MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
手バネ竿で粋に楽しもう! 江戸前のハゼ釣り【東京・深川】

手バネ竿で粋に楽しもう! 江戸前のハゼ釣り【東京・深川】

大都会・東京での忙しい毎日にお疲れの貴方にオススメ。遠出も早起きもせずに楽しめる東京での夕釣り。たまにはのんびりとした時間を過ごすのもいいんじゃないでしょうか。

和船で運河周り、時にはお台場周辺まで繰り出して、のんびりとハゼ釣りに興じる。伝統的で粋な江戸前の釣りだ

運河周り主体に和船で楽しめる。船に弱い人でも安心。

豊洲周辺は意外なほど緑が多い。

「この釣りは手バネ竿だよ。これが面白いんだ」と石嶋一男さん。

エサはアオイソメ。1〜2cmと小さくカットして付ける。

江戸前の釣りは同寸同尺同目方の手バネ竿を2本用いるのが正当スタイルだ。手バネ竿は借りられる。

このサイズも多いが、ぴくぴくとアタリがあったあとに掛かった瞬間がたまりません!

みなさん、のんびりと、それでいて真剣にハゼ釣りを楽しみました。

「普段は江戸川放水路に行ってますが、ここも楽しいですね」。

今回、取材にご協力いただいたのは、東京・深川「冨士見」。

東京、深川から夕釣りのハゼ釣りが楽しめるのをご存知だろうか? 和船で運河周り、時にお台場周辺まで繰り出して、のんびりとハゼ釣りに興じる。伝統的で粋な江戸前の釣りだ。
「やっぱりこの釣りは手バネ竿じゃなきゃね。今年は生育が遅いからまだ小型が多いけど、ちゃんとやれば100匹ぐらいは釣れますよ」と、深川「冨士見」の五代目、石嶋一男さんは、2本竿を巧みに操りながら次から次へと、まるで手品でもしているかのような驚きのスピードで釣り上げていく。
水深は2m前後。目を凝らせばハゼの姿も確認できる。簡単だろうと思って竿を垂らすも、アタリはあってもなかなか食い込まずに思わず熱くなる。ハリ掛かりしないとイライラしつつ五代目を見ると、手品が続いている。
「こりゃウデだ! とてもかなわん」
この日のポイントの豊洲周辺はタワーマンションが立ち並ぶエリアだが、思いのほか緑が多いことに驚かされる。5〜10㎝ほどのちっちゃくてかわいいやつらだけど、奥がとても深い。手品の前では赤子も同然ながら、夕涼みをかねた釣りに満足。
「夕釣りは9月いっぱいまで楽しめます。お彼岸ごろからは沖のハゼ釣りに出ます」とは六代目の石嶋広士さん。
たまにはのんびりいかがですか? 手品を見たらのんびりといかないかもだけど!

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
ズシーンッ!と訪れる引きが魅力のスルメイカ釣り!暑くなるといよいよ本番!魅力はズラズラと連なる多点掛け!しっかりと準備をして、楽しんでいただきたい!
黒潮の使者、カツオ・キハダは6月中旬頃から相模湾に回遊!カツオは2〜3㎏級!20㎏以上のキハダも多く、生きイワシエサはヒット率が抜群!
最新記事
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
豪華賞品がその場で当たるキャンペーン!「YO-ZURIエギ祭2020年春」6月30日まで開催中!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読