ショウサイフグはやっぱりココ!良型の数釣りシーズン突入【大原沖】

ショウサイフグはやっぱりココ!良型の数釣りシーズン突入【大原沖】

外房大原沖のショウサイフグが10月に解禁になった。約5カ月間禁漁でポイントを休めたおかげで、初期は特に良型が数釣れる時期だ。制限匹数である80匹に到達するのも珍しくなく、初心者でも30匹、40匹とまとまった数を釣るのが可能なのも、このショウサイフグ釣りなのである。


これからは良型だけでなく数も期待でき、制限匹数の80匹も頻繁に出る時期。味も良くなるので、楽しみは増すばかりだ

夫婦で仲良くたびたび同時ヒットも。

土砂降りの中、みなさん30匹近くずつ釣った。

おいしいキモからなくなっていく。エサが少なくなったら追加していこう。

波が高く、空アワセを頻繁に入れて掛ける作戦が良かったようだ。

口の近くに掛けられたらタイミングもバッチリだ。

仕掛けを海底に着けてアタリを見る。これもおもしろい。

うまくアタリをキャッチし、掛けた1匹はうれしい。

関連するキーワード


ショウサイフグ 大原沖

関連する投稿


東京湾で秋の好シーズン! ショウサイフグ&アカメフグ【東京湾】

東京湾で秋の好シーズン! ショウサイフグ&アカメフグ【東京湾】

いまや各地で人気上昇中のフグ釣りだが、そのルーツは東京湾だ。エビエサを付けたカットウ仕掛けで丁寧に誘ってフグを寄せ、微妙なアタリを取ってアワせる東京湾のカットウ釣りはゲーム性が高く、根強い人気がある。そのフグ乗合に周年出船しているのが金沢八景の「野毛屋」だ。久しぶりの湾フグ釣り。楽しみだ!


大原沖のヒラメは今シーズンも期待度◎【外房・大原沖】

大原沖のヒラメは今シーズンも期待度◎【外房・大原沖】

外房・大原沖のヒラメの解禁初日。初日は台風通過直後で底荒れし、しかも雨が降りそうな曇天。ヒラメ釣りとしては悪条件のもとでの出船となった…。


実は絶好調なんです!! 飯岡沖のショウサイフグ【飯岡沖】

実は絶好調なんです!! 飯岡沖のショウサイフグ【飯岡沖】

捕らぬ狸は重々承知だが、今回ばかりは釣行後の計算をした。人にあげても喜ばれるし、冷凍保存も利くから自家消費もよし、の狙いは飯岡沖のショウサイフグ。ほぼ連日制限尾数の80匹をクリアしている。モチベーション激高で、向かった先は飯岡港の「龍鳳丸」だ。


掛かると横走りして、引いて楽しいテンヤマダイ【外房・大原沖】

掛かると横走りして、引いて楽しいテンヤマダイ【外房・大原沖】

大原沖のテンヤマダイは、8月から水深が浅い場所で釣れている。水深10m台の場所から、さらに浅い10m未満の場所も狙っている。中小型主体に掛かっているが、ときに大ダイもまじっている。数はいい日にはトップ10匹前後を記録するときもあるのだ。


目立たないけど根強い人気のオニカサゴ、2㎏級も狙えます【大原沖】

目立たないけど根強い人気のオニカサゴ、2㎏級も狙えます【大原沖】

四季を通じてさまざまな魚が釣れる大原沖。周年狙えるマダイを始め、秋から冬にかけてのヒラメ、ショウサイフグ、春から初夏にかけてのヤリイカ、イサキと人気の釣りものがそろう。その中で、ややマイナーな感もあるが、見逃せない釣りものがオニカサゴだ。


最新の投稿


トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

銚子沖のヒラメが「釣り場も釣り座もまんべんなくどこでもアタるようになってきた」との情報を得て、8月下旬に釣行した。お世話になったのは銚子外川港の「福田丸」。早春から梅雨時までのメヌケを中心とした深場釣りと、それ以外の時季はヒラメをメイン看板に掲げ、ハイテク機器満載の大型船と優しい人柄の船長でも人気の船宿だ。


「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

五月病はあるが十月病はないと思っていたら、近所の釣り名人たちが、その十月病になってしまったようだ。みなそわそわ、外房に行こうか、伊豆に行こうか? 釣りものが多すぎてノイローゼ気味。ハガツオを塩に埋めて半月。塩出しして半月干して作った塩ガツオを削る。これを肴に酒を飲みながら、美味しい魚待ってるよー。


開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

平潟沖のマダラ釣りが開幕し、安定釣果が続いている。今は大型が多く10㎏級も期待できるぞ! そうと聞いたら、思わずマダラ釣りが大看板の「第十五隆栄丸」に乗り込んでしまいました。


那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊港「かもめ丸」の岡部喜代治船長は今年のムラサキイカの状況についてこう話した。「昔は、スルメの終盤になるとまじりだして、8月になれば毎年いくらでも釣れたんだけど、最近はよくなかったよね。今年は久しぶりの当たり年です!」。「久しぶりの当たり年」…その当たりっぷりを確かめるために、いざ、那珂湊港へ!


「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

長野に出張していた友人が色とりどりのキノコ、リンゴにブドウをお土産にくれた。収穫の秋まさに来たれり、と感じながら、栗ご飯に、サンマ飯を大食い。とうとう体重が三桁に近づいてしまった。今夜は低カロリーのタマカイの湯引きで一杯だ。これなら体重増えないだろう?


ランキング


>>総合人気ランキング