MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【東伊豆・初島沖】ワラサ釣り開幕!!良型主体の入れ食いだ!

【東伊豆・初島沖】ワラサ釣り開幕!!良型主体の入れ食いだ!

東伊豆・初島沖のワラサがようやく食いだした。11月上旬になってようやく回遊の報が届き、伊東港「村正丸」から出船。定員ちょうど10名の釣り人を乗せた船はベタナギの海をゆっくりと初島沖へと向かった。

perm_media 《画像ギャラリー》【東伊豆・初島沖】ワラサ釣り開幕!!良型主体の入れ食いだ!の画像をチェック! navigate_next

ようやく回遊!初島沖ワラサ! マダイ五目リレーもオススメ!

反応はあるが良型1本のみ

協定開始時間の6時半までしばらく待機し、各船一斉に「ハイ、じゃあやってみましょう」で釣り開始となる。

船長からの指示は「上から52m。5m下からコマセを振ってきて」というものだ。

開始早々に左舷胴の間氏の竿が曲がる。
慎重にやり取りして船長のタモに無事収まったのは4㎏オーバーの良型。

周りでも取り込み最中の船もあり「さあ始まるぞ!」と気合が入るが、その後は沈黙の肩すかし。

「いい反応入るんだけどねー」と船長も思案顔だ。

ワラサがいるのに食わないんじゃあハリスを落としましょうか、とハリス6号の仕掛けに換えた。

コマセカゴも絞り気味の調整にし、その時を待つのだが竿は波で時折上下に揺れるだけだ。

結局この後イナダが1本上がっただけでギブアップ。伊東に戻ってマダイ五目に転戦した。

まずは川奈沖を狙い700~800g級のマダイが上がる。

伊東沖では大アジ、イトヨリと嬉しいゲストが顔を出すが、こちらも本来の食いとは程遠い。

ラストに私の竿にドーンと来てドラグもチチチー!と出る。

大ダイ?ワラサ?と色めきだったが、残念ながらオマツリして隣人氏の道糸がナチュラルハリ外しとなって姿を見ることは出来なかった。

何度も良い思いをさせてもらっている伊東沖だけに、なんだか忘れ物をしたような気分での納竿。

まあ今日はこんな小春日和の中竿を出せただけで満足…なんて物分りが良いはずはなく、船長の「悔しい!じゃあ、リベンジしようよ!」に即刻同意で3日後の釣行を決めた。

リベンジ釣行では入れ食いタイム!

11月9日は前回の小春日和から打って変わって、木枯らし1号が予想された寒い一日だった。

平日とあってか相客は2人で、仲よく左舷側に並んだ。この日は船長も右舷で竿を出すようだ。

釣り場は前回と同じ初島の西側(伊豆半島側)。

沖側でも食い始めたようで大半の船がそちらへ向かう中「勘ですよ」の船長の判断だ。

この日は「タナ取りは下からやりましょう。下から10m」と指示が出て釣り開始。

ところが30分程はまたしても沈黙で「今日もまたか…」と嫌な雰囲気に…。

しかし突然その時はやって来た!

左舷ミヨシ氏にアタると。
ほどなくして私の竿もズドン!そして続いてトモ氏の竿も満月に。

ミヨシ氏のワラサは5㎏級、私とトモの方のも4㎏アップは間違いなさそうな良型だ。

ワラサをクーラーに仕舞い(サメが寄るので血抜きは厳禁)

仕掛けを再投入したミヨシ、トモ氏にはすかさずアタリが出る。

右舷側では船長も掛けたようで、カメラを持ってミヨシからトモへ左舷から右舷へと飛び回る。

合間を見て仕掛けを入れるとタナ合わせとほぼ同時にギュギューン!と竿が入った。

2本目ゆえ電動で強気のヤリトリで水面を割ったのはなんとマダイ。

後検量で2㎏ちょうどの良型が8号ハリスに食って来た。

年内はイケそう!タイ五目は年明けも有望

モーニングサービスは1時間足らずで終了したが、各自3~4本のワラサを手にし「後半はちょっとマダイ五目やリましょうか?」との船長からの提案で伊東沖へ移動した。

皆、心に余裕があった?ためか、この日は伊東沖も好釣。

マダイ、イナダ、大アジ、イトヨリ…小型ながらカイワリも交じり、マダイの最大は2.1㎏だった。

ワラサはもちろんイナダも大アジも脂の乗りは抜群。

伊東沖の魚は旨い!を再確認した。

初島沖のワラサは、年内は行けそうな雰囲気。

数日後には冬の風物詩イカブリも始まっているかもしれない。

なお、伊東沖のマダイ五目は年明けも有望で、納竿、竿始めにもお薦めだ。

初島沖のワラサ!良型主体の入れ食い釣行レポート

この引きがタマラナイ!!入れ食いタイムはこれの連続。筋肉痛にご注意

脂が乗っていて刺身が旨い!照り焼きやブリ大根など、いろいろ楽しもう

このくらいのサイズでも脂が乗っている

良型主体で釣り味バツグン!

マダイ五目もオススメ!マダイも好調。ワラサのあとにマダイ五目でお土産を釣るのもオススメだ

マダイ五目でまじった大アジ

イトヨリやカイワリなどおいしい魚でお土産が増える

今回、取材にご協力いただいたのは、静岡・伊東港「村正丸」

東伊豆初島沖のワラサ釣りがようやく開幕!

今季はどこも回遊が遅れ気味だったが、初島沖では初木枯らしが吹いた11月上旬にスタートとなった。

遅れた分かどうかは分からないが開幕から型は良く、釣れ上がるワラサはみな4~5㎏級メインで丸々と太っている。

「8号以上のハリスでも雑なヤリトリだと切られることもありますよ」とは伊東港「村正丸」の村上大輔船長。

そうなると、ブリ級が回っているということも想像できる。

「まだ始まったばかり、本格化は11月下旬頃?」と予想され釣果にもややムラがあるが、トップ6~7本の釣果も出ている。

朝イチにバタバタっと食って、その後はポツポツの展開となるのは、どのワラサ釣り場でもよくある話。

朝イチは8号以上のハリスでやって、食いが落ち着いたら6号に落とすのが、初島沖でも常套手段だ。

なお、「村正丸」では状況に応じて後半に伊東沖港前でマダイ五目にリレーすることもある。

目下2~3㎏級のマダイが安定して食っており、その他美味なカイワリや大アジがまじるからお土産に事欠くことはなく、
こんな保険?が利くのも伊東出船のメリットと言えるだろう。

以上の記事は「つり丸」2016年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
走水沖のビシアジが好調だ!今回取材した走水港「関義丸」では半日船でトップ40匹台や50匹台をコンスタントに記録!脂が乗った美味アジの数釣りが楽しめる!!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル