MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【外房・大原沖】開幕!激旨イサキ!仕掛けはカラーバリ仕様!

【外房・大原沖】開幕!激旨イサキ!仕掛けはカラーバリ仕様!

大原沖のイサキが良型主体で開幕から好調だ!7月前半の時点でもトップ50匹の定量を記録する日もある。大原沖のイサキ釣りでは仕掛けはカラーバリ仕様が主流。状況次第では高級魚のシマアジが掛かることも!

良型の数釣りが期待 シマアジがまじることも

反応が出ると船中のあちこちでアタる!

今シーズンの大原沖のイサキは、開幕から好調が続いている。
7月前半の時点でもトップ50匹の定量を記録する日もある。
そろそろシーズン終盤に突入するが、条件が良い日には安定して数釣りが楽しめている。

今回取材したのは大原港「松栄丸」。
取材は6月後半に敢行。当日は雨、風ともに強く8時に早揚がりだったが、それでもトップ36匹を記録した。

釣れるサイズは30~35cmの良型主体。釣れたイサキは、ほとんどが真子や白子を抱えていた。
今年は産卵が遅れているようで、本誌発売頃でも抱卵した個体が釣れそうな見込みだ。

そして、状況次第では高級魚のシマアジが掛かることも。キロ前後のサイズが主体だが、嬉しいお土産だ。

こちらは釣行してみないとわからないが、今後も期待できるだろう!

先調子のゲームロッドに小型両軸リールの組み合わせ

竿は7対3調子のゲームロッドやライト用がオススメ

「松栄丸」では60号のビシを使用する。
そのため竿は、60号のオモリに対応した7対3調子のゲームロッドやライト用ロッドが適している。
長さは2m前後が扱いやすいだろう。

リールは小型両軸リール。
タナは海面下10m台~20m台と浅いので、手巻きリールでも仕掛けの上げ下げは苦にならないだろう。
持っているなら小型電動リールでもOKだ。

道糸はPEラインの2号前後。リールに150~200mぐらい巻いておけば大丈夫だろう。
PEラインの1号以下を使用する場合は、先糸としてフロロカーボンの5~6号を直結しよう。

仕掛けはカラーバリ エサ無しでアタる!

道糸の先にビシを装着したテンビンを繋ぐ。
ビシはプラビシのFLサイズ、60号。下の隙間は全閉、上の穴を1⁄3~1⁄2ぐらい開けるのが基本の調整。
あとは実際釣りをしてみて、コマセが出すぎるようなら上の穴を閉じ、あまり出ないようなら上の穴を開き気味にする。

クッションゴムを介してテンビンに仕掛けをつなぐ。クッションゴムは太さ1.2~1.5mm、長さ20~30cmを使う。
仕掛けはカラーバリ仕様が大原沖のイサキ釣りでは主流になっている。

ハリスはフロロカーボンの1.5~2号。1.5号を基準に、シマアジがよくアタるようなときには2号がオススメだ。
仕掛け全長は、3本バリなら2.5~3mぐらい。

ハリはムツの9号。緑、ピンク、黄色、赤、白、青などにカラーリングされたものを組み合わせる。
このカラーリングされたハリにはエサを付けず、ハリだけでイサキが食ってくるのだ!

初めての人は信じられないと思うが、本当にハリだけで食ってくる。
しかもイサキだけでなく、各種のゲストもアタるのだ。

エサ付けの手間が省けるので、食いが立っているときは手返しが早くなる。
またエサ取りが多いときも気にすることはないのだ。

しかし、状況によってはエサを付けたほうがいい場合もある。エサはイカタンが代表的。
米粒大に小さくカットしたものを1個付けるだけでOKだ。このほかオキアミを持参するのもOKだ。

コマセはアミ。プラビシのFLサイズ60号を使用

エサを使うならイカタンが代表的/仕掛けはカラーバリが主流

指示ダナの2~3m下からコマセをまいてくる!

まず釣り座が決まったら、道具のセッティングをする。
アジの特集でも紹介しているのと同様に、竿のトモ側にコマセオケをセットする。
この配置だと、仕掛けが竿の風下側になびいて絡みが少なくなるのだ。

釣り場に着いて、「16m」という指示ダナが出たら、指示ダナの2m下までビシを下ろす。
そこからコマセをまきながら、ビシを指示ダナまで巻き上げてアタリを待つ。

ここでのコマセのまきかた次第でアタリの数が変わってくる。
取材当日は大原沖のイサキ釣りのスペシャリストである鈴木新太郎さんも同行。

新太郎さんは、食いが渋いときは、小刻みにコマセをまいて、コマセをまいたあとの待ちを長めにするという。
スローにタナ下から探っていく感じだ。

これでもアタリが遠いようであれば、置き竿でアタリを待つか、ハリにエサを付けて様子を見る。
活性が高いときは、3~4回に分けてコマセをまきながら、すばやく指示ダナまで巻き上げるようにする。

食いがいいときはコマセに突っ込みやすいので、タナを取ったあとすぐにアタりやすい。
また「探見丸」を見て反応が浮くときもコマセに反応しやすいので、活性が高いときの釣り方をするという。

アタったら追い食いを狙おう!

前述したようにコマセワークでも差が出やすいが、1匹アタってから追い食いできるかによっても釣果に差が出る!
上のイラストで示したのが新太郎さんの追い食い方法。

反応が浮かない、または掛かったイサキが下に逃げるときは、竿先を海面に向けて仕掛けを送る。
この状態で2匹目、3匹目のアタリを待つが、あまり長く待ちすぎないこと。

長く待ちすぎるとハリ穴が広がって、1匹目に掛かったイサキがバレてしまうからだ。
反応が浮いたり、活性が高いときは、1匹目がアタったらゆっくりと巻き上げていく。

引きが強くなり、重量感が増したら追い食いした証拠なので、糸を弛ませないようにして通常通りに巻き上げてくる。
食いがいいときほど追い食いしやすいので、高活性時にはぜひチャレンジしてみよう。

ダブル、トリプルが連発すれば、釣果は一気にアップするだろう!

コマセワークと誘いで!外房・大原沖イサキ釣行レポート

タナは海面下10m台〜20m台の浅場

開始早々に良型イサキのダブル!

新太郎もダブル!

釣り方が合うと連発する!

慣れた人はダブル、トリプルで取り込んでいく

嬉しい1匹

新太郎は良型を揃えた

この日釣れたイサキは30〜35㎝の良型主体。
6月末の時点ではお腹に真子や白子を抱えていた。食味も最高!

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・大原「松栄丸」

今年の大原沖のイサキは、春の開幕から好調続き。
7月前半の時点でも好釣果が記録されている。
条件のいい日にはトップが定量の50匹に到達することも珍しくない。

好調とはいえ、腕の差が出やすいのが当地のイサキ釣り。
コマセワーク、誘い、仕掛けなどでアタリの数が変わってくる。

これらがその日の状況にマッチすると一人で連発することもあるからおもしろいのだ!

取材は大原港「松栄丸」に乗船。当日は荒天で8時早揚がりだったが、
それも鈴木新太郎さんをはじめ慣れた人はコンスタントに食わせて30匹超の釣果。
早揚がりでなければ定量到達という勢いだった。

6月後半の取材時は、釣れたイサキのほとんどが真子や白子を抱えていた。
今年は産卵が遅れているようなので、この後も抱卵したイサキが釣れそうだ!

以上の記事は「つり丸」2019年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
いよいよ夏本番。走水沖ではブランドの夏アジが絶好調!連日30cm前後のジャンボサイズ主体に、束釣り(100匹)を達成して早揚がりもある。別格な美味!走水沖のビシアジは初心者や夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ。
更新: 2019-08-17 07:00:00
新子安恵比須橋の「だてまき丸」マゴチが宿の看板。一年の多くの期間をマゴチ乗合で出船しており、今シーズンも好釣果を出し続けている。これからの照りゴチシーズン!パワフルな夏マゴチの引きが堪能できるぞ‼
更新: 2019-08-15 12:00:00
平潟沖のアカムツ五目は、比較的浅場をライトなタックルで狙う波崎沖寒猫根と同様の、かなりお手軽カンタンなスタンスのアカムツ釣りだ。マゾイやアラなどプラスアルファも魅力!この夏はお好みのターゲットにチャレンジ!
更新: 2019-08-15 07:00:00
今夏は東京湾のマダコが絶好調。小柴沖のマダコは場所により小型もまじるが、2kg以上も多く、連日3〜4kg級が上がっている。最大は5.8kg!久々の爆釣シーズン!伝統的な手釣りはシンプルでビギナーにもチャンス大!!
更新: 2019-08-14 07:31:22
飯岡のシロギスは震災以来、かつての大釣りは影を潜めてしまっていたが、昨年頃から魚影復活の兆しがあり、今シーズンは爆発釣果が連発!ビギナーでも十分楽しめるので、夏休みのファミリーフィッシングにもオススメだ!
更新: 2019-08-13 07:00:00
最新記事
「アジ・サバ釣り体験教室」(主催:日本釣振興会東京都支部)が9月28日(土)に東京都平和島「まる八」(TEL 03・3762・6631、東京都大田区平和の森公園)で開催される。
更新: 2019-08-19 12:00:00
福島県小名浜沖水深120~150mの泥地でアカムツが開幕中だ。アカムツのポイントにミズダコもいるんですよ。と船長が話すのでいま流行りの2個餌木スタイルでボトムを叩くと、それがビンゴ!おいしそうなミズタコが海底から浮上してきた。
更新: 2019-08-19 07:14:43
カワハギ釣りの頂点を決めるトーナメント「ステファーノグランプリ2019」(主催:シマノ)が 9月7日(土)から関東3地区で開催される。
更新: 2019-08-18 12:00:00
大物&高級魚たちがひしめく大物釣りの聖地・銭洲が、今期も好調持続中だ。チビムロの泳がせで 良型カンパチが爆裂中!開幕から例年以上の釣果があがっている。もちろん高級五目も好調キープ。爆釣ワンダーランドの銭洲へGOだ!!
更新: 2019-08-18 07:00:00
デュエルではDUEL、YO-ZURI対象商品を2本購入するとオリジナルグッズがその場で当たる キャンペーンを7月よりスタート。
更新: 2019-08-17 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読