手バネ竿で粋に楽しもう! 江戸前のハゼ釣り【東京・深川】

手バネ竿で粋に楽しもう! 江戸前のハゼ釣り【東京・深川】

大都会・東京での忙しい毎日にお疲れの貴方にオススメ。遠出も早起きもせずに楽しめる東京での夕釣り。たまにはのんびりとした時間を過ごすのもいいんじゃないでしょうか。


和船で運河周り、時にはお台場周辺まで繰り出して、のんびりとハゼ釣りに興じる。伝統的で粋な江戸前の釣りだ

運河周り主体に和船で楽しめる。船に弱い人でも安心。

豊洲周辺は意外なほど緑が多い。

「この釣りは手バネ竿だよ。これが面白いんだ」と石嶋一男さん。

エサはアオイソメ。1〜2cmと小さくカットして付ける。

江戸前の釣りは同寸同尺同目方の手バネ竿を2本用いるのが正当スタイルだ。手バネ竿は借りられる。

関連する投稿


秋の風物詩、飴色のハゼ釣りで松島を満喫!【宮城・松島湾】

秋の風物詩、飴色のハゼ釣りで松島を満喫!【宮城・松島湾】

日本三景の島々を眺めながらのハゼ釣りは格別の釣り味。湧きは良く、盛期に向けて期待十分な状況だ。この秋、風流で情緒溢れる釣りを、まったりと楽しんでみるのもいいんじゃないでしょうか。


最新の投稿


釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

季節によってさまざまな釣り物があるが、最も寒さが厳しいこの時期には、鍋物の食材にピッタリの釣り物が多い。そのなかの一つにオニカサゴがある。イカつい鎧武者のような風貌ながら、身はプリッとして歯ごたえが良く、鍋物の他に刺身や唐揚げにしても美味しい。市場でもなかなか売られていない魚なので、食べられるのは釣り人の特権だろう。


葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

毎日「今年一番の寒さ」を連発する天気予報を聞きつつも、じっとしていられないのが釣りバカたるゆえん。車の外気温計がマイナス3℃を表示するなか、向かった先は葉山柴崎港の「福栄丸」。葉山沖の落ちマダイを狙っての釣行だ。


東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。


厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

この時期、外房の沖釣りでオススメなのが勝浦沖のイサキ釣り。理由はポイントが近いこと、水深(=タナ)が浅いこと、手軽に数釣れることに加え、食べてもとても美味しいからだ。


オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

二兎を追う者一兎を得ずのことわざがあるが、三魚を追って三魚とも得る、となるか!? 3魚種のリレー釣りにトライだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018