由比沖のヒラメ、穴場の解禁ポイントでアタリ連発【駿河湾・由比沖】

由比沖のヒラメ、穴場の解禁ポイントでアタリ連発【駿河湾・由比沖】

ヒラメの解禁というと房総エリアや茨城エリアに注目が集まるが、実はその他のエリアでも、ひっそりと? ヒラメが解禁し好調に釣れている場所がある。駿河湾の湾奥部、由比沖周辺は、そんなヒラメ釣り場のひとつだ。


船数少ない穴場ポイント、根周りをピンポイントで攻めれば大型入れ食いも!?

取材日の最大は2.3㎏だったが、出船を開始した9月15日以降、コンスタントに3〜4㎏も上がっている。

いいポイントに入るとアタリ連発。エキサイティングなヒラメ釣りが楽しめる。

このぐらいのサイズは入れ食いになることもある。新しいポイントを見つけると「釣り堀状態になることもありますよ」と佐野船長。

身も厚く、脂が乗っておいしいヒラメだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「龍神丸」。

ヒラメ釣りというと、どうしても房総エリアや茨城エリアに注目が集まる。とくに、房総でヒラメの解禁が相次いでいる今は、足繁く房総方面へ通っているヒラメファンも多いことだろう。しかし、ここ駿河湾エリアでも人知れず? ヒラメは解禁し、好釣果があがっていたりするんです!
由比港「龍神丸」はヒラメにこだわりを持つ船宿。由比沖中心に東は富士川沖から西は安倍川沖まで、ヒラメの好ポイントを探し好釣果を上げている。現在、9月から解禁した三保沖中心に狙い、1〜4㎏前後をトップ3〜5枚前後。
「これからポイントを探っていきます。いいポイントに当ると入れ食いもあります」と「龍神丸」佐野栄俊船長。
狙う船が少ないエリアなので、場荒れが少なく、海の条件さえよければバタバタ食ってくる。5㎏オーバーの大型含みで数釣りもあるという。
こんな穴場ポイントもおもしろい!

ヒラメ仕掛け&親バリはこうだっ!

ポイントは水深10mほどの浅場中心。根周りを攻め、根掛かりも少なくないのでご注意を。

エサのイワシのサイズは日によってちがうので、親バリ可動式の仕掛けが船長のおすすめ。

関連する投稿


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


常磐沖全面解禁でヒラメ本格シーズンへ!【茨城・常磐沖】

常磐沖全面解禁でヒラメ本格シーズンへ!【茨城・常磐沖】

茨城ヒラメ全面解禁。やっぱり今年も当たり年! 数サイズとも絶好釣! 早めの釣行をオススメするぞ。


夜タチウオ、好機来たる! ルアーもエサも絶好調【駿河湾・沼津沖】

夜タチウオ、好機来たる! ルアーもエサも絶好調【駿河湾・沼津沖】

寒いなんて言っていられない! 夜タチウオ、ベストシーズンが到来したぞっ! 脂たっぷり甘みたっぷりの指3~5本サイズが釣れてます! 行くしかないぞっ、沼津沖へ!


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング