MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
東京湾口・剣崎沖のイサキが開幕から好スタート!爆釣も期待!

東京湾口・剣崎沖のイサキが開幕から好スタート!爆釣も期待!

6月の開幕から好スタートを切った、東京湾口・剣先沖のイサキは食べても美味!今シーズンは型が良くダブル、トリプルを連発することも!例年より一回りから二回り大きな型を束釣りするチャンスだ!

例年より型が良く束釣りも記録!

6月から開幕している東京湾口・剣崎沖のイサキ。今シーズンは好スタートを切っている。

今回の取材は6月中旬に剣崎松輪「大松丸」に乗船。「今年はどうですか?」と鈴木裕喜船長に質問すると、「今年は型がいいですね」との答えが返ってきた。

その言葉どおり、釣れるイサキのアベレージサイズは例年より一回りから二回り大きな22〜25cmぐらいだった。
そして、時おり35〜40cmの大型がまじることもある。
また、数釣れる日も目立っている。6月15日にはトップが116匹という束釣りを記録している。

ゲストにはメジナ、イシダイ、アジ、マダイ、クロダイなどがまじっている。

剣崎沖のイサキは食べても美味。脂の乗りも上々で、刺身、炙り、塩焼きなど、どんな料理も美味しくいただけるので最高のお土産だ。

オモリ40〜60号に対応した ライトタックルでOK!

「大松丸」では、オモリ40〜60号のビシを使用する。
またコマセをまきながら指示ダナの範囲を探る釣り方がメインとなるので、先調子の竿がコマセをまきやすく誘いやすい。
そのため、竿は40〜60号のオモリに対応したライト用で、7対3調子がオススメだ。長さは2m前後が扱いやすいだろう。

リールは小型電動、または手巻きの小型両軸でOK。
道糸はPEラインの2号以下。150m以上巻いてあれば大丈夫だろう。
1号以下の細いラインを使う場合は、フロロカーボンの5〜6号を先糸としてPEラインに直結しておこう。

仕掛けはウイリー エサの併用もOK

「大松丸」で用意している仕掛けは、すべてのハリにウイリーを巻いた4本バリ。
幹糸、枝スともに1.5号。全長3.5m。ハリはイセアマ4号。ウイリーのカラーはグリーン、ブルー、ホワイト、ピンクの4色。

自作する場合、またはできあい仕掛けをあらかじめ購入する場合も、これに準ずるものを選ぼう。ハリが大きすぎたり、ハリスが太いと食いが悪くなることもあるので注意すること。船宿仕掛けのハリ数は4本だが、3本でもとくに問題はない。

すべてのハリにウイリーを巻いた仕掛けのほか、一番下のハリが空バリ(これ以外はウイリーが巻かれている)になっているタイプ、すべてのハリが空バリのタイプもある。空バリにはエサを付けて狙う。

付けエサはオキアミ、またはイカタンが代表的。「大松丸」ではイカタンを用意しているので、希望者は船長に申し出れば無料でもらえる。

ビシはFLサイズ以下の40〜60号のプラビシ。周囲とオマツリしないように船上で号数を変えていく。調整は下の隙間をすべて閉じ、上の穴を1/3〜1/2ぐらい開けるのが基本。コマセの出具合によって、上の穴を調整する。

基本は指示ダナを 探っていく!

「大松丸」では「12〜17m」というように、幅のあるタナが指示される。
仕掛けを投入したら指示ダナの下限までビシを落とし、竿をシャクってコマセをまきながらタナの上限まで探っていく。

アタリがなければ再度タナの下限までビシを落とし、コマセをまきながらタナの上限まで探っていく。
それでもアタらなければ、仕掛けを回収して再投入する。

指示ダナの範囲を2回探ると、前述したビシの調整だと、だいたいコマセが出切るくらいだ。ビシ内にコマセが半分くらい残っていたり、はやく出すぎているようであれば、上の穴の開きを変えて調整しよう。

竿のシャクリ方だが、これも重要だ。上のイラストで示したのが基本的なシャクリ方。強く大きく竿を振ると魚が驚いたり、またコマセが出すぎてしまうので、ソフトに一定のペースでシャクるのがベストだ。
イラスト内ではシャクリ幅を50cmとしているが、シャクリ幅を変えて、その日にアタリが集中するシャクリを探してみよう。

またシャクリとシャクリの待ちの時間も1〜2秒にこだわる必要はない。食いが渋いとき、エサを併用しているときは長めに待つのも手だ。逆に待ち時間が短い方がアタりやすいときもある。いろいろ試して、その日のアタリパターンを見つけよう。

しばらく釣りをしていると、アタるタナが決まってくることがある。アタリダナが決まってきたら、指示ダナの全範囲を探るのではなく、アタリダナの周辺を探るようにすると効率的だ。
エサを使っている場合は探るのではなく、アタリダナの2〜3m下からコマセをまいて、タナでアタリを待つというのもアリだ。

食いがたっている状況では、アタったら追い食いを狙ってみよう。うまくすれば2匹、3匹と掛かって多点掛けが楽しめる。
追い食いの方法は、上のイラストで示したとおり。

一番簡単なのは、アタったらそのまま待つだけ。このとき、あまり長い時間待ちすぎないこと。長い時間待つと、ハリ穴が広がって最初に掛かったイサキが外れてしまうこともあるからだ。

もう一つの方法は、1匹掛かったら、ゆっくりと巻き上げてくる。
突然ジャンボイサキやマダイ、クロダイ、イシダイ、メジナなど、引きが強い魚が掛かることもある。引きが強い場合は、無理せずドラグを駆使してラインを出し入れしながらやり取りしよう。

今シーズンは型がいい!ジャンボサイズで味も美味!東京湾口・剣崎沖 イサキ釣行レポート

誘い(シャクリ)が重要!

ナイスバディの本命をゲット

幅が広く丸々ふとった体型のイサキが多い。脂の乗りも上々でとても美味!

イサキポイントは狭く、船同士が接近して狙う

朝のチャンスタイムをモノにしよう!

6月から開幕している剣崎沖のイサキ。今シーズンは好スタート!

ヒット!元気な引きが楽しい

取材当日は途中にアジも狙った!

アジは良型主体だった

ヒット!元気な引きが楽しい

イサキポイントではクロダイがまじった。このほかメジナやマダイがまじることも!

コマセはアミ。ビシのオモリは40~80号を使い分

イカタンは船で用意している。希望者は船長に申し出よう

空バリにはオキアミを付ける

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・剣崎松輪「大松丸」

6月から開幕している東京湾口・剣崎沖のイサキ。開幕初日から好スタートを切っており、その後も好調が続いている。
時には束釣りを記録する日もあるほどだ!

「今年は型がいいですね!」と話すのは今回取材した剣崎松輪「大松丸」の鈴木裕喜船長。

今年は全体的にアベレージサイズがよく、22〜25㎝くらいのサイズが主体となっている。
そして、ときどき35〜40㎝のジャンボサイズもまじっている。

「大松丸」ではウイリー仕掛けで狙っているが、イカタンやオキアミといったエサの併用もOK。
その日によって仕掛けやエサ、釣り方などのアタリパターンが変わってくるのでいろいろ試してみよう。

剣崎沖のイサキは食べても美味。どんな料理も美味しいので、いいお土産になる。

以上の記事は「つり丸」2019年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
新潟西港の「魁明丸」は佐渡島〜粟島エリアでほぼ通年、オキメバルを中心とした深海釣りを行っている。水深100m程度を攻める佐渡島では中型主体の釣りとなるが、粟島沖は水深160mの深場に群れる大型メバルを狙う。
更新: 2019-07-15 07:00:00
キュキューンと小気味の良いシャープな引き味はもちろん、食べれば超絶品! 良質な脂がその魚体まで黄金色に輝かす東京湾のブランドアジ・横須賀沖の猿島周りの黄金アジが、水温の上昇と共に活性を高めている!
更新: 2019-07-14 12:00:00
最新記事
「第16回 上総湊港伝統釣法 真鯛シャクリ釣り釣り大会」の参加者募集内容になります。2019年8月4日開催に開催されます。
更新: 2019-07-17 22:30:38
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読