MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
佐島沖のマダイ、秋の好シーズン突入! 【佐島沖】

佐島沖のマダイ、秋の好シーズン突入! 【佐島沖】

相模湾ではコマセキハダで連日大フィーバーしているが、佐島沖のマダイもオススメ。連日のように右肩上がりの安定した釣果を見せている。秋のマダイの特徴は、アタリが多くて数、型ともに期待できる。そして、嬉しい外道も豊富でイナダやワラサなどの青物やイトヨリ、メジナなど五目釣りが楽しめるのだ。

佐島沖のマダイは絶品の美味さ。刺身、塩焼き、タイ飯、あらの吸い物、カブト煮…美味しい食べ方色々です

1.5kg級のきれいなマダイが取り込まれた!

佐島沖は多数のマダイポイントがある!

付けエサはオキアミ。サバ、ソウダが多いときは、1本バリがおすすめ。

アタったら引きの強さと重量感から、魚の大きさを予測して慎重にやり取りしよう。

こちらはキロ弱のマダイ。秋はこのサイズが多くなる。

イトヨリもまじる。

ヒット! 何が掛かったかな?

サバは定番ゲスト。

秋は青物などのゲストも多くなって、五目釣り感覚で楽しめる。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・佐島「つね丸」。

佐島「つね丸」ではほぼ一年中、佐島沖のマダイ釣りを楽しませてくれる。船宿で乗船手続きを済ますと、船着場の小型ボートで前方に停泊している大型船に乗り移る。連日の釣果も安定して、今年も秋ダイが期待できそうだ。
ビシは80号、ハリスは3〜4号を6〜8m。ハリはトラブルの少ない1本バリが高橋船長のオススメ。とくに今の時期は、サバやソウダガツオの猛攻に備えた1本バリがオススメだ。
「ビシにはコマセを一掴み入れてまき過ぎは良くないですね。釣る人はまめにタナ取りして食うタイミングを作っています」と船長。この時期のタナはハリスとクッションの長さプラス2〜4mを狙い、活性の上がったタイを釣るイメージだ。ていねいなタナ取りの直後にアタリが訪れることが多い。
そして、アタリがなければ誘いで付けエサを微妙に動かして反応を待つ。ゆっくり竿を聞き上げて、誘い下げたり、リールのドラグを緩めて道糸を送り込むことも効果的だ。
佐島沖のマダイは食べても絶品の美味さ。「刺身や塩焼きタイ飯、あらの吸い物、カブト煮など美味しいです」と船長。
例年9〜10月になると、数が出て、いい日に当たるとツ抜けも珍しくない。そして、大ダイの実績も高く油断は禁物だ。ワラサなどの青物もこれからはまじって、強烈な引きを楽しませてくれる。佐島の秋ダイを是非楽しんでいただきたい!

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
今夏は東京湾のマダコが絶好調。小柴沖のマダコは場所により小型もまじるが、2kg以上も多く、連日3〜4kg級が上がっている。最大は5.8kg!久々の爆釣シーズン!伝統的な手釣りはシンプルでビギナーにもチャンス大!!
更新: 2019-08-14 07:31:22
最新記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読