MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
由比沖のヒラメ、穴場の解禁ポイントでアタリ連発【駿河湾・由比沖】

由比沖のヒラメ、穴場の解禁ポイントでアタリ連発【駿河湾・由比沖】

ヒラメの解禁というと房総エリアや茨城エリアに注目が集まるが、実はその他のエリアでも、ひっそりと? ヒラメが解禁し好調に釣れている場所がある。駿河湾の湾奥部、由比沖周辺は、そんなヒラメ釣り場のひとつだ。

船数少ない穴場ポイント、根周りをピンポイントで攻めれば大型入れ食いも!?

取材日の最大は2.3㎏だったが、出船を開始した9月15日以降、コンスタントに3〜4㎏も上がっている。

いいポイントに入るとアタリ連発。エキサイティングなヒラメ釣りが楽しめる。

このぐらいのサイズは入れ食いになることもある。新しいポイントを見つけると「釣り堀状態になることもありますよ」と佐野船長。

身も厚く、脂が乗っておいしいヒラメだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「龍神丸」。

ヒラメ釣りというと、どうしても房総エリアや茨城エリアに注目が集まる。とくに、房総でヒラメの解禁が相次いでいる今は、足繁く房総方面へ通っているヒラメファンも多いことだろう。しかし、ここ駿河湾エリアでも人知れず? ヒラメは解禁し、好釣果があがっていたりするんです!
由比港「龍神丸」はヒラメにこだわりを持つ船宿。由比沖中心に東は富士川沖から西は安倍川沖まで、ヒラメの好ポイントを探し好釣果を上げている。現在、9月から解禁した三保沖中心に狙い、1〜4㎏前後をトップ3〜5枚前後。
「これからポイントを探っていきます。いいポイントに当ると入れ食いもあります」と「龍神丸」佐野栄俊船長。
狙う船が少ないエリアなので、場荒れが少なく、海の条件さえよければバタバタ食ってくる。5㎏オーバーの大型含みで数釣りもあるという。
こんな穴場ポイントもおもしろい!

ヒラメ仕掛け&親バリはこうだっ!

ポイントは水深10mほどの浅場中心。根周りを攻め、根掛かりも少なくないのでご注意を。

エサのイワシのサイズは日によってちがうので、親バリ可動式の仕掛けが船長のおすすめ。

仕掛けはハリス6〜7号1.2m、捨て糸4号60㎝が標準。オモリは60号を使用する。
船長はイワシのサイズに合わせて親バリと孫バリの間の長さを調整できる「親バリ移動式」の仕掛けがおすすめだという。
親バリには、がまかつ「管付きヒラメ」を使用し、その管にハリスを通しただけで、補修糸などでハリの軸に固定してある。
親バリは上アゴの硬い部分に刺し通し、孫バリは背ビレのすぐ後ろに刺す。
その長さでピッタリになるよう、親、孫バリの間を調整してやる。
「親と孫の間の長さをイワシの大きさにピッタリ合わせてやると、イワシの動きがよくなるし、ハリ掛かりもよくなりますよ」と船長。
ハリのチモトには、親、孫ともにゴムの夜光パイプを被せておく。これはヒラメの鋭い歯からハリスを保護するためのものだ。
前述したようにきつい根周りを攻めるので、根掛かりも少なくない。根掛かりしないよう注意し、オモリは底を切って狙うのが基本だ。置き竿で「オモリとんとん」なんていうのはもちろんNG。
竿は手持ちで、まめに底ダチを取り直しながら釣るようにしよう。
根のきわのかけ上がりやかけ下がりにさしかかったときはチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00
ほぼ周年楽しめる南房江見沖のアカムツだが、本格シーズンは4〜12月。そのロングランシーズンが開幕した。高級魚としてすっかりおなじみになったアカムツ。水深250m深場にナイスボディで美味な個体が勢ぞろい中だ。
更新: 2019-04-24 07:00:00
網代港「ゆたか丸」の遠征シマアジ・イサキ五目釣りがスタートした。イサキを主体に多彩なゲストが釣れる楽しさいっぱい。イサキはもとより、開幕直後の狙い目はシマアジ。強烈な引きが魅力の高級魚だ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
最新記事
伊豆遠征ファンが心待ちしていた銭洲が解禁日を迎えた。日帰りでカンパチ狙いができる希少なフィールド。シーズン初期は小型が中心ながらもまさに入れ食いが期待できる。シマアジ、カンパチなど大物釣りを楽しもう。
更新: 2019-04-26 12:00:00
春告魚、メバルが活況だ。「うちでは2月からスタートしましたが、昨年より数が多いです。特大はなかなかお目にかかれませんが、25㎝位までならけっこうまじって楽しめますよ」とは、長浦港「こなや」の進藤船長。
更新: 2019-04-26 07:00:00
沼津沖は3月中旬ぐらいから4〜5㎏級の大型が上がり始めている。反応はしっかりとあるが、警戒心が強く、気難しい乗っ込みマダイ!波静かな海でじっくりと狙おう!条件がそろえばアタリは増えてくるぞ。
更新: 2019-04-25 12:00:00
うまいアジが東京湾・走水沖で好調に釣れている。「今、30㎝前後から35㎝くらいのの中大型がたくさん釣れていますよ。ここにきて水温も上がってアジの活性も高くなりました」とは、走水港「政信丸」の廣川政信船長。
更新: 2019-04-25 07:00:00
外房・飯岡沖のポイントは水深30mほど。このエリアはとても釣りやすく、ビギナーも手軽にマダイを手にできるチャンスだ。マダイだけはなく、ハナダイのアタリも多く、大型まじりでお土産の期待できるぞ!
更新: 2019-04-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読