MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
釣る前に、食べる前に、オキザヨリという魚を知ろう!

釣る前に、食べる前に、オキザヨリという魚を知ろう!

オキザヨリとは、ダツ目ダツ科テンジクダツ属に分類される大型魚。 本州以南の沿岸の表層域を回遊している。体長1mを超え細長い。

perm_media 《画像ギャラリー》釣る前に、食べる前に、オキザヨリという魚を知ろう!の画像をチェック! navigate_next

オキザヨリ (ダツ目ダツ科テンジクダツ属)の生態

本州以南の沿岸の表層域を回遊している。

生息域は非常に広く世界中の熱帯域、亜熱帯域、温帯域でみられる。
体長1mを超え細長く、嘴があり歯が鋭く、尾柄部(尾鰭のつけ根)に隆起がある。

九州南部やトカラ列島ではよく食べられているようで、専門の漁もあるようだ。

戦前から青森県以南の本州に生息してはいたが、それほどたくさんいたわけではなく、
小田原で聞く限り、珍しい魚だったという。

それが数年前からまとまってとれるようになっている。
実際に磯や堤防からのルアーによくかかるとのことだ。

漢字にすると「沖細魚」となるくらいだから、沖合にいるはずだが、
今のところ相模湾の船釣りで釣れたというのは知らない。

オキザヨリの値段は?

本種が東京都内の築地市場(現豊洲市場)に登場し始めて、
まだ数年くらいではないかと思う。最初はまったく売れない魚で値のつかない状態だった。

それが昨年辺りから徐々に値を上げてきている。刺身にしておいしいことがわかってきたからだ。

それでも高級魚とは言えず、高くても1kgあたり卸値1000円くらい。
1尾で700gくらいしかないので、だいたい1尾で卸値700円前後というところだ。

「オキザヨリ」の寿司…うま味と酸味があり、微かに苦みがある個性的な味わい!

市場の釣り名人、クマゴロウからシマアジとイサキが、
『市場寿司』のご常連さんからタコが来た。
今年は東京湾のマダコが豊漁のようで、乗合船も満員御礼だとか?

どれもとてもうまいので、ついつい手が伸びる。明らかに糖質過多だ。
腹が一回り以上膨らんだ気がする。

『市場寿司』で腹をさすりながら、
「すし太りだあ〜。どうしよう」

「何キロ増えたの」
「五キロだけど」
「バカ言ってんじゃないの、百キロが五キロじゃ、だれもわかんね」閑話休題。

膨大なデータベースを管理していると、画像のなかで同定が不安な種が出てくる。
世界中の暖かい海域にいる大型のダツの仲間もそうだ。

通っている小田原でダツ類があれば手に入れ、全国の仲間にもお願いして集めている。
ある晴れた日にそれはやってきた。ボクの知人のなかでもっとも危険な釣り師からだ。

この方、帰郷中のボクのところに、現れたことがある。
住んでいるところは和歌山県最南端の町。徳島の我が町まで何時間かかったのだろう? 

しかもボクは帰郷するとは書いていない。FBとサイトの不在案内だけで探り当ててきたのだ。
彼は白土三平の大ファンなのだ。まるで忍者、サスケのようだ。

見た目は至って普通のサラリーマンのオヤジだが、
釣りとか、狩猟とか、山菜・キノコ採りに関しては天才である。

むかしネマガリタケを段ボール箱三杯送ってきてくれたことがある。
ブリなんてマグロ用の発泡に5箱も来て、腰を抜かしたことも。
ただし、今回は、意外にも1メートル弱を5本だけだった。

この危険な釣り師は漁船を持っていて、漁協にも入っている。
考えてみると釣り師ではなく漁師かも。

「港の前で小一時間の釣果です」
翌日も送ったからと、ケータイがあった。いろいろ聞くと、
(南紀州の)沿岸に広く群れているのだという。

ルアーを投げればどんどんくる。シイラもヤイト(スマ)も釣れるが、
ダツがいちばん多いらしい。

でかいダツが5本あっても仕方ないので、『市場寿司』に丸投げする。
三枚に下ろして、たかさんが、

「うぎゃあああー、ああああ」
「青いのね」

「骨の青い魚初めて見た」
「初めてじゃないでしょ」

最近、たかさんの記憶力がどんどん低下している。老化現象かな?
さて、三枚に下ろすまではよかったが、血合い骨が抜けない。

「ええええーいしょ!」
大げさだが、骨は太くて長くて筋肉に食い込んでいるので、力はいるのだろう。
がんばった後に切りつけた身がとても美しかった。

「昔のウチのハニーよりもきれい」
ウチのハニーの昔は知らないけれど、本当にビューティフルだ。

「たかさん、味もビューティフル」

ダツと言っても、標準和名のオキザヨリというダツ科の大型魚で、
そっくりな魚に同じく大型のテンジクダツというのがあり、
我が家の画像の同定が曖昧だったのだ。

「サヨリ」がついているのは姿がサヨリに似て、味も近いせいかもしれない。
背の青い魚を思わせるうま味と酸味があり、後味が爽やかなのは、微かに苦みがあるせいだ。

この味わいの個性的なところがすしダネとしていいのである。
すし飯と混ざり合っても味負けしない。

翌日は最初の四倍二十尾がきた。面倒なので、たかさんに丸投げすると、意外にも喜んだ。
その日もたっぷりつまんだが、飽きの来ない味だ。

さて、またケータイで、「今度は量が多いので、届けに行きます」と言ってきた。ボクは旅に逃げた。
たかさんを置き去りにして。

◆協力『市場寿司 たか』
八王子市北野八王子綜合卸売センター内の寿司店。店主の渡辺隆之さんは寿司職人歴40年近いベテラン。ネタの評価では毎日のようにぼうずコンニャクとこのようなやりとりをしている。本文の内容はほとんど実話です。

文責/ぼうずコンニャク
魚貝研究家、そして寿司ネタ研究家。へぼ釣り師でもある。どんな魚も寿司ネタにして食べてみて「寿司飯と合わせたときの魚の旨さ」を研究している。目標は1000種類の寿司を食べること。HP『ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑』も要チェック。

以上の記事は「つり丸」2019年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
カッポレ(スズキ目アジ科ギンガメアジ属)。国内では小笠原諸島、トカラ列島、琉球列島、尖閣諸島に多く生息。銭州が本種の北限かもしれない
コクハンハタ(スズキ目ハタ科ユカタハタ属)とても珍しい魚で、本州ではまだ見つかっていない模様。三重県、和歌山県で目撃したという情報があるが、残念ながら画像が不鮮明で、らしい魚としかいいようがない。
ミナミアカエソ(ヒメ目エソ科アカエソ属)相模湾、駿河湾、伊豆諸島周辺、小笠原諸島、屋久島、琉球列島、台湾、ハワイ諸島の水深80m前後の岩礁域などの間にある砂地に生息している。
ヒシダイ(スズキ目ヒシダイ科ヒシダイ属)国内では福島県でも見つかっているが、千葉県外房以南、富山湾以南に生息。
乗っ込み期は思わぬ大型も食ってくるマダイ釣り。大ダイのさばきかたを紹介します!
最新記事
お手軽に狙えて初心者にもオススメのターゲット、今回は久比里の「山天丸釣船店」さんのシロギスに乗船してきました。数釣り好調でアタリ多くビギナーにもオススメ!
最高峰の保冷力を誇る最新中型クーラー「フィクセル ウルトラプレミアム300」
いよいよ夏タチ本番!上向き傾向!!アジは安定して数釣り好調!!一度の乗船で2倍楽しめる!鴨居大室港「福よし丸」の東京湾タチウオ&アジリレーを紹介!
大原沖のイサキが開幕から絶好調!トップが定量の50匹に達する日も多く、良型主体で2〜3㎏のサイズもまじる!今後は高級ゲストのシマアジも楽しみだ!
集魚効果抜群!餌木史上初のレンズ&透明布採用餌木登場「LQ(レンズエギ透明布巻)3.5号」
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル