MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
駿河湾のキハダ、湾内大量回遊中!【駿河湾】

駿河湾のキハダ、湾内大量回遊中!【駿河湾】

キハダゲームならではの極上のギャンブル感。これに多くのアングラーは虜になってしまうのだ。スーパーボイルに遭遇すれば、その日はビッグデイ。さぁ行こう、大物が待ってるぜ!

トリヤマはあちこちに確認できた、ビッグサイズが横っ跳びする光景もあったが、シイラの姿はあってもキハダの気配は薄かった

取材日の集合は午前4時。やる気満々のメンバーゆえ、ほどなく出船となった。

8月前半に佐野ヒロムさんがキャッチした約30kgのキハダ。オズマSHW115をナブラに撃ち込んでキャッチ成功!

国内外でマグロを追いかける佐野ヒロムさん。チャンスさえあれば高確率でヒットさせてしまう手練れだが…。COMBEXの偏向グラスはトレードマークだ。

佐野さんの使用タックル。厳選の4セットだ。

シンキングペンシルはマストルアー。フローティングペンシルとともに必ず用意したい。

017年の佐野さんのメインルアー。シンキングペンシルはオズマ、フローティングペンシルはライアン。それぞれでサイズ違いを揃える。フックは、オーシャンツインBBS88(スタジオ・オーシャンマーク)、ビーストエッジ プラッギングシングルアシスト(ヴァンフック)各サイズを使用。接続金具はマックスパワースイベル&マックスパワーリング(CB-ONE)、オーシャンスナップ&スイベル、トラックスイベル(スタジオ・オーシャンマーク)の各サイズを使用。

キャスティングは必ず後方の安全を確認してから行うことが大切だ。

思わずニンマリな釣果です。

まだまだチャンス大だ。9月以降に期待!!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・静浦港「幸松丸」。

「湾内に入ってきたのは、もちろん知っていたけどね、キハダを専門に狙い始めたのは8月に入ってから。メジを含めれば、ほとんど出船ごとにキャッチしているよ」
とは、沼津静浦港「幸松丸」の松坂孝憲船長。船長の言葉通り、駿河湾に「大量」かつ「大型」のキハダが回遊してきたのだ。待望の! と言っていいだろう。
8月中旬の、キハダ狙いの乗合船に同乗した。直近の情報としては少々群れを見失いがち。沈んでいるのかも知れない、という状況だった。
漁船や僚船の情報も勘案し、石花海周辺海域から探索を開始した。トリヤマはあちらこちらに確認できるものの、シイラの姿はあってもキハダの気配は薄かった。
途中でビッグサイズが横っ跳びする光景もあったが、取材日はほぼクルージングに終わってしまった。しかし、これもキハダゲームの一面。こうした一日のなかで1〜2回のスーパーボイルに遭遇すれば、その日はビッグデイに変貌するのだ。ギャンブル感満載のこの釣り、しかし、相手がマグロだけに、多くのアングラーが魅了されるのだ。
「9月に入っても狙えるといいけどなあ」
とは松坂船長。「幸松丸」ではカツオやシイラ狙いでも出船しているので、お出かけ前は状況確認と希望を伝えることをお忘れなく。
本誌発売時もキハダが湾内に留まっている、もしくは新たな群れが回遊してくることを願うばかりだ。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
例年、厳寒期から春に向けては、ジギングによるシーバスゲームが絶好期! 爆釣とまではいかないが安定感があるので、楽しめる!
更新: 2019-03-17 12:00:00
東京湾・海ほたる、風の塔周辺はジビングの定番ポイント。この周辺で数も出て、型もまじって好調な釣果とのこと。4月いっぱいまで楽しめるシーバス!ナイトシーバスもあり、昼夜問わずに楽しんでいただきたい。
更新: 2019-03-09 07:00:00
東京湾のライトな好敵手がメバル&カサゴ。横浜新山下を拠点にルアーゲームを提案してくれるのが「アイランドクルーズFC」。ここではチャーターはもちろん、メバカサ乗合と称して、気軽に利用できる体制でも出撃。
更新: 2019-03-06 12:00:00
最新記事
春の仙台湾は点在する岩礁、人工魚礁にイサダと呼ぶアミエビやメロウド(イカナゴ)が沸く時期にメバルが捕食に集まり、それをサビキで狙う釣りが盛んだ。クロメバルはもちろん、マガレイ&マコガレイも釣れる。
更新: 2019-03-23 12:00:00
今シーズンは各地でマルイカの感触がすこぶるいい!注目ポイントの一つ、東京湾・久里浜沖でも上々のスタートを切っている。「今年は反応は多いですね。群れは多いと思います」とは、走水港「吉明丸」の鈴木船長。
更新: 2019-03-23 07:00:00
ウシサワラは、スズキ目サバ科サワラ属の魚。国内では、日本海は秋田県から山口県の日本海沿岸の各地、相模湾~和歌山県の各地、九州西岸や五島列島などでときどき水揚げされる。
更新: 2019-03-22 12:00:00
ホウボウゲームが開幕した。犬吠埼沖のホウボウはアベレージサイズがいい。50㎝以上もある大型がヒットする。開幕当初は群れも固まっていなかったが、今後は群れが固まり、釣りやすく、数も伸びやすくなる予想だ。
更新: 2019-03-22 07:00:00
2月に入ると外房・川津沖のヤリイカが開幕した。この時期、川津沖には産卵を控えたヤリイカが集結するため、爆発的な数釣りが期待できる。
更新: 2019-03-21 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読