MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アベレージサイズアップ中! 東京湾のタチウオジギング【東京湾】

アベレージサイズアップ中! 東京湾のタチウオジギング【東京湾】

食べて美味しく釣って楽しいタチウオが絶好調で、しかもアベレージサイズがよくなっている…こりゃーもう居ても立ってもいられず、矢も楯もたまらず、釣り船に乗り込んだのでありますです、ハイ。

perm_media 《画像ギャラリー》アベレージサイズアップ中! 東京湾のタチウオジギング【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

良・大型続々登場! 指6本以上のドラゴンも!!

東京湾のタチウオジギング初挑戦の“aricoちゃん”こと鈴原ありささんは、コツをつかんで連続ヒット! ジグは「ウォブリン」(スミス)。カラーはaricoちゃん考案のタチウオ用プロトだ。

「やった〜最高❤」、ヒット連発のaricoちゃん。

指6本以上はあるであろうドラゴンも登場! 秋から冬にかけて、東京湾のタチウオはアベレージサイズサイズがどんどんよくなるぞ!

トルクのあるファイトにロッドが大きく曲がる。「タチウオ楽しいね〜!」。

指4本の良型! ジグはもちろん「ウォブリン」だ。

今後は徐々に水深が深くなって来るので、タックルはベイトが有利になる。

女性や子供も手軽に楽しめるのがタチウオジギングの魅力だ。

ジグは120〜150gを中心に持参しよう。カラーはピン系はマストだ。

アベレージサイズは指3本。そしてサイズばかりではなく、トップ20〜30本ともちろん数も釣れている!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「渡辺釣船店」。

「トップが20~30本釣れるのを目標にやってます。サイズもだんだんよくなってきいて、アベレージは指3本ぐらいですが、それに指4本がポツポツまじっています」。そう話すのは、横浜新山下「渡辺釣船店」ルアー船担当の田中茂生船長。そう、東京湾のタチウオが元気いっぱいなのだ!
食べて美味しく釣って楽しいタチウオが絶好調で、しかもアベレージサイズがよくなっているとあって、8月中旬の取材日は、「渡辺釣船店」のタチウオ船はなんと2隻出しでどちらも満船である。
ただ、いくら好調といってもそこはタチウオ。釣り人のウデによって釣果に差が出てしまう。そこでアクションのコツを田中船長に聞いてみると、
「パターンは日々違いますので、自分自身でいろいろ試して見つけることが大切です。海中の様子やジグの動きをイメージするとよいでしょう」
今後さらにアベレージが大きくなり、しかもロングランで楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
オールシーズンゲームとなっている東京湾タチウオジギング!今回は前半戦だけで30本を記録した猛者がいるほどの食いっぷり!気軽に楽しめる釣りとしてジギングデビューにもおすすめだ。
何が掛かるか分からない!小さなジグで大きな魚を獲る!外房・大原沖でスーパーライトジギングが大盛況だ!潮況が合えばワラサやサワラの回遊魚も期待十分!
3月の鹿島沖テンヤマダイ船は、ジグマダイ船になった!45~60gの小型タングステンジグが大活躍!うれしいゲストはホウボウ&メバル!ぜひ挑戦してみてほしい!
【東京湾】イワシ付きグッドサイズが連発!キャスティングゲームで狙う夜のシーバス最高潮!ベイトパターンの群れにぶつかればグッドサイズの連発あるぞ!!
最新記事
【東京湾・八景沖】ビギナーからベテランまで誰でも楽しめる!!手軽に美味しいアジを釣るならコレ!東京湾LTアジ!行楽シーズンにオススメだ!
新潟県間瀬沖の夜ヒラメ釣りがシーズンイン!ターゲットは乗っ込み大ビラメ!ベイトの中大アジをエサにして泳がせ釣り!今期初は5㎏オーバー!最大は7.3㎏!
今期は当たり年という外房川津沖周辺のマダイ!アベレージは堂々のロクマル!外房屈指の大ダイ場も乗っ込み中だ!一定の速度で巻き巻きしてゲットしよう!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル