MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
佐島沖のマダイ、秋の好シーズン突入! 【佐島沖】

佐島沖のマダイ、秋の好シーズン突入! 【佐島沖】

相模湾ではコマセキハダで連日大フィーバーしているが、佐島沖のマダイもオススメ。連日のように右肩上がりの安定した釣果を見せている。秋のマダイの特徴は、アタリが多くて数、型ともに期待できる。そして、嬉しい外道も豊富でイナダやワラサなどの青物やイトヨリ、メジナなど五目釣りが楽しめるのだ。

perm_media 《画像ギャラリー》佐島沖のマダイ、秋の好シーズン突入! 【佐島沖】の画像をチェック! navigate_next

佐島沖のマダイは絶品の美味さ。刺身、塩焼き、タイ飯、あらの吸い物、カブト煮…美味しい食べ方色々です

1.5kg級のきれいなマダイが取り込まれた!

佐島沖は多数のマダイポイントがある!

付けエサはオキアミ。サバ、ソウダが多いときは、1本バリがおすすめ。

アタったら引きの強さと重量感から、魚の大きさを予測して慎重にやり取りしよう。

こちらはキロ弱のマダイ。秋はこのサイズが多くなる。

イトヨリもまじる。

ヒット! 何が掛かったかな?

サバは定番ゲスト。

秋は青物などのゲストも多くなって、五目釣り感覚で楽しめる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・佐島「つね丸」。

佐島「つね丸」ではほぼ一年中、佐島沖のマダイ釣りを楽しませてくれる。船宿で乗船手続きを済ますと、船着場の小型ボートで前方に停泊している大型船に乗り移る。連日の釣果も安定して、今年も秋ダイが期待できそうだ。
ビシは80号、ハリスは3〜4号を6〜8m。ハリはトラブルの少ない1本バリが高橋船長のオススメ。とくに今の時期は、サバやソウダガツオの猛攻に備えた1本バリがオススメだ。
「ビシにはコマセを一掴み入れてまき過ぎは良くないですね。釣る人はまめにタナ取りして食うタイミングを作っています」と船長。この時期のタナはハリスとクッションの長さプラス2〜4mを狙い、活性の上がったタイを釣るイメージだ。ていねいなタナ取りの直後にアタリが訪れることが多い。
そして、アタリがなければ誘いで付けエサを微妙に動かして反応を待つ。ゆっくり竿を聞き上げて、誘い下げたり、リールのドラグを緩めて道糸を送り込むことも効果的だ。
佐島沖のマダイは食べても絶品の美味さ。「刺身や塩焼きタイ飯、あらの吸い物、カブト煮など美味しいです」と船長。
例年9〜10月になると、数が出て、いい日に当たるとツ抜けも珍しくない。そして、大ダイの実績も高く油断は禁物だ。ワラサなどの青物もこれからはまじって、強烈な引きを楽しませてくれる。佐島の秋ダイを是非楽しんでいただきたい!

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
外房・飯岡沖のひとつテンヤマダイで、数釣りと大ダイ、両方狙える面白いシーズンがやってきた。「梅花丸」では毎年大ダイダービーもやっているので是非チャレンジを!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目は、朝イチにサビキ仕掛けでイワシを釣り、それをエサにヒラメを狙う!高級ゲストもいろいろまじり、最初のエサ釣りから超楽しい!
【東京湾・久比里沖~剣崎沖】一年で一番難しい時期だからこそおもしろい!誘いのパターン、スピード、そして食わせの間。試行錯誤で釣った1匹はいつも以上の価値があるカワハギ釣り!
最新記事
アカナマダ(アカマンボウ目アカナマダ科アカナマダ)たぶん国内で発見された個体数はそんなに多くない。しかもほとんどが浜に打ち上げられた個体である。
大きなブリやマグロに輸送に最適な保冷バッグ「保冷トライアングル」鰤バッグ/鮪バッグ
4月に解禁した大物釣りの聖地、銭洲。今期も良型シマアジが絶好調!シマアジ&カンパチ、五目で高級魚がザックザク。伊豆遠征シーズンを満喫しょう!
「梅雨イサキ」が最盛期を迎える。主役をヤリイカからバトンタッチ!いきなり数釣り好調スタート!終始入れ食いで早揚がりでも満足釣果!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル