良型多く釣り味も抜群、秋も走水沖の美味しいアジを狙おう【走水沖】

良型多く釣り味も抜群、秋も走水沖の美味しいアジを狙おう【走水沖】

潮がかっ飛び、130号のビシがどんどん流される。スプーを親指で押さえ、数回止めながら底を取った。2m巻き上げ、コマセを振ってアタリを待つ。30秒ほど待ってから、再び底を取り、コマセを振ると穂先がギュギュッと絞り込まれる。ビシを巻き上げ、ハリスを手繰ると30㎝を超えるアジが水面下に現れた。


アジの刺身はコリコリ感を味わいたければ釣った当日、ねっとりした味わいが好きなら翌日、中型で幅広のアジが一番美味しい

取材当日は良型が多かった。

35㎝を超える良型は嬉しい!

良型アジは引きも楽しめる。

体高のある美味しそうなアジをゲット!

ビシは130号、コマセはイワシミンチ。

付けエサはアカタン。

慣れた人はクーラーいっぱいの釣果!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「海福丸」。

走水沖のアジは周年狙えるが、初秋に入り、佳境を迎えている。
「潮が速い時もありますが、そんな時はサミングしながらビシを落とします。底から3m上を狙うので、2m上げてコマセを振り、もう1m上げます。まめにコマセを振る人が釣るので、どんどん入れ替えてください」と、走水港「海福丸」の梅澤直樹船長は言う。
釣り場は港から10〜15分の走水沖で、水深は40〜60mを攻める。サイズはまちまちだが良型が多い。
取材当日も開始から10分で型を見たが、コマセが効くと貸し竿の初心者にも30㎝超の良型が一荷で上がった。
130号のビシでも竿がギュンギュン絞り込まれる。ハリが上顎に掛かっていれば抜き上げられるが、型が良ければタモを使って取り込む方が確実だ。
アジはどう料理しても美味しいが、船長によれば、刺身はコリコリ感を味わいたければ釣った当日、ねっとりした味わいが好きなら翌日で、中型で幅広のアジが一番美味しいという。
大型も刺身以外なら、血合骨を抜き「大アジフライ」がお勧めだ。こんなアジフライは釣らないと食べることができない。
「海福丸」は午前船、午後船と好きな時間帯で楽しめるうえ、貸し道具や仕掛け等も充実している。さあ、この秋は大型のアジを狙ってみよう。

関連するキーワード


アジ 走水沖 海福丸

関連する投稿


観音崎沖のタチウオ&アジのリレーが凄くイイんです!【観音崎沖】

観音崎沖のタチウオ&アジのリレーが凄くイイんです!【観音崎沖】

鴨居大室港を離れた「福よし丸」は観音崎沖へと波をかき分けて進んだ。このところの悪天候に3日ぶりとなる出船だ。はたしてタチウオ&アジたちはお腹をすかせて待っていてくれるだろうか。


たくさん釣れて食味も最高だっ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

たくさん釣れて食味も最高だっ! 東京湾のLTアジ【東京湾】

春先からずぅーと好調続きの東京湾のアジ、中でもライトタックルで狙う半日船なら安・近・短でビギナーや家族連れにも最適だ。


晩秋の日本海…昼マダイ・夜アジ・アオリを釣る【新潟下越・間瀬沖】

晩秋の日本海…昼マダイ・夜アジ・アオリを釣る【新潟下越・間瀬沖】

秋の日本海。冬の将軍の到来を前に海の生き物たちは活発だ。霊峰・弥彦山のふもとにあたる新潟県下越・間瀬港前では、コマセ釣りでマダイ、夜はエギングでアオリイカ、アジングで良型アジが活発に釣れているのだ。


良型幅広超絶美味アジ、釣るなら今しかないぞ!!【東京湾・走水沖】

良型幅広超絶美味アジ、釣るなら今しかないぞ!!【東京湾・走水沖】

9下旬の取材頃はぷっくりまん丸体型の良型アジが、トップで50〜60匹と絶好調。帰宅してさばいてみると、お腹の中には白い脂の塊がたっぷり入っていて、身は甘みが強く、刺身やタタキ、塩焼きなど、どんな料理にしても超絶美味。そんな美味しいアジが、今ならよりサイズ良く、より数釣れて、より釣り易いとなれば、これは行くしかないぜ!


一度の乗船で二倍の楽しみ、リレーで楽しむタチウオ&アジ【東京湾】

一度の乗船で二倍の楽しみ、リレーで楽しむタチウオ&アジ【東京湾】

今回の取材は、東京湾のタチウオとビシアジのリレー釣り。事前情報ではタチウオはまずまず、そしてアジも好調。「美味しい2魚種を釣っちゃおう〜!」と、鴨居大室港「福よし丸」へタチウオとビシアジのリレー乗合に乗船してきた。


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング