駿河湾のキハダ、湾内大量回遊中!【駿河湾】

駿河湾のキハダ、湾内大量回遊中!【駿河湾】

キハダゲームならではの極上のギャンブル感。これに多くのアングラーは虜になってしまうのだ。スーパーボイルに遭遇すれば、その日はビッグデイ。さぁ行こう、大物が待ってるぜ!


トリヤマはあちこちに確認できた、ビッグサイズが横っ跳びする光景もあったが、シイラの姿はあってもキハダの気配は薄かった

取材日の集合は午前4時。やる気満々のメンバーゆえ、ほどなく出船となった。

8月前半に佐野ヒロムさんがキャッチした約30kgのキハダ。オズマSHW115をナブラに撃ち込んでキャッチ成功!

国内外でマグロを追いかける佐野ヒロムさん。チャンスさえあれば高確率でヒットさせてしまう手練れだが…。COMBEXの偏向グラスはトレードマークだ。

佐野さんの使用タックル。厳選の4セットだ。

シンキングペンシルはマストルアー。フローティングペンシルとともに必ず用意したい。

017年の佐野さんのメインルアー。シンキングペンシルはオズマ、フローティングペンシルはライアン。それぞれでサイズ違いを揃える。フックは、オーシャンツインBBS88(スタジオ・オーシャンマーク)、ビーストエッジ プラッギングシングルアシスト(ヴァンフック)各サイズを使用。接続金具はマックスパワースイベル&マックスパワーリング(CB-ONE)、オーシャンスナップ&スイベル、トラックスイベル(スタジオ・オーシャンマーク)の各サイズを使用。

キャスティングは必ず後方の安全を確認してから行うことが大切だ。

思わずニンマリな釣果です。

まだまだチャンス大だ。9月以降に期待!!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・静浦港「幸松丸」。

「湾内に入ってきたのは、もちろん知っていたけどね、キハダを専門に狙い始めたのは8月に入ってから。メジを含めれば、ほとんど出船ごとにキャッチしているよ」
とは、沼津静浦港「幸松丸」の松坂孝憲船長。船長の言葉通り、駿河湾に「大量」かつ「大型」のキハダが回遊してきたのだ。待望の! と言っていいだろう。
8月中旬の、キハダ狙いの乗合船に同乗した。直近の情報としては少々群れを見失いがち。沈んでいるのかも知れない、という状況だった。
漁船や僚船の情報も勘案し、石花海周辺海域から探索を開始した。トリヤマはあちらこちらに確認できるものの、シイラの姿はあってもキハダの気配は薄かった。
途中でビッグサイズが横っ跳びする光景もあったが、取材日はほぼクルージングに終わってしまった。しかし、これもキハダゲームの一面。こうした一日のなかで1〜2回のスーパーボイルに遭遇すれば、その日はビッグデイに変貌するのだ。ギャンブル感満載のこの釣り、しかし、相手がマグロだけに、多くのアングラーが魅了されるのだ。
「9月に入っても狙えるといいけどなあ」
とは松坂船長。「幸松丸」ではカツオやシイラ狙いでも出船しているので、お出かけ前は状況確認と希望を伝えることをお忘れなく。
本誌発売時もキハダが湾内に留まっている、もしくは新たな群れが回遊してくることを願うばかりだ。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

つり丸 -雑誌のネット書店 Fujisan.co.jp

http://www.fujisan.co.jp/product/3391/new/

雑誌つり丸(マガジン・マガジン)を販売中!割引雑誌、プレゼント付雑誌、定期購読、バックナンバー、学割雑誌、シニア割雑誌などお得な雑誌情報満載!

関連するキーワード


キハダ 駿河湾 幸松丸

関連する投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


初夏の風物詩が開幕! 夜ムギイカの釣り方をご紹介(福将丸)

初夏の風物詩が開幕! 夜ムギイカの釣り方をご紹介(福将丸)

駿河湾、沼津から西伊豆エリアの夜ムギイカは今シーズン、例年並みと言える4月上旬に開幕。4月も束釣りを記録しているが、今シーズンの序盤戦はムラがあり、好不調の波が大きかった。


ライト中深場タックルで幻の大型魚アラ浮上!(駿河湾・大宝丸)

ライト中深場タックルで幻の大型魚アラ浮上!(駿河湾・大宝丸)

10㎏のアラ。まさに幻といえる高級魚だ。この貴重な大アラを近年ターゲットにして何本も釣り上げている船宿がある。清水の「大宝丸」がそれだ。


狙うはドラゴン級だ! 初夏のタチウオジギング【駿河湾・由比沖】

狙うはドラゴン級だ! 初夏のタチウオジギング【駿河湾・由比沖】

ドラゴンとは大型タチウオのこと。誰が言い始めたのか? またどのくらいのサイズをそう呼ぶのかの定義は定かではないが、タチウオ好きがよく口にする憧れのビッグワンだ。


今が旬!ジャンボイサキを釣りまくれ!【駿河湾・御前崎沖】

今が旬!ジャンボイサキを釣りまくれ!【駿河湾・御前崎沖】

本格的な夏を前に、関東〜東海の広範囲で好調に釣れているのがイサキだ。この時期のイサキ釣りの特徴は、お腹に真子や白子をたくわえた良型が多いということ。時にはジャンボサイズばかりという日もある。さあ、このハイシーズンを逃さず、ジャンボイサキを釣りまくろう!


最新の投稿


ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

ジャンボイサキ激うまシーズン突入! 仕掛けと釣り方(とび島丸)

駿河湾の中央部に位置する石花海。ひょうたん型をした瀬だが、すぐ近くの世界でも稀少な海溝、駿河トラフの影響を色濃く受ける。そして、いまは黒潮や湾内に流入する大型河川も海の環境に大きくかかわっている。そんな特殊といっても過言ではない石花海では、釣れる魚も特別おいしい。ここのイサキも産卵期を迎え、群れ固まっている。


外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房カモシ釣り、ヒラマサ&マダイ両魚とも大チャンス到来(太平丸)

外房のカモシ釣りが大きな盛り上がりを見せている。「カモシ釣り」とは、外房御宿から勝浦エリア独特の釣りで、コマセにサンマのミンチを用いた、ヒラマサや大型マダイを狙うのに適した釣法だ。海水でドロドロにしたコマセを海中でまいて煙幕を作り、警戒心の強い大型魚を誘惑する釣りである。


アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

アタリと引きを楽しむ、久里浜沖のカサゴ釣りと仕掛け(巳之助丸)

久里浜沖のカサゴが開幕した。久里浜沖のカサゴと言えば数多く釣れるので非常に人気が高い。シーズン最盛期の梅雨から夏にかけては、釣れる水深も10m前後と激浅。当然手返しも大幅に向上し、コンスタントに数上がり、カサゴの引きに癒されるアングラーも少なくないだろう。


パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

パターンを掴めば連発高確率! マゴチの仕掛けと釣り方(大栄丸)

昨年の夏場に大ブレイクした鹿島沖のマゴチ。今年は昨年よりも、約1ヶ月早い5月のゴールデンウイークすぎから開幕した。ゴールデンウイークが終わった直後、試し釣りに出た船宿が何軒かあり、トップ9匹という好釣果を記録する船もあった。5月中旬すぎから次第にマゴチをスタートする船が増えた。


「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

「フウセンキンメ」の寿司…シコッと心地よい食感がなんともいえない

都内の電車に乗ると袴姿の若い女性が目立ち車内に花が咲いたようだった。卒業シーズンなんだ、と思っていたら、あっと言う間に入学シーズンが間近に迫る。春野菜がうまいし、浅場の魚もうまくなる。が、忘れてはいけないのがキンメダイやアコウダイの深場の魚も最盛期を迎えること。今宵はフウセンキンメのあら煮でいっぱい。


ランキング


>>総合人気ランキング
つり丸定期購読