ショウサイフグはやっぱりココ!良型の数釣りシーズン突入【大原沖】

ショウサイフグはやっぱりココ!良型の数釣りシーズン突入【大原沖】

外房大原沖のショウサイフグが10月に解禁になった。約5カ月間禁漁でポイントを休めたおかげで、初期は特に良型が数釣れる時期だ。制限匹数である80匹に到達するのも珍しくなく、初心者でも30匹、40匹とまとまった数を釣るのが可能なのも、このショウサイフグ釣りなのである。


これからは良型だけでなく数も期待でき、制限匹数の80匹も頻繁に出る時期。味も良くなるので、楽しみは増すばかりだ

夫婦で仲良くたびたび同時ヒットも。

土砂降りの中、みなさん30匹近くずつ釣った。

おいしいキモからなくなっていく。エサが少なくなったら追加していこう。

波が高く、空アワセを頻繁に入れて掛ける作戦が良かったようだ。

口の近くに掛けられたらタイミングもバッチリだ。

仕掛けを海底に着けてアタリを見る。これもおもしろい。

うまくアタリをキャッチし、掛けた1匹はうれしい。

関連するキーワード


ショウサイフグ 大原沖

関連する投稿


これは嬉しいリレー釣り、大原沖のヒラメ&ショウサイフグ【大原沖】

これは嬉しいリレー釣り、大原沖のヒラメ&ショウサイフグ【大原沖】

ヒラメとショウサイフグ、ここではリレー釣りで絶好調の2魚種をぜいたくにゲットできるぞ。さぁ、大原沖へ行こう。


お待たせ! 待望の大原沖のヒラメが開幕だ【外房・大原沖〜太東沖】

お待たせ! 待望の大原沖のヒラメが開幕だ【外房・大原沖〜太東沖】

沖釣りターゲットの人気で常に上位にランクインするヒラメ。本格化する冬場を前に、各地で続々と解禁を迎えているが、ついに聖地でもある大原沖も開幕! ってことで、状況を確認しに出掛けてみた。


大原沖のショウサイフグ、良型主体に数釣れてます!【大原沖】

大原沖のショウサイフグ、良型主体に数釣れてます!【大原沖】

10月から解禁した大原沖のショウサイフグが好調だ。このところトップ50〜70匹前後の数釣りが続いているが、今シーズンの大原沖の魅力は数だけでなく、その型の良さがあげられる。


大原沖のヒラメは今年も当たり! 初心者にお勧めだ【外房・大原沖】

大原沖のヒラメは今年も当たり! 初心者にお勧めだ【外房・大原沖】

ヒラメを釣りたいのなら、ぜひ大原沖をオススメしたい。なぜなら、ここ大原は初心者が釣りやすい環境が揃っている海域だからだ。


鍋ネタ調達には好釣の鹿島沖のショウサイフグがお勧めだ!【鹿島沖】

鍋ネタ調達には好釣の鹿島沖のショウサイフグがお勧めだ!【鹿島沖】

冬が近づきつつある今日この頃、いよいよ鍋が旨い季節がやって参りました。魚が主役の旨い鍋は色々とありますが、ショウサイフグの鍋は特に激ウマです。さぁ、調達だ。大海へ出よう!


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング