MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
茨城海域・鹿島沖ヒラメ全面解禁スパーク確定!

茨城海域・鹿島沖ヒラメ全面解禁スパーク確定!

12月1日茨城海域ヒラメ全面解禁日!ということで、すでに開幕している部分解禁エリアの状況を徹底分析し、さらに例年のパターンを融合させた攻略法をお届け!今後の釣りが有利になり、爆釣間違いなし!

数釣りが楽しめた部分解禁 全面解禁後もラッシュ必至

ヒラメ釣りでも電動リールは活躍。ハイパワーの電動には、リールのパワーを最大限に生かすために小型のリチウムバッテリーが最適だ

お待たせしました!12月1日は、茨城海域におけるヒラメ釣りの全面解禁日!!

ということで、ここでは、すでに開幕している部分解禁エリアの状況を徹底分析し、さらに例年のパターンを融合させた攻略法をお届けして行こうと思う。

今後の釣りが有利になり、爆釣させることも夢ではないので、しっかり読んで参考にして欲しい。

ではさっそく、11月1日よりスタートした部分解禁(神栖沖〜鹿島沖にかけて一部)の様子から述べて行こう。

例年に比べ、水温がやや高い状況下での開幕となったが、ヒラメの活性はすこぶる高く

①安定した釣果が見受けられた。
②例年通りの数釣りも可能だった。
③どの水深でも結果が出た。

と、順調な滑り出しを見せてくれたと共に、当地がヒラメパラダイスであるというポテンシャルの片鱗も見せてくれた。

ただ、取材に伺ったどの船のお客さんからも「幾分、サイズが小さ目かな」という意見が出たように、当地の売りである大判ビラメの姿が現在まで見られず、物足りなさを感じている釣り人もいるようだ。

しかし、これに対し、各港の船長たちは
「水温が下がり、例年通りに北からイワシが入り、沿岸沿いに南下してくれば、浅場で渡りの大判ビラメが狙えるようになるからね。型は、これからだよ。イワシが入るXデーまでは、数釣りを楽しんで、掛けるテクを磨いておいて」と、ポジティブな意見を返してくれている。

これらのことをまとめ、総合的に考えると、ズバリ!今後の見通しは明るい!! 

今期も、数はもちろん、型狙いを楽しめると言えるぞ。

釣り座の優位は関係ナシ 〝横流し〞の釣りがメイン

茨城海域のヒラメ釣りは、風を船の側面に当てて、そのまま横に流す〝横流し〟のスタイルでポイントを広く探る船が圧倒的に多い。

これはヒラメが好む、砂地にツブ根が点在するような場所が至る所にある当地ならではの釣り方で、釣り座に関係なく、乗船者全員にまんべんなくアタリがやってくるのが最大の特徴となっている。

船長は、ポイントでの流し変えの際、毎回、船の立て方(ミヨシとトモを入れ変え)を変え、右舷、左舷の胴の間で受ける風が、風上と風下の交互になるように操船している。

当然ながら、風下側は常に仕掛けが新しいポイントを通過するようになるのでチャンスが多い。

つまり船長は、この風下側への順番が左右公平になるように操船し、アタリの出る確率を平均化させているのだ。

四隅に限らず、どの釣り座にもチャンスがあるので、みんなの士気も上がる。

良いこと尽くめと言えるのが、この〝横流し〟の釣りなのだ。

80 号オモリが基本も120号まで用意して挑もう

〝横流し〟での釣りで注意したいのが、オモリだ。通常、この海域では80号オモリを使用するが、状況で120号まで使うので用意することを忘れないようにしよう。

ピンポイントの釣りでは、道糸が真っ直ぐに落ちるが、こちらは船体に風を当てて流す。

どうしても道糸が斜めに入り、仕掛けを浮き上がらせてしまいがちになるのだ。

特にガンガン風を受けた時の風下側では、これが顕著となり、ヒラメが潜む底付近に仕掛けをキープしようと、どんどん道糸を出すと、今度は風上側の人とオマツリを起こす事態にもつながってしまう…。

こんなことを回避する時に、風下側の釣り人が通常より重い100号、120号オモリを使用するのだ。

ちなみに、オモリを変えるタイミングは、底取りが何回できるかで、2度程度しかできない場合は即交換。

号数を上げるようにしよう。

次に使用タックルだが、当然ながら竿は、このオモリに対応できるヒラメ専用竿が望ましく、長さは2.4m〜3m前後が一般的となっている。

また、最近では細糸(潮切りが良いので道糸が立つ)をリールに巻いたLT(ライトタックル)を推奨する船宿も多く、2m前後のゲームロッドで楽しむ釣り人もいる。

リールは、中、小型の両軸か同様の電動リール。道糸はLTならPE2号以下。ノーマルなら4号までとなっている。

仕掛けは、イラストで紹介している通りで、市販されているヒラメ仕掛けでもOKだ。

なお、今後は大判ヒラメが登場してくるので、通常よりワンクラス太めを持って挑むことをオススメしておく。

底の取り直しを行い、常に仕掛けを底付近にキープ

現在、攻めている水深は船によってまちまちも、おおよそ水深30mラインから50mくらいに集約されている。

そして今後は浅場の灘(岸)寄りを攻め出すことになるが、仕掛けが浮き上がりがちな〝横流し〟での釣りでは、水深に関係なく仕掛け=付けエサの生きイワシを底付近にキープさせ、広く探ることが最重要課題になると覚えておこう。

何度も言うが、この釣りは仕掛けが常に引っ張られている。

道糸を出さずにいると、仕掛けが徐々に浮き上がり、ヒラメがエサを見つけられない位置まで上がってしまう。

また逆に、底ダチばかりに気を取られていると、道糸を出し過ぎて、船は動いているのに、仕掛けがその場から動いてない状態になる。

ヒラメがいない場所でイワシをいつまでも泳がせていても釣れないし、さらには風上側の人とのオマツリの原因にもなってしまう…。

こんな負のスパイラルから脱出するには、イラストでも紹介している底の取り直しと適度な入れ変えを行うことがキモになってくるのだ。

一連の流れで説明すると、手持ちでも置き竿でも、基本は、オモリが海底をたまにトントンと叩く感じが望ましく、仕掛けを投入し、オモリで底を確認したら糸フケを取り、まずはそのままの位置をキープして底をトレースするように流すのだ。

そしてオモリが浮き上がった際は、底の取り直しを行い、再度オモリを底に落とし、トレースしながら広範囲を探っていくという感じだ。

入れ替えのタイミングは、風下側では竿先が海面に入り込むくらい内側に入った時で、風上側は竿と道糸の角度がだいたい120度を越えた時と覚えておこう。これ以上浮き上がっては勝負にならない。

今後はイワシに付いた大物 〝渡りのヒラメ〞狙いに移行

大型ほど強く引くというより、「重い」。だから寝た子を起こすな、の気持ちでポンピングせずに静かにリールを巻こう

今期のヒラメは活性が高く、アタリは頻繁にやってくるが、そのパターンは実にさまざまで、竿先がもたれることもあれば、明確に穂先を叩く時もある。

いずれも早アワセは禁物で、ガツガツと強めの手応えを感じるまで待ってアワセを入れるのがセオリーとなるが、横流しの釣りでは、アタリを捉えた後も風で船が流されて行く。

当然、仕掛け(イワシ)を引っ張るので、ヒラメは違和感を覚える。

つまり、離してしまうリスクが生まれるワケだ。

ちなみに、もともと仕掛けを引っ張っている状態で食ってきたので、あまり神経質にならなくても良いという考えもあるが、ここは念には念を入れた考えで釣果につなげていこう。

確実にイワシを食わすなら、食ってきた位置にイワシをステイさせ、そのまま食い込ますのがイチバンだと実は各船長たちも考えている。

アタリを捉えたら、イラストにあるようにリールのクラッチを切ってサミング状態を保ち、まずは道糸の放出を止める。

そして引かず、送り込み過ぎずの道糸の演出を、スプールを滑らせて行い、鋭い食い込みを待つのだ。

ヒラメがギュンギュン引くようなアタリを出したら、ようやくフッキングの準備に入ろう。

そしてそのアタリを2、3度捉えた時点で、竿をゆっくり起こすように持ち上げて、フッキングに持ち込こむのだ!! 今期は水温が高く、北からのイワシの南下がまだ読めないが、例年のパターン通りなら水温の低下に伴い、浅場の沿岸を通って間違いなくやってくる。

そうなると、そのイワシを捕食しながら一緒に移動してくる〝渡りの大判ビラメ〟がターゲットになるので、楽しさが倍増するのだ。

なんたって奴らはメタボ。
アベレージで3㎏前後。

中には、5㎏を優に超すモンスタークラスがまじる。

ファイトも圧巻で、グイグイ引くので心してその準備に入って欲しい。

狙う水深は10〜20m前後の浅場で、ポイント周辺は、前記同様で、根掛かりすることが、ほとんどない場所となる。

釣り方も〝横流し〟の釣りをそのまま行うが、こちらは水深が浅い分だけ、潮の抵抗が弱くなる。

つまり浮き上がりが押さえられるので、それほど神経質に底の取り直しをしなくても良くなるのだ。

また、よりイワシを目立たせるタナの切り返しや広範囲にアピールできる大きな聞き上げや高ダナ設定も可能になるので、アクティブに攻めてみよう。

大型に備え、仕掛けをワンクラス上げて挑み、孫バリも伸ばされにくい1本バリに交換して、しっかり掛けて取り込みましょうね!!

仕掛けに迷ったら、船宿オリジナルが一番!

ライトで集魚力アップ!

暗いときや潮が濁っているときには、ブルーの水中ライトが効果あり(船宿で購入可)

いよいよ待望の全面解禁!ヒラメの宝庫鹿島沖!部分解禁爆釣レポート

12月からは茨城県の海域が全面解禁。ポイントは一気に拡大する

ポイントに入ると、次々にヒット!タモ入れは大忙し!!

3㎏近い良型は、魚礁や根周りでヒット!このようなところでは、オモリを少し底から上げてアタリを待つことが大事だ

良型があがってます

このサイズがキャッチできれば御の字だ。一番食べておいしいサイズだ

朝の数流しで全員ヒラメキャッチ!!

この日、80歳すぎの常連さんが竿頭。シンプルな仕掛けで手持ち竿で釣っていた

イケスの中はこのとおり

こんな良型を複数枚キャッチすることもザラだ

下船後は待合所でランチを。素泊まりも可能

今回、取材にご協力いただいたのは、茨城・鹿島港「大春丸」

12月1日から茨城海域のヒラメがいよいよ待望の全面解禁。

11月の鹿島沖部分解禁は、ここ数年に比べれば、数的には少なめの開幕だった。

だが、そこはヒラメの宝庫と呼ばれる鹿島沖。連日、良型まじりで好調な釣果を記録し続けている。

この調子でいけば、12月以降もまずまずの模様を維持すること間違いなしだ。

「良型は魚礁や根についているね。だから、ピンポイントで狙っているよ」とは、春から夏にヒラメの刺し網漁も行っている鹿島港「大春丸」の小堤春夫船長。

ヒラメの動きだけでなく、居場所を熟知している船長だからこそできる、ピンポイントのラン&ガン流しで効率よくヒラメを釣りあげていく。

乗船日は、朝の数流しですでに船中ボウズなし。

3㎏近い良型もあがり、釣り人全員リラックス。

この雰囲気が心地よい。

魚礁から少し離れた平場では、横流し釣りをする。

風下側では100〜120号のオモリを使う。逆に風上側では標準のオモリ80号を。

このオモリの使い分けで釣果にも差が出るし、オマツリなどのトラブルもぐっと少なくなる。

「今日は80歳過ぎのおじいちゃんがうちでは竿頭でした!ヒラメ釣りは気軽に入門できる釣り物です。ビギナーの方も大歓迎ですよ!」とは、親切でとても気をくばってくれる女将さんの弁。

水温が下がり例年どおりイワシが北から南下してくれば、浅場で渡りの大ビラメが狙える。

さあ、12月の茨城全面解禁のヒラメに乞うご期待!!

以上の記事は「つり丸」2016年12月15日号の掲載記事です。

最新記事
今期の部分解禁も好釣果でスタートダッシュを決めた茨城海域のヒラメ釣り!ちなみに当地は、横流しの釣りが主流。今後も数釣りに期待が持てる茨城海域だが、数を伸ばすには、中小型を確実に獲ることも重要。
千倉沖イワシ泳がせ五目が好調なスタート。マイワシをエサにマハタ、ヒラメをメインに狙う!ゲストも青物、根魚など豪華多彩。南房のイワシ泳がせ五目釣り!最高におもしろいぞ!
東伊豆・初島沖のワラサがようやく食いだした。11月上旬になってようやく回遊の報が届き、伊東港「村正丸」から出船。定員ちょうど10名の釣り人を乗せた船はベタナギの海をゆっくりと初島沖へと向かった。
房総半島の先端部、南房・西川名沖。魅力はショートロッド&ショートハリスで大ダイとのやり取りが可能なこと。午前と午後便で出船中なのでさらに手軽。年末年始のお目でタイ釣行におすすめだ。
保温性抜群のインナー。トップとパンツセット「ウォームインナーセットМQ-01」
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読