MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【鹿島沖】浅場で釣りやすくゲストも豊富! 大ダイヒットも!!

【鹿島沖】浅場で釣りやすくゲストも豊富! 大ダイヒットも!!

鹿島沖のテンヤマダイは浅場で釣れる時期に突入! 「灘のほうでは乗っ込みマダイがいますが、口を使わず乗っ込みももう終了です。今後は灘では浅場、沖のポイントが楽しくなります」と「安重丸」の安重船長。

タックルはひとつテンヤ専用で!

タックルは、ひとつテンヤ専用を使おう。
竿は、12号ぐらいまでのテンヤに対応したひとつテンヤ専用。長さは2.1〜2.7mぐらい。

今回取材に同行していただいた榎戸さんと吉田さんはノリーズ「ハイブリッドテンヤ真鯛」シリーズを使用していた。
リールは小型スピニング。5kgオーバーの大ダイや青物とやり取りをすることもあるので、ドラグ性能が良いリールを使うこと。
ドラグ性能が悪いと大型魚がヒットした際にスムーズにラインが出ず、ラインブレイクにつながる可能性があるからだ。
道糸はPEラインの1号以下。150m以上巻いてあれば大丈夫だ。

テンヤは豊富な種類を用意 取材当日は生きエビを使用

道糸の先にリーダーとして、フロロカーボンの2号前後を3〜5m直結にする。
結び方はFGノットやPRノットなど。そしてリーダーにテンヤを結ぶ。

テンヤは水深や潮の速さによって重さを変えていく。ビギナーはテンヤの着底がわかる重さを使うのが望ましい。軽いテンヤの方が食いがいいこともあるが、テンヤを軽くするあまり着底がわからなくなると釣りにならなくなるので注意しよう。

取材当日、水深15〜20mのポイントで榎戸さんは2.2号、吉田さんは4号を使用してマダイを食わせた。
そのためテンヤはさまざまな状況に対応できるように、2〜12号ぐらいまで準備しておこう。

またテンヤは重さだけでなく、カラーもバリエーション豊富に用意しておけば万全だ。
テンヤのカラーによっても、ヒットの偏りがあるからだ。
一人で連発している人がいたら、その人のテンヤのカラーを参考にするといいだろう。

取材当日、「安重丸」が用意したエサは生きたサルエビ。生きたエビは、エサ持ちがいいのが特徴だ。
生きたエビがないときは冷凍のエビをエサに使う。

付け方は上のイラストのとおり。基本的な付け方は、イラスト内の「エサ付け①」。
生きエビも冷凍エビもこの付け方がオススメだ。

孫バリで頭部と尾部を固定するように付けるので、頭部が取れにくいのが特徴だ。

「エサ付け②」はエビが小型の場合、2匹掛けでアピールする付け方。
とくに生きエビの場合、孫バリに付けたエビがピョンピョン動いてアピール度が高くなる。

底付近を中心に高めのタナも探ろう

基本的な釣り方は、上のイラストを参考に!

テンヤを投入したら、まず着底させる。
テンヤが落下している時にもアタることがあるので、ラインの変化に注意しておくこと。とくに着底の直前にアタりやすい。

急に糸がフケたり、糸が動き出したときはアタっている可能性大(糸フケを出しすぎていると、このときのアタリがわかりづらいので注意しよう)。即座に糸フケを取って、しっかりアワせよう。

テンヤが着底したら、すぐに糸フケを取って50㎝〜1m巻き上げてアタリを待つ。

この間、竿をシャクリ上げてテンヤを動かしてもOK。

アタリがなければ、さらに50㎝〜1m巻き上げてアタリを待つ。
それでもアタらなければ、再度50㎝〜1m巻き上げてアタリを待つを繰り返して、海底から5m上〜10m上を探ってみよう。

これからの時期は水温が上がってくるので、底付近ではなく高めに浮いていることも珍しくない。アタリが遠いようであれば、積極的にタナを探ってみよう。

潮が速いとき、または風が強いときは、船がどんどん流される。そんなときはテンヤが浮き上がりやすい。
テンヤが着底して、そのまま待っているだけで浮き上がっていく。このような状況では、テンヤが浮き上がるのを利用してタナを探るといいだろう。

テンヤが着底したらそのまま待つ。この間にテンヤは浮き上がるので、頃合いを見計らって再度テンヤを落として着底させる。これを繰り返して探っていく。

アタリがあったとき、または変だと感じたときは、迷わずアワせること。マダイは口周りが硬い。アワせなかったり、アワセが中途半端だと、フッキングしなかったり、やり取り中に外れてしまうので注意しよう。

テンヤがアタらないときはタイラバが有効なときも!

タイラバタックルを持っている人は、タイラバの準備もしてくるといいだろう。ひとつテンヤでアタリが遠いときは、タイラバにヒットが集中することも珍しくないからだ。

タイラバタックルは、専用タックル以外にもいろいろなタックルが流用可能だ。
50〜60号のオモリに対応したライトロッドやゲームロッドに小型両軸リールの組み合わせがあれば楽しめるのだ

タイラバは40〜120g。テンヤと同じくカラーバリエーションは豊富に準備しておきたい。
釣り方は、いたって簡単。
タイラバを着底させて、水深の1/3〜1/2ぐらいまで巻き上げる。
アタらなければ、再度、タイラバを着底させて巻き上げるを繰り返す。

巻き上げの際中、アクションは付けない。巻き上げスピーも、いろいろ試してみよう。
アタったらアワせず、そのまま巻き上げていくと重みが増してフッキングする。
アワせるとスッポ抜けやすいので注意しよう。

浅場で釣りやすくゲストも豊富! 夏の沖釣りテンヤマダイ釣果レポート

当日は鹿島沖の航程20〜40分の場所を狙った。水深は15〜25m

当日は生きエビをエサに使用

吉田さんの愛竿「ハイブリッドテンヤ真鯛」が絞り込まれた!

吉田さんのファーストヒットはオキメバルだった

海面にまずまずのサイズのマダイが浮上!

こちらは吉田さんの2枚目

榎戸さんも吉田さんに続いてマダイを食わせた

榎戸富さんもきれいなマダイを手にした!

持参したサイマキで本命を食わせた!

良型のトラフグも掛かった

肉厚のイシガレイもヒット

中盤に吉田裕樹さんがキロ級のマダイを手にした!

吉田さんはエコギア「オーバルテンヤの4号」で食わせた

こちらはヒラメ

ショウサイフグは良型ばかり

良型のムシガレイもまじった

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島新港「安重丸」

取材時は鹿島沖の水深10m台〜20m台を狙った。マダイは特別大きいのは掛からなかったが、キロクラスが顔をだした。
そして多彩なゲストもまじった。

ホウボウ、トラフグ、ショウサイフグ、ウスメバル、ヒラメ、イシガレイ、ムシガレイなど、賑やかな釣果となった。
状況次第では大型ヒットもある鹿島沖。多彩なゲストも期待できるので、それなりにアタリはあって楽しめるだろう。
ぜひ夏のひとつテンヤに挑戦してみよう!!

以上の記事は「つり丸」2019年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
新潟西港の「魁明丸」は佐渡島〜粟島エリアでほぼ通年、オキメバルを中心とした深海釣りを行っている。水深100m程度を攻める佐渡島では中型主体の釣りとなるが、粟島沖は水深160mの深場に群れる大型メバルを狙う。
更新: 2019-07-15 07:00:00
キュキューンと小気味の良いシャープな引き味はもちろん、食べれば超絶品! 良質な脂がその魚体まで黄金色に輝かす東京湾のブランドアジ・横須賀沖の猿島周りの黄金アジが、水温の上昇と共に活性を高めている!
更新: 2019-07-14 12:00:00
最新記事
「第16回 上総湊港伝統釣法 真鯛シャクリ釣り釣り大会」の参加者募集内容になります。2019年8月4日開催に開催されます。
更新: 2019-07-17 22:30:38
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読