MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
良型多く釣り味も抜群、秋も走水沖の美味しいアジを狙おう【走水沖】

良型多く釣り味も抜群、秋も走水沖の美味しいアジを狙おう【走水沖】

潮がかっ飛び、130号のビシがどんどん流される。スプーを親指で押さえ、数回止めながら底を取った。2m巻き上げ、コマセを振ってアタリを待つ。30秒ほど待ってから、再び底を取り、コマセを振ると穂先がギュギュッと絞り込まれる。ビシを巻き上げ、ハリスを手繰ると30㎝を超えるアジが水面下に現れた。

アジの刺身はコリコリ感を味わいたければ釣った当日、ねっとりした味わいが好きなら翌日、中型で幅広のアジが一番美味しい

取材当日は良型が多かった。

35㎝を超える良型は嬉しい!

良型アジは引きも楽しめる。

体高のある美味しそうなアジをゲット!

ビシは130号、コマセはイワシミンチ。

付けエサはアカタン。

慣れた人はクーラーいっぱいの釣果!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・走水「海福丸」。

走水沖のアジは周年狙えるが、初秋に入り、佳境を迎えている。
「潮が速い時もありますが、そんな時はサミングしながらビシを落とします。底から3m上を狙うので、2m上げてコマセを振り、もう1m上げます。まめにコマセを振る人が釣るので、どんどん入れ替えてください」と、走水港「海福丸」の梅澤直樹船長は言う。
釣り場は港から10〜15分の走水沖で、水深は40〜60mを攻める。サイズはまちまちだが良型が多い。
取材当日も開始から10分で型を見たが、コマセが効くと貸し竿の初心者にも30㎝超の良型が一荷で上がった。
130号のビシでも竿がギュンギュン絞り込まれる。ハリが上顎に掛かっていれば抜き上げられるが、型が良ければタモを使って取り込む方が確実だ。
アジはどう料理しても美味しいが、船長によれば、刺身はコリコリ感を味わいたければ釣った当日、ねっとりした味わいが好きなら翌日で、中型で幅広のアジが一番美味しいという。
大型も刺身以外なら、血合骨を抜き「大アジフライ」がお勧めだ。こんなアジフライは釣らないと食べることができない。
「海福丸」は午前船、午後船と好きな時間帯で楽しめるうえ、貸し道具や仕掛け等も充実している。さあ、この秋は大型のアジを狙ってみよう。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00
最新記事
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00
勝浦沖の浅場の根魚がおもしろい!「初栄丸」は、この時期、浅場のカサゴ・メバルで出船している。釣れる魚は良型のカサゴ、メバル主体にマハタ、アカハタ、ヒラメなども掛かるのが魅力。美味しい高級魚ばかりだ!
更新: 2019-05-24 07:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読