MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大原沖のヒラメは今シーズンも期待度◎【外房・大原沖】

大原沖のヒラメは今シーズンも期待度◎【外房・大原沖】

外房・大原沖のヒラメの解禁初日。初日は台風通過直後で底荒れし、しかも雨が降りそうな曇天。ヒラメ釣りとしては悪条件のもとでの出船となった…。

解禁初日は悪条件下でもトップ10枚&ボウズなし!

解禁初日の最大は、この肉厚の2.5㎏。

本命の顔をみてひと安心。

当日は魚礁周りや根周りを狙った。水深は15〜25m。

永井名人は朝の1投目から食わせた!

解禁初日のトップは10枚釣った永井名人。二番手は7枚。4〜6枚という人が多かった!

ダブルヒットやトリプルヒットもあった!

盛川徹さんも解禁初日のヒラメに挑戦!

盛川さんも早々に、当日のアベレージサイズを手にした。

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「力漁丸」。

今年は10月2日が解禁初日となった外房・大原沖のヒラメ。台風通過直後で底荒れし、しかも雨が今にも降りそうな曇天。ヒラメ釣りでは悪条件下でのスタートとなった。
取材は大原「力漁丸」に乗船。10人のヒラメフリークを乗せ、中井聡船長は航程30分ほどの魚礁周りに向かった。開始してすぐに右舷のトモ側で二人にアタるもフッキングせず。続いて左舷のトモ側でヒット。ほぼ同時に左舷ミヨシの永井名人にヒット。これを皮切りに飽きない程度に間をおきながら、船中の誰かしらにアタリが訪れた。
台風の影響が心配されたが、なんのその。トップは永井名人の10枚。船中43枚でオデコなしという好釣果に恵まれたのだった。翌日も「力漁丸」では船中44枚の好釣果を記録した。
「今日(解禁初日)はいい条件ではなかったですけれど、船中40枚以上釣れましたからね。魚影は濃そうですよ」と話す中井船長。
今シーズンの大原沖も期待十分! さっそく出かけよう!!

タックル、仕掛け、エサ付けについて

解禁初日は朝の暗いうちからコンスタントにヒットした!

「力漁丸」の仕掛け。ハリス6号、ハリは角セイゴ18号。

大原沖でのヒラメ釣りタックルは、オーソドックスなものでOK。竿は2.5〜3.3mのヒラメ専用。つねに竿を手持ちで釣るスタイルなら2.5〜3mぐらいまでが扱いやすいだろう。釣り座が揺れやすいミヨシ、またはウネリのある日、さらには置き竿で狙うというなら、3m以上の長めの竿を使うと釣りやすいだろう。
リールは中小型両軸。電動でも手巻きでもOK。道糸はPEラインの3〜4号。取材当日、「力漁丸」は水深15〜25mの浅場を狙ったが、中井船長によると「これから寒くなるにつれて、潮が速くない日は水深80〜90mの深い場所を狙うこともあります」と話す。なので深場狙いのための電動リールを準備するほか、リールには道糸を200mは巻いておこう。
「力漁丸」の仕掛けは左のイラストのとおり。ハリス(=枝ス)の長さが120㎝と長めなのが特徴。また「幹糸、ハリス、捨て糸は、すべて同じ号数(6号か7号)でもいいですよ。オモリを底から上げて狙いますから、しっかりオモリを上げていれば、そんなに根掛かりはしません」と中井船長。幹糸、ハリス、捨て糸は、イラストで表示した号数のほかに、すべて同じ号数(6号か7号)でもOKだ。
エサ付けは右下の写真で示したとおり。特徴的なのが孫バリの刺し方。肛門から刺し、ハリの軸を隠すようにする。「ヒラメはイワシの後ろのほうから食ってくるので、ハリ掛かりの確率が高くなります」と言う中井船長。このエサ付けの場合、孫バリはシングルフックを使用する。

魚礁や根周りを狙うので、底からオモリを上げて待つ!

取り込みは糸を手繰るのではなく、竿でタモまで誘導して掬ってもらおう。

「オモリを底から50㎝〜1m上げた位置でアタリを待ってください。基本的にヒラメは、まっ平らな地形にはいません。少々ゴツゴツしたような場所でないと固まっていないんですよ。ですから、魚礁とか根周りを主体に狙っていきます」と話す中井船長。
中井船長が話す「底から50㎝〜1m」というタナは、36ページの仕掛図に表示したバランスの仕掛けを使用したときのものだ。ハリスや捨て糸が仕掛図のものよりも短ければ、それに応じてタナも低くしよう。
横流しの場合、潮が速かったり、風が強い時は、船がどんどん流される。そんなときはタナを取った後、そのまま待っていると仕掛けが浮き上がり、タナをキープするのが難しい。かといって、道糸をズルズル出しながら、海底でオモリを引きずっていると根掛かりしやすくなる。このような場合は、オモリを重くして道糸が真っすぐ海中に入るように調整する。
「オモリは80号、100号、120号を用意しておいてください。横流しのときに道糸が斜めになるときは、オモリを重くして道糸が真っすぐ海中に入るようにしてください。それで、オモリを海底から50㎝〜1m上げたタナでアタリを待ってください」と言う中井船長。
そしてアワセについても中井船長からアドバイスがある。それは、アワせるときはシャープに竿を立てて、しっかりとアワせることだ。
「聞きアワセはおすすめしませんね。しっかりとハリ掛かりせずに、巻き上げ中に外れる光景をよく見ます」と中井船長。

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
春の東北の人気魚、クロメバル。関東周辺では貴重な魚だが、福島県相馬沖水深30〜40mでは30㎝前後のクロメバルが数釣りができる。リレーで狙うカレイもマガレイを主体にマコガレイやナメタガレイなど釣れるぞ。
更新: 2019-03-20 07:00:00
犬吠埼沖水深200〜250mのアカムツ。今期のアカムツは1月より本格化。このままゴールデンウイークごろまでポイントが多少変わっていくものの、波崎沖カンネコ根のシーズンまで楽しめるとの予想だ。
更新: 2019-03-19 12:00:00
東京湾のアジは早春から絶好調だ。浦賀港「前田丸」では周年アジを狙って出船し、連日トップの釣果は70〜80匹前後。サイズは20〜37㎝級。場所は航程10分程度の浦賀沖。水深は70〜90mだ。コマセが効けばタナを取ってから数秒以内にアタリが出る!
更新: 2019-03-19 07:00:00
最新記事
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00
大洗港「藤富丸」のひとつテンヤ五目。ひとつテンヤで色んな魚を釣るのかと思ったらさにあらず。ひとつテンヤタックルで、テンヤの上に胴付き仕掛けを付けて釣るのだとか。百聞は一見にしかず、初めての釣りにワクワク感いっぱいで大洗へと向かった。
更新: 2019-03-21 07:00:00
「今年は乗っ込みが早いかもね。高知の方じゃ始まってるみたい。西から始まっていくんだよ」と土肥港「とび島丸」の鈴木船長はいう。西伊豆エリアは関東近郊のマダイポイントの中でも早くから乗っ込みが開始する傾向にあるが、今年はさらに早いと予測する。
更新: 2019-03-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読