良型多く釣り味も抜群、秋も走水沖の美味しいアジを狙おう【走水沖】

良型多く釣り味も抜群、秋も走水沖の美味しいアジを狙おう【走水沖】

潮がかっ飛び、130号のビシがどんどん流される。スプーを親指で押さえ、数回止めながら底を取った。2m巻き上げ、コマセを振ってアタリを待つ。30秒ほど待ってから、再び底を取り、コマセを振ると穂先がギュギュッと絞り込まれる。ビシを巻き上げ、ハリスを手繰ると30㎝を超えるアジが水面下に現れた。


アジの刺身はコリコリ感を味わいたければ釣った当日、ねっとりした味わいが好きなら翌日、中型で幅広のアジが一番美味しい

取材当日は良型が多かった。

35㎝を超える良型は嬉しい!

良型アジは引きも楽しめる。

体高のある美味しそうなアジをゲット!

ビシは130号、コマセはイワシミンチ。

付けエサはアカタン。

慣れた人はクーラーいっぱいの釣果!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「海福丸」。

走水沖のアジは周年狙えるが、初秋に入り、佳境を迎えている。
「潮が速い時もありますが、そんな時はサミングしながらビシを落とします。底から3m上を狙うので、2m上げてコマセを振り、もう1m上げます。まめにコマセを振る人が釣るので、どんどん入れ替えてください」と、走水港「海福丸」の梅澤直樹船長は言う。
釣り場は港から10〜15分の走水沖で、水深は40〜60mを攻める。サイズはまちまちだが良型が多い。
取材当日も開始から10分で型を見たが、コマセが効くと貸し竿の初心者にも30㎝超の良型が一荷で上がった。
130号のビシでも竿がギュンギュン絞り込まれる。ハリが上顎に掛かっていれば抜き上げられるが、型が良ければタモを使って取り込む方が確実だ。
アジはどう料理しても美味しいが、船長によれば、刺身はコリコリ感を味わいたければ釣った当日、ねっとりした味わいが好きなら翌日で、中型で幅広のアジが一番美味しいという。
大型も刺身以外なら、血合骨を抜き「大アジフライ」がお勧めだ。こんなアジフライは釣らないと食べることができない。
「海福丸」は午前船、午後船と好きな時間帯で楽しめるうえ、貸し道具や仕掛け等も充実している。さあ、この秋は大型のアジを狙ってみよう。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


アジ 走水沖 海福丸

関連する投稿


暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

昨年の夏場は、東京湾のアジが広範囲で絶好調続きだった。今シーズンも同じように好調が続いている。走水港「吉明丸」では走水沖をメインに狙って、35㎝前後の良型を主体に、トップ50匹以上を記録することもしばしばだ。今回の取材では、走水沖40m前後を狙って、トップは60匹だった!


ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

午前、午後の二便で出船中の大津「小川丸」のマアジ船は、猿島沖〜観音崎沖を中心に周年を通して楽しめる。この海域のアジは、黄金色に輝き幅が広く脂の乗りも抜群。ブランドアジとして人気が高い。


脂ノリノリの金ピカアジばっかり! 東京湾のアジの釣り方(こなや丸)

脂ノリノリの金ピカアジばっかり! 東京湾のアジの釣り方(こなや丸)

東京湾のLTアジはここ最近、不調という話を聞かない。水温が低下する2~3月でさえ浅場で食いが続き、いまや年中絶好調な釣りと言えるだろう。LTといえどもサイズが良く、脂の乗りはバッチリで、最も人気の高い釣りと言っても過言ではないだろう。


2魚種狙いで釣る! アジ&タチウオリレーが面白い!(福よし丸)

2魚種狙いで釣る! アジ&タチウオリレーが面白い!(福よし丸)

鴨居大室港「福よし丸」では、東京湾の二大人気ターゲットがリレー船で同時に楽しめる。タチウオは活性の高い早朝を狙って、太陽が高くなると名物ブランドアジにリレーする嬉しいシステムだ。


片貝沖のLT五目が午後船で楽しめる! アジ&ハナダイリレー(勇幸丸)

片貝沖のLT五目が午後船で楽しめる! アジ&ハナダイリレー(勇幸丸)

動画共有サイトの「You Tube」で「yukoumaru」と入力して、検索してみていただきたい。片貝旧港「勇幸丸」の市東吉雄船長が、シマノ「スポーツカメラ」で撮影した海中の様子を数多くアップしているのだ。その中のハナダイの映像を見れば、きっとそのハナダイの数の多さにビックリするはずだ。


最新の投稿


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

夏のまっ盛りに開幕した東京湾のタチウオ、今シーズンも魚影は濃いようで、良い日はトップ30本前後の釣果が聞こえていた。光り輝く銀色の魚体に会いに向かったのは、シーズンを通してタチウオ乗合を出船している金沢漁港の「鴨下丸」。


暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

昨年の夏場は、東京湾のアジが広範囲で絶好調続きだった。今シーズンも同じように好調が続いている。走水港「吉明丸」では走水沖をメインに狙って、35㎝前後の良型を主体に、トップ50匹以上を記録することもしばしばだ。今回の取材では、走水沖40m前後を狙って、トップは60匹だった!


ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

午前、午後の二便で出船中の大津「小川丸」のマアジ船は、猿島沖〜観音崎沖を中心に周年を通して楽しめる。この海域のアジは、黄金色に輝き幅が広く脂の乗りも抜群。ブランドアジとして人気が高い。


相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

コマセ釣りが解禁して間もなく、相模湾にカタクチイワシが回遊し、突如としてルアーの釣果が上向いた。各所でトリヤマが立ち、キハダが巨大な水飛沫を上げてボイルしているのだ。さらにアベレージサイズも25〜30㎏とひと回り大きくなり、非常にエキサイティングな状況となっている。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読