MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
[伊勢湾口・大山沖]脂ノリノリ激うまイサキシーズン開幕!

[伊勢湾口・大山沖]脂ノリノリ激うまイサキシーズン開幕!

知る人ぞ知る絶品大型イサキシーズンイン!伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。平日でもどこの船も満員御礼状態になるほどだ。

6月後半から開幕 人工魚礁周りで釣る

「かごや丸」の船上は広々。ポイントまでは船内で休もう

伊勢湾周辺の梅雨時期の定番ターゲットがイサキだ。
例年であれば、ウタセエビエサでの五目釣りやコウナゴを使った手繰り釣り、
いわゆる生きエサの釣りがこのエリアの主流であるが、今期はそのエサがとれないという。

替わって湾内には小サバや小イワシが沸き、それをベイトとする青物釣りが盛んに行われているという。

さて、イサキはというと例年の定番ポイント、伊勢湾口にあたる渥美半島の大山沖の人工魚礁周辺で
6月後半から突如、食い始めた。今期は良型揃いでしかも脂がノリノリとあって、人気は急上昇。

平日でもどこの船も満員御礼状態になるほど。伊勢湾内の異変は、このイサキには影響ないようだ。

釣り方はアミコマセ使用のテンビンフカセ釣り

釣り方はアミコマセ使用のテンビンフカセ釣り。
どうやら関東周辺の釣りにヒントを得て現在の釣法になったようで、
当地では中型テンビンにサブマリンカゴ、その先にオモリ80号が使われている。

竿とリールはそのオモリのサイズに耐えうるものなら何でもよい。
長さ2m前後の7対3調子のLTまたはゲーム用が扱いやすくオススメだ。

このイサキ釣りを得意とする大井港「かごや丸」の間瀬裕市船長は、
号のタックルが主流に使われてます。だから、その道具の流用でPE2〜3号をすすめてます」と話す。

つまり、船長が推奨するのも2m前後のLTロッドまたはゲームロッドということなのだ。
ポイントの水深は平均して40m前後なので、ライトなタックルでも十分楽しめる。

ベストタックルはこのようなゲームロッドかLT用。7対3調子がベスト

仕掛けはグリーンのスキンバケ3本バリ、長さ2m

「かごや丸」で配られる仕掛けは、ハリス2号グリーンのスキンバケ3本バリ全長1.9m。
なぜ、この仕掛けが伊勢湾口周辺でよく釣れるのか。

アミコマセによるイサキ釣りは、東京湾や相模湾、南房、外房で盛んに行われているため、
その仕掛けと釣り方を実際に今年も試してみた。

仕掛けは、ハリス1.5号全長3m、ムツバリ9号3本バリを使用。
ハリにイカタンやオキアミなどを付けてみた。

昨年はグリーンスキンバケ仕掛けの釣り師たちに釣り負けてしまったが、今回は互角。
グリーンスキンバケ仕掛けは誘いテクニックに関係なく、置き竿でよくヒットしていた。やはりご当地仕掛けは強い。

間瀬船長に聞くと、「実は魚礁をピンポイントに攻めるのでウマヅラハギやフグなどの
エサ取り魚が非常に多いのですよ。エサを付けてもあっと言う間になくなってしまいます」

そう、エサ取り対策という面ではエサ持ちのよいグリーンスキンバケは最高によかったのである。
さらに、この海にあった色なのだろう。

グリーンとピンクのスキンバケの仕掛けを試すとなぜか、ピンクのスキンにはヒットせず、
グリーンにばかりヒットしていた。今回イカタンエサにイサキが食った理由は、
このときはエサ取り魚が少なかったからだろう。

「長さ2mの仕掛けを使ってもらっているのは、オマツリを防げるし、それで十分釣れるからです。
ビギナーさんたちに気持ちよく楽しんでもらいたいから、トラブルレスのほうがいいですいよね」という。

とはいえ、食い渋り時は、関東流のハリス長さ3mのほうが、食いはよかった。
イサキの活性が低くなった時点で1mほどハリスをつけたしで伸ばすとよいかもれない。

コマセの振り出し方

さて、釣り方だが、コマセのドバまきはあまりおすすめしない。
船長は、ピンポイントに止めるか、決めたポイントを潮流しする。
あまり大きなポイント移動をしないので、
コマセのドバまきは、イサキたちのお腹をすぐにいっぱいにさせてしまう可能性があるから。

コマセは水中で少量出ればよく、使用するカゴによってコマセを振り出し方を変えることで
コマセの振り出し量を調整できる。
サブマリンカゴは、調整機能がない。だから、振り出すのなら軽くシャクル程度。

だが、プラカゴなどはコマセの振り出し量の調整が事前に可能だ。
プラカゴを使用する場合、下窓は全閉め、上窓は2分の1〜3分の1開けでよい。
コマセは各ビシのなかに7〜8分目くらい詰める。

さて、釣り方だが、コマセ釣りのイサキの基本は船長の指示ダナ付近を探ることだ。
たとえば、船長の指示ダナが水深28mの場合、ハリスの長さ分下から数回に分けて軽く竿をシャクリながら
コマセを振り出し、指示ダナでアタリを待つ、というのが基本。ハリス長が2mならビシを水深30mまでおろす。

そこから、時計でいうと竿を7時から9時までシャクリあげそこで1〜2秒止める。
竿を7時に戻すときにリールを1回〜2回まく。そして、このシャクリ動作を指示ダナまで繰り返す。

たいていの場合、指示ダナで仕掛けが潮になじんでコマセと同調したとたんにアタリがでる。
しばらく待ってこない場合は、もう一度ビシを2m落として、同じシャクリ動作をする。
2度目でなかなかアタリが来ないときは、仕掛けを回収して、コマセを入れ替え再投入しよう。

食い渋り時には 置き竿釣法がベター

イサキはもちろん食い渋ることがある。
その理由は、イサキがコマセに飽きている。潮が流れていない。ポイントから外れているなど。

対策としては、置き竿釣法がよいことが多い。置き竿にする時間のインターバルは3分〜5分だ。
前述のように、仕掛けの長さが2mなら1mほどハリスを付け足して長くするのも有効的だ。

アミコマセ&ハリス長さ2mで攻略!伊勢湾口大山沖の絶品大型イサキ釣行レポート

ご当地の仕掛けはこのサブマリンカゴとテンビンの組み合わせだ

このエリアの定番仕掛けはコレ。付けエサはいらない。なぜか、グリーンのスキンバケが効く

朝いちは高活性。大型が次々に取り込まれた

40cm級がヒット!これはオスだが脂はたっぷりだった

幅広ジャンボイサキ乱舞!

置き竿釣法に大型ヒット中

こちらも良型

おいしそうなイサキばかり

大型狙いでは単発がほとんどだった

ベイト(小アジまたは小サバ)にヒットしたヒラメ

激うまイサキはこれだけ釣れれば十分。トップ50匹もある

ゴールドに輝くイサキ。見事なボディの個体がそろう

激うまはシンプル料理で堪能!

今回、取材にご協力いただいたのは愛知・大井港「かごや丸」

伊勢湾周辺のイサキ釣りは梅雨時期の定番メニューだ。
伊勢湾の栄養豊富な海水と黒潮がまじりあう海域のプランクトンを飽食したイサキたちは、肥えている。
その産卵行動前のイサキは誰でも数釣りでき、しかも激ウマだ。

「大山沖のイサキは6月末にようやく始まったよ。最初のポイントは大型ばかりで数&りサイズ狙い。
シーズンが進むと数釣りになります。

うちは釣れなくなるまでやります」とは、知多半島の先端に位置する、大井港の老舗「かごや丸」の間瀬裕市船長。
釣り方は南房総や外房、剣崎沖と同じ、アミコマセ釣りだ。

「仕掛けの長さは2m以内で3本バリ。グリーンのスキンバケが実績があります」と船長が話すように、
ハリスが短いのが特徴。しかもグリーンバケの威力は抜群だ。
人口魚礁をピンポイントに攻めるのでエサ取り対策で効果を発揮しているのだという。

まじりのチダイ(ハナダイ)は良型ばかりで思わずドラグをだしたくなすほど引きが楽しめる。
これも脂がノリノリだ。うまい魚ばかりが釣れる大山沖だが、他エリア同様、乗っ込み終盤となると、
脂が少なくなるので激うまを求めるなら早めの釣行がオススメだ。

以上の記事は「つり丸」2019年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
今夏は東京湾のマダコが絶好調。小柴沖のマダコは場所により小型もまじるが、2kg以上も多く、連日3〜4kg級が上がっている。最大は5.8kg!久々の爆釣シーズン!伝統的な手釣りはシンプルでビギナーにもチャンス大!!
更新: 2019-08-14 07:31:22
最新記事
極上美味ターゲットアラの釣り場は全国各地に点在するが、5㎏以上の「大」サイズは簡単には姿を見せず、「幻」と称されている。近年そんな大アラをエサ釣り、ジギング双方で高確率に「現実」に変えたのが、新潟間瀬港「光海丸」の小林聡船長。
更新: 2019-08-23 07:00:00
本牧港「長崎屋」では、連日シロギスの好釣果を記録している。取材当日は開始から慣れた常連さんが怒涛の勢いで数を伸ばし、トップは2本竿の274匹。12人が竿を出し、7人が束釣り達成。富津沖は水深4~5mと浅場で釣りやすいのが魅力。
更新: 2019-08-22 07:00:00
相模湾のコマセカツオ&キハダが8月1日に開幕。今シーズンはかなり良さそうだ! 開幕当初こそコマセにつかなかったが、「思った以上に湾内に魚が入っています。今年は期待できますよ」と小坪港「洋征丸」の高木洋征船長。
更新: 2019-08-21 07:00:00
「2019ダイワ カワハギオープン全国大会一次予選」(主催:ダイワ)が10月6日(日)~17日(木)(関東地区)に久比里地区、勝山地区で開催される。
更新: 2019-08-20 12:00:00
人気の高い東京湾のタチウオジギング。7月下旬現在、長浦港の「こなや」では、湾口部の大貫沖、富津沖、走水沖、観音崎沖、猿島周りといったメジャーポイントを中心に転戦中。F7=指7本という大型が連日のようにキャッチされている。
更新: 2019-08-20 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読