ショウサイフグはやっぱりココ!良型の数釣りシーズン突入【大原沖】

ショウサイフグはやっぱりココ!良型の数釣りシーズン突入【大原沖】

外房大原沖のショウサイフグが10月に解禁になった。約5カ月間禁漁でポイントを休めたおかげで、初期は特に良型が数釣れる時期だ。制限匹数である80匹に到達するのも珍しくなく、初心者でも30匹、40匹とまとまった数を釣るのが可能なのも、このショウサイフグ釣りなのである。


これからは良型だけでなく数も期待でき、制限匹数の80匹も頻繁に出る時期。味も良くなるので、楽しみは増すばかりだ

夫婦で仲良くたびたび同時ヒットも。

土砂降りの中、みなさん30匹近くずつ釣った。

おいしいキモからなくなっていく。エサが少なくなったら追加していこう。

波が高く、空アワセを頻繁に入れて掛ける作戦が良かったようだ。

口の近くに掛けられたらタイミングもバッチリだ。

仕掛けを海底に着けてアタリを見る。これもおもしろい。

うまくアタリをキャッチし、掛けた1匹はうれしい。

大原沖のショウサイフグが10月に解禁した。同エリアでは資源保護のため、5月から9月までを禁漁期間とし、この10月に一斉にスタート。約半年間ポイントを休ませていることで、大型が数釣れるため、この日を心待ちにした多くのファンが駆けつける。しかし、今年は連続する台風により、解禁日の2日(1日は月曜日のため大原エリアは休船日)は出船を見合わせ、3日の出船となった。
ところが、この日は台風18号が小笠原沖を通過する影響で、朝から大雨、大風、大波という三重苦の中での出船となった。そんな状況下でも、この日を楽しみにしていたファンたちの顔は一様に明るい。
波を蹴立ててポイントに到着。いきなりの入れ乗りを期待したが、しばらく沈黙が続く。
みんな空アワセのペースを早めていくと、プクーっとふくれたショウサイフグがあがり出す。潮も速く、オマツリも多発したが、いいポイントに入ると連続で竿を曲げるシーンも。
これからは、良型だけでなく数も期待でき、制限匹数の80匹も頻繁に出る時期。味も良くなるから、楽しみはますばかり。鍋もそろそろ恋しいですね。

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


ショウサイフグ 大原沖

関連する投稿


中小型が多い時期でもとにかく狙いは大ダイ! (LT広布号)

中小型が多い時期でもとにかく狙いは大ダイ! (LT広布号)

秋のマダイ釣りは、中小型の数釣りが楽しめるシーズン。外房・大原沖のひとつテンヤマダイも8月に入ると水深10〜20mの浅場で中小型主体に数釣れる日が多くなっている。そして、それに大ダイ、中ダイがまじっているのだ。


狙うは2kg級の大型オニカサゴ! 仕掛けと釣り方を解説(松栄丸)

狙うは2kg級の大型オニカサゴ! 仕掛けと釣り方を解説(松栄丸)

オニカサゴは周年を通して狙えるターゲット。鍋にすると美味なこともあり、とくに冬場に人気がある。「冬場のターゲット」という認識を持っている人も多いのではないだろうか?しかし、オニカサゴは夏場も好シーズンだ。


浅場で活発! 数釣り可能! 飯岡沖の夏のショウサイフグ(龍鳳丸)

浅場で活発! 数釣り可能! 飯岡沖の夏のショウサイフグ(龍鳳丸)

今年の飯岡沖はショウサイフグの魚影が濃く、飯岡港「龍鳳丸」では好釣果が続いている。


脂ノリノリの激うまイサキが大原沖で爆釣だー!(敷島丸)

脂ノリノリの激うまイサキが大原沖で爆釣だー!(敷島丸)

今期は出遅れ気味だった大原沖のイサキが、水温の上昇と共にようやく本格化。活性はもちろん、ナイスサイズ連発でファンを魅了している。


釣って楽しい食べても旨い! 周年釣れる大原沖のオニカサゴ(力漁丸)

釣って楽しい食べても旨い! 周年釣れる大原沖のオニカサゴ(力漁丸)

大原港「力漁丸」のオニカサゴが、好釣果継続中だ。取材日から一週間のトップの釣果をさかのぼってみると、5、9、8、7、6、5と好釣果で推移している。また、スソがゼロの日は、この一週間のうちで一日しかない。さらに、アベレージサイズは1㎏前後で、最大は2.1㎏だ。


最新の投稿


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

夏のまっ盛りに開幕した東京湾のタチウオ、今シーズンも魚影は濃いようで、良い日はトップ30本前後の釣果が聞こえていた。光り輝く銀色の魚体に会いに向かったのは、シーズンを通してタチウオ乗合を出船している金沢漁港の「鴨下丸」。


暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

昨年の夏場は、東京湾のアジが広範囲で絶好調続きだった。今シーズンも同じように好調が続いている。走水港「吉明丸」では走水沖をメインに狙って、35㎝前後の良型を主体に、トップ50匹以上を記録することもしばしばだ。今回の取材では、走水沖40m前後を狙って、トップは60匹だった!


ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

午前、午後の二便で出船中の大津「小川丸」のマアジ船は、猿島沖〜観音崎沖を中心に周年を通して楽しめる。この海域のアジは、黄金色に輝き幅が広く脂の乗りも抜群。ブランドアジとして人気が高い。


相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

コマセ釣りが解禁して間もなく、相模湾にカタクチイワシが回遊し、突如としてルアーの釣果が上向いた。各所でトリヤマが立ち、キハダが巨大な水飛沫を上げてボイルしているのだ。さらにアベレージサイズも25〜30㎏とひと回り大きくなり、非常にエキサイティングな状況となっている。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読