MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
夏の新潟・寺泊沖で乗っ込みマダイ&夜のスルメイカ絶好調!

夏の新潟・寺泊沖で乗っ込みマダイ&夜のスルメイカ絶好調!

夏の中越エリアで本格化する乗っ込みマダイが型も数釣りも期待大に!そして夏の風物詩「スルメイカ」の攻略法も合わせてお届け!新潟・寺泊港を朝から晩まで一日掛けてフルに満喫しよう!

史上稀に見る好釣果を見せる乗っ込みマダイ

夏の新潟・寺泊沖で朝から晩まで釣り三昧! このパートでは、思わずそんなテーマを付けたくなるくらいの釣果で盛り上がっている午前便&午後便の乗っ込みマダイ。そして風物詩でもある夜便のスルメイカ釣りの攻略法をお届けしよう。

「今期のマダイは、船宿史上初と言えるくらいの絶好調っぷりを見せているんで、遊びに来てくれれば、みんな楽しめると思うよ」と太鼓判を押してくれたのが、今回取材にうかがった「作十丸」の五十嵐利男船長だ。

五十嵐船長と言えば、寺泊はもちろん、新潟の遊漁船を牽引するリーダー。そんな彼が、船宿史上イチバンと話すのだから、その釣れっぷりは本物。カラーグラビアで紹介したような展開が間違いなく待っているのだ。

夢のような釣果にありつけるポイントは、当エリアのマダイの聖地・落水沖。
「ここは人工魚礁が深さ別に列をなして入れられていて、マダイの通り道になっててね。
乗っ込み期は、そのヘリに魚が着くので、私はそこをかすめるように操船。割と大流しでじっくり攻めるって感じで案内しているんだよね」と船長が攻め方を解説してくれた。

現在、釣れている水深は45mラインで、今後は42m、35mラインを攻めて行くとのこと。

ちなみに、釣れてくるマダイのサイズは、アベレージで1.5㎏。朝、夕のゴールデンタイムや潮が流れ出した時などのプライムタイムに良型、さらに4㎏を超す大型がドカンと浮上する感じだ。

例年ならこれからが乗っ込みの本番。船長も「さらなる大物&数釣りの予感を感じているよね」とニッコリ顔で展望を語ってくれた。

一般的なマダイタックルで気軽にエントリーOK

状況を把握した所で、タックルの説明に入ろう。
寺泊沖でのマダイ釣りに特別なモノは必要はない。関東で楽しんでいるコマセマダイ用のタックルがそのまま流用できるのだ。

「80号のビシを使うので、その重さが背負えるマダイ竿がベストかな。長さは2.4〜3.6mくらいまでが多いよね。
いずれにしても、置き竿がメインになるからさ」とは船長の声。

最近は道糸のPEラインが強くなったので2号を巻いた小型電動リールで挑む人が増えたが、安心を得るなら3~4号を使用した中型電動がオススメ。ここには10㎏クラスのモンスターマダイがうじゃうじゃ潜んでいる。リールはドラグ性能の良いタイプを用意しよう。

「ウチで販売している仕掛けは、市販の4号10mで、これで十分、釣りはできるんだけど、お客さんは潮に合わせて自作の2段テーパーを用意したりもしているので教えておくね」。

その他のパーツも含め、仕掛け図をしっかりチェックしておこう!

マダイは浮いてくるしっかり支持ダナを守る

新潟エリアのマダイ釣りは、ほぼ上からタナを取るスタイルのコマセマダイ釣法で、当地も上からのタナ取りで良型を仕留めている。

「特に寺泊エリアは、魚礁を意識しての釣りになるからさ。できるだけ魚礁から離して(根ズレを防いで)食わせたいんで、指示ダナだけは守って欲しいんだよね」と船長。 

乗っ込み期は、マダイが浮いている傾向があり、さらに捕食の際には、コマセにつられて浮いてくるケースが多い。
指示ダナを守り、乗船客全員でマダイを浮かせて釣る。そんなイメージで釣りを展開すると良いだろう。

具体的な釣り方としては、船長が指示したタナより5m程ビシを落とし込んで、ハリスの馴染みを待つ。その後、落とし込んだ範囲内でビシを2~3回に分けてシャクり、コマセを振り出しながら指示ダナまでビシを上げて、その場でアタリを待つことなる。

なお、これからの時期は底付近にエサ取り(すでに出だしている)が多くなる。
指示ダナ以下でビシを振ると、そのエサ取りも浮かせてしまうので要注意と覚えておくこと。

基本は置き竿も反応の合図が出たら誘おう!

ポイント(魚礁)が次々とやってくる大流しの釣りだけに、置き竿で静かにアタリを待つのがセオリーとなるが、
船長からの(または持参した魚探)反応アリの合図(マイクをトントントンと叩く)が出た時は、積極的に誘いを入れよう。

「魚探に浮いてくるのが見えるからね。食い気がある証拠でチャンスなんでエサを動かして誘ってみて。
ただし、急な動きは厳禁だよ」。

激しくロッドをアオって仕掛けを動かす。またはビシを振るなどは、浮上してきたマダイを驚かすだけで、逃げてしまうので逆効果なのだ。

誘いは、左上のイラストで紹介している通り、手持ちでも、置き竿でも、優しく、丁寧に行うコト。特にエサを落とし込む時は、マダイの鼻ッ面にそっとエサを運ぶようにすると違和感なく食ってくることが多いと覚えておこう。

今期はマダイの当たり年。みんなでこれを実践して、メモリアルな一枚をバッチリ釣りあげましょう!!

ビギナーも楽しめる夜のスルメイカ釣りも好発進

もはや夏の新潟寺泊沖の風物詩的な釣りとなっている、夜のスルメイカ釣り。乗りが活発で見逃せないので釣り方を紹介しておこう。

「今期も例年通りに釣れ出して、まずは一安心ってところかな。エントリークラスのビギナーでも40杯くらい釣って帰る日もあったし、順調そのもの。
このまま第二、第三の群れが入ってくれば一束超えも期待できるからね」と五十嵐船長が明るい見通しを語ってくれた。

現在、攻めているポイントは行程30分の真沖で、水深は160m程あるが、作業灯をつけ、イカを浮かす。
実際に釣るタナは、水深20~70mの範囲内と浅くなるので女性や子供でも楽しめるってワケだ。

「最初は光にプランクトンが寄り、それ目当てにイワシやアジなどの小魚がやってくる。
そしてそれを捕食しにスルメが浮上してくるんだけど、完全に暗くなる20時くらいまではポツポツの拾い釣りなんで、それまでは夕涼みのクルージングだと思ってのんびり釣ってて欲しいよね」。

なお釣れるサイズは20㎝前後のムギイカが中心(身が柔らかく、刺身や沖漬けが絶品)も、スルメサイズもまじり楽しめている。

基本は浮きスッテを まぜたブランコ仕掛け

タックルは、一般的なイカ釣り用でOK。オモリに100号(シーズン初期のため。通常は80号)を使うので、それが背負える先調子ロッドと中型電動リールの組合せ。細かい仕様は、仕掛け図を参考にしてもらいたい。

特筆すべきは、ダブルカンナの浮きスッテとプラヅノをまぜて仕掛けに使用するところだ。

「フワフワと漂う浮きスッテが、誘いの良いアクセントになってプラヅノを引き立てるってイメージかな。
ダブルカンナは絡まると外しにくいデメリットもあるけど、断然、掛かりか良いからさ。暗闇での釣りなんで、しっかりアタリを出したいしね」と船長が説明してくれた。

仕掛けのスタイルは、こちらも掛かり優先ってことでブランコを推奨。スッテ&ツノの数は7本程度とのコトだ。
「それほど繊細な釣りではないからね。乗り出せば、ガンガン乗ってくるから。
ただし、浮きスッテの赤白、赤緑は実績が高いので混ぜると良いかな」とアドバイスをくれた。

落とし込みも、シャクリも 誘いはメリハリを効かせる

日中のイカ釣りは、仕掛けを早く入れた方が有利も、こちらはマイペースで仕掛けを落としても楽しめるので、わずらわしい投入器が要らない。

また、船が安定するパラシュートアンカーを使用してゆっくり流すので、揺れも少ないなど、夜のスルメイカ釣りは釣りやすさ満点なのだ。
肝心の釣り方は、「メリハリを効かせた落とし込み&シャクリ上げでタナを探ることが重要」と船長は言う。

基本的な探り方は、イラストで紹介した通りで、とにかくアタリダナを見つけること。そしてそのアタリダナを見つけたら、集中してそのタナを攻め、追い乗り(乗せた場所から、10m程ゆっくり巻き揚げるだけ)させ、数を稼ぐ。

これに尽きると教えてくれたので、実践してみよう!!

好調な滑り出し!中越・寺泊沖 マダイ&スルメイカ釣行レポート

弧の字に曲がるマダイロッド。実に楽しい瞬間だ

弧の字に曲がるマダイロッド。実に楽しい瞬間だ

ロッドが絞り込まれる!特有の3段引きをいなし、グイグイ締め上げて浮上させたマダイは6.3㎏の大物だった

タモ入れは、隣の人などにお願いして呼吸を合わせて行おう。頭から掬うのが基本だ

3㎏と2㎏を手にしてご満悦の常連さん。「まだまだデカいのがワンサカいるよ」とのこと

仕掛けが合えば、数釣りも楽しめる寺泊沖。この日はハリス6号6m+4号4mの2段テーパー仕掛けがスパークした

「解禁直後の6月はコマセをマダイに馴染ませる時期で食いがイマイチなんだけど、今期は初期から食ってるからね。今後も期待大だ」とは仲乗りの小柳昭文さん

エサは、オキアミの抱き合わせが基本

ビシはLの80号。コマセのドカまきは逆効果なので、詰め込む量は8割で良い

80号のビシが背負えるマダイ専用竿と小型~中型の電動リールで挑む人が多い

可愛いサイズも釣れることもあります

このクラスがアベレージだ

釣れるサイズは、1~2㎏クラスが多いが、3~4㎏もポツポツ揚がり、最近は数も伸びてきている

すでに良型連発!数も期待大!

良型マダイがバンバン顔を出している

集魚灯で寄せて釣るので、水深50m以浅で楽しめる

常連さんは浮きスッテメインで釣る人が多い

イカの群れの本体が浮上すれば多点掛けが濃厚だ

取材時は、電動で巻き上げながら(1m8秒巻き)シャクる電動シャクリが威力を発揮した

︎今回、取材にご協力いただいたのは、新潟・寺泊港「作十丸」

夏の声を聞くようになると穏やかな海になる確率が高くなる日本海。
こうなると中越エリアの乗っ込みマダイが本格化し、型はもちろん、数釣りの期待も高まってくる。

「今期はマダイの当たり年と言えるんじゃないかな。すでに4㎏オーバーの大ダイを何枚もキャッチしてるし、船中どの場所でもコンスタントにヒットして、数もソコソコ揚がっているからさ。

例年なら、これからが乗っ込みの本番。ホントどうなるのか楽しみだよね」とニッコリ顔で状況を教えてくれたのが、寺泊港の遊漁船のパイオニア「作十丸」の五十嵐利夫船長の声だ。

ポイントは乗っ込みの聖地と呼ばれる落水沖。人口魚礁が列をなすように設置されている場所で、船長はそのヘリをかすめるように船を操船しながら大流ししている。

「エサ取りを寄せちゃうんで、指示ダナより下でコマセをまかないで」と船長が言うように、コマセで浮かせて釣るのが当地のスタイルだ。ちなみに詳しい解説は、この後に続く特集にあるので参考にして下さい。

一方、寺泊沖の夏の風物詩・夜のスルメイカもスタート。こちらも順調に釣れているとのことで取材をすると、ご覧の通りの乗り乗りの状況となり、みんなが笑顔で船を降りた。

スルメイカの楽しみ方も特集で紹介しているので、マダイと合わせて迎撃。夏の新潟・寺泊沖を1日掛けてフル満喫しちゃいましょう!!

以上の記事は「つり丸」2019年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。
夏の人気ターゲット!東京湾のカサゴが浅場で最盛期!「ドジョウカサゴ」の老舗宿「巳之助丸」では良型主体にトップ40~50匹前後が釣れている。安藤麻貴ちゃん自己流必勝法も紹介!
特大の〝ガマガエル〟サイズが揃う!鹿島沖のショウサイフグに絶好の乗っ込みシーズンが到来!大いに盛り上がっている。攻略法をチェックして圧巻の引きを楽しもう!!
夏の東京湾!羽田「かめだや」では、元気できれいな好敵手!シロギスが絶好調!束釣りOK!!良型一荷連発中だ!夏空の似合うシロギス釣りに出掛けよう!!
最新記事
東京湾の江戸前マダコが好調!好漁場として有名な小柴沖で、モンスター級が連日顔を出している。金沢八景「小柴丸」でも餌木タコが大人気!今年も激アツ!マダコフィーバーだ!!
金沢漁港出船のLTアジが絶好調!ビギナーにもオススメ!幅広の美味アジが手軽に釣れる!!とびきり美味な近場の東京湾LTアジを堪能しよう!
横須賀沖のタチウオが夏モードに突入!新安浦港の「義和丸」ではメーターオーバーの大型含みで順調な釣果を上げている。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読