話題の釣法でお手軽簡単に釣れるアオリイカ【新潟・寺泊沖】

話題の釣法でお手軽簡単に釣れるアオリイカ【新潟・寺泊沖】

一躍脚光を浴びているアオリイカの新釣法であるティップランとスパイラル釣法(スパ釣)。ここ寺泊沖でもブレイク中だ。


今期は乗りがよいと軽く一人10杯以上、30杯乗ることもザラ。この秋、超オススメの釣り物なのだ

当日、トップは20杯超え。寺泊沖のアオリイカの数は半端ないぞ。

ポイントは寺泊港の真沖。水深20〜40m。広範囲にわたり、未開拓の場所も多い。

このとおり500gを超える良型がアベレージサイズ。今期の寺泊沖はかなり熱いぞ!!

横流し釣りのため、釣り人は片弦に釣り座を設ける。船の流れるスピードに合わせて、餌木にシンカーを加えるテクニックもある。餌木がボトムから浮き過ぎないように心がけよう。

水面で激しく抵抗するアオリイカ。墨をかけられないように注意しよう。

水面での最後の抵抗の果てに、艶かな姿を見せたアオリイカ。味は絶品だ。

同時ヒット連発!!

話題のティップランとスパイラル釣法(スパ釣)だが、釣り方は超カンタン。餌木を船下に落とし、着底後、すばやく糸フケを回収しビシバシと切れのあるシャクリを3回ほどリールを巻きながら行い、「ピタっ」とロッドを止めて静かにアタリを待つ。10秒ほど待ちアタリがなければ、再び底ダチをとって、そのシャクリ動作の繰り返し、といったってシンプル。
今期は、乗りがよいと軽く一人10杯以上、30杯乗ることもザラだ。この秋、超オススメの釣り物へぜひチャレンジ。

アオリイカタックルはこうだっ!

トルクフルなファイトをみせる日本海のアオリイカ。ロッドの弾性をフルに活かしてやり取りしよう。

使用する餌木のサイズは3.5号。各社から発売されているティップラン専用餌木30〜50gを用意しよう。

中オモリ使用のシャクリ釣りでは、このようにカンナに掛からず餌木だけを抱いてあがってきた。

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連する投稿


寺泊沖・夜アジ&夜アカイカ当たり年! 仕掛け&釣り方(作十丸)

寺泊沖・夜アジ&夜アカイカ当たり年! 仕掛け&釣り方(作十丸)

7月初旬まで釣れ盛っていた寺泊のスルメイカ夜釣りも一息ついて、夏の名物「アカイカ五目釣り」が7月下旬に開幕した。「今年はアジの調子がすごく良いよ。入れ食いでイカを釣る暇がないくらいだよ」とは寺泊の遊漁船組合長の「作十丸」の五十嵐利夫船長。


アジ釣りと同船で楽しむイカメタル「ケンサキイカ」(第二八坂丸)

アジ釣りと同船で楽しむイカメタル「ケンサキイカ」(第二八坂丸)

イカメタルゲームは福井や金沢だけではない。ケンサキイカは新潟県内でも今年 は順調に釣れている。


夏の新潟でマダイ&スルメイカを楽しもう!(第一・第五なかくに丸)

夏の新潟でマダイ&スルメイカを楽しもう!(第一・第五なかくに丸)

中越エリアでもマダイは乗っ込み中だ。寺泊港「なかくに丸」では、日中午前と午後便の2便制でこの乗っ込みマダイをコマセ釣りで狙っている。


夜スルメイカ&昼乗っ込みマダイ当たり年!(第一・第五なかくに丸)

夜スルメイカ&昼乗っ込みマダイ当たり年!(第一・第五なかくに丸)

新潟県中越の遊漁船の基地、寺泊。6月7月は、落水沖の魚礁周りで乗っ込みマダイが本格化する時期。同時に寺泊沖の夜釣りのスルメイカが開幕している。


自己記録更新を狙うなら今だ! 寺泊沖乗っ込みマダイ(作十丸)

自己記録更新を狙うなら今だ! 寺泊沖乗っ込みマダイ(作十丸)

新潟県内のマダイの沖釣り事情は、乗っ込み期の中盤にさしかかり、「数釣りの上越エリア」と「型狙いの寺泊エリア」に二極化されている。今回は5月下旬から良型マダイをコンスタントにあげている寺泊港「作十丸」五十嵐利男船長を頼りに取材した。攻めるポイントは例年良型の実績がある山田沖から落水沖のエリアである。


最新の投稿


南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

南房・乙浜沖で絶品オニカサゴを狙ってみよう!(真寿海丸)

オニカサゴが冬の釣り物だと認識している釣り人が、ひょっとしてまだいるんじゃないだろうか? 鍋にして食べると旨いオニカサゴだから、冬の釣り物というイメージが着いてしまっている感がある。


浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

浅場〜深場まで広い反応!タチウオシーズンは第2ステージへ(鴨下丸)

夏のまっ盛りに開幕した東京湾のタチウオ、今シーズンも魚影は濃いようで、良い日はトップ30本前後の釣果が聞こえていた。光り輝く銀色の魚体に会いに向かったのは、シーズンを通してタチウオ乗合を出船している金沢漁港の「鴨下丸」。


暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

暑い夏は早朝出船便で楽しむのがオススメ! 東京湾のアジ(吉明丸)

昨年の夏場は、東京湾のアジが広範囲で絶好調続きだった。今シーズンも同じように好調が続いている。走水港「吉明丸」では走水沖をメインに狙って、35㎝前後の良型を主体に、トップ50匹以上を記録することもしばしばだ。今回の取材では、走水沖40m前後を狙って、トップは60匹だった!


ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

ブランドのアジとトロサバがとにかく旨い! ビシアジ釣り(小川丸)

午前、午後の二便で出船中の大津「小川丸」のマアジ船は、猿島沖〜観音崎沖を中心に周年を通して楽しめる。この海域のアジは、黄金色に輝き幅が広く脂の乗りも抜群。ブランドアジとして人気が高い。


相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

相模湾のルアーキハダ、イワシ回遊で大チャンスだ!(邦丸)

コマセ釣りが解禁して間もなく、相模湾にカタクチイワシが回遊し、突如としてルアーの釣果が上向いた。各所でトリヤマが立ち、キハダが巨大な水飛沫を上げてボイルしているのだ。さらにアベレージサイズも25〜30㎏とひと回り大きくなり、非常にエキサイティングな状況となっている。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読