佐島沖のマダイ、秋の好シーズン突入! 【佐島沖】

佐島沖のマダイ、秋の好シーズン突入! 【佐島沖】

相模湾ではコマセキハダで連日大フィーバーしているが、佐島沖のマダイもオススメ。連日のように右肩上がりの安定した釣果を見せている。秋のマダイの特徴は、アタリが多くて数、型ともに期待できる。そして、嬉しい外道も豊富でイナダやワラサなどの青物やイトヨリ、メジナなど五目釣りが楽しめるのだ。


佐島沖のマダイは絶品の美味さ。刺身、塩焼き、タイ飯、あらの吸い物、カブト煮…美味しい食べ方色々です

1.5kg級のきれいなマダイが取り込まれた!

佐島沖は多数のマダイポイントがある!

付けエサはオキアミ。サバ、ソウダが多いときは、1本バリがおすすめ。

アタったら引きの強さと重量感から、魚の大きさを予測して慎重にやり取りしよう。

こちらはキロ弱のマダイ。秋はこのサイズが多くなる。

イトヨリもまじる。

ヒット! 何が掛かったかな?

サバは定番ゲスト。

秋は青物などのゲストも多くなって、五目釣り感覚で楽しめる。

関連する投稿


日立沖のマダイが、一年で最も熱いシーズン到来【茨城・日立沖】

日立沖のマダイが、一年で最も熱いシーズン到来【茨城・日立沖】

マダイ釣りで一年でもっとも熱いシーズンといえば春からの乗っ込みを指すエリアが多いが、ここ茨城・日立沖では晩夏から秋にかけてがチャンス激高シーズンなのだ。


高活性秋マダイ始動、数釣りを満喫する【新潟中越・寺泊沖】

高活性秋マダイ始動、数釣りを満喫する【新潟中越・寺泊沖】

寺泊エリアの「作十丸」では8月のお盆過ぎの時点ですでに数釣りモードに突入している様相を示す釣果が出ていた。秋のマダイは乗っ込みマダイとは逆に浅場から深場へと群れで落ちていく。その際に越冬するためのパワーを蓄えるため荒食いをおこなう。そのため高活性なマダイの群れに遭遇できれば入れ掛かり状態が堪能できるのだ。


飯岡沖のマダイが釣り時だ、 大・中ダイの連発も!【外房・飯岡沖】

飯岡沖のマダイが釣り時だ、 大・中ダイの連発も!【外房・飯岡沖】

関東各地でのマダイ釣り場は、秋の好シーズンに突入している。外房・飯岡沖のテンヤマダイは、8月中旬ぐらいに大ダイ、中ダイが連発する日が続いた。今回取材した飯岡港「梅花丸」では、4〜5㎏クラスはもちろん、6㎏台、7㎏台の特大サイズも取り込まれていた。


寺泊沖のマダイ、秋の数釣りシーズン開幕!【新潟・寺泊沖】

寺泊沖のマダイ、秋の数釣りシーズン開幕!【新潟・寺泊沖】

平日も人気の寺泊沖の秋ダイ釣り。これからハイシーズンを迎える。半日便で船中50枚オーバーの日もザラだという。さぁ、今回はどんな釣果を残すのか。大きな期待を胸に釣り船に乗り込んだ。


マダイにワラサがざっくざく、伊東に穴場み〜っけ【東伊豆・伊東沖】

マダイにワラサがざっくざく、伊東に穴場み〜っけ【東伊豆・伊東沖】

「えっ? こんなところでマダイが釣れるの?」船長が「やってください」と言ったのは、日本一の道の駅とも言われる「伊東マリンタウン」のちょっと沖。「ハトヤ大漁苑」も近くに見える。午前のワラサ狙いでは、ワラサを抱える懐かしの「ハトヤ」CMのような光景がココで繰り広げられていた。


最新の投稿


トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

銚子沖のヒラメが「釣り場も釣り座もまんべんなくどこでもアタるようになってきた」との情報を得て、8月下旬に釣行した。お世話になったのは銚子外川港の「福田丸」。早春から梅雨時までのメヌケを中心とした深場釣りと、それ以外の時季はヒラメをメイン看板に掲げ、ハイテク機器満載の大型船と優しい人柄の船長でも人気の船宿だ。


「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

五月病はあるが十月病はないと思っていたら、近所の釣り名人たちが、その十月病になってしまったようだ。みなそわそわ、外房に行こうか、伊豆に行こうか? 釣りものが多すぎてノイローゼ気味。ハガツオを塩に埋めて半月。塩出しして半月干して作った塩ガツオを削る。これを肴に酒を飲みながら、美味しい魚待ってるよー。


開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

平潟沖のマダラ釣りが開幕し、安定釣果が続いている。今は大型が多く10㎏級も期待できるぞ! そうと聞いたら、思わずマダラ釣りが大看板の「第十五隆栄丸」に乗り込んでしまいました。


那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊港「かもめ丸」の岡部喜代治船長は今年のムラサキイカの状況についてこう話した。「昔は、スルメの終盤になるとまじりだして、8月になれば毎年いくらでも釣れたんだけど、最近はよくなかったよね。今年は久しぶりの当たり年です!」。「久しぶりの当たり年」…その当たりっぷりを確かめるために、いざ、那珂湊港へ!


「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

長野に出張していた友人が色とりどりのキノコ、リンゴにブドウをお土産にくれた。収穫の秋まさに来たれり、と感じながら、栗ご飯に、サンマ飯を大食い。とうとう体重が三桁に近づいてしまった。今夜は低カロリーのタマカイの湯引きで一杯だ。これなら体重増えないだろう?


ランキング


>>総合人気ランキング