MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【相模湾・佐島沖】イサキ、アジをメインに狙う五目釣り!

【相模湾・佐島沖】イサキ、アジをメインに狙う五目釣り!

相模湾佐島沖は15分も進むと水深300mを超える急深な地形。海底は起伏に富んでいて非常に多くの魚が生息している。この時期ならではの旬の魚、梅雨イサキ、アジ、ハナダイ、カワハギ、メジナなど五目釣りを楽しめるポイント多数!

イサキがポツポツアタり 他魚種もいろいろまじる!

仕掛けはウイリーを使用。
空バリにはオキアミを付けよう!

コマセはアミ。ビシはプラビシFL60号

横浜横須賀道路の衣笠ICを降りて15分ほどで船宿に到着。
出船時間の6時半に1時間の余裕を持って船宿前の駐車場に到着。
すでに待合室にはお客さんが集まっており、定刻ちょっと前の6時20分に出船となった。

本日最初のポイントは港から10分ほど。
ポイントに向かう途中に植田義雄船長に最近の釣況をうかがうと「最初に行くポイントは浅場でイサキメイン。

最近もコンスタントに数が出ていますよ。ここはメジナもまじるけど、今年はまだあんまりだな~。
でもマダイやハナダイの赤い魚が連日まじるから喜ばれます。
後半行くポイントは深場でアジがメイン。大アジが数多くまじるから楽しいと思います」とのこと。

「つね丸」の五目乗合船では3本バリのウイリー仕掛けを使用する。
一番下のハリは空バリになっていて付けエサにオキアミを付ける。
マダイやハナダイなどはオキアミに食ってくることが多いので、面倒がらずにオキアミを付けたい。

そして誘いのスピードによっても釣れてくる魚が異なる。
一般的には食わせの間を十分とるとマダイ、アジ、イサキ。速めのピッチに反応するのがハナダイやイシダイなど。
その日の状況によっても異なるので、いろいろと試してみるとおもしろい。

ポイントによっては、ビシを底まで落とさない。タナを船長が指示してくれるので、その指示に従いコマセをまく。
最初のポイントは水深35mほど。船長の指示は20~30mまでの幅。
メインがイサキの場合は海底から10m近く浮いて泳いでいることが多い。

海底までビシを落としてしまうとイサキが食う前に、海底付近の魚が掛かってしまう。
指示ダナをきちんと守っている人は、ウリンボサイズながらもイサキをゲット。
海底まで落としてしまうとサクラダイの餌食。

反応は出ているのだが、潮が速過ぎてなかなかイサキが口を使わない。
ポツポツと流し替えの度にイサキの顔を何とか見るも、なかなか厳しい状況だ。

しかし、そんななかでも五目釣りの醍醐味である多くの魚の顔を見ることができた。
筆者にはこの日最初の良型のハナダイが!
続いてミヨシでもハナダイ。カワハギも数匹顔を出す。
浅場ならではのラインナップで、ひとしきり楽しむことができた。

深場では良型アジ連発 アマダイも顔を出す!

何が掛かるかわからないのが
おもしろい!

船長はこの日の状況では、深場の方がチャンスが大きいと判断。早々にポイントを移動した。
午前9時過ぎに10分ほど南下した水深80mほどのポイントに到着。
この移動が吉と出た。40㎝ほどのジャンボアジもコンスタントにまじるアジの連発!

潮の速さは相変わらずで、一流しで仕掛けを落とせるのは1、2回ほど。
船長がアジの群れの前に船を付け、群れに近づくと「今コマセをまいて」と指示を出す。
2、3秒もすると船中どこかで竿先が力強く叩かれる。サイズが大きいからやり取りが楽しい。

私の横で竿を出していた井沢さんには、アジとは異なる竿の叩き。
「マダイか?」と思ったら、なんと40㎝ちかい良型のアマダイ。
確かにこの水深と景色は冬のアマダイでもよく見るので、アマダイがまじるのも必然かもしれない。

横で思わぬ獲物を見せられた筆者も、すかさず底メインに狙いを変えるとトラギス、カナガシラ、ガンゾウビラメなどのアマダイ釣りの外道のオンパレードだった。

全員がアジのお土産を確保したので、船長は次なるターゲットを狙って移動。最後は浅場でメジナ。

水深30mほどのポイントで、海底から8mぐらいの幅を攻める。
5mほど上げたところで筆者の竿に強いアタリ。狙いどおりの30㎝ほどの太ったメジナ。
このポイントではメジナ、カワハギ、イサキ等を楽しんで13時半に納竿した。

最終的に筆者はハナダイ、イサキ、アジ、カワハギ、メジナを上げて五目達成! 
浅場から深場まで五目ならではの釣りを楽しめた。

年間通して楽しめる五目釣り。秋が近づくとイナダ等の青物もまじって楽しむことができる。
帰宅後は様々な魚の味も楽しめる五目釣り。オススメしたい釣り物だ!

イサキ、アジ、ハナダイ、マダイなど楽しい佐島沖の五目釣行レポート

佐島「つね丸」の五目釣りは、イサキをはじめアジ、メジナ、ハナダイなどいろいろな魚が掛かる

カワハギも掛かった

深場ではサイズのいいアマダイも掛かった!

良型のハナダイもヒット

取材者の丸岡さんも良型ハナダイを手にした

アジも一荷で掛かった

深場では良型のアジが連発!

取材者はメジナにカワハギも釣り上げた

カサゴも顔を出した

サバも嬉しいお土産になる

メジナも掛かる

イサキ、アジは
数釣りできることも!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・佐島「つね丸」

いよいよ釣り人を悩ます梅雨に突入した。厚い曇を吹き飛ばすような、気分上々の釣り物はないだろうか?
すぐに思い浮かんだのが「五目釣り」。

日本人ならば誰もが好きな「五目」の響き。様々な食材を乗せた「五目」を冠にした食べ物は、つねに人気の上位を占める。
沖釣りにおいても様々な魚種を狙った「五目釣り」はつねに高い人気だ。

しかし、様々な魚を一緒に狙うことができるポイントというのは、簡単そうでなかなか難しい課題。そんな難題にも急深な相模湾ならば、近いエリアにさまざまな魚のポイントが点在している。

その相模湾をメインフィールドに五目釣りの乗合船を出すのが佐島港「つね丸」だ。
植田義雄船長に話を聞くと「最近はビギナーさんでもイサキやアジの数釣りを楽しめていますよ。

誘いが合う人にはマダイやハナダイなどの赤い魚も毎日まじっています。
浅場から深場まで幅広く狙っていくので、華やかなお土産になりますよ」とのこと。

釣行日も浅場では数が出たイサキ以外にハナダイ、メジナ、カワハギ。
深場ではアジの他になんとアマダイまで顔を出した。
釣れた魚種は五目どころか、その倍を超えた。誰もが楽しめる五目釣りの人気が高いのも頷ける!

以上の記事は「つり丸」2019年7月15日号の掲載記事です。

関連記事
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
新潟西港の「魁明丸」は佐渡島〜粟島エリアでほぼ通年、オキメバルを中心とした深海釣りを行っている。水深100m程度を攻める佐渡島では中型主体の釣りとなるが、粟島沖は水深160mの深場に群れる大型メバルを狙う。
更新: 2019-07-15 07:00:00
キュキューンと小気味の良いシャープな引き味はもちろん、食べれば超絶品! 良質な脂がその魚体まで黄金色に輝かす東京湾のブランドアジ・横須賀沖の猿島周りの黄金アジが、水温の上昇と共に活性を高めている!
更新: 2019-07-14 12:00:00
最新記事
「第16回 上総湊港伝統釣法 真鯛シャクリ釣り釣り大会」の参加者募集内容になります。2019年8月4日開催に開催されます。
更新: 2019-07-17 22:30:38
焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。
更新: 2019-07-17 07:00:00
ピーカンの猛暑日。こんなときにピッタリなのが、釣り人を熱くさせる「夏フグ」だ。鹿島沖では30㎝を超える良型が連日好調。独特のカットウ仕掛けで掛けた衝撃は、日常生活では味わうことができない達成感だ!
更新: 2019-07-16 12:00:00
知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。
更新: 2019-07-16 07:00:00
金沢八景出船で狙う東京湾・八景沖のLTアジが好調!20cmオーバーが多数!コマセ&タナ取りの基本を押さえて、数釣りを楽しもう!刺身、なめろう、塩焼き、アジフライなど、うっとりするような美味も魅力だ。
更新: 2019-07-15 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読