秋の外房でカンパチ五目が好釣、トップ40匹越え!【外房・小湊沖】

秋の外房でカンパチ五目が好釣、トップ40匹越え!【外房・小湊沖】

四季を通して独特な釣りが楽しめる小湊港、そこで旬のターゲットを釣らせているのが「寿々木丸」だ。夏から秋口にはカンパチを主体に五目釣りで出船しているが、今年はカンパチの魚影がすこぶる濃いと聞き、久しぶりにカッタクリ道具を引っ張りだした。


外房に青物の季節到来で絶好調! 泳がせ&カッタクリでクーラー満タンだっ

例年夏から秋にかけて、小湊沖には多くのカンパチの群れが押し寄せてくる。

小湊沖でカンパチが好調に釣れている。小型ショゴから1~2㎏級までまじって、トップ40匹オーバーもある。

アジなどの泳がせ釣りで狙っていると、ヒラメなどうれしいゲストもまじる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・小湊港「寿々木丸」。

前日はカンパチが1.8㎏まじりでトップ23匹という釣果。近海のカンパチといえば近年はめっきり数が減った高級魚。4、5匹も釣れば大満足な魚だが、それを23匹も釣るとは、よほどベテラン揃いだったのだろう。そう思い、昨日の様子を鈴木達也船長に聞いてみると返ってきた答えにびっくり。なんと全員が貸し竿、初心者の仕立船だったという。
「貸し竿でもみんな頑張って誘ってたからね。魚は多いからしっかり誘えば食ってくるよ」。そんなに魚影が濃いのか? と期待十分での出船となった。
「寿々木丸」ではカンパチ五目で出船しており、カンパチだけでなくコマセでマダイも狙う。また、釣り方もカッタクリ、生きエサの泳がせ、どちらも選択できる。釣り座には活きエサ用も含めて2つのバケツが用意され、オキアミコマセ、アミコマセに付けエサと準備は万端だ。
「朝イチは、アジを釣ります。泳がせやらない人はカッタクリで釣ってもいいですよ」とアナウンス。貸し竿の人も含め、全員がサビキを下ろす。
鈴なりとまでは行かないが、根を流すたびに小アジ、カマス、小サバが釣れ上がる。途中、掛かったアジに2キロのヒラメが食いつき、見事にサビキ仕掛けでヒラメを釣り上げる人もいた。潮によってはサビキにシマアジが食ってくることもあるという。泳がせ用のエサを確保したところで、カンパチ狙いに移動。

ダブルもあり入れ食い状態。子気味良い引きが快感!

1~2㎏ともなると引きは強烈。か~なり楽しめるぞ。

群れが回ってくると、ビギナーでも簡単に食わせることができる。

釣り方は魚皮バケを使ったカッタクリ。昔ながらの手釣りもOKだが、最近は竿でシャクって釣る人が多いという。

関連する投稿


御宿沖のイサキ、絶好調宣言発令中!!【外房・御宿沖】

御宿沖のイサキ、絶好調宣言発令中!!【外房・御宿沖】

外房・御宿 岩和田港「義丸」のHPを見ると、「イサキ解禁!! 連日食い活発!」「絶好調!!」「チャンスですよ〜」と刺激的な文字が並ぶ。ところが、意外にも今年は釣り客が少ないという。これは狙い目!!


次なるひとつテンヤのブレイクエリアは片貝沖だぁ!【外房・片貝沖】

次なるひとつテンヤのブレイクエリアは片貝沖だぁ!【外房・片貝沖】

外房の大原沖、飯岡沖、そして茨城海域。ここ数年で外房〜茨城では、ひとつテンヤマダイがブレイクした地区が多い。そして、この冬、またまたブレイクしそうなのが外房・片貝沖だ。


お待たせ! 待望の大原沖のヒラメが開幕だ【外房・大原沖〜太東沖】

お待たせ! 待望の大原沖のヒラメが開幕だ【外房・大原沖〜太東沖】

沖釣りターゲットの人気で常に上位にランクインするヒラメ。本格化する冬場を前に、各地で続々と解禁を迎えているが、ついに聖地でもある大原沖も開幕! ってことで、状況を確認しに出掛けてみた。


小湊沖のヒラマサは例年以上の盛り上がり!【外房・小湊沖】

小湊沖のヒラマサは例年以上の盛り上がり!【外房・小湊沖】

外房・小湊沖はじつに不思議な魅惑のフィールドだ。こんな近い場所に、時期になるとヒラマサ、シマアジなど超のつく高級魚たちがやってくる。それだけ潮の流れが良くてエサも豊富なんだろう。港を出て5分ぐらいのところで10㎏を超すようなヒラマサが釣れるなんて思いませんよね。それが、本当に釣れているんです。


みんなでワイワイ、秋の青物ゲームを楽しもう!【外房・川津沖】

みんなでワイワイ、秋の青物ゲームを楽しもう!【外房・川津沖】

9月下旬の大雨の影響で、沿岸部には濁った潮が…。「前日よりもさらに濁って、しかも水温まで下がってしまいました…」とは「不動丸」吉清船長。取材日はジギングで攻略し、この潮の中でショゴ(カンパチの若魚)やイナダが連続ヒットしたぞ。


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング