MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
アベレージサイズアップ中! 東京湾のタチウオジギング【東京湾】

アベレージサイズアップ中! 東京湾のタチウオジギング【東京湾】

食べて美味しく釣って楽しいタチウオが絶好調で、しかもアベレージサイズがよくなっている…こりゃーもう居ても立ってもいられず、矢も楯もたまらず、釣り船に乗り込んだのでありますです、ハイ。

perm_media 《画像ギャラリー》アベレージサイズアップ中! 東京湾のタチウオジギング【東京湾】の画像をチェック! navigate_next

良・大型続々登場! 指6本以上のドラゴンも!!

東京湾のタチウオジギング初挑戦の“aricoちゃん”こと鈴原ありささんは、コツをつかんで連続ヒット! ジグは「ウォブリン」(スミス)。カラーはaricoちゃん考案のタチウオ用プロトだ。

「やった〜最高❤」、ヒット連発のaricoちゃん。

指6本以上はあるであろうドラゴンも登場! 秋から冬にかけて、東京湾のタチウオはアベレージサイズサイズがどんどんよくなるぞ!

トルクのあるファイトにロッドが大きく曲がる。「タチウオ楽しいね〜!」。

指4本の良型! ジグはもちろん「ウォブリン」だ。

今後は徐々に水深が深くなって来るので、タックルはベイトが有利になる。

女性や子供も手軽に楽しめるのがタチウオジギングの魅力だ。

ジグは120〜150gを中心に持参しよう。カラーはピン系はマストだ。

アベレージサイズは指3本。そしてサイズばかりではなく、トップ20〜30本ともちろん数も釣れている!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・横浜新山下「渡辺釣船店」。

「トップが20~30本釣れるのを目標にやってます。サイズもだんだんよくなってきいて、アベレージは指3本ぐらいですが、それに指4本がポツポツまじっています」。そう話すのは、横浜新山下「渡辺釣船店」ルアー船担当の田中茂生船長。そう、東京湾のタチウオが元気いっぱいなのだ!
食べて美味しく釣って楽しいタチウオが絶好調で、しかもアベレージサイズがよくなっているとあって、8月中旬の取材日は、「渡辺釣船店」のタチウオ船はなんと2隻出しでどちらも満船である。
ただ、いくら好調といってもそこはタチウオ。釣り人のウデによって釣果に差が出てしまう。そこでアクションのコツを田中船長に聞いてみると、
「パターンは日々違いますので、自分自身でいろいろ試して見つけることが大切です。海中の様子やジグの動きをイメージするとよいでしょう」
今後さらにアベレージが大きくなり、しかもロングランで楽しめる。

以上の記事は「つり丸」2017年9月15日号の掲載情報です。

つり丸最新号は、こちら↓

関連記事
東京湾では、いよいよ乗っ込みマダイのXデー間近!各地ではマダイ好調の報せがちらほらと入り始めた。走水港の「政信丸」でもお腹はパンパン良型が上がっている!
関東屈指の大ダイ場で、乗っ込みマダイが開幕だ!勝浦川津港「とみ丸」ではプレシーズンで大ダイが爆釣中!夢の大ダイを狙ってみよう!
ソフトルアーを使って海底付近を攻める東京湾のチニングゲーム!ターゲットはキビレ&クロダイ。注目の新釣法!ぜひ挑戦をおすすめしたい、NEWスタイルだ!
東京湾のシーバスがシーズン終了まであともう少し!水温も上昇に転じ、高活性化する時期!大型&数釣りも可能なジギングゲーム!ラストスパート!!
江戸川放水路の「林遊船」で大人気なのが「カスタム和船」と呼ばれるフラットボートによる湾奥のシーバスゲーム。新江戸前の釣りにぜひ挑戦してほしい。
最新記事
鹿島沖のメヌケ釣りが好シーズン!出船すれば連日5㎏級が上がっている。取材当日も4.8㎏が海面に弾け、船上は興奮に包まれる。
東京湾・剣崎沖のマルイカが好釣果で開幕した。大・中・小まじりで今季もアツい!!自分に合った道具、仕掛け、釣り方でチャレンジだ!
乗っ込みマダイを狙うのは、コマセだけではない!東京湾 横須賀沖のテンヤマダイ&タイラバも良型まじりでグングン釣果を上げている!乗っ込み本番に向けて視界良好だ!
大物の聖地、4月1日銭洲が解禁した。当日は脂のりのりの良型ウメイロが爆釣するなど、高級魚五目を満喫することができた。今後は五目でシマアジ、泳がせでカンパチがメインターゲットだ!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル