話題の釣法でお手軽簡単に釣れるアオリイカ【新潟・寺泊沖】

話題の釣法でお手軽簡単に釣れるアオリイカ【新潟・寺泊沖】

一躍脚光を浴びているアオリイカの新釣法であるティップランとスパイラル釣法(スパ釣)。ここ寺泊沖でもブレイク中だ。


今期は乗りがよいと軽く一人10杯以上、30杯乗ることもザラ。この秋、超オススメの釣り物なのだ

当日、トップは20杯超え。寺泊沖のアオリイカの数は半端ないぞ。

ポイントは寺泊港の真沖。水深20〜40m。広範囲にわたり、未開拓の場所も多い。

このとおり500gを超える良型がアベレージサイズ。今期の寺泊沖はかなり熱いぞ!!

横流し釣りのため、釣り人は片弦に釣り座を設ける。船の流れるスピードに合わせて、餌木にシンカーを加えるテクニックもある。餌木がボトムから浮き過ぎないように心がけよう。

水面で激しく抵抗するアオリイカ。墨をかけられないように注意しよう。

水面での最後の抵抗の果てに、艶かな姿を見せたアオリイカ。味は絶品だ。

同時ヒット連発!!

話題のティップランとスパイラル釣法(スパ釣)だが、釣り方は超カンタン。餌木を船下に落とし、着底後、すばやく糸フケを回収しビシバシと切れのあるシャクリを3回ほどリールを巻きながら行い、「ピタっ」とロッドを止めて静かにアタリを待つ。10秒ほど待ちアタリがなければ、再び底ダチをとって、そのシャクリ動作の繰り返し、といったってシンプル。
今期は、乗りがよいと軽く一人10杯以上、30杯乗ることもザラだ。この秋、超オススメの釣り物へぜひチャレンジ。

アオリイカタックルはこうだっ!

関連する投稿


高活性秋マダイ始動、数釣りを満喫する【新潟中越・寺泊沖】

高活性秋マダイ始動、数釣りを満喫する【新潟中越・寺泊沖】

寺泊エリアの「作十丸」では8月のお盆過ぎの時点ですでに数釣りモードに突入している様相を示す釣果が出ていた。秋のマダイは乗っ込みマダイとは逆に浅場から深場へと群れで落ちていく。その際に越冬するためのパワーを蓄えるため荒食いをおこなう。そのため高活性なマダイの群れに遭遇できれば入れ掛かり状態が堪能できるのだ。


寺泊沖のマダイ、秋の数釣りシーズン開幕!【新潟・寺泊沖】

寺泊沖のマダイ、秋の数釣りシーズン開幕!【新潟・寺泊沖】

平日も人気の寺泊沖の秋ダイ釣り。これからハイシーズンを迎える。半日便で船中50枚オーバーの日もザラだという。さぁ、今回はどんな釣果を残すのか。大きな期待を胸に釣り船に乗り込んだ。


青物・根魚&アオリイカ、五目ゲームのすすめ【新潟・柏崎沖】

青物・根魚&アオリイカ、五目ゲームのすすめ【新潟・柏崎沖】

秋の日本海はにぎやかだ。メインは青物ジギング、アオリイカ狙いのエギング、キジハタなどの底物狙いのジギング、浅場のロックフィッシュをテキサスリグで攻める釣りも面白い。ジギングタイムなら、漁具ING系の釣りやスロー系の釣りだって楽しめる。目移りするほどの多彩さが魅力だ。


最新の投稿


トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

トップ 34枚!? 銚子沖にヒラメ釣れ過ぎ警報発令中!?【銚子沖】

銚子沖のヒラメが「釣り場も釣り座もまんべんなくどこでもアタるようになってきた」との情報を得て、8月下旬に釣行した。お世話になったのは銚子外川港の「福田丸」。早春から梅雨時までのメヌケを中心とした深場釣りと、それ以外の時季はヒラメをメイン看板に掲げ、ハイテク機器満載の大型船と優しい人柄の船長でも人気の船宿だ。


「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

「ハガツオ」の寿司…身の表面がトロリンととろける。うま味も豊か

五月病はあるが十月病はないと思っていたら、近所の釣り名人たちが、その十月病になってしまったようだ。みなそわそわ、外房に行こうか、伊豆に行こうか? 釣りものが多すぎてノイローゼ気味。ハガツオを塩に埋めて半月。塩出しして半月干して作った塩ガツオを削る。これを肴に酒を飲みながら、美味しい魚待ってるよー。


開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

開幕好調!! 平潟沖のマダラ、大型多く引き強烈【平潟沖】

平潟沖のマダラ釣りが開幕し、安定釣果が続いている。今は大型が多く10㎏級も期待できるぞ! そうと聞いたら、思わずマダラ釣りが大看板の「第十五隆栄丸」に乗り込んでしまいました。


那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊沖のムラサキイカ、超絶ノリノリ絶好調!!【常磐・那珂湊沖】

那珂湊港「かもめ丸」の岡部喜代治船長は今年のムラサキイカの状況についてこう話した。「昔は、スルメの終盤になるとまじりだして、8月になれば毎年いくらでも釣れたんだけど、最近はよくなかったよね。今年は久しぶりの当たり年です!」。「久しぶりの当たり年」…その当たりっぷりを確かめるために、いざ、那珂湊港へ!


「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

「タマカイ」の寿司…そして一週間、味は頂点に。これこそが熟成魚か

長野に出張していた友人が色とりどりのキノコ、リンゴにブドウをお土産にくれた。収穫の秋まさに来たれり、と感じながら、栗ご飯に、サンマ飯を大食い。とうとう体重が三桁に近づいてしまった。今夜は低カロリーのタマカイの湯引きで一杯だ。これなら体重増えないだろう?


ランキング


>>総合人気ランキング