大原沖のヒラメは今シーズンも期待度◎【外房・大原沖】

大原沖のヒラメは今シーズンも期待度◎【外房・大原沖】

外房・大原沖のヒラメの解禁初日。初日は台風通過直後で底荒れし、しかも雨が降りそうな曇天。ヒラメ釣りとしては悪条件のもとでの出船となった…。


解禁初日は悪条件下でもトップ10枚&ボウズなし!

解禁初日の最大は、この肉厚の2.5㎏。

本命の顔をみてひと安心。

当日は魚礁周りや根周りを狙った。水深は15〜25m。

永井名人は朝の1投目から食わせた!

解禁初日のトップは10枚釣った永井名人。二番手は7枚。4〜6枚という人が多かった!

関連するキーワード


ヒラメ 大原沖 力漁丸

関連する投稿


ヒラメとマハタの超豪華リレー、ともにゲットは高確率!【大原沖】

ヒラメとマハタの超豪華リレー、ともにゲットは高確率!【大原沖】

広大な大原沖にはヒラメの好ポイントが点在する。ヒラメファンにとっては冬の寒さを忘れさせてくれる熱いフィールドだ。


鹿島沖のヒラメは、さらに身も厚くなって楽しみアップ!【鹿島沖】

鹿島沖のヒラメは、さらに身も厚くなって楽しみアップ!【鹿島沖】

茨城県のヒラメ釣りは12月に全面解禁を迎えたが、各地で好調な釣れっぷりを見せている。鹿島沖もまたアツい釣りが展開されている。


そろそろ本格開幕だ! 日立沖の大判ビラメが釣りたいっ【日立沖】

そろそろ本格開幕だ! 日立沖の大判ビラメが釣りたいっ【日立沖】

今回もしっかりと着込む準備をして向かったのは茨城の日立港。ただでさえ寒いのに、より寒そうな茨城北部エリアへ何故行くの? と聞かれれば、行く価値大有りだからである。市場でも常磐物と呼ばれワンランク上の扱い、大ビラメの確率が高く10㎏オーバーも夢ではない、味良し型良しなのが日立沖のヒラメだ。


温泉宿&釣りを同時に楽しむ冬の伊豆釣行【南伊豆・下田外浦沖】

温泉宿&釣りを同時に楽しむ冬の伊豆釣行【南伊豆・下田外浦沖】

南伊豆・外浦から河津の沖は、西風に強い海域で知られる。冬将軍が本州に居座るこの時期、出船率の高さは大変魅力だ。


イワシの回遊が始まれば渡りの大判ビラメも期待大【鹿島沖〜神栖沖】

イワシの回遊が始まれば渡りの大判ビラメも期待大【鹿島沖〜神栖沖】

大型が期待できる鹿島沖のヒラメが全面解禁し、少しずつそのムードが高まってきている。


最新の投稿


釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

季節によってさまざまな釣り物があるが、最も寒さが厳しいこの時期には、鍋物の食材にピッタリの釣り物が多い。そのなかの一つにオニカサゴがある。イカつい鎧武者のような風貌ながら、身はプリッとして歯ごたえが良く、鍋物の他に刺身や唐揚げにしても美味しい。市場でもなかなか売られていない魚なので、食べられるのは釣り人の特権だろう。


葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

毎日「今年一番の寒さ」を連発する天気予報を聞きつつも、じっとしていられないのが釣りバカたるゆえん。車の外気温計がマイナス3℃を表示するなか、向かった先は葉山柴崎港の「福栄丸」。葉山沖の落ちマダイを狙っての釣行だ。


東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。


厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

この時期、外房の沖釣りでオススメなのが勝浦沖のイサキ釣り。理由はポイントが近いこと、水深(=タナ)が浅いこと、手軽に数釣れることに加え、食べてもとても美味しいからだ。


オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

二兎を追う者一兎を得ずのことわざがあるが、三魚を追って三魚とも得る、となるか!? 3魚種のリレー釣りにトライだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018