げてポーズを入れ、
竿先を下げて50㎝ほど糸を巻き、再び50㎝くらいのシャクリをいれポーズ。
この繰り返しだ。ポーズの時間はアタリによって調整していく。

「この時期は、あまり難しく考えずに小さくチョンチョンと探り上げていけば問題ないですよ」

いずれの釣り方も指示ダナより上10mほどは誘っていく。
その間にアタリがあったらアタった場所から5mぐらいは誘っていく。
そしてまたアタリがあればさらに5m、というようにアタリがある場合は誘い続けていく。

「アタリが続くときは魚が追っかけてきています。
誘いがそのままアワセのようになりますので、アタリがあったときはさらに鋭く誘っていってください。
アタった場所で止めないで、誘い続けることでハリ掛かりさせるんです」

アワセはアタリがあって、「さあアワせるぞ!」という感覚じゃなくて、
誘い上げていくうちにいつの間にか掛かっちゃった、というのが正しい掛け方だという。

「やる気のある魚が追ってくるときは、アタックしてくる間隔が短くなっていきます。
短くなるということは仕掛けの動きと同じスピードで追ってくる可能性が高いので、
それまでよりもスピードアップしてみてください。その瞬間にハリ掛かりすることが多いですよ」

アタリがない、タチウオが追ってこないと思ったらまずは回収してエサのチェックをしてみよう。
エサがズレていたら正しく付け直そう。

また、東京湾は依然アカクラゲが多い。

仕掛けに絡むとアタリが遠くなるので、アタリがない場合はチェックして、取り除こう。

「反応を見て、絶対にタチウオがいるときしか投入の合図を出しません。
だから、投入の合図があったときは、魚は必ずいると思ってやってください」

スピーディーにシャクリ続けていくといきなりガツンとヒット!

スピーディーかつ細かい誘いで反射的に食わせよう!東京湾・走水沖 タチウオ釣行レポート

ポイントは走水~観音崎沖。
これから新群れが入ってくれば浅ダナで釣れることも

いよいよ夏タチシーズンだ。小型主体の数釣りだが良型も

井上直美さんも良型ゲット!
「小型が多いと聞いていましたが、周りでもまずまずのサイズが多かったですね」

思わず手が止まるようなガツンッ! という引きがたまらない!

海面まで抵抗を続ける。ハリスを緩めずに一気に引き抜こう

スピーディーに細かく探りながらアタリを出していった

この日は良型の姿も目立った

「タイミングが合ったのか連チャンしました」

良型のタチウオ!

ゲストに大アジ!うまそ〜。

出船前にエサ付けから誘い方まで船長の細かいレクチャーがある。
慣れた人も必ず聞いておくと、釣果もアップ!?

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・金沢漁港「忠彦丸」

夏のタチウオシーズンが開幕した。

「今シーズンの場合は、ずっと釣れていたのでここから始まるという感じじゃないですけど、夏には夏の釣り方があるのでその釣り方で楽しんでください」とは、金沢漁港「忠彦丸」の安田剛船長。

ここ数年、タチウオの動向は昔と違ってシーズンの終わり、始まりがない傾向がある。
ただ、夏タチには夏タチの釣り方を! ということである。

「小型のエサを追っているのでエサは小さめ。ハリも小さくして、スピーディにシャクって掛けていってください」

「忠彦丸」のタチウオショート船は7時30分出船、13時沖揚がりの「ちょうどいい」感じ。ポイントは走水沖周辺を攻める。

「指2本クラス主体で3本クラスがまじるという感じです」と船長は言うが、初めこそ小型が多かったものの後半は良型の姿も目立った。

「エサ付けを丁寧に、あとはエサを小魚が逃げるようなイメージでシャクッてやれば掛かってきますよ」

 本格的な数釣りはこれからだ!

以上の記事は「つり丸」2019年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
新潟西港の「魁明丸」は佐渡島〜粟島エリアでほぼ通年、オキメバルを中心とした深海釣りを行っている。水深100m程度を攻める佐渡島では中型主体の釣りとなるが、粟島沖は水深160mの深場に群れる大型メバルを狙う。
更新: 2019-07-15 07:00:00
キュキューンと小気味の良いシャープな引き味はもちろん、食べれば超絶品! 良質な脂がその魚体まで黄金色に輝かす東京湾のブランドアジ・横須賀沖の猿島周りの黄金アジが、水温の上昇と共に活性を高めている!
更新: 2019-07-14 12:00:00
最新記事
「第16回 上総湊港伝統釣法 真鯛シャクリ釣り釣り大会」の参加者募集内容になります。2019年8月4日開催に開催されます。
更新: 2019-07-17 22:30:38
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読