マダイにワラサがざっくざく、伊東に穴場み〜っけ【東伊豆・伊東沖】

マダイにワラサがざっくざく、伊東に穴場み〜っけ【東伊豆・伊東沖】

「えっ? こんなところでマダイが釣れるの?」船長が「やってください」と言ったのは、日本一の道の駅とも言われる「伊東マリンタウン」のちょっと沖。「ハトヤ大漁苑」も近くに見える。午前のワラサ狙いでは、ワラサを抱える懐かしの「ハトヤ」CMのような光景がココで繰り広げられていた。


マダイはいつでも。ワラサはいまからだっ!

太陽が西に傾きかけてきた頃、静かに誘ったら食ってきた2㎏オーバーのマダイ。イナダが増えてきたため、タナビタ止めで食わせた一枚。

道の駅・伊東マリンタウンの少し沖。こんな近場で釣れるなんて!

「やっぱりマダイですね」。ラストに食わせた1㎏。

イナワラも好調キープ中!

この日の午前船はイナダ・ワラサで出船。マダイと同じ伊東前のポイントで入れ食いだった。トップは13本。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東港「村正丸」。

この夏から秋にかけての東伊豆エリアのコマセ釣りシーンは、初島周りのワラサが主役で、連日絶好調が続いていた。午前、午後とも数釣れ、2㎏級の〝イナワラ〟サイズ主体ながら2ケタ釣果は珍しくない状況だ。
「ワラサは8月から本当によく釣れています。初島メインでやっていましたが、最近は伊東の目の前のポイントもいいんです」と、伊東港「村正丸」の村上大輔船長は言う。
取材日は台風の合間の貴重なナギの一日。記者はまず、この日の午前船であるワラサ船に乗船した。初めに「村正丸」が向かったのは初島周り。台風とシケのためしばらくの間コマセをまいていないポイントだ。ここで反応が薄いと見るや、何のためらいもなく伊東沖のポイントへの転戦を告げた。
「えっ!? ここで釣れるの?」
そこは、目の前に道の駅・伊東マリンタウンの派手な建物があって、まるでここでワラサが釣れるとは思えないような場所だ。しかし、そこはすでに僚船や伝馬船が小さな船団を形成していた。
「ここは一投目から食うと思いますよ。この反応を見てください。魚礁が入っていて、こんなに岸から近いのに、水深は50mぐらいあります。じつはここはマダイの一級ポイントでもあるんです」
そう言って、開始すると、船長の言葉通り、開始早々に竿が曲がる。サイズは2㎏級主体で引き味も十分に楽しめるサイズだ。
この場所ではポツポツと食い続き、マダイまじりでトップ13本。
「今日は午後のマダイもかなり期待できますよ。夕マヅメができますから、ホントにおもしろい釣りができますよ」と、船長は自信満々の様子。
とのことで、午後も取材で乗船することに。
午後は、川奈沖からスタート。正午を過ぎたばかりの日が高い時間ながら、小型がポツポツあがる。エサ取りの多さと潮が速いため、朝のワラサのポイントへ移動。ここからがすごかった。
「いい反応があるよ」と船長が言った後は、必ず誰かの竿が突き刺さる。ときおり、ワラサタイムになることもあるが、静かに誘ってみなマダイをゲット。3人で4〜10枚、船中20枚と船長の予想通りの食いを見せた。
「そんなに珍しい釣果じゃないですよ。これぐらいは普通に食いますよ。とくにこれからは、数を釣りながら、たまにドカンと大型が来ますから。秋の最盛期です」

マダイは仕掛けもエサもシンプルに。夜行玉系はタテツメに

このエリアではハリの大きさで釣果が左右される。右は11号、左は8号。イナダ、ワラサともに8号の方が食いが良かった。

関連する投稿


ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】

ハナダイ&マダイ、東京湾のウイリー五目は魚種多彩!!【東京湾】

「野毛屋」のウイリー五目船が再開されたのは11月の半ば。今年はまだ水温が高くハナダイやマダイの釣果にはムラがあるが、それを補うようにカンパチ、イナダ、アジが活発な食いを見せ、まさに五目釣りならではの多彩な魚種が釣れている。ウイリーのシャクリ釣りはもう20年以上も通っている私の大好きな釣りのひとつ。早速、取材に向かった。


晩秋の日本海…夜マダイ・ワラサを釣る【下越・粟島沖】

晩秋の日本海…夜マダイ・ワラサを釣る【下越・粟島沖】

7月中旬から2月中旬までの期間限定となる粟島沖の夜のマダイ・ワラサ釣り。今期はサメが非常に多かったため水温が低下した10月に入り今期初出船となった。


晩秋の日本海…昼マダイ・夜ワラサを釣る【上越・直江津沖】

晩秋の日本海…昼マダイ・夜ワラサを釣る【上越・直江津沖】

今秋、サメ被害に悩ませられた上越のマダイ釣り。特に秋マダイのメッカとなる有間川沖から名立沖のエリアで被害が甚大であったが、10月に入ってからは水温低下でサメの被害も減っている。うれしいゲストであるヒラマサも回遊し上越地域のコマセ釣りはヒートアップ中だ。


次なるひとつテンヤのブレイクエリアは片貝沖だぁ!【外房・片貝沖】

次なるひとつテンヤのブレイクエリアは片貝沖だぁ!【外房・片貝沖】

外房の大原沖、飯岡沖、そして茨城海域。ここ数年で外房〜茨城では、ひとつテンヤマダイがブレイクした地区が多い。そして、この冬、またまたブレイクしそうなのが外房・片貝沖だ。


晩秋の日本海…昼マダイ・夜アジ・アオリを釣る【新潟下越・間瀬沖】

晩秋の日本海…昼マダイ・夜アジ・アオリを釣る【新潟下越・間瀬沖】

秋の日本海。冬の将軍の到来を前に海の生き物たちは活発だ。霊峰・弥彦山のふもとにあたる新潟県下越・間瀬港前では、コマセ釣りでマダイ、夜はエギングでアオリイカ、アジングで良型アジが活発に釣れているのだ。


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング