MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アベレージサイズアップ中! 東京湾のタチウオジギング【東京湾】

アベレージサイズアップ中! 東京湾のタチウオジギング【東京湾】

食べて美味しく釣って楽しいタチウオが絶好調で、しかもアベレージサイズがよくなっている…こりゃーもう居ても立ってもいられず、矢も楯もたまらず、釣り船に乗り込んだのでありますです、ハイ。

良・大型続々登場! 指6本以上のドラゴンも!!

東京湾のタチウオジギング初挑戦の“aricoちゃん”こと鈴原ありささんは、コツをつかんで連続ヒット! ジグは「ウォブリン」(スミス)。カラーはaricoちゃん考案のタチウオ用プロトだ。

「やった〜最高❤」、ヒット連発のaricoちゃん。

指6本以上はあるであろうドラゴンも登場! 秋から冬にかけて、東京湾のタチウオはアベレージサイズサイズがどんどんよくなるぞ!

トルクのあるファイトにロッドが大きく曲がる。「タチウオ楽しいね〜!」。

指4本の良型! ジグはもちろん「ウォブリン」だ。

今後は徐々に水深が深くなって来るので、タックルはベイトが有利になる。

女性や子供も手軽に楽しめるのがタチウオジギングの魅力だ。

ジグは120〜150gを中心に持参しよう。カラーはピン系はマストだ。

アベレージサイズは指3本。そしてサイズばかりではなく、トップ20〜30本ともちろん数も釣れている!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「渡辺釣船店」。

「トップが20~30本釣れるのを目標にやってます。サイズもだんだんよくなってきいて、アベレージは指3本ぐらいですが、それに指4本がポツポツまじっています」。そう話すのは、横浜新山下「渡辺釣船店」ルアー船担当の田中茂生船長。そう、東京湾のタチウオが元気いっぱいなのだ!
食べて美味しく釣って楽しいタチウオが絶好調で、しかもアベレージサイズがよくなっているとあって、8月中旬の取材日は、「渡辺釣船店」のタチウオ船はなんと2隻出しでどちらも満船である。
ただ、いくら好調といってもそこはタチウオ。釣り人のウデによって釣果に差が出てしまう。そこでアクションのコツを田中船長に聞いてみると、
「パターンは日々違いますので、自分自身でいろいろ試して見つけることが大切です。海中の様子やジグの動きをイメージするとよいでしょう」
今後さらにアベレージが大きくなり、しかもロングランで楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
鹿島沖のテンヤマゴチは、今一押しのターゲット。ガツンと強烈なアタリで40〜50㎝級が多く、60㎝級もまじる!暑さに負けず、照りゴチを満喫してほしい。
5月後半から絶好調!鹿島沖のマゴチ!今期はまだまだ魚影も濃く、ロングランが予想される!ジグヘッド+当たりワームでぜひトライしてほしい!
今回はカンタンに製作できるツインアシストフックを紹介。アシストラインの両端でフックを外掛けで結び、溶接リングをセットしたシンプルなパターン。
今年はすでに鹿島沖のテンヤマゴチが開幕。テンヤにワームをセットして狙うため気軽に挑戦でき、よく釣れる!大人の夏休みはコレ!!
波崎沖のオフショアルアーゲームが超激アツ!波崎港「征海丸」が狙っている大根周辺では、ジギングでヒラマサが絶好調!取材日はワラサやヒラメなども加わり、船上は確変!大フィーバー状態だった。
最新記事
相模湾のターゲットを手軽にいろいろ釣って楽しむ!茅ヶ崎港「沖右ヱ門丸」LT五目!入門しやすく、ズバリ釣れる!シャクリとポーズをいろいろ試して五目釣りを満喫しよう!
鹿島沖のテンヤマゴチは、今一押しのターゲット。ガツンと強烈なアタリで40〜50㎝級が多く、60㎝級もまじる!暑さに負けず、照りゴチを満喫してほしい。
東京湾のタチウオ&アジ!釣って楽しく食べて美味しい!人気2魚種をリレーで狙わせてくれるのが鴨居大室港「福よし丸」。どちらも釣れれば満足感2倍だ!!
新潟県上越・直江津沖でオキメバルと夜スルメイカが激釣モード突入中!水深120~130mの沖はおいしいターゲットがもりだくさん。激うまをたくさん味わおう!

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読