MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
話題の釣法でお手軽簡単に釣れるアオリイカ【新潟・寺泊沖】

話題の釣法でお手軽簡単に釣れるアオリイカ【新潟・寺泊沖】

一躍脚光を浴びているアオリイカの新釣法であるティップランとスパイラル釣法(スパ釣)。ここ寺泊沖でもブレイク中だ。

今期は乗りがよいと軽く一人10杯以上、30杯乗ることもザラ。この秋、超オススメの釣り物なのだ

当日、トップは20杯超え。寺泊沖のアオリイカの数は半端ないぞ。

ポイントは寺泊港の真沖。水深20〜40m。広範囲にわたり、未開拓の場所も多い。

このとおり500gを超える良型がアベレージサイズ。今期の寺泊沖はかなり熱いぞ!!

横流し釣りのため、釣り人は片弦に釣り座を設ける。船の流れるスピードに合わせて、餌木にシンカーを加えるテクニックもある。餌木がボトムから浮き過ぎないように心がけよう。

水面で激しく抵抗するアオリイカ。墨をかけられないように注意しよう。

水面での最後の抵抗の果てに、艶かな姿を見せたアオリイカ。味は絶品だ。

同時ヒット連発!!

話題のティップランとスパイラル釣法(スパ釣)だが、釣り方は超カンタン。餌木を船下に落とし、着底後、すばやく糸フケを回収しビシバシと切れのあるシャクリを3回ほどリールを巻きながら行い、「ピタっ」とロッドを止めて静かにアタリを待つ。10秒ほど待ちアタリがなければ、再び底ダチをとって、そのシャクリ動作の繰り返し、といったってシンプル。
今期は、乗りがよいと軽く一人10杯以上、30杯乗ることもザラだ。この秋、超オススメの釣り物へぜひチャレンジ。

アオリイカタックルはこうだっ!

トルクフルなファイトをみせる日本海のアオリイカ。ロッドの弾性をフルに活かしてやり取りしよう。

使用する餌木のサイズは3.5号。各社から発売されているティップラン専用餌木30〜50gを用意しよう。

中オモリ使用のシャクリ釣りでは、このようにカンナに掛からず餌木だけを抱いてあがってきた。

以上の記事は「つり丸」2012年11月1日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
現在、波崎沖の青物は小型のヒラマサがよくヒットしているが、今後はワラサがおもしろくなる。ワラサは例年では年明け以降も続く。ベイトとスピニングを使い分け、エキサイティングなジギングを楽しもう!
東京湾のタイラバゲームが活況だ。取材日は湾口一帯の水深40~50mの各ポイントが主戦場!トップは11枚。最大は3.3㎏。近年の基本タックル&ヒットタイラバを紹介!
ブリシーズン到来の合図となる「鰤起こし」到来!冬の新潟・柏崎沖でブリクラスを狙ったジギングゲームを堪能。スキッディング&ジギングで攻略「アシストクラブ金進丸」のブリゲームを紹介する。
東京湾の青物ジギングが好調!横浜新山下「渡辺釣船店」では1㎏前後が主体ながら、午後船の短時間で、イナダ、カンパチを織りまぜ20本以上キャッチする腕達者も!湾内青物の釣果とタックル&最新攻略術を紹介!
外房が青物ベストシーズン!メインターゲットのヒラマサをはじめ、ワラサ・イナダ、カンパチという青物御三家がジギングで好調にヒット。ゲストも多く、マハタ、サワラ、ヒラメ、ハガツオ、カサゴなどと実に多彩。
最新記事
周年通してブランドアジを楽しませてくれる走水港「政信丸」。走水沖では連日のように50匹オーバーの釣果を更新。釣ってよし、食べてよしが、走水沖のアジ釣りの魅力。誰でも手軽に楽しめる人気ターゲットだ。
大栄丸(小湊港)の釣果情報を掲載
現在、波崎沖の青物は小型のヒラマサがよくヒットしているが、今後はワラサがおもしろくなる。ワラサは例年では年明け以降も続く。ベイトとスピニングを使い分け、エキサイティングなジギングを楽しもう!
東京湾のタイラバゲームが活況だ。取材日は湾口一帯の水深40~50mの各ポイントが主戦場!トップは11枚。最大は3.3㎏。近年の基本タックル&ヒットタイラバを紹介!
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読