話題の釣法でお手軽簡単に釣れるアオリイカ【新潟・寺泊沖】

話題の釣法でお手軽簡単に釣れるアオリイカ【新潟・寺泊沖】

一躍脚光を浴びているアオリイカの新釣法であるティップランとスパイラル釣法(スパ釣)。ここ寺泊沖でもブレイク中だ。


今期は乗りがよいと軽く一人10杯以上、30杯乗ることもザラ。この秋、超オススメの釣り物なのだ

当日、トップは20杯超え。寺泊沖のアオリイカの数は半端ないぞ。

ポイントは寺泊港の真沖。水深20〜40m。広範囲にわたり、未開拓の場所も多い。

このとおり500gを超える良型がアベレージサイズ。今期の寺泊沖はかなり熱いぞ!!

横流し釣りのため、釣り人は片弦に釣り座を設ける。船の流れるスピードに合わせて、餌木にシンカーを加えるテクニックもある。餌木がボトムから浮き過ぎないように心がけよう。

水面で激しく抵抗するアオリイカ。墨をかけられないように注意しよう。

水面での最後の抵抗の果てに、艶かな姿を見せたアオリイカ。味は絶品だ。

同時ヒット連発!!

話題のティップランとスパイラル釣法(スパ釣)だが、釣り方は超カンタン。餌木を船下に落とし、着底後、すばやく糸フケを回収しビシバシと切れのあるシャクリを3回ほどリールを巻きながら行い、「ピタっ」とロッドを止めて静かにアタリを待つ。10秒ほど待ちアタリがなければ、再び底ダチをとって、そのシャクリ動作の繰り返し、といったってシンプル。
今期は、乗りがよいと軽く一人10杯以上、30杯乗ることもザラだ。この秋、超オススメの釣り物へぜひチャレンジ。

アオリイカタックルはこうだっ!

関連する投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


晩秋の日本海…昼マダイ・夜アジ・アオリを釣る【新潟下越・間瀬沖】

晩秋の日本海…昼マダイ・夜アジ・アオリを釣る【新潟下越・間瀬沖】

秋の日本海。冬の将軍の到来を前に海の生き物たちは活発だ。霊峰・弥彦山のふもとにあたる新潟県下越・間瀬港前では、コマセ釣りでマダイ、夜はエギングでアオリイカ、アジングで良型アジが活発に釣れているのだ。


12月は大ダイキャッチの実績大シーズンだっ!【新潟寺泊沖】

12月は大ダイキャッチの実績大シーズンだっ!【新潟寺泊沖】

新潟の海は総じて西風に弱く、糸魚川地区が辛うじて能登半島の風裏の恩恵を受けるだけである。これからの時期、新潟県は強い西風や北西の風が吹きやすく、出港できる日が限られてしまう。


初冬のメインゲームはカワハギ&アオリイカだ【西伊豆・土肥沖】

初冬のメインゲームはカワハギ&アオリイカだ【西伊豆・土肥沖】

冬将軍が到来してもなお、海のなかは秋。高水温が継続する西伊豆土肥沖では、カワハギが絶好調だ。アオリイカの宝庫でもあります。西伊豆で、のんびり温泉宿お泊り釣行と洒落込んでみてはいかがでしょうか。


釣ってよし、食べてよしの餌木で狙うアオリイカ&スミイカ【鴨居沖】

釣ってよし、食べてよしの餌木で狙うアオリイカ&スミイカ【鴨居沖】

秋の人気釣り物「餌木イカ」が好調なスタートを見せている。鴨居「きよし丸」の取材では、アオリイカは良型ばかりでトップ15杯。最大は1.2㎏だった。またスミイカのトップは6杯と満足できる釣果であった。


最新の投稿


金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

金谷沖のアオリイカ、晩秋〜冬の数釣りシーズン突入【内房・金谷沖】

内房・金谷沖の地先のポイントは、名物の金アジ始め、カワハギ、アオリイカといずれも超一級ポイントだ。シーズンになると、これらの船が意外に近いところに集まり、それぞれのターゲットを狙っている。


東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

東京湾口のヤリイカ、数釣りオッケー!【東京湾口・沖ノ瀬〜洲崎沖】

今シーズンの東京湾口部のヤリイカは8月末ごろに開幕。金沢八景から出船する「一之瀬丸」はシーズン当初は剣崎沖周辺をメインに狙っていたが、10月に入って群れは沖ノ瀬に集まり、ここを主戦場とするようになった。


石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

石花海の深場五目でオニカサゴ釣り、一荷連発!!【駿河湾・石花海】

駿河湾の激うまレア魚を専門に狙っている清水「大宝丸」長橋寿光船長。普段は大アラや大アカムツ、クロムツなど駿河湾の最高峰の美味魚求めて、湾内を縦横無尽に走り回っているという。そんな長橋船長にお願いして、オニカサゴ釣りを行った。


美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

美味美味ヤリイカ乗り乗り当たり年だぁ〜〜!【駿河湾・石花海】

駿河湾の中央部に位置する石花海のヤリイカが今シーズン好調だ。ここのイカはおいしいと評判だ。なぜなら、深海エビを食べているからだという。「石花海のヤリイカは、サクラエビとかアブラエビを補食して育っているんだよね。だから、身が甘いんだ」とは、石花海を知り尽くす「第18とび島丸」の鈴木健司船長。


身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

身厚であま〜い激うまヤリイカ好発進!【駿河湾・石花海】

例年、9月半ばに開幕する石花海のヤリイカ。今期は10月に開幕。のっけから絶好調の乗りだった。小型〜中型をメインにトップ50杯はザラ、100杯に迫る釣果も記録されている。


ランキング


>>総合人気ランキング