MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【駿河湾・沼津沖】ルアーもエサも絶好調!夜タチゲーム開幕!

【駿河湾・沼津沖】ルアーもエサも絶好調!夜タチゲーム開幕!

沼津沖の夜タチウオゲームがルアーもエサも絶好調で開幕した。連日トップ30本以上。今期はサイズもいいのが特徴!ロッドはベイトタイプ、ラインはPE0.8〜1号、メタルジグはウエイ60〜80gがメインでオススメ!

夜光のパターンでアタリの出方は異なる!

ポイントは港を出てスグ。水深は50〜60m前後を狙ったが、タナは30〜40mだ

沼津沖の夜タチウオゲームが絶好調で開幕した。
ルアーもエサも連日トップ30本以上なのだ。

しかも、今期はサイズもいいのが特徴で、7月上旬の取材でも指4本クラスが一人数本キャッチされ、
指3.5〜3本が大半。取材では出なかったが、1㎏オーバーのドラゴンも上がっている。

逆に指2本のシラガなどと呼ばれる小型リリースサイズはごくわずかだった。
つまり、トップ30本以上といってもキーパーサイズが少ないのではなく、ほとんどがキーパーであるということ。
指2本クラスが30本とは訳が違うのだ。

そこでここでは、お客さんがいないときにはタチウオの漁も行うという沼津静浦港「幸松丸」の松坂孝憲船長に、
タックルやジグなど沼津沖のタチウオゲームについて、より釣果をアップさせる秘訣を聞いた。

まずはタックルだ。
ロッドは、タチウオジギング用またはスローピッチジャークジギング用など。
いずれもベイトタイプがオススメだ。

というのも、「活性が高ければフォールでバンバンアタります」と松坂船長。
ベイトはそのアタリがあったらすぐさまアワセの態勢に入れるからだ。

ラインはPE0.8〜1号が一般的。なかには0.6号といった細いラインを使うアングラーもいるかもしれないが、
夜の船上はライントラブルがあった際に結び直すのは結構面倒なので、あまり細い糸はオススメしない。
しかも沼津沖はタナが30〜40m程度であり、潮もそんなに速くない。細いラインのメリットがあまりないのだ。

また、ライン関係で重要なのが「ワイヤーはNGです」と松坂船長。
「ワイヤーを使うと極端に食いが落ちます。ラインカットが気になるのでしたら、
太めの先糸もしくは10〜12号の太めのリーダーを使ってください」という。先糸は50 Lb程度を30㎝ほど繋げばOKだ。

メタルジグについては、
「ウエイトは60〜80gがメインです。極端に潮が速くなることも稀にあるので、120gぐらいまであればいいでしょう」

ジグカラーについては、
「これも日によって様々なですので、いろんなカラーを用意しておいたほうがいいと思います」と松坂船長。

ちなみに取材日は、潮が濁っていたということもありグロー(夜光)が入ったジグへのアタリが顕著に多かった。
「グローについても、スポットで入っているもの、ゼブラ、片面、全体が光るものとあります。
これだけでもアタリの出方が違いますので、入り方の違うタイプを揃えられたらベストでしょうね」

百均に行けば夜光シールが売られている。即席夜光ジグが作れるのだ。
これはかなりの便利アイテムなので、持っていてソンはない。しかも税込108円だ!

活性が高ければフォールばかりにヒットすることも。
タックルはフォールのアタリを取りやすいベイトが有利だ

この日圧倒的なヒットを誇ったディープライナーの「スパイV」。
できればいろんな形状とカラーのジグを用意したい

ジグアクションも色々 パターンを探ってみよう!

次は釣り方だ。
「これもジグのカラーと一緒で、その日そのときによって違います。
まずは色々試してみることが大切です」と松坂船長。

ちなみに取材日は、強めのシャクリでまずはジグの存在をアピールし、
横向きフォールで食わせる、というものにヒットが集中。

このとき、リールのハンドルはほとんど巻かない。巻けばレンジが変わってしまうからだ。
その位置でアタリがなければ、異なるレンジを探る、というわけである。

「もちろん、普通のワンピッチがよくアタることもあります。周囲をよく観察してみるのもいいと思いますよ。
魚探、つまり船の下はタチウオだらけです。それでも食わせる人と食わせられない人が出ます。
ルアーもエサもほんのちょっとしたことで違いが出ます。それがこの釣りの面白いところですね!」

長ければ年末頃まで楽しめる駿河湾・沼津沖の夜タチウオ。ぜひチャレンジしていただきたい。

駿河湾・沼津沖タチウオ ナイトゲーム絶好調!釣行レポート

暗闇のなか、船中あちこちで銀刀が次々と舞う!

指4本サイズの良型が多数ヒット。この日は出なかったが、連日1㎏オーバーもヒット中だ!

ひとたびパターンにハマれば連続ヒットも。
逆に合わなければ一人さっぱり…ということもあるのがタチウオゲームのおもしろさだ

潮が濁っている影響もあってか、グローが入ったジグにアタリが集中した

指3本半〜4本の良型に
指3本クラスがまじってトップ30本前後と好調だ

ジグにまとわりつくようにして追って来ることもあるので、スレ掛かりも多い

ジグでは良型カマスもヒット

このあたりでジンドウイカと呼ばれるマルイカもジグにヒットした

エサでも良型が多数ヒット!
エサはサンマの切り身を使用

パイプの色やタコベイトの有無やその位置などによって
食いは大きく変わる。エサ釣りもかなり奥が深い

昼は蒸し暑いが、夜はとくに風があると涼しいこともある。
羽織るものが一枚あると安心だ

ゲーム性が高く、釣って楽しく食べて美味しい沼津沖のタチウオ。
ぜひチャレンジしてみよう!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・沼津静浦港「幸松丸」

駿河湾・沼津沖の夜タチウオが例年よりも早く、しかも絶好調で開幕!

「例年この時期はまだ夜のマルイカをやっているですが、今年はもう漁師がかなり獲っていて、
それで試しに出てみたらそれが絶好調でした。サイズは指4本が結構まじって、1㎏オーバーも出ています。
数も連日トップ30本以上、日によっては50本以上となっています」と話すのは、
沼津静浦港「幸松丸」の松坂孝憲船長だ。

それを受け、早速出かけたのが7月上旬。場所取りのため、まだ明るい時間帯に港を離れる。
ポイントまではものの5分だ。

「二日前は明るい時間帯でも食ったんですが、前日は19時頃からポツポツとアタり始めました」
アンカーを入れ、準備ができた人から釣り始める。だが、この日はなかなかアタリがない。

そして周囲が暗くなってきた19時過ぎ、エサで最初の一本が取り込まれると、
その後は船中あちこちで竿が曲がる。

ジギングアングラーはいきなり指4本サイズを連発!
その後は22時半の終了まで釣れ続け、エサのトップ41本、ルアーは30本と上々の釣果となった。

松坂船長によると、開幕当初ほどいいサイズがまじる傾向にあるという。さあ、沼津へ急げ!!

以上の記事は「つり丸」2019年8月1日号の掲載記事です。

関連記事
夏の東京湾で人気のマダコ釣りが開幕!小柴港の「三喜丸」では今年も好調なスタート!トップ20杯に達する釣果もあるようだ。
秋田県男鹿半島~山形県飛島沖のウスメバル釣り。釣り上げると脂肪の塊を吐き出すほどに、脂が乗った秋田のオキメバル。絶品です!
平塚港「庄三郎丸」のヒラメ五目が激アツ!エサ釣りが案外楽しくつい夢中に!本編は白身系高級魚五目!一釣行で三度もオイシイぞ!!
駿河湾・清水沖で激うまレア魚がよりどりみどり!贅沢五目釣りが絶好調!大アラを想定してハリスは12号以上で狙う!
まるで秋のような状況!?日立久慈港「直重丸」ではアタリ多くゲスト多彩!食べ頃サイズから大型もヒット!テンヤマダイを楽しむなら日立沖がおもしろい!!
最新記事
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
鹿島沖のテンヤマゴチは、今一押しのターゲット。ガツンと強烈なアタリで40〜50㎝級が多く、60㎝級もまじる!暑さに負けず、照りゴチを満喫してほしい。
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読