MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
とても美味!静岡・焼津沖のタチウオでドラゴンサイズを狙え!

とても美味!静岡・焼津沖のタチウオでドラゴンサイズを狙え!

焼津沖のタチウオ釣りが好調だ。一番の魅力は、良型が狙えること。1㎏オーバーのドラゴンサイズから2㎏を超すモンスター級まで!特大サイズを求めて通うファンが多いのが特徴だ。

perm_media この記事の画像ギャラリーをチェック! navigate_next

深夜から早朝の涼しい時間に狙うから 暑い夏にピッタリの焼津沖タチウオ!

掛けるまでの駆け引きがおもしろく、ヒットしてからもパワフルな引きで楽しませてくれる。
そして、食べても美味しいタチウオが、焼津沖で順調に釣れている様子。
そこで、6月23日に、焼津港「貴政丸」へ取材に出掛けてきた。

開始からしばらくは 拾い釣りの模様

焼津沖のタチウオポイントは港からすぐ

焼津エリアのタチウオは夜狙うので、出船は夜中になる。午前1時過ぎに、船のエンジンがかかった。
船の明るいLEDライトの照明が点灯すると、船全体を灯りが照らした。

受付を済ませたお客さんが次々と乗り込み、準備を始めている。
受付をしていた塚田貴政・若船長に挨拶を済ませた後、状況を聞いてみると

「タチウオが相手だから、釣果に浮き沈みはあるけれど、今年は、コンスタントに釣れていますね。
普通ならこの時期に、一時釣れなくなるんだけど、ずっと釣れ続いています。ありがたいことです」と答えてくれた。

当日は、釣り人12名が乗船。
ルアー釣り2名が右舷ミヨシに入り、エサ釣り10名が他の席に座って、午前2時に出船。

仕掛けは、片テンビンにオモリ100号。付けエサには、サンマの切り身を使う。
ハリスは8~10号×2m前後。ハリは大型が期待できることから、タチウオバリの2/0〜3/0サイズ。

ハリ数は1本または2本。狙う水深が浅く、夜の釣りであることから、
トラブルが少ない1本バリが貴政・若船長のオススメだ。

また「自分の仕掛けは、ハリスをハリの軸に結ぶようにして作ってます。ハリの掛かりが違いますよ」と船長。
タチウオ用のハリは、チモト部分が環付きになっているものが多い。

環にハリスを結ぶと、ハリが首を振ってしまい掛かりが悪くなるのだそう。仕掛け作りで参考にしたいポイントだ。
ルアーは80~100gのジグが中心。
潮が速い時や、タナが100mちかいポイントも狙うことがあるので、150〜200gまで用意しておくといい。

ポイントまでは近く、5分ほどで到着。タチウオ狙いの僚船が数隻が集まっていた真沖で、
「始めてください。水深は35m。32〜25mの間を探ってください」と合図が出て釣りスタート。
一斉に仕掛けが下ろされた。

焼津沖のタチウオ釣りでは、エサ釣りの場合、置き竿でじっくり狙うスタイルが主流になっている。
そのため、食い込みの良い6対4~7対3調子で、長さ2.5m前後の竿を使う人が多い。

釣り方は、置き竿のまま電動リールのスロー巻き上げで、指示ダナの間を探ってくる。
もしくは、タナを決め打ちして、じっくりと待つ。

開始からしばらくは、拾い釣りの模様。
アタリは、出ているようだが、タチウオに食い気がない様子で、
付けエサのサンマを食いちぎられて上がってきている姿がチラホラ。

また、ヒットしても外れてしまうことが多いようだ。
それでも、本命のタチウオがポツポツと釣れているなか、左舷ミヨシ2番の釣り人に、強い引きが訪れて、
3㎏オーバーの良型マダイをゲット。

若船長こだわりの仕掛け。自作する場合も参考にしたい!

水中ライトは必携

4時頃になると 時合いに突入!

周りが明るくなり始めた4時頃になると、時合いに入ったようで、一気にアタリが活発に!
あちらこちらで竿が大きく曲がり、やり取りしている姿が見られた。連続で釣り上げている人もいる。

食い気が立ってくると、サイズも良くなってきた。中~小型もまじってはいるが、
指3~4本の良型タチウオが多くなってきている。

ゆっくりと巻き上げているだけで掛かったり、仕掛けを落とした途端にアタックしてきたりと、
ヒットパターンはいろいろある。見ている感じでは、最初のアタリがあったら竿先を下げて待ち、
次に大きく引き込んだ時にアワせるとフッキングするパターンが多いよう。

最初は、アタリの少なかったルアー組も、エサ釣りと変わらないペースでアタリが出ている。
ミヨシ側に入ったアングラーは、1㎏級の良型をゲット。皆さん強い引きを楽しんでいた。

最後は静岡沖に移動 好調にアタった!

6時を回った頃になると、活発な食いも一段落した様子。
そこに、僚船から「釣れているよ」の情報で、若船長は移動の合図。
20分ほど走り、静岡沖にできた15隻ほどの船団に合流して再スタート。

タナは80~90mと深くなったが、1流し目から6名にヒット。サイズは指3本級で、ほぼ揃っている。
アタリが少なくなると、船長は移動して、反応に当て直してくれるお陰で、流しの度にヒットが続いていった。

「もう少しで時間だけど、配ったエサがなくなるまでやりますからね。最後まで頑張って!」と
若船長は、釣れていることからプチ延長をしてくれ8時30分過ぎに終了。

トップは30本。ほとんどの方が20本ちかくを釣り上げ帰港となった。

「夏に向かって、新しい群れが、どんどん入ってきますから、サイズも数も期待できますね」と若船長。
これから暑い夏がやってくるが、釣りの時間帯は夜。涼しい時に釣りをして、
帰り道は空いている朝方に走れるのでスイスイ。

渋滞がなければ東京からでも、午前中には家に着ける。夏にピッタリの釣り物だ!

夜中出船して朝帰港だから 暑くなる夏場にピッタリ!焼津沖のタチウオ釣行レポート

焼津沖のタチウオは大型、良型が期待できる!

焼津沖のタチウオは食味がいいのも魅力!

メタルジグにヒット

これはビックリ、3kgオーバーのマダイも掛かった

ルアー(メタルジグ)でも狙える!

タチウオは引きも楽しい!

夜明けの地合いに釣れた良型

「貴政丸」は深夜に出船して朝まで狙う

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・焼津「貴政丸」

焼津沖のタチウオが順調に釣れている。

「例年ならば、一時釣れなくなる時期なのですが、今年は、切れることなくずっと釣れ続いていますよ」と
話すのは焼津港「貴政丸」の塚田貴政・若船長。
幽霊魚とも呼ばれるタチウオ。それゆえ釣果にムラが出てしまうが、トップ20‌〜‌30本という模様が続いている。

焼津沖のタチウオ釣りの一番の魅力は、型物が狙えること。
1㎏オーバーのドラゴンサイズが望め、時には2㎏を超すモンスター級が飛び出すこともある。
特大サイズを求めて通うファンが多いのも特徴だ。

また、食べて美味しいことがもう一つの魅力。「タチウオは、サクラエビやシラスを食べているので、
甘みが強く美味しいですよ」と塚田昌彦・大船長が言うように、
定番の刺身、塩焼き、テンプラは間違いなく美味しい! 

クセのない白身は、色々な料理にアレンジできるので、アフターフィッシングもバッチリ!
美味しくたっぷり楽しめる。
「夏に向かって、群れがどんどん入ってきます。数、型ともに期待できそうですよ」と貴政・若船長。

夜中に出船して、朝帰港する出船形態は、涼しい時間帯に釣りをする。
暑くなるこれからの季節にはピッタリな釣り物だ!

以上の記事は「つり丸」2019年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。
駿河湾・沼津沖のタチウオゲームが面白い。タチウオの群れは濃い!夕マヅメから楽しむゲームはいろいろ。ジギング、エサ釣り、テンヤサーベルテンヤなんでもOKだ!
相模湾の定番メニューになりうる、タチウオゲームのタックルとは!?ロングランで楽しめている相模湾のタチウオジギング。エキスパート2人のタックルセレクトを中心に紹介する。
絶好調の湧きをみせる東京湾の美味しいマダコ。テンヤと餌木のどちらもOK!本牧港「長崎屋」のマダコは年内いっぱい狙う予定。お正月用のマダコを釣りに行こう!
茨城エリアのテンヤマダイがベストシーズン!アタリ多く数釣りが楽しめ、良型&大型もヒット!青物や根魚などゲストも豊富!タックルやラインシステムは万全の態勢で!
最新記事
茨城・鹿島沖、今 期も例年通り大型ラッシュで開幕!ラッシュからの乗り継続中!コツはソフトな誘いとステイ!浅場でパラソル級の多点掛けを満喫しよう!
東京湾のシーバスジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」取材日は数はもちろん、スズキクラスも連発!水温が上昇に転じれば活発に食い始めるのもパターンだ!
コマセに混ぜるだけ!シマアジをきらめきと匂いで誘う添加剤 「シマアジキラーbyエイト」
鹿島沖では例年になく水温が高く、活性が高い魚が多く、いろいろな魚種がまじって五目釣り感覚で楽しめている。取材当日は本命マダイがまじる展開!中ダイクラスのヒットも!!
開拓から5年目を迎えた犬吠沖のアカムツは、人気・実績ともにますますヒートアップ!波崎港「仁徳丸」の取材日では、大型まじりで3名が規定数の10匹に到達。

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル