MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
駿河湾のキハダ、湾内大量回遊中!【駿河湾】

駿河湾のキハダ、湾内大量回遊中!【駿河湾】

キハダゲームならではの極上のギャンブル感。これに多くのアングラーは虜になってしまうのだ。スーパーボイルに遭遇すれば、その日はビッグデイ。さぁ行こう、大物が待ってるぜ!

トリヤマはあちこちに確認できた、ビッグサイズが横っ跳びする光景もあったが、シイラの姿はあってもキハダの気配は薄かった

取材日の集合は午前4時。やる気満々のメンバーゆえ、ほどなく出船となった。

8月前半に佐野ヒロムさんがキャッチした約30kgのキハダ。オズマSHW115をナブラに撃ち込んでキャッチ成功!

国内外でマグロを追いかける佐野ヒロムさん。チャンスさえあれば高確率でヒットさせてしまう手練れだが…。COMBEXの偏向グラスはトレードマークだ。

佐野さんの使用タックル。厳選の4セットだ。

シンキングペンシルはマストルアー。フローティングペンシルとともに必ず用意したい。

017年の佐野さんのメインルアー。シンキングペンシルはオズマ、フローティングペンシルはライアン。それぞれでサイズ違いを揃える。フックは、オーシャンツインBBS88(スタジオ・オーシャンマーク)、ビーストエッジ プラッギングシングルアシスト(ヴァンフック)各サイズを使用。接続金具はマックスパワースイベル&マックスパワーリング(CB-ONE)、オーシャンスナップ&スイベル、トラックスイベル(スタジオ・オーシャンマーク)の各サイズを使用。

キャスティングは必ず後方の安全を確認してから行うことが大切だ。

思わずニンマリな釣果です。

まだまだチャンス大だ。9月以降に期待!!

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・静浦港「幸松丸」。

「湾内に入ってきたのは、もちろん知っていたけどね、キハダを専門に狙い始めたのは8月に入ってから。メジを含めれば、ほとんど出船ごとにキャッチしているよ」
とは、沼津静浦港「幸松丸」の松坂孝憲船長。船長の言葉通り、駿河湾に「大量」かつ「大型」のキハダが回遊してきたのだ。待望の! と言っていいだろう。
8月中旬の、キハダ狙いの乗合船に同乗した。直近の情報としては少々群れを見失いがち。沈んでいるのかも知れない、という状況だった。
漁船や僚船の情報も勘案し、石花海周辺海域から探索を開始した。トリヤマはあちらこちらに確認できるものの、シイラの姿はあってもキハダの気配は薄かった。
途中でビッグサイズが横っ跳びする光景もあったが、取材日はほぼクルージングに終わってしまった。しかし、これもキハダゲームの一面。こうした一日のなかで1〜2回のスーパーボイルに遭遇すれば、その日はビッグデイに変貌するのだ。ギャンブル感満載のこの釣り、しかし、相手がマグロだけに、多くのアングラーが魅了されるのだ。
「9月に入っても狙えるといいけどなあ」
とは松坂船長。「幸松丸」ではカツオやシイラ狙いでも出船しているので、お出かけ前は状況確認と希望を伝えることをお忘れなく。
本誌発売時もキハダが湾内に留まっている、もしくは新たな群れが回遊してくることを願うばかりだ。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
今シーズンなかなか調子が上がらずファンをやきもきさせていたマルイカだが、4月下旬になって急上昇!マルイカ、ムギイカが半々ほどまじりの釣果。いよいよ本番か!?という雰囲気が漂い出している。
更新: 2019-05-23 12:00:00
富士川沖の早朝タチウオジギングが開幕。5月現在ポイントの水深は70〜130mだが、梅雨にかけて濁り水が入ると、タチウオたちは浅場に入って来る。そうなるとトップ50本前後という釣果になり、いよいよ本番を迎える。
更新: 2019-05-21 12:00:00
サバなんて!そんな偏見もいまは昔。手頃な乗船料金、穏やかな湾内の近場を中心に短時間出船で楽しめて、家族やカップルから熱い支持を受けている。またサバを中心としたエモノの2枚おろしサービスまで受けられる。
更新: 2019-05-20 07:00:00
東京湾のタイラバは一年中コンスタントに釣れるようになって、いまや、東京湾の定番ゲームだ。でもやっぱり、産卵を意識するマダイ多い春がトップシーズンだ!当たれば、大ダイが連発することも!
更新: 2019-05-19 12:00:00
最新記事
湘南は平塚発信のサバをメインターゲットにしたライトなルアー乗合、「ライトルアー」。短時間出船&低料金。お土産確実!? という、まさにライト感覚が好評の由縁だ。
更新: 2019-05-26 12:00:00
改元2日前の4月28日は筆者の平成ラスト釣行はアカムツ!「昭和」終盤にスタートし「平成」と共に歩んだ“ディープマスター”の日々は「令和」でも変わらず続くが、どこか感傷的なのは還暦間近の「歳のせい」か?
更新: 2019-05-26 07:00:00
東京湾口では、初夏にトップシーズンを迎えるカサゴ釣り。最盛期は6、7月。夏場に向けて狙う水深が浅くなり、10m台のポイントで数釣れるようになる。強烈な引き味も十分楽しめるカサゴ釣り。ハマります!
更新: 2019-05-25 12:00:00
沼津沖の夜ムギイカが開幕。ムギイカはスルメイカの仔で食味の良さで人気。「幸松丸」では4月中旬から乗合を開始。釣り時間は夜半〜明け方までの深夜船、土曜と祝前日には夕方〜夜半までの早夜船でも出船している。
更新: 2019-05-25 07:00:00
猿島沖で釣れるマアジは沖合を回遊するクロアジと瀬付きのキアジ (通称金アジ)との2タイプがある。弧を描く背が黄金色に輝く金アジは、瀬につく豊富なプランクトンで育つため、脂が乗り、抜群の旨みを誇る。
更新: 2019-05-24 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読