MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
佐島沖のマダイ、秋の好シーズン突入! 【佐島沖】

佐島沖のマダイ、秋の好シーズン突入! 【佐島沖】

相模湾ではコマセキハダで連日大フィーバーしているが、佐島沖のマダイもオススメ。連日のように右肩上がりの安定した釣果を見せている。秋のマダイの特徴は、アタリが多くて数、型ともに期待できる。そして、嬉しい外道も豊富でイナダやワラサなどの青物やイトヨリ、メジナなど五目釣りが楽しめるのだ。

佐島沖のマダイは絶品の美味さ。刺身、塩焼き、タイ飯、あらの吸い物、カブト煮…美味しい食べ方色々です

1.5kg級のきれいなマダイが取り込まれた!

佐島沖は多数のマダイポイントがある!

付けエサはオキアミ。サバ、ソウダが多いときは、1本バリがおすすめ。

アタったら引きの強さと重量感から、魚の大きさを予測して慎重にやり取りしよう。

こちらはキロ弱のマダイ。秋はこのサイズが多くなる。

イトヨリもまじる。

ヒット! 何が掛かったかな?

サバは定番ゲスト。

秋は青物などのゲストも多くなって、五目釣り感覚で楽しめる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・佐島「つね丸」。

佐島「つね丸」ではほぼ一年中、佐島沖のマダイ釣りを楽しませてくれる。船宿で乗船手続きを済ますと、船着場の小型ボートで前方に停泊している大型船に乗り移る。連日の釣果も安定して、今年も秋ダイが期待できそうだ。
ビシは80号、ハリスは3〜4号を6〜8m。ハリはトラブルの少ない1本バリが高橋船長のオススメ。とくに今の時期は、サバやソウダガツオの猛攻に備えた1本バリがオススメだ。
「ビシにはコマセを一掴み入れてまき過ぎは良くないですね。釣る人はまめにタナ取りして食うタイミングを作っています」と船長。この時期のタナはハリスとクッションの長さプラス2〜4mを狙い、活性の上がったタイを釣るイメージだ。ていねいなタナ取りの直後にアタリが訪れることが多い。
そして、アタリがなければ誘いで付けエサを微妙に動かして反応を待つ。ゆっくり竿を聞き上げて、誘い下げたり、リールのドラグを緩めて道糸を送り込むことも効果的だ。
佐島沖のマダイは食べても絶品の美味さ。「刺身や塩焼きタイ飯、あらの吸い物、カブト煮など美味しいです」と船長。
例年9〜10月になると、数が出て、いい日に当たるとツ抜けも珍しくない。そして、大ダイの実績も高く油断は禁物だ。ワラサなどの青物もこれからはまじって、強烈な引きを楽しませてくれる。佐島の秋ダイを是非楽しんでいただきたい!

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
東京湾口エリアのヤリイカがハイシーズンに突入。「一之瀬丸」が狙う剣崎~洲崎沖ではトップ20~30杯の好釣果が続いている。「パラソル級」ジャンボサイズも乗ってきた!丸々としているヤリイカは味も抜群だ!
11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。
今期も駿河湾の絶好調の夜タチウオ。静浦沖でもドラゴンまじりで釣れている!研究熱心な船長は、大型率が高いタチウオテンヤでの釣りを推奨。釣趣バツグンのテンヤ釣りを存分に楽しみに行きましょう!!
最新記事
12月1日(日)、「第12回いすみ市大原港ふぐカットウ釣大会」(主催:夷隅東部漁業協同組合大原遊漁船部会)が千葉県大原港で参加者207人で開催された。
相模湾はアマダイの本格シーズン!腰越港「多希志丸」では、11月に入りトップ10匹前後の好釣果が続き、40~50㎝級の大型もかなりまじって釣れている。美しくて美味しい冬の女王を釣りに行こう!
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
大栄丸(小湊港)の釣果情報を掲載
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読