MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
LTアジ絶好調!数釣り半日トップ60匹台!東京湾 横浜沖

LTアジ絶好調!数釣り半日トップ60匹台!東京湾 横浜沖

手軽に楽しめる東京湾・横浜沖のLTアジが好調!新山下「渡辺釣船店」では、船着き場から10分もかからないという近さで、半日トップ60匹台という好釣果を記録する日が目立っている。是非チャレンジしてみよう!

水温高いうちは期待大!横浜沖のLTアジ釣行レポート

当日の釣り場はベイブリッジを過ぎて数分の近場。水深は20mほど

付けエサはアオイソメ。1〜2㎝にカットして付ける

「今日は貸しビシで挑戦しました」と阪本智子さん。

良型アジが掛かると、軟らかめのライト用ロッドがグイグイと引き込まれる!

30㎝を超える良型もまじる。日によっては、このサイズ主体のときも!

まずまずのサイズをゲット!これが美味しい!!

一荷もある!

サバもまじる

当日は2隻出し。別船も好調だった!

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・新山下「渡辺釣船店」

横浜沖のアジが好調だ!

新山下「渡辺釣船店」では、午前・午後のLTアジ船を出しているが、半日でトップ50匹台や60匹台という好釣果を記録する日が目立っている。

「今年は水温がまだ高いので、高いうちは好釣果が期待できそうですよ」とは「渡辺釣船店」の杉村裕二船長。

11月中旬の取材では、ベイブリッジがすぐ近くに見える横浜沖の水深20m前後。

船着き場から10分もかからないという近さだ。

これから水温が下がれば横須賀方面も狙うというが、まだしばらくは至近のポイントで激アツな釣果が期待できそうだ。

好調な日はアタリが多いので、手返しよく仕掛けを入れ替えてコマセをまくことと、正確にタナを取ることを心がけよう。

このアジ釣りの基本を実行できれば、コンスタントに数を伸ばせるはずだ。

手軽に楽しめる東京湾のLTアジ。

食べてもとても美味しいのでチャレンジしてみよう。

以上の記事は「つり丸」2016年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
今期の部分解禁も好釣果でスタートダッシュを決めた茨城海域のヒラメ釣り!ちなみに当地は、横流しの釣りが主流。今後も数釣りに期待が持てる茨城海域だが、数を伸ばすには、中小型を確実に獲ることも重要。
千倉沖イワシ泳がせ五目が好調なスタート。マイワシをエサにマハタ、ヒラメをメインに狙う!ゲストも青物、根魚など豪華多彩。南房のイワシ泳がせ五目釣り!最高におもしろいぞ!
東伊豆・初島沖のワラサがようやく食いだした。11月上旬になってようやく回遊の報が届き、伊東港「村正丸」から出船。定員ちょうど10名の釣り人を乗せた船はベタナギの海をゆっくりと初島沖へと向かった。
房総半島の先端部、南房・西川名沖。魅力はショートロッド&ショートハリスで大ダイとのやり取りが可能なこと。午前と午後便で出船中なのでさらに手軽。年末年始のお目でタイ釣行におすすめだ。
部分解禁~沸騰中の鹿島沖!今年は2~3㎏級&5㎏オーバーの大ビラメが何枚も!!当日は4.9㎏を頭に2㎏超級はゾロゾロ!トップ8枚!(前日は5㎏を頭にトップ10枚!!)。全面解禁後も乱舞確実!
最新記事
今期の部分解禁も好釣果でスタートダッシュを決めた茨城海域のヒラメ釣り!ちなみに当地は、横流しの釣りが主流。今後も数釣りに期待が持てる茨城海域だが、数を伸ばすには、中小型を確実に獲ることも重要。
千倉沖イワシ泳がせ五目が好調なスタート。マイワシをエサにマハタ、ヒラメをメインに狙う!ゲストも青物、根魚など豪華多彩。南房のイワシ泳がせ五目釣り!最高におもしろいぞ!
東伊豆・初島沖のワラサがようやく食いだした。11月上旬になってようやく回遊の報が届き、伊東港「村正丸」から出船。定員ちょうど10名の釣り人を乗せた船はベタナギの海をゆっくりと初島沖へと向かった。
房総半島の先端部、南房・西川名沖。魅力はショートロッド&ショートハリスで大ダイとのやり取りが可能なこと。午前と午後便で出船中なのでさらに手軽。年末年始のお目でタイ釣行におすすめだ。
保温性抜群のインナー。トップとパンツセット「ウォームインナーセットМQ-01」
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読