由比沖のヒラメ、穴場の解禁ポイントでアタリ連発【駿河湾・由比沖】

由比沖のヒラメ、穴場の解禁ポイントでアタリ連発【駿河湾・由比沖】

ヒラメの解禁というと房総エリアや茨城エリアに注目が集まるが、実はその他のエリアでも、ひっそりと? ヒラメが解禁し好調に釣れている場所がある。駿河湾の湾奥部、由比沖周辺は、そんなヒラメ釣り場のひとつだ。


船数少ない穴場ポイント、根周りをピンポイントで攻めれば大型入れ食いも!?

取材日の最大は2.3㎏だったが、出船を開始した9月15日以降、コンスタントに3〜4㎏も上がっている。

いいポイントに入るとアタリ連発。エキサイティングなヒラメ釣りが楽しめる。

このぐらいのサイズは入れ食いになることもある。新しいポイントを見つけると「釣り堀状態になることもありますよ」と佐野船長。

身も厚く、脂が乗っておいしいヒラメだ。

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・由比港「龍神丸」。

ヒラメ釣りというと、どうしても房総エリアや茨城エリアに注目が集まる。とくに、房総でヒラメの解禁が相次いでいる今は、足繁く房総方面へ通っているヒラメファンも多いことだろう。しかし、ここ駿河湾エリアでも人知れず? ヒラメは解禁し、好釣果があがっていたりするんです!
由比港「龍神丸」はヒラメにこだわりを持つ船宿。由比沖中心に東は富士川沖から西は安倍川沖まで、ヒラメの好ポイントを探し好釣果を上げている。現在、9月から解禁した三保沖中心に狙い、1〜4㎏前後をトップ3〜5枚前後。
「これからポイントを探っていきます。いいポイントに当ると入れ食いもあります」と「龍神丸」佐野栄俊船長。
狙う船が少ないエリアなので、場荒れが少なく、海の条件さえよければバタバタ食ってくる。5㎏オーバーの大型含みで数釣りもあるという。
こんな穴場ポイントもおもしろい!

ヒラメ仕掛け&親バリはこうだっ!

ポイントは水深10mほどの浅場中心。根周りを攻め、根掛かりも少なくないのでご注意を。

エサのイワシのサイズは日によってちがうので、親バリ可動式の仕掛けが船長のおすすめ。

仕掛けはハリス6〜7号1.2m、捨て糸4号60㎝が標準。オモリは60号を使用する。
船長はイワシのサイズに合わせて親バリと孫バリの間の長さを調整できる「親バリ移動式」の仕掛けがおすすめだという。
親バリには、がまかつ「管付きヒラメ」を使用し、その管にハリスを通しただけで、補修糸などでハリの軸に固定してある。
親バリは上アゴの硬い部分に刺し通し、孫バリは背ビレのすぐ後ろに刺す。
その長さでピッタリになるよう、親、孫バリの間を調整してやる。
「親と孫の間の長さをイワシの大きさにピッタリ合わせてやると、イワシの動きがよくなるし、ハリ掛かりもよくなりますよ」と船長。
ハリのチモトには、親、孫ともにゴムの夜光パイプを被せておく。これはヒラメの鋭い歯からハリスを保護するためのものだ。
前述したようにきつい根周りを攻めるので、根掛かりも少なくない。根掛かりしないよう注意し、オモリは底を切って狙うのが基本だ。置き竿で「オモリとんとん」なんていうのはもちろんNG。
竿は手持ちで、まめに底ダチを取り直しながら釣るようにしよう。
根のきわのかけ上がりやかけ下がりにさしかかったときはチャンスだ。

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


魚の宝庫、仙台湾で楽しむ根周り五目が今面白い!(拓洋丸)

魚の宝庫、仙台湾で楽しむ根周り五目が今面白い!(拓洋丸)

仙台湾は魚の宝庫だ。蔵王連峰からの清水が名取川から流れ込み、栄養豊富な漁場を形成している。


外房・勝浦沖のひとつテンヤ&タイラバで釣る! 五目釣りも(とみ丸)

外房・勝浦沖のひとつテンヤ&タイラバで釣る! 五目釣りも(とみ丸)

マダイにヒラマサ、ヒラメにマハタ、さらに大型カサゴ、魚種多彩に楽しめるのが勝浦沖のひとつテンヤ&タイラバだ。勝浦、川津港「とみ丸」の吉清紘生船長は、深場浅場、荒根平場とバリエーションに富んだポイントを流し、いろいろな魚を釣らせてくれる。


永井名人が釣る! 外房・外川沖の絶品夏ビラメ(福田丸)

永井名人が釣る! 外房・外川沖の絶品夏ビラメ(福田丸)

永井名人は好シーズンに突入している外房・外川沖の夏ビラメに挑戦した。船は外川港「福田丸」に乗船。


釣りやすくビギナーにオススメ! 夏ビラメの仕掛け&釣り方(福田丸)

釣りやすくビギナーにオススメ! 夏ビラメの仕掛け&釣り方(福田丸)

6月から開幕している外房・外川沖のヒラメ。7月に入り、まずまずの好釣果が続いている。夏場は「夏ビラメ」と呼ばれ、好シーズンでもあるのだ。潮が澄み、水温も高く安定して、ヒラメの活性が高くなる。そのため、アタってから食い込む時間が短く、釣りやすいのだ。ビギナーが挑戦するにもおすすめの時期だ。


銚子沖夏ビラメ、遅れていたがいよいよ本格シーズン到来! (福田丸)

銚子沖夏ビラメ、遅れていたがいよいよ本格シーズン到来! (福田丸)

銚子沖の夏の風物詩ヒラメ。夏ビラメの呼称もあるこの釣り、冬場に比べ身軽な服装、ナギの海で楽しめるとあって人気だ。また釣趣の方も、水深10mを切るような浅場から5㎏を超える大ビラメのアタックもあるなど、冬場とは別物の楽しさもある。


最新の投稿


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

夏のまっ盛りに開幕した東京湾のタチウオ、今シーズンも魚影は濃いようで、良い日はトップ30本前後の釣果が聞こえていた。光り輝く銀色の魚体に会いに向かったのは、シーズンを通してタチウオ乗合を出船している金沢漁港の「鴨下丸」。


暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

昨年の夏場は、東京湾のアジが広範囲で絶好調続きだった。今シーズンも同じように好調が続いている。走水港「吉明丸」では走水沖をメインに狙って、35㎝前後の良型を主体に、トップ50匹以上を記録することもしばしばだ。今回の取材では、走水沖40m前後を狙って、トップは60匹だった!


ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

午前、午後の二便で出船中の大津「小川丸」のマアジ船は、猿島沖〜観音崎沖を中心に周年を通して楽しめる。この海域のアジは、黄金色に輝き幅が広く脂の乗りも抜群。ブランドアジとして人気が高い。


相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

コマセ釣りが解禁して間もなく、相模湾にカタクチイワシが回遊し、突如としてルアーの釣果が上向いた。各所でトリヤマが立ち、キハダが巨大な水飛沫を上げてボイルしているのだ。さらにアベレージサイズも25〜30㎏とひと回り大きくなり、非常にエキサイティングな状況となっている。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読