秋の外房でカンパチ五目が好釣、トップ40匹越え!【外房・小湊沖】

秋の外房でカンパチ五目が好釣、トップ40匹越え!【外房・小湊沖】

四季を通して独特な釣りが楽しめる小湊港、そこで旬のターゲットを釣らせているのが「寿々木丸」だ。夏から秋口にはカンパチを主体に五目釣りで出船しているが、今年はカンパチの魚影がすこぶる濃いと聞き、久しぶりにカッタクリ道具を引っ張りだした。


外房に青物の季節到来で絶好調! 泳がせ&カッタクリでクーラー満タンだっ

例年夏から秋にかけて、小湊沖には多くのカンパチの群れが押し寄せてくる。

小湊沖でカンパチが好調に釣れている。小型ショゴから1~2㎏級までまじって、トップ40匹オーバーもある。

アジなどの泳がせ釣りで狙っていると、ヒラメなどうれしいゲストもまじる。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・小湊港「寿々木丸」。

前日はカンパチが1.8㎏まじりでトップ23匹という釣果。近海のカンパチといえば近年はめっきり数が減った高級魚。4、5匹も釣れば大満足な魚だが、それを23匹も釣るとは、よほどベテラン揃いだったのだろう。そう思い、昨日の様子を鈴木達也船長に聞いてみると返ってきた答えにびっくり。なんと全員が貸し竿、初心者の仕立船だったという。
「貸し竿でもみんな頑張って誘ってたからね。魚は多いからしっかり誘えば食ってくるよ」。そんなに魚影が濃いのか? と期待十分での出船となった。
「寿々木丸」ではカンパチ五目で出船しており、カンパチだけでなくコマセでマダイも狙う。また、釣り方もカッタクリ、生きエサの泳がせ、どちらも選択できる。釣り座には活きエサ用も含めて2つのバケツが用意され、オキアミコマセ、アミコマセに付けエサと準備は万端だ。
「朝イチは、アジを釣ります。泳がせやらない人はカッタクリで釣ってもいいですよ」とアナウンス。貸し竿の人も含め、全員がサビキを下ろす。
鈴なりとまでは行かないが、根を流すたびに小アジ、カマス、小サバが釣れ上がる。途中、掛かったアジに2キロのヒラメが食いつき、見事にサビキ仕掛けでヒラメを釣り上げる人もいた。潮によってはサビキにシマアジが食ってくることもあるという。泳がせ用のエサを確保したところで、カンパチ狙いに移動。

関連する投稿


厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

この時期、外房の沖釣りでオススメなのが勝浦沖のイサキ釣り。理由はポイントが近いこと、水深(=タナ)が浅いこと、手軽に数釣れることに加え、食べてもとても美味しいからだ。


真冬のひとつテンヤマダイ、青物の下にマダイがいる【外房・川津沖】

真冬のひとつテンヤマダイ、青物の下にマダイがいる【外房・川津沖】

ひとつテンヤマダイの聖地、外房。川津沖もそのひとつ。周年、この釣りを専門にしている川津「とみ丸」では、冬シーズンに突入中だ。


極意は “通う”ことなり…外房のヒラマサ、大型ヒット中!【外房】

極意は “通う”ことなり…外房のヒラマサ、大型ヒット中!【外房】

オフショアルアーアングラーなら、おそらく誰もがその魚体を我が手に抱くことを憧れる魚が「外房のヒラマサ」だろう。その理由は単純明快。「難しい」からだ。


味もピカイチ!  大原沖のショウサイフグ【外房・大原沖】

味もピカイチ! 大原沖のショウサイフグ【外房・大原沖】

さむーい冬には、体がぽかぽかになる料理、鍋はいかが! その代表魚と言えば、フグ。カワハギと同じくエサ取り名人のフグ。食わせで釣れなきゃ、引っかけろ!そこまでしても、この時期、釣って食べたい大原沖の絶品ショウサイフグ。さあ、みんなでぽかぽかになりましょう!!


マダイを確実に手にしたいなら、ひとつテンヤだ!【外房・川津沖】

マダイを確実に手にしたいなら、ひとつテンヤだ!【外房・川津沖】

ひとつテンヤマダイ釣り発祥の海、外房。この釣り方は全国に飛び火したが、最近はブームも去り、落ち着いた感も。だが、再び人気上昇傾向にある。その理由は、茨城のほぼ全エリアで春から秋までひとつテンヤでマダイが釣れていたことと、千葉海域も外房から飯岡沖までマダイが安定してあがっていたから。広範囲で楽しめたことが最大の理由だ。


最新の投稿


釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

季節によってさまざまな釣り物があるが、最も寒さが厳しいこの時期には、鍋物の食材にピッタリの釣り物が多い。そのなかの一つにオニカサゴがある。イカつい鎧武者のような風貌ながら、身はプリッとして歯ごたえが良く、鍋物の他に刺身や唐揚げにしても美味しい。市場でもなかなか売られていない魚なので、食べられるのは釣り人の特権だろう。


葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

毎日「今年一番の寒さ」を連発する天気予報を聞きつつも、じっとしていられないのが釣りバカたるゆえん。車の外気温計がマイナス3℃を表示するなか、向かった先は葉山柴崎港の「福栄丸」。葉山沖の落ちマダイを狙っての釣行だ。


東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。


厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

この時期、外房の沖釣りでオススメなのが勝浦沖のイサキ釣り。理由はポイントが近いこと、水深(=タナ)が浅いこと、手軽に数釣れることに加え、食べてもとても美味しいからだ。


オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

二兎を追う者一兎を得ずのことわざがあるが、三魚を追って三魚とも得る、となるか!? 3魚種のリレー釣りにトライだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018