手バネ竿で粋に楽しもう! 江戸前のハゼ釣り【東京・深川】

手バネ竿で粋に楽しもう! 江戸前のハゼ釣り【東京・深川】

大都会・東京での忙しい毎日にお疲れの貴方にオススメ。遠出も早起きもせずに楽しめる東京での夕釣り。たまにはのんびりとした時間を過ごすのもいいんじゃないでしょうか。


和船で運河周り、時にはお台場周辺まで繰り出して、のんびりとハゼ釣りに興じる。伝統的で粋な江戸前の釣りだ

運河周り主体に和船で楽しめる。船に弱い人でも安心。

豊洲周辺は意外なほど緑が多い。

「この釣りは手バネ竿だよ。これが面白いんだ」と石嶋一男さん。

エサはアオイソメ。1〜2cmと小さくカットして付ける。

江戸前の釣りは同寸同尺同目方の手バネ竿を2本用いるのが正当スタイルだ。手バネ竿は借りられる。

このサイズも多いが、ぴくぴくとアタリがあったあとに掛かった瞬間がたまりません!

みなさん、のんびりと、それでいて真剣にハゼ釣りを楽しみました。

「普段は江戸川放水路に行ってますが、ここも楽しいですね」。

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・深川「冨士見」。

東京、深川から夕釣りのハゼ釣りが楽しめるのをご存知だろうか? 和船で運河周り、時にお台場周辺まで繰り出して、のんびりとハゼ釣りに興じる。伝統的で粋な江戸前の釣りだ。
「やっぱりこの釣りは手バネ竿じゃなきゃね。今年は生育が遅いからまだ小型が多いけど、ちゃんとやれば100匹ぐらいは釣れますよ」と、深川「冨士見」の五代目、石嶋一男さんは、2本竿を巧みに操りながら次から次へと、まるで手品でもしているかのような驚きのスピードで釣り上げていく。
水深は2m前後。目を凝らせばハゼの姿も確認できる。簡単だろうと思って竿を垂らすも、アタリはあってもなかなか食い込まずに思わず熱くなる。ハリ掛かりしないとイライラしつつ五代目を見ると、手品が続いている。
「こりゃウデだ! とてもかなわん」
この日のポイントの豊洲周辺はタワーマンションが立ち並ぶエリアだが、思いのほか緑が多いことに驚かされる。5〜10㎝ほどのちっちゃくてかわいいやつらだけど、奥がとても深い。手品の前では赤子も同然ながら、夕涼みをかねた釣りに満足。
「夕釣りは9月いっぱいまで楽しめます。お彼岸ごろからは沖のハゼ釣りに出ます」とは六代目の石嶋広士さん。
たまにはのんびりいかがですか? 手品を見たらのんびりといかないかもだけど!

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


浅場でアタリ多く数釣り高確率! 東京湾シロギス(冨士見)

浅場でアタリ多く数釣り高確率! 東京湾シロギス(冨士見)

東京湾のシロギスが、いよいよ最盛期突入だ! 木更津沖の夏のシロギス釣りでは、二束もの釣果を頻繁に耳にするようになる。さらに良い日になると、三束という驚愕の釣果が聞こえてくることもあるほどだ。


好調が続く東京湾のシロギス! ファミリーFにも最適です【東京湾】

好調が続く東京湾のシロギス! ファミリーFにも最適です【東京湾】

GWにおすすめの人気ターゲットは、何と言っても手軽なシロギス釣りが真っ先に頭に浮かぶ。ここ深川「冨士見」は都会の真ん中に位置するため、アクセス抜群。貸道具も充実して、のんびり電車釣行にもおすすめ。ちなみに最寄り駅は東西線の門前仲町で、送迎も行っている。初心者大歓迎! ベテラン船長がやさしく指導してくれるから安心だ。


〝数釣り〟といえばシロギス、誘って食わせてブルブルルン【東京湾】

〝数釣り〟といえばシロギス、誘って食わせてブルブルルン【東京湾】

シロギスは、ビギナーや子供など、だれでも手軽に数釣れる魚の代表といえるだろう。極端な話、エサさえ付いていれば、仕掛けを船下に下ろしておくだけで、そこそこ釣れちゃう魚だ。しかし、真剣に数を伸ばそうと思えば、それなりの工夫やテクニックが必要な、奥の深い釣りでもある。


東京湾のシロギス、冬は良型多く引き味抜群!【東京湾】

東京湾のシロギス、冬は良型多く引き味抜群!【東京湾】

夏が旬というイメージが強い「シロギス」。確かに夏のシロギスはビギナーでも数釣ることが容易で楽しめるのは確か。しかし一方で、冬のシロギス釣りには違った楽しみが存在する。


秋の風物詩、飴色のハゼ釣りで松島を満喫!【宮城・松島湾】

秋の風物詩、飴色のハゼ釣りで松島を満喫!【宮城・松島湾】

日本三景の島々を眺めながらのハゼ釣りは格別の釣り味。湧きは良く、盛期に向けて期待十分な状況だ。この秋、風流で情緒溢れる釣りを、まったりと楽しんでみるのもいいんじゃないでしょうか。


最新の投稿


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

夏のまっ盛りに開幕した東京湾のタチウオ、今シーズンも魚影は濃いようで、良い日はトップ30本前後の釣果が聞こえていた。光り輝く銀色の魚体に会いに向かったのは、シーズンを通してタチウオ乗合を出船している金沢漁港の「鴨下丸」。


暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

昨年の夏場は、東京湾のアジが広範囲で絶好調続きだった。今シーズンも同じように好調が続いている。走水港「吉明丸」では走水沖をメインに狙って、35㎝前後の良型を主体に、トップ50匹以上を記録することもしばしばだ。今回の取材では、走水沖40m前後を狙って、トップは60匹だった!


ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

午前、午後の二便で出船中の大津「小川丸」のマアジ船は、猿島沖〜観音崎沖を中心に周年を通して楽しめる。この海域のアジは、黄金色に輝き幅が広く脂の乗りも抜群。ブランドアジとして人気が高い。


相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

コマセ釣りが解禁して間もなく、相模湾にカタクチイワシが回遊し、突如としてルアーの釣果が上向いた。各所でトリヤマが立ち、キハダが巨大な水飛沫を上げてボイルしているのだ。さらにアベレージサイズも25〜30㎏とひと回り大きくなり、非常にエキサイティングな状況となっている。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読