話題の釣法でお手軽簡単に釣れるアオリイカ【新潟・寺泊沖】

話題の釣法でお手軽簡単に釣れるアオリイカ【新潟・寺泊沖】

一躍脚光を浴びているアオリイカの新釣法であるティップランとスパイラル釣法(スパ釣)。ここ寺泊沖でもブレイク中だ。


今期は乗りがよいと軽く一人10杯以上、30杯乗ることもザラ。この秋、超オススメの釣り物なのだ

当日、トップは20杯超え。寺泊沖のアオリイカの数は半端ないぞ。

ポイントは寺泊港の真沖。水深20〜40m。広範囲にわたり、未開拓の場所も多い。

このとおり500gを超える良型がアベレージサイズ。今期の寺泊沖はかなり熱いぞ!!

横流し釣りのため、釣り人は片弦に釣り座を設ける。船の流れるスピードに合わせて、餌木にシンカーを加えるテクニックもある。餌木がボトムから浮き過ぎないように心がけよう。

水面で激しく抵抗するアオリイカ。墨をかけられないように注意しよう。

関連する投稿


キロ級主体にトップ18杯!! 東京湾のアオリイカが最盛期だ【東京湾】

キロ級主体にトップ18杯!! 東京湾のアオリイカが最盛期だ【東京湾】

秋から冬にかけてシーズンを迎える東京湾のアオリイカ。キロ級の良型が竿を止める衝撃は他の釣りでは味わえない快感だ。鴨居港の「きよし丸」はアオリイカ釣りを得意にしていて、シーズンになると毎年通っている船宿だ。今年のアオリイカの模様はどうだろうか?


ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】

ビシッとシャクってズシンとくる! 剣崎沖のアオリイカ【剣崎沖】

今季一番の冷え込みというだけあって、風が冷たい朝。冬物の防寒着にして良かった。11月17日、剣崎間口港「喜平治丸」でアオリイカを狙ってきました。


キャスティングシーバス&ティップランアオリイカが熱い!【東京湾】

キャスティングシーバス&ティップランアオリイカが熱い!【東京湾】

「年明けはデイゲームではシーバスとアオリイカ、ナイトゲームではメバル、カサゴ狙いで出船していくつもりです。とくにおすすめなのが、シーバスとアオリイカのリレー乗合です」とは、「アイランドクルーズフィッシングクラブ(ICFC)」の遠藤正明船長。おすすめに従い? 同船取材をお願いしてみた。


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


晩秋の日本海…昼マダイ・夜アジ・アオリを釣る【新潟下越・間瀬沖】

晩秋の日本海…昼マダイ・夜アジ・アオリを釣る【新潟下越・間瀬沖】

秋の日本海。冬の将軍の到来を前に海の生き物たちは活発だ。霊峰・弥彦山のふもとにあたる新潟県下越・間瀬港前では、コマセ釣りでマダイ、夜はエギングでアオリイカ、アジングで良型アジが活発に釣れているのだ。


最新の投稿


釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

釣趣満点! LTで楽しむ相模湾のオニカサゴ【相模湾】

季節によってさまざまな釣り物があるが、最も寒さが厳しいこの時期には、鍋物の食材にピッタリの釣り物が多い。そのなかの一つにオニカサゴがある。イカつい鎧武者のような風貌ながら、身はプリッとして歯ごたえが良く、鍋物の他に刺身や唐揚げにしても美味しい。市場でもなかなか売られていない魚なので、食べられるのは釣り人の特権だろう。


葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

葉山沖の落ちマダイは意外性があって楽しいぞ!【葉山沖】

毎日「今年一番の寒さ」を連発する天気予報を聞きつつも、じっとしていられないのが釣りバカたるゆえん。車の外気温計がマイナス3℃を表示するなか、向かった先は葉山柴崎港の「福栄丸」。葉山沖の落ちマダイを狙っての釣行だ。


東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

東京湾のタチウオ、良型主体のシーズン到来!【東京湾・観音崎沖】

「観音崎沖の水深80mぐらいで釣れるタチウオは全体的にサイズがいいですね。この場所が好きなファンは多いですよ」と、新安浦港「長谷川丸」の岩瀬正紀船長。この時期は、この観音崎沖メインに狙う。昨シーズンの春は下浦沖の深場や、猿島周りから走水沖にかけて釣れていたが、しばらくはここが主戦場となりそう。


厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

厳寒期の外房のオススメは勝浦沖の寒イサキ【勝浦沖】

この時期、外房の沖釣りでオススメなのが勝浦沖のイサキ釣り。理由はポイントが近いこと、水深(=タナ)が浅いこと、手軽に数釣れることに加え、食べてもとても美味しいからだ。


オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

オニカサゴ、マサバ、スルメイカ、3魚種リレー釣り【御宿沖】

二兎を追う者一兎を得ずのことわざがあるが、三魚を追って三魚とも得る、となるか!? 3魚種のリレー釣りにトライだ。


ランキング


>>総合人気ランキング
フィッシングショー2018