マダイにワラサがざっくざく、伊東に穴場み〜っけ【東伊豆・伊東沖】

マダイにワラサがざっくざく、伊東に穴場み〜っけ【東伊豆・伊東沖】

「えっ? こんなところでマダイが釣れるの?」船長が「やってください」と言ったのは、日本一の道の駅とも言われる「伊東マリンタウン」のちょっと沖。「ハトヤ大漁苑」も近くに見える。午前のワラサ狙いでは、ワラサを抱える懐かしの「ハトヤ」CMのような光景がココで繰り広げられていた。


マダイはいつでも。ワラサはいまからだっ!

太陽が西に傾きかけてきた頃、静かに誘ったら食ってきた2㎏オーバーのマダイ。イナダが増えてきたため、タナビタ止めで食わせた一枚。

道の駅・伊東マリンタウンの少し沖。こんな近場で釣れるなんて!

「やっぱりマダイですね」。ラストに食わせた1㎏。

イナワラも好調キープ中!

この日の午前船はイナダ・ワラサで出船。マダイと同じ伊東前のポイントで入れ食いだった。トップは13本。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東港「村正丸」。

この夏から秋にかけての東伊豆エリアのコマセ釣りシーンは、初島周りのワラサが主役で、連日絶好調が続いていた。午前、午後とも数釣れ、2㎏級の〝イナワラ〟サイズ主体ながら2ケタ釣果は珍しくない状況だ。
「ワラサは8月から本当によく釣れています。初島メインでやっていましたが、最近は伊東の目の前のポイントもいいんです」と、伊東港「村正丸」の村上大輔船長は言う。
取材日は台風の合間の貴重なナギの一日。記者はまず、この日の午前船であるワラサ船に乗船した。初めに「村正丸」が向かったのは初島周り。台風とシケのためしばらくの間コマセをまいていないポイントだ。ここで反応が薄いと見るや、何のためらいもなく伊東沖のポイントへの転戦を告げた。
「えっ!? ここで釣れるの?」
そこは、目の前に道の駅・伊東マリンタウンの派手な建物があって、まるでここでワラサが釣れるとは思えないような場所だ。しかし、そこはすでに僚船や伝馬船が小さな船団を形成していた。
「ここは一投目から食うと思いますよ。この反応を見てください。魚礁が入っていて、こんなに岸から近いのに、水深は50mぐらいあります。じつはここはマダイの一級ポイントでもあるんです」
そう言って、開始すると、船長の言葉通り、開始早々に竿が曲がる。サイズは2㎏級主体で引き味も十分に楽しめるサイズだ。
この場所ではポツポツと食い続き、マダイまじりでトップ13本。
「今日は午後のマダイもかなり期待できますよ。夕マヅメができますから、ホントにおもしろい釣りができますよ」と、船長は自信満々の様子。
とのことで、午後も取材で乗船することに。
午後は、川奈沖からスタート。正午を過ぎたばかりの日が高い時間ながら、小型がポツポツあがる。エサ取りの多さと潮が速いため、朝のワラサのポイントへ移動。ここからがすごかった。
「いい反応があるよ」と船長が言った後は、必ず誰かの竿が突き刺さる。ときおり、ワラサタイムになることもあるが、静かに誘ってみなマダイをゲット。3人で4〜10枚、船中20枚と船長の予想通りの食いを見せた。
「そんなに珍しい釣果じゃないですよ。これぐらいは普通に食いますよ。とくにこれからは、数を釣りながら、たまにドカンと大型が来ますから。秋の最盛期です」

マダイは仕掛けもエサもシンプルに。夜行玉系はタテツメに

関連する投稿


日立沖のマダイが、一年で最も熱いシーズン到来【茨城・日立沖】

日立沖のマダイが、一年で最も熱いシーズン到来【茨城・日立沖】

マダイ釣りで一年でもっとも熱いシーズンといえば春からの乗っ込みを指すエリアが多いが、ここ茨城・日立沖では晩夏から秋にかけてがチャンス激高シーズンなのだ。


高活性秋マダイ始動、数釣りを満喫する【新潟中越・寺泊沖】

高活性秋マダイ始動、数釣りを満喫する【新潟中越・寺泊沖】

寺泊エリアの「作十丸」では8月のお盆過ぎの時点ですでに数釣りモードに突入している様相を示す釣果が出ていた。秋のマダイは乗っ込みマダイとは逆に浅場から深場へと群れで落ちていく。その際に越冬するためのパワーを蓄えるため荒食いをおこなう。そのため高活性なマダイの群れに遭遇できれば入れ掛かり状態が堪能できるのだ。


飯岡沖のマダイが釣り時だ、 大・中ダイの連発も!【外房・飯岡沖】

飯岡沖のマダイが釣り時だ、 大・中ダイの連発も!【外房・飯岡沖】

関東各地でのマダイ釣り場は、秋の好シーズンに突入している。外房・飯岡沖のテンヤマダイは、8月中旬ぐらいに大ダイ、中ダイが連発する日が続いた。今回取材した飯岡港「梅花丸」では、4〜5㎏クラスはもちろん、6㎏台、7㎏台の特大サイズも取り込まれていた。


寺泊沖のマダイ、秋の数釣りシーズン開幕!【新潟・寺泊沖】

寺泊沖のマダイ、秋の数釣りシーズン開幕!【新潟・寺泊沖】

平日も人気の寺泊沖の秋ダイ釣り。これからハイシーズンを迎える。半日便で船中50枚オーバーの日もザラだという。さぁ、今回はどんな釣果を残すのか。大きな期待を胸に釣り船に乗り込んだ。


良型多く引き味&食味抜群、秋のワラサ祭りだ!【東伊豆・初島周り】

良型多く引き味&食味抜群、秋のワラサ祭りだ!【東伊豆・初島周り】

ここ近年、ワラサといえば三浦半島・剣崎沖で早い年には7月末ごろに幕を開けることが多かったが、今年は模様が中々出ない状況が続いた。そんな中、台風15号が北上した翌日、9月3日から東伊豆・熱海沖にある初島周りで急きょ食いだした。


最新の投稿


トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

銚子沖のヒラメが「釣り場も釣り座もまんべんなくどこでもアタるようになってきた」との情報を得て、8月下旬に釣行した。お世話になったのは銚子外川港の「福田丸」。早春から梅雨時までのメヌケを中心とした深場釣りと、それ以外の時季はヒラメをメイン看板に掲げ、ハイテク機器満載の大型船と優しい人柄の船長でも人気の船宿だ。


「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

五月病はあるが十月病はないと思っていたら、近所の釣り名人たちが、その十月病になってしまったようだ。みなそわそわ、外房に行こうか、伊豆に行こうか? 釣りものが多すぎてノイローゼ気味。ハガツオを塩に埋めて半月。塩出しして半月干して作った塩ガツオを削る。これを肴に酒を飲みながら、美味しい魚待ってるよー。


開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

平潟沖のマダラ釣りが開幕し、安定釣果が続いている。今は大型が多く10㎏級も期待できるぞ! そうと聞いたら、思わずマダラ釣りが大看板の「第十五隆栄丸」に乗り込んでしまいました。


那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊港「かもめ丸」の岡部喜代治船長は今年のムラサキイカの状況についてこう話した。「昔は、スルメの終盤になるとまじりだして、8月になれば毎年いくらでも釣れたんだけど、最近はよくなかったよね。今年は久しぶりの当たり年です!」。「久しぶりの当たり年」…その当たりっぷりを確かめるために、いざ、那珂湊港へ!


「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

長野に出張していた友人が色とりどりのキノコ、リンゴにブドウをお土産にくれた。収穫の秋まさに来たれり、と感じながら、栗ご飯に、サンマ飯を大食い。とうとう体重が三桁に近づいてしまった。今夜は低カロリーのタマカイの湯引きで一杯だ。これなら体重増えないだろう?


ランキング


>>総合人気ランキング