MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
南房 千倉沖 解禁!ヒラメ&マハタ両狙い!仕掛け&釣り方

南房 千倉沖 解禁!ヒラメ&マハタ両狙い!仕掛け&釣り方

11月1日南房のイワシ泳がせ釣りが解禁。主な狙いはヒラメとマハタ。カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。他とはひと味違う南房のヒラメ釣りを楽しもう。

南房ヒラメはゲストがウレシイ!マハタ中心に狙うのもOK!5㎏のマハタも釣れてます!

マハタを中心に狙うことも可能

南房のもうひとつの本命ターゲットがこのマハタ。ヒラメ以上にウレシイ高級魚だ

11月1日から解禁した南房のヒラメ。

外房エリアでは多くのポイントが10月から解禁するほか、夏場もヒラメを狙っている場所もあるので、南房のヒラメ解禁はそれほど大きな注目を集めることはない。

しかし、南房では狙う船数がそれほど多くないこともあって場荒れが少なく、人知れず数釣りができたり、大型が上がったりもする穴場的なヒラメポイントなのだ。

また、南房エリアのヒラメ釣りでは、良型のマハタやアカハタなどのハタ類がまじることも多いほか、カンパチ、ヒラマサなどの青物といった高級ゲストがイワシエサに食ってくるのも魅力。

南房千倉港「千鯛丸」は、そんな南房の海で、生きイワシエサの泳がせで、「ヒラメメインに狙いマハタもまじる」パターンと「マハタメインで狙いヒラメもまじる」パターンなど多彩な乗合で出船している。

ここではマハタをメインに狙う場合の釣り方を紹介しよう

タックルはヒラメよりややパワーのあるものを

「今シーズンは、だいぶ水温が高めだから、まだヒラメは本調子じゃないみたいですね。これから水温が下がってからが本番でしょう。その代わりマハタは好調に釣れてます。5㎏近いのも上がってますから、マハタメインで狙うのも面白いですよ」

こう話すのは「千鯛丸」鈴木美津男船長。

マハタメインで狙うと1~3㎏前後メインに3~5㎏クラスまじりでトップ5匹ほど釣る日もある。

「千鯛丸」では、ヒラメメインかマハタメインか、どんな狙い方にするかは最初に予約を入れた人の希望で決まるので、マハタを狙いたい人は、早めに予約電話を入れるといいだろう。

マハタメインで狙う場合、タックルや仕掛けは、ヒラメ用よりややパワーのあるものを用意したい。

ロッドはヒラメ竿でもいいが、その場合食い込み重視の軟調タイプではなく、胴がしっかりしていて張りがあるタイプがおすすめ。

ライト泳がせ竿などでもいい。

「ハタはエサを咥えて、根に潜り込む習性があるので、アタリの後〝ひとのし〟をかわせる竿がいいですね。ヒラメ竿の軟らかいのだと、根に潜られやすいですよ」と鈴木船長。

ハタのポイントはヒラメに比べ深目。

このところ狙っているのは水深80~100m前後が中心なので、リールは小型電動がおすすめだ。

道糸はPE4号前後を。
仕掛けは市販のヒラメ仕掛けならハリスが太めの物をセレクトしよう。

自作する場合はハリス8~10号、1~1.5m、捨て糸4~6号、50㎝~1m。

ハリは伊勢尼12~14号、ヒラマサバリ13~14号、太地ムツ16号など。

ハタ狙いの場合、ハリは軸が太くて頑丈なものを選びたいが、エサのイワシはヒラメ狙いのときと同じサイズなので、あまり大きなハリではイワシの動きが悪くなってしまう。

孫バリを付けるか付けないかを含め、ハリは各自の好みでチョイスしよう。

〝ひとのし〞をかわし根に潜られないように

マハタ狙いのポイントは水深30~100m前後で、このところ80~100mほどを攻めることが多い。

タナ取りは、根掛かりが少ないようなら、長めの捨て糸でオモリトントンをキープすればいい。

ただ、根回りを攻めるので根掛かりが多くなることもある。

その場合は捨て糸を短めにして、マメにタナを取り直すようにする。

いずれの場合もエサが底スレスレを泳ぐようにハリスや捨て糸の長さ、タナ取りの設定をすることが大切だ。

とくに根がキツイ場所を流す場合は、その旨アナウンスがあるので、底から2~3mオモリを切るようにする。

マハタの場合、ヒラメのように前アタリが長く続くことは少なく、いきなり一発で食い込むことが多い。

エサのイワシが追われて暴れるような微かな動きのあと、ギュン、ギューンと竿先が引き込まれるようなアタリが出ることが多いので、すぐに対応できるようにしておこう。

マハタはエサを咥えると、反転して急いで根に逃げ帰ろうとする。

これが船上では一気に竿を引き絞るようなアタリとして現れる。

ここでモタモタしていると根に潜られてしまう。

スッポ抜けを防ぐためにひと呼吸待ってから、大きく竿を立ててアワセを入れ、リールをゴリゴリと何回転か素早く巻いて根から離してやる。

根に潜られると、そう簡単には出てこない。

しばらく道糸を緩めて放っておくと出てくることもあるが、まったく動かなくなってしまうこともあり、そうなるとハリスを切るしかなくなる。

気を抜かず、最初の〝ひとのし〟にはしっかり対応しよう。

ヒラメもそろそろ本番。

南房でヒラメ&マハタを存分に楽しもう!

まだ夏の海でヒラメには早い? かわりに好調なのがマハタだ!

11月を迎え、南房地区のイワシ泳がせ釣りが解禁された。

南房地区のイワシ泳がせの主な狙いはヒラメとマハタ。

しかし、いろいろなポイントを攻めるためいろいろな魚がまじることが特徴。

他地区とはひと味違った南房のヒラメ釣りが楽しめるのだ

南房のヒラメ釣りは高級ゲストが多彩だ。何が上がってくるかわからない、それがまた楽しい!

ヒラメ・ハタどちらかを中心にしたリレー釣り

生きイワシエサのヒラメ・マハタ乗合を出船している千倉港の「千鯛丸」。

集合時間は5時半だが、ちょっと早めに港に着くとちょうどエサ屋の車から船へとイワシを移したところだった。

ちょうど良いサイズのマイワシが、一人頭20匹ずつ用意されている。

鈴木美津男船長に近況を聞くと、今年は水温の低下が遅れているという。

陸の上はすっかり冬の寒さだが、海の中はまだ夏の終わりくらい、いまだにシイラが泳いでいる。

そのせいか、ヒラメは数的にはいまひとつ、水温が下がって浅場で良型が食うのは少し先になりそうだ。

高水温の影響を受けにくいマハタの方は順調で、コンスタントに型が出ているという。

「千鯛丸」のイワシ泳がせ釣りにはがいくつかのバリエーションがある。

「ヒラメ五目」は、ヒラメを主体にマハタも狙う乗合、「マハタ五目」はその逆でマハタが主体でヒラメも狙う。

この2つは似たようなリレー船だが、釣り時間の配分やポイント選びに違いがある。

「ヒラメ乗合」「マハタ乗合」は名前の通りそれぞれの魚種専門で狙う。

「泳がせ五目」は沖目の深場を中心に狙うどちらかと言うとマニア向けメニュー、「イワシ五目」は活イワシで釣れるものは何でも狙いお土産確保を優先、というビギナー向けメニューだ。

どの狙いで行くかは最初に予約したお客さんの希望で決まる。

「千鯛丸」ブログにある予定表を参照するか、初めての人は船長に電話で希望を伝えるのがわかりやすいし、そのときの状況等やお勧めを教えてくれる。

そして、人気が集中するのはやはりヒラメ五目で、この日もヒラメ五目の募集をかけて出船だった。

マハタらしきアタリも 根に潜られハリス切れ

朝イチは港前の20m前後で開始。この水深はヒラメ狙い。

潮はゆっくりと流れているようで、キロ前後のヒラメが顔を出し始めた。

船長は西へと移動し、徐々に深みの根周りを攻める。

根の際を流しているので、カサゴ、アカハタが顔を出す。

特に港前から白間津沖にかけて崖のように駆け上がる根周りは好ポイントだが、まだ水温が高くこの場所にヒラメが入ってくるのはもう少し寒くなってからだろう。

昨年は4㎏オーバーの大判も釣れていたが、今年はまだソゲ級~キロ級が多い。

船長はオモリを80号に替えるように告げた。

60号と80号、2種のオモリを用意することが「千鯛丸」の特徴。浅場から深場まで幅広く攻めるためだ。

水深は65mの根周り、ここはヒラメも出るがマハタ狙いのポイントとアナウンスがある。

左のトモで良型が食った。しかし、根に潜られてしまい、無念のハリス切れ。

あまりタナを低く取ると根に潜られるリスクが増えるが、高すぎるとアタリが減るので悩ましい。

次のアタリは私に来た、竿先がわずかに押さえ込まれて、そのまま竿を手持ちにして待つとグイッとひっぱり込まれた。

そのまま竿でためて強引に浮かせにかかる。

引きの強さにびっくりして糸を出すと根に潜られる。

途中の重々しい引きから期待が膨らむ。

灰色の影が海面に見えた、2.1㎏のマハタだった。

ヒラメは小型だったが マハタ7匹は大成功だ

マハタは数がそれほど多くはない魚、2㎏級が釣れれば大満足だ。

その後に船でも同級が2匹、800gほどの小型は4匹、この日マハタは船で7匹の釣果だった。

根周りでまじったのは、カンパチ、アカヤガラ、キントキ、アヤメカサゴと豊富。

この日は顔を出さなかったが、オニカサゴ、ハチカサゴもこの釣りの定番外道、潮によってはワラサやメジが食うときもある。

「イワシは海の米」と呼ばれるが、生きイワシには実にいろいろな魚が食って来るし、大型魚が多いのが楽しい。

定時となり、船では8目の魚が上がり賑やかなクーラーでの帰港となった。

船長はヒラメの型が小さいことが不満なようだったが、2㎏前後のマハタが3匹は十分な釣果だ。

この高水温も12月になれば例年並みになるだろう。

水温が下がって浅場の根周りにベイトが付き始めると、南房のヒラメ釣りは本番を迎える。

「千鯛丸」の師走はいろいろなリクエストが来る時期で、イワシエサの泳がせの他にも、正月用マダイ、フグやアマダイ、キダイ、ヤリイカ泳がせにも出船する。

ブログ予定表、または電話で確認して釣行の計画を立てて欲しい。

11月解禁の穴場ポイント南房・千倉沖。ヒラメ&マハタ釣行レポート

1月から解禁した南房のヒラメ釣り。まだ水温が高めで本調子ではないようだが、水温が下がる年末年始ころは大型数釣りも期待できるだろう

取材日は小型が多かったが、水温が低下しイワシが回遊してくれば大判サイズも

数釣りもあり、大型も出る穴場的なヒラメ釣り場だ

マハタは1~3㎏前後主体に、3~5㎏クラスも上がっている

マハタは美味しい高級魚。刺身なら数日寝かせてからがいい。煮つけや唐揚げ、鍋ネタにしてもウマイ!

チカメキントキも美味!

でかいアカヤガラ。何にしてもおいしい、嬉しいゲストだ

カンパチも回っていれば、イワシに食いついてくる

南房のヒラメ釣りではアカハタもよくまじる

今回、取材にご協力いただいたのは、千葉・千倉港「千鯛丸」

南房にもヒラメ釣りの季節がやってきた。

千倉港「千鯛丸」で11月から始まった生きイワシエサの釣りは他地区のヒラメ釣りとはちょっと毛色が違う。

メインターゲットにヒラメに加えマハタを据え、サブターゲットとして根に居付くフィッシュイーター全般に狙いを置く。

常連客も、「ヒラメを釣りたいけれどたくさんは要らない、それよりいろいろな魚を釣ってお土産にしたい」という要望が多い。

取材日はヒラメ、マハタの他、カンパチ、アカハタ、カサゴ、ヤガラ、チカメキントキ、アヤメカサゴを加えて8目の魚が顔を見せ、「千鯛丸」のイワシ泳がせ釣りの特徴がよく表れた日だった。

他にもオニカサゴ、カンコ、マゴチ、ワラサは定番で、どのターゲットも良型が上がってくるのが嬉しい。

今年の南房沖は高水温が続いてヒラメ釣りの状況は例年より遅れている。

しかし、水温が下がる師走にはヒラメの数が伸びていくはずだ。

鈴木美津男船長は、「このかけ上がりはヒラメ、マハタの両狙い」、「この根はマハタが食うところ」というように狙いを詳細に教えてくれる。

マハタは5㎏オーバーの実績もあり、根にもっていかれてのハリス切れもしばしばある。

マハタポイントでは、ドラグを締めて引き込みには糸を送らずに対応しよう。

以上の記事は「つり丸」2016年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
相模湾の亀城根周辺で、マルイカ&ムギイカが好調だ!当日、児島玲子さんはスッテを5本から8本に作戦変更し、マルとムギのダブルや、ムギのダブルなどを披露してくれた。
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
最新記事
巣ごもり企画として展開するアシストフックの作り方講座、短期連載の2回目は、ツインタイプのアシストフックの作り方を紹介しよう。
初夏の数釣りを楽しむならコレ!東京湾のシロギス!明確なアタリと元気な引きが楽しくって夢中になってしまう!!数釣りシーズンはビギナーにもオススメ!
レールシステムを搭載しよりコンパクトにより軽量になったライフジャケット!ダイワ「DF-2220(コンパクトライフジャケット)」
剣崎沖のイサキは6月から開幕!釣れるイサキは極上の美味魚で、ジャンボサイズもまじる!ウイリー仕掛けを使ってシャクって食わせよう!!
波崎港の「信栄丸」ではキハダフィーバー中!少し沖合となる犬吠崎沖の黒潮流域を狙っており、キハダ(キメジ)やカツオが回遊!大海原のナブラを独り占め!キャスティング&ジギングで攻略しよう!!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読