MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、イソフエフキという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、イソフエフキという魚を知ろう!

イソフエフキとは、スズキ目フエフキダイ科フエフキダイ属に分類される魚類。主に鹿児島県以南の琉球列島の浅い岩礁域やサンゴ礁域にいる。体長は40cm前後。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

イソフエフキ(スズキ目フエフキダイ科フエフキダイ属)の生態

沖縄県ではもっとも一般的なフエフキダイだ。

たくさん揚がるので、グルクン(タカサゴ)ほどではないが、食卓に上がる頻度は高い。
食堂などで「バター焼き」を頼むと本種であることが多い。バター焼きというのは、沖縄県の郷土料理で。

塩胡椒してバターではなくマーガリンでソテーしたもの。
お昼に定食を注文すると主菜として大きいのが1尾丸ごと出て来てビックリする。

沖縄県では「くちなじ」という。漢字だと「口赤」だと思う。
標準和名は1938年に松原喜代松、岡田彌一郎が命名したもので、漢字で「磯笛吹」は浅場にいるフエフキダイの仲間という意味だろう。

イソフエフキの値段は?

基本的には屋久島以南でしか流通していない。沖縄県ではもっとも重要な白身魚だが、たくさんとれるので値段は庶民的だ。

那覇市の市場では1kgあたり卸値で1500円前後。
今回のものはかなりの大物で800gもあったので1尾で卸値が1200円くらい。
ただし平均的な大きさは400g前後で卸値600円くらいだから庶民的だ。

イソフエフキの寿司の味…皮目をあぶると、香ばしく上品な味が広がる

「前に頼まれてた雑魚を送ったからね。全部、オヤジ(かなりのご老体だ)が港前で釣ったヤツだよ」

こんなメッセージが沖縄の漁師Sさんから届いた。沖縄からは航空便なので翌日には我が家に届いた。

発泡スチロールの箱には、色とりどりの魚がいっぱい詰まっていた。ユカタハタやイシミーバイ(カンモンハタ)や小さなグルクン(タカサゴ)にギチベラ、オジサンなどなど。

現役漁師のオヤジさんは、この時期、アオリイカを釣っているので、そのエサのあまりだろう。

それをそのまま、たかさんに渡すと、魚を見ていやそうな顔をして、

「こんな変な魚をつけてあげるのはオレだけだかんな。感謝してね」

「全部じゃなくていいよ」

手のひらサイズから、大きくても二十センチくらいの小魚ばかり。しかも全部白身では、たかさんもうれしくはないと思う。それでもふたりしてせっせと魚を下ろすこと小一時間で、全十種類のネタが並ぶ。

最初の三種類までは、なんとか味の違いがわかった。でもあまり大きな差はない。いつもの二倍は疲れた。たかさんもぐったりとしている。

店を後にして最初の交差点に来たとき、ケータイが震えた。車を止めると、「おーい、まだあったよー」。

店にもどると、たかさんが新聞紙にくるまった魚をもっていた。

「これ保冷剤かと思ったよ」

あまりにもていねいにくるんであったので、わからなかったのだ。新聞紙の中身は「おかず」だった。沖縄の魚で「おかず」というと、メアジかグルクンか、このクチナジだ。

「親切に鱗も取って、はらわたも出してある。すごく鮮度がいい」

「クチナジだよ。ご飯のおかずにもなる。もっとも人気の高い魚だね」

図鑑にはイソフエフキで載っていること、浅い岩場やサンゴ礁に住んでいて春が産卵期なので脂はないかもとかいろいろ説明する。

「これ、八百(グラム)はあると思うよ。触った感じ、脂あると思うし。おかずにはもったいないよ」

「白身ならいっぱいあるから、いいじゃん。それはボクのおかず」

「いやーん、ばかー」

「アンタは喜久蔵か?」

「違うよ。木久扇でしょうが」

「テレビばっかり見てんじゃない」

今、白身のないときだから、「うちにちょうだい」ってことだ。

「半身だけ置いてくよ」

「ぜんぶ置いてけ」

そうはいかない。クチナジはとてもおいしい魚なのだ。今夜はボクの肴になって欲しい。

翌日『市場寿司』ののれんをくぐると、前日の半身がそのまま登場。

「その前に、これ食べてみてよ」

皮目をあぶったものと、湯をかけた皮霜造り、そして単なる刺身だ。脇に柚子胡椒が添えてある。

「全部うまい。でもあぶりかな?柚子胡椒なんて珍しくヒットだし」

「そうだろ、あぶりがいいだろ。こんなうまい魚を沖縄の人はバターでじゅーっ、てか。もったいないね」

「煮つけにもするし、あらはみそ汁にもする。食べ飽きないんだろね」

三種一かんずつつまみ、やはりあぶりがいちばんうまいのを確認。

「たかさん、もう一回つけて」

「飽きねー味だよね」

「アカムツのように脂ぎとぎとでもないし、ヒラメのようでもない」

沖縄のフエフキダイの仲間は身が締まっていて、煮てもソテーしてもいいが、すしダネとしてはイマイチだと思っていた。それがヒラメやマダイにはない味わいがある。

「沖縄の庶民の味っていいでしょ」

「普通がいいってこったね。山口百恵より森昌子ってことだよ」

例えが古い! 外ではつむじ風が舞い始めて、梅雨まっさかりだ。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2019年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
オニヒラアジはスズキ目アジ科ギンガメアジ属。和歌山県から九州南岸の太平洋沿岸、鹿児島県南さつま市笠沙の東シナ海、屋久島、琉球列島。台湾、西太平洋、インド洋に広く生息域をもつ。全長1m前後の大型魚だ。
シマアジはスズキ目アジ科シマアジ属。本州以南に生息。意外に沖縄県ではあまり見られない。古くは南半球のシマアジは別種とされていたが、国内のシマアジと同種であることが判明する。
オオグチイシチビキはスズキ目フエダイ科イシフエダイ属。長崎県壱岐と五島・千葉県館山以南、インド洋、太平洋の熱帯域から温帯域に生息している。相模湾、駿河湾には幼魚が多い。
ヒラソウダはスズキ目サバ科ソウダガツオ属。北海道以南。世界中の熱帯・亜熱帯・温帯域のやや岸よりも表層域に群れを作る。群れは作るがマルソウダの群れと比べると個体数が少ない。
スズキはスズキ目スズキ科スズキ属。北海道から九州、朝鮮半島南岸・西岸。内湾、汽水域、淡水域にも侵入する。
最新記事
御宿岩和田港「太平丸」の外房・早春限定リレー!朝イチに寒サバを狙って!ヤリイカ狙いへ移行する!寒サバは良型が多く特大サイズも!ヤリイカはトップ30杯台を記録する日もあり、今後が楽しみだ。
南伊豆沖 水深500~700mで深海の巨大魚 アブラボウズが釣れている。使用するメタルジグのサイズは1㎏前後。根掛かりもあるので予備は必要だ!
究極の耐久性能を実現した小型スピニングリール「ITXカーボンスピニングリール」ITX-3000H
船橋港「フレンドシップ」この時期の一押しターゲットは、タイラバを使ったマダイ狙いだ。同じポイントでワラサも狙える!田岡要司船長が、いま釣れるパターン」を忌憚なく公開してくれる!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル