MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
早くも解禁! 飯岡沖 夏のヒラメ釣り!! 大型も出るぞ!

早くも解禁! 飯岡沖 夏のヒラメ釣り!! 大型も出るぞ!

各地で人気のヒラメ釣り。釣り自体は難しくはなく、手巻きリールで浅場で釣れることが人気の理由のひとつ。近年はLTでのヒラメ釣りもブームになっている。外房飯岡港は関東で一番早くヒラメ釣りが開始される港だ。

千葉・飯岡港「隆正丸」ヒラメ仕掛け

2ヵ月の禁漁期間を経て、夏のヒラメ釣りが解禁

飯岡沖の4月、5月はヒラメの産卵期。この間は禁漁期間となっている。
そして産卵を終えたヒラメが体力回復のために活発にエサを追い始めるのが6月から夏にかけての時期だ。
2か月の間、釣り場を休ませておいた効果を期待し、解禁日にお邪魔したのは飯岡港の「隆正丸」。

ヒラメ船は4時集合、受け付けを済ませ港へ降りると、エサ屋のトラックが港に着いて活きの良いイワシを船へと積み替えていた。
今日は60号オモリを使うとのこと。ライトタックルの人は40号オモリで良い。

空はすっかりと明るくなった。コマセのハナダイ船が先に出発し、続いて芳野幹雄船長が舵を握るヒラメ船がゆっくり港を出た。
行程30分ほどで最初のポイントに着いた。灘寄りの砂地ポイントだ。 

「横流しで狙います。水深は18m。糸が引っ張られてオモリが浮くので、底を取り直してください」とのアナウンスで釣り開始。

さっそくミヨシで竿が曲がった。タモに収まったのは40㎝のソゲサイズながら、解禁ひと流しめから顔をみる幸先の良い1枚だった。
次の流しでは船の向きを逆にする。これが横流しの特徴で、向きを変えることで、釣り人に均等にアタリが出るようになる。

横流しに潮流し ポイントも多彩

この流しでもソゲサイズが釣れ上がったが、この魚はカタクチイワシを吐き出した。
このポイントでは、砂地にイワシが回遊しているのをヒラメが追っているのだろう。

飯岡沖のヒラメポイントは多彩で、横流しで瀬を広く探る釣り方や、根周りを潮流しで糸を立てながら流す釣り方、砂地の他には灘の根周り、沖の漁礁周りなど、海底の状態もさまざまだ。

船長が根掛かりの有無や流し方などを伝えてくれるのでまめに底を取り直しながらタナをキープしよう。タナ取りは、砂地だと底スレスレ。根周りだと底から50㎝~1mが基本だ。

朝のうちは流すたびに型がでていたが、1時間ほどで潮が止まってきた。こうなるとヒラメのアタリは遠くなる。
解禁日とあって、船長は移動を繰り返してヒラメの濃い場所を探す。外道にはカンパチ、根周りではカサゴが顔を出す。

本命ヒラメも場所移動のたびにポツリポツリと食ってくる。
潮が動かない状況だが、どこを探ってもアタリが出ているので、今シーズンもヒラメの魚影は濃さそうだ。

順調に開幕! LTもおもしろい

8時を回った後半戦、船長は灘寄りの根周りに狙いを定めた。水深は16mと浅い。小石がゴツゴツしている感覚で、オモリを引きずると根掛かりする場所だ。このポイント選択が当たったようで、キロ前後のヒラメが食いだした。そして、トモでひときわ大きく竿を曲げたのはキロ半のヒラメだ。ひとりまたひとりと本命の型を見ていった。

私も途中から竿を出しているが、最初のアタリはひったくるような派手なアタリ。食い込ませる間もなく竿先が突っ込んだ次の瞬間、エサを離されてしまった。上げてみるとイワシには歯形が付いている。おそらくソゲサイズがエサをくわえたまま泳いで逃げたのだと思うが、貴重なアタリを逃したのは痛かった。そのまま私にはアタリなく終了、今シーズンのヒラメはボウズスタートとなってしまった。

ヒラメは船中22枚が上がり、昨シーズンからの好調を維持しているようだ。「3キロくらいのを狙って、根周りを攻めてみたんですけどね」と、吉野船長は帰港後に残念そうにしていたが、潮の動きが悪かった日だけに、キロ半を頭に22枚の釣果はまずまずと言えるだろう。翌日はサイズアップして2.5㎏も顔を出している。根周りの大型ヒラメが釣れ始めるのも時間の問題だろう。

「隆正丸」では、従来のタックルのほか、ライトタックルでの釣りも可だ。PE2号以下の道糸の場合、ノーマルタックルより20号軽いオモリを使える。40号と60号のオモリを用意しておこう。

私もこの日はライトタックルを使ったが、終始手持ちでタナを取り直すヒラメ釣りでは、ライトタックルの軽さはとても楽だった。ヒラメシーズンはまだ始まったばかり、今後の釣果に注目したい。

夏場はイワシをいたわろう

 夏期のヒラメ釣りでは、エサの扱いが大きなポイントになる。7月から8月は水温が高いため、イワシにハリを刺すとすぐに弱ってしまうのだ。ハリを刺すときは、桶に手を入れて水の中で刺すようにしよう。

また、イワシが小ぶりのときは、孫バリを打つとすぐに弱ってしまう。孫バリは刺さずに遊ばせておくと、イワシの泳ぎが良くなりアタリが増えることも多いのでおすすめだ。孫バリ無しの1本バリ仕掛けも、特に夏場は有効になる。

ハリはイワシの口から刺し、上アゴの硬いところを貫通するようにすると弱りにくい。エサの付け方はヒラメ釣りで最も大切と言ってもよいが、夏場はその良し悪しが釣果に直結することを覚えておこう。

早くも解禁!! 好スタート! 夏は高活性の飯岡沖ヒラメ釣果レポート!

横流し、潮流し、砂地、魚礁と、さまざまな攻め方をするので、アナウンスをよく聞いて状況を把握しておこう

飯岡沖で早くも解禁! 夏もヒラメ釣りは楽しめるのだ。高水温、高活性の夏場のヒラメ釣りはビギナーにもおすすめ

思わぬ大物が食ってくることもあるぞ!!

夏場は前アタリから食い込みまで比較的短時間で勝負がつくことも多い。高水温時はヒラメの泳ぎも力強く、いい引きが楽しめる

6月1日の解禁日「隆正丸」ではトップ5枚とまずまずのスタート

型は1.5㎏までだったが、その後2~3㎏級も数上がっている

今後は数、型ともに上昇するはず!

夏のヒラメは味が落ちると言われるが、いえいえしっかり美味しいです !! 
刺身はもちろん、小ぶりなサイズはぜいたくに煮付けや唐揚げも!

やられた~。夏の高活性時ではあるが、やはり早アワセは禁物

この日はまじりでカンパチやカサゴが

ほかホウボウやハタ、イナダなども姿を見せた

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・飯岡港「隆正丸」

6月1日、飯岡沖でヒラメが解禁した。関東一円ではもっとも早い解禁ポイントとなる。
その初日、飯岡港の「隆正丸」では、トップ5枚とまずまずのスタートを切った。

飯岡沖のポイントは、砂地、根周り、魚礁とに分かれる。
また、浅場では横流し、深場では潮流しと、船の流し方も変わってくる。
海底の状態や船の流し方に応じて正確にタナ取りをすることが釣果アップにつながる。

芳野船長から船の流し方や根掛かりの有無などのアナウンスがあるので、しっかりと聞いて底スレスレのタナをキープしよう。

これから夏場にかけては穏やかな天候が多く、釣りやすい日が続くのでヒラメ釣り入門には最適の時期だ。
浅場でアタリは明確。ヒラメの活性も高い時期なのでアタリもわかりやすく、食い込みもいい。

解禁初日はあまり潮が動かなかったこともあり、最大1.5㎏止まりだったが、翌日には2.5㎏が出て、今後に期待が膨らんだ。

特に夏シーズンは、根周りで居着きの大ビラメが食ってくることも多いので、浅いからといって油断は禁物だ。
あらかじめドラグ調整はしっかりとしておこう。

「隆正丸」のヒラメはライトタックルでもノーマルタックルでも楽しめる。
通常のオモリは60号と80号を水深によって使い分けるが、道糸が細いライトタックルの場合は40号と60号で良い。
お好みの道具を持って、夏のヒラメを釣りに行こう。

以上の記事は「つり丸」2019年7月1日号の掲載記事です。

関連記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
福島県小名浜沖水深120~150mの泥地でアカムツが開幕中だ。アカムツのポイントにミズダコもいるんですよ。と船長が話すのでいま流行りの2個餌木スタイルでボトムを叩くと、それがビンゴ!おいしそうなミズタコが海底から浮上してきた。
更新: 2019-08-19 07:14:43
大物&高級魚たちがひしめく大物釣りの聖地・銭洲が、今期も好調持続中だ。チビムロの泳がせで 良型カンパチが爆裂中!開幕から例年以上の釣果があがっている。もちろん高級五目も好調キープ。爆釣ワンダーランドの銭洲へGOだ!!
更新: 2019-08-18 07:00:00
相模湾でのコマセ釣りが8月1日に解禁となる。フカセ釣りやルアー船の状況はすこぶる好感触。5月ごろからすでに相模湾に回遊があり、キハダ・カツオともに「今年はかなり良さそう」と多くの船長が口を揃える。
更新: 2019-08-09 07:00:00
最新記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読