MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
激アツ根魚!日立沖のムラソイ釣り!ゲスト豊富で高級五目に

激アツ根魚!日立沖のムラソイ釣り!ゲスト豊富で高級五目に

【茨城・日立】今シーズン開幕から好スタートを見せている夏の風物詩的ターゲットがムラソイ。史上最高の魚影とサイズを記録しており、浅場の根魚・カサゴ、メバル、アイナメ、ヒラメなどゲスト豊富でまさに高級根魚五目釣りの様相だ。

「こんないい年は記憶にない」今年は当たり年確定だ!

茨城・日立の夏の風物詩的存在のターゲットがこのムラソイだ。
6月に開幕し8月までと3ヶ月限定の釣りだが、海底が見えるような浅場で時に2㎏クラスの大型が釣れるとあって人気だ。

今シーズンも開幕から好調な滑り出しを見せているが、例年にないほどの釣れっぷりだという。
「今年は本当にいいね。数だけ出る年ならあるけど、サイズもいいのが多いからね。
ちょっとこれだけいい年は記憶にないくらいだよ」とは、日立久慈港「大貫丸」の大貫茂雄船長だ。

ポイントは日立~高萩沖の水深2~15mほど。ムラソイは2~8‌mほどの浅場で、やや深い場所はメバルなどのゲストがメインになる。
2~3‌mの場所で、潮が澄んでいると海底が見えることもあり、黒い影が一瞬でやってきてガブリと食う瞬間を目撃できることも。なかなか他の魚では味わえない興奮だ。

「ムラソイは浅場の激しい根周りにいます。ナギじゃないとポイントに入れませんが、この時期は海が穏やかなので狙いやすいんです」

ムラソイ釣りは浅場の根魚釣りで、カサゴ、メバル、アイナメ、ヒラメなどがよくまじり、まさに高級根魚五目釣りの様相だ。
ムラソイはしっかりと締まった上品な白身で、刺身から煮付け、唐揚げなど何にしても美味。なかなか味わえない夏の味をぜひ楽しんでみよう。

竿は操作性を重視して仕掛け、オモリは多めに

︎胴付き2本バリ仕掛けを使用する

この日、用意されたエサはイワシ大・小、サバの切り身。
大型はイワシエサに食ってくることが多かった

タックルは、竿が1.6~2mほど、7対3調子程度の軽量ゲームロッドが扱いやすい。
いわゆるライトゲームロッドでいいだろう。

海底を取りながらの釣りなので軟らかすぎるものよりも操作性がいいものを選ぼう。軟らかいものは食い込みはいいが、オモリを海底に着けた時に根掛かりするリスクが高くなってしまうのだ。

リールは小型両軸リールを。
水深は超浅場でライトな釣りだが、根掛かりを考えると道糸はPE2~3号を使用したい。

「細い道糸だと根掛かりするたびに高切れして釣りにならないこともあります。2号を使用する場合でも5号程度の先糸をつけておくと良いですよ」とは、北本さん。

仕掛けは胴付き2本バリが標準で、幹糸4~5号、ハリス3~4号でハリはセイゴ系、ムツ系の14~15号程度を使用する。
「ハリはネムリセイゴがいいですが、太軸のムツバリなどもいいでしょう。ムラソイはパワーがすごいのと、まじる魚も大型が多いので丈夫なハリが良いですよ」

太軸のムツバリのほかはがまかつの「根魚王」などがおすすめだという。
「今年は特に良型が目立ちます。大型のエサには大型がきます。ハリは大きめの15号を使用したほうがいいでしょうね。ムラソイは下バリに食うことが多いので、下のハリを大きめにするのがオススメです」

仕掛けの接続は親子クレンサルカンがベスト。接続用ビーズだと結び目から切れることが多くなってしまう。
この釣りで表裏一体とも言えるのが根掛かりだ。

狙う場所がゴツゴツの根のため避けられない。これはビギナーでもベテランでも平等だ。
「注意していても根掛かりします。仕掛けやオモリのロストが多いですが、毎回仕掛けを一式交換するのはもったいないので、各パーツを交換できるようにしておくと良いですよ」。

まずは、幹部分を3~4組作っておき、ハリを結んだ40㎝ほどのハリスを20本程度、捨て糸から下の部分とオモリを10組程度用意しておくと安心だ。

「根掛かりで一番多いのは下のハリとオモリの部分ですよ。下のハリはオモリより下に来るので仕方ないですけどね」
オモリは20号だが、こちらは25号でもO‌K。

エサは冷凍のカタクチイワシがメイン。エサの付け方は、下アゴの下からハリを入れ、上アゴに抜く。このとき、あまり力を入れて指すと頭の部分が崩れてしまうので注意しよう。
また、夏場はエサが傷みやすくぐずぐずになりやすいので、クーラーに入れるなどしてなるべく良い状態で使用しよう。

取材日はこの他、冷凍のマイワシ、サバの切り身が用意されていた。マイワシはエサを抜かれることも多かったが大型に効いた。
「エサはイワシだけを2本付けても良いし、上バリにサバ、下バリにイワシでも良いでしょう。この日、持参したカツオのハラモも食いが良かったですよ」

根掛かりを恐れずに集中してやろう!

ポイントのメインは航程50分ほどの高萩沖。ポイントに到着したら海底をのぞいてみよう。潮が澄んでいれば海底が見えるはず。
黒っぽい岩場に、ところどころ白く見える砂地がある。岩は起伏があるのが確認できる。

「投入と同時にいきなり根掛かりすることもあります。これは誰でもなることがありますが、着底したらすぐに一度上げて、あらためてゆっくり落として底にオモリを置いてやるようにするといいですよ」

どれだけ注意していてもいきなりズボっといってしまう。だが、投入時に少し注意すると多少は防ぐことができる。
「釣り方の基本は、オモリを海底に付けた状態をキープして、少し底を切っては再び着底させ、海底をトレースして根を渡っていくイメージです」

アタリはかなり派手な感じで、竿先にもはっきりと強く出る。ここでビックリアワセすると、身だけがズルっとしゃぶられた無残な姿のエサが上がってくることになる。

「アワセは向こうアワセが基本になります。最初にアタリがあってから、しっかりと押さえつけるような本アタリがあります。
このとき軽く持ち上げてやるとハリ掛かりしますよ」

うまく掛かったと安心していると思わぬ事態に陥ることもあるので要注意。
「ムラソイはハリ掛かりすると、そのまま根に潜ることが多いです。潜ってエラを広げてビクともしなくります。こうなるとまず外せません」

根に潜られるのを防ぐため、最初に竿を持ち上げてハリ掛かりを確認したら、強引に根から離すことが重要になる。
「大型になるとびっくりするような引きと重量感がありますが、無理はせずに、少しずつでも巻き上げましょう。
最初に根から離してやることが重要です」

アタリがあってもハリ掛かりしないことも多い。
これは小型の根魚やベラ、ショウサイフグなどがエサにちょっかいを出している場合が多い。
また、アタリがなくなったな、と思ったらすぐにエサの確認をしよう。

ポイント移動後の1投目はかなり高確率で釣れていたので、すぐに投入できるようにしておこう。
また、1匹釣った人は連チャンすることも多い。これは落ちてくるエサに反応を示すからで、アタリがなければエサをチェックしてどんどんやり直した方がアタリは増える。

「吸い込まれるような感覚で根掛かりをすることが結構あります。
こんな時、びっくりして竿を上げちゃうと根にがっちり入ることが多いですね。

アタリと違う吸い込むような時は、少しテンションを抜いてやってから、ゆっくりと持ち上げると根掛かりを回避できることが多いですよ」

根掛かりした時、引っ張る緩めるを繰り返して外れない場合は、竿先を海面に向けて引っ張って切るといいだろう。
間違っても竿の張力で切ろうとしないこと。竿を折ってしまう。道糸が船下に入る時は道糸を引っ張って切るようにしよう。
20㎝前後のものも結構釣れるが、20㎝以下はリリースしよう。

夏限定超浅場ターゲットのムラソイは根掛かりを恐れずに集中して攻める!超スリリングな釣行レポート

浅い場所は何と水深2m! やり取りはあっという間だが超スリリング

夏の激アツ根魚マジ釣れてます!

後半に大型のクライマックスが。ほぼ同時ヒットでビッグサイズゲット!
「ハリスをぶった切られるような大型も潜んでいますよ」と北本さん

カサゴ、メバル、アイナメなどの豪華五目釣りだ。
いずれも良型が多い。この日はまじらなかったがヒラメも定番ゲスト

水深4mでいきなりひったくるような激しい引きが襲ってきた!

正体はヒラマサだった。
「こんな場所にも入ってきてるんだね。これで今日2本目だよ!」。船中5本もあがった

「まさかヒラマサが釣れるとは思っていませんでした」と都築さん

朝方はショゴ(小型のカンパチ)も良くヒットした

イワシエサにマダイも

良型ムラソイ

メバルまでまじってまさに高級魚五目に

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・日立久慈港「大貫丸」

茨城・日立沖のムラソイ釣りがなかなかとんでもないことになっている。
「今年は数も多いですが、とにかくサイズがいいですね。

ハリスを切られるような大物も結構ヒットしています」と、日立久慈港「大貫丸」の大貫茂雄船長は言う。
ポイントは日立沖~高萩沖の水深2~6mほどがメイン。潮が澄めば海底が見えるような超浅場で、40㎝クラスのでっぷりと太ったムラソイがヒットすればそれはもう大騒ぎ。

やりとりはあっという間だが、とにかくガンガン引いて超スリリング。
このほか、メバル、カサゴ、アイナメもよくまじって根魚五目の様相に。さらに今年は潮が濁っているからかヒラマサも多数回遊し、それが水深4mでヒットしてくるんだから大興奮だ。

船長をしても「こんなにいい年はあまり記憶にない」と言うほどの当たり年。夏季限定の釣りをぜひ日立沖で!

以上の記事は「つり丸」2019年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
新潟西港の「魁明丸」は佐渡島〜粟島エリアでほぼ通年、オキメバルを中心とした深海釣りを行っている。水深100m程度を攻める佐渡島では中型主体の釣りとなるが、粟島沖は水深160mの深場に群れる大型メバルを狙う。
更新: 2019-07-15 07:00:00
キュキューンと小気味の良いシャープな引き味はもちろん、食べれば超絶品! 良質な脂がその魚体まで黄金色に輝かす東京湾のブランドアジ・横須賀沖の猿島周りの黄金アジが、水温の上昇と共に活性を高めている!
更新: 2019-07-14 12:00:00
最新記事
「第16回 上総湊港伝統釣法 真鯛シャクリ釣り釣り大会」の参加者募集内容になります。2019年8月4日開催に開催されます。
更新: 2019-07-17 22:30:38
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読