MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
【中越・柏崎沖】寒ブリ攻略はスキッディング&ジギング!

【中越・柏崎沖】寒ブリ攻略はスキッディング&ジギング!

ブリシーズン到来の合図となる「鰤起こし」到来!冬の新潟・柏崎沖でブリクラスを狙ったジギングゲームを堪能。スキッディング&ジギングで攻略「アシストクラブ金進丸」のブリゲームを紹介する。

ブリシーズン到来の合図となる「鰤起こし」

3回の予約で1回出船が可能ならラッキーというこの時期。 凪ぎの日は欠かせない

冬の柏崎沖ではブリがメインターゲットにドンッと居座るのが特徴だ。

「うちでは80㎝をブリとワラサとの境目としています。

3回予約して1回出ることができる、冬はそんな出船率ですが、大型を狙える時期だけに人気は高いですよ」とは「アシストクラブ金進丸」の秋山進一船長だ。

ポイントの水深は50〜100mが中心。秋山船長が提唱するスキッディングでも楽しめるが、秋山船長がガラケーになぞらえ「ガラジグ」と呼ぶ、一般的なジギングも効果的だ。

とりわけサイズが大型化すれば「ガラジグ」が活躍する場面が増えてくる。

必ず両方のタックルを用意し、ワラサ主体で多彩なゲストを期待する場合はスキッディング、ブリ一本という場面ではガラジグがメインパターンと考えるとよい。

取材時は数日前にブリシーズン到来の合図となる「鰤起こし」があったということだった。

「鰤起こし」とは雷鳴を轟かせながら、ヒョウやアラレを伴う荒天の日のこと。

それだけにブリ登場に期待したが、この日は残念ながらワラサ止まり。

しかし、サワラやヒラメ、キジハタなど、魅力的なゲストも多数登場!

あとはブリ到来を待つだけという印象だったが、12月初旬には十分に期待できるはずだ。

使用ジグのウエイトは100 〜 200gが中心

一般的なバーチカルジギングであっても、スキッディングであっても使用ジグのウエイトは100〜200gが中心と変わることはない。

定番カラーは?と聞けば、オールシルバー、イワシ、グリーンゴールド、ピンク、チャートと返ってきた。

ただし、最後には「ほぼ何でも釣れる」とのことなので、参考程度に留め、好みのものを選ぶとよいだろう。

一般的なジギングタックルの場合、使用ラインの目安はメインラインがPE2号、リーダーが40〜50 Lbが船長の勧める基本セッティング。少し細いのでは?と思う方がいるかも知れないが、船長は問題なし、きっぱり。

もちろん傷がないこと、ラインシステムを万全にしていることは大前提。

強度的には十分だし、4号などで派手にシャクって動かすより、細いラインを使用し、水切りの良さと感度の良さを生かした繊細な釣りを展開したほうが釣果は期待できる、ということだ。

なお、ブリ、ワラサは同時にヒットすることも多い。

ネットが間に合わない状況も珍しくはないので、リーダーを掴んで抜き上げることを前提にしておくとよい。

5㎏クラスを目安にそれ以下が中心のときは40 Lb、それ以上が中心のときは50 Lbと使い分けるのがオススメだ。

タックルはスピニングタックルが有利。
理由は高速リトリーブが効果的なことが多いから。

ロッドは使用ジグを快適にシャクれる6ft前後のものを選択する。

ジグウエイトの最大表示が120〜150g程度のものがよいだろう。

リールは中大型スピニングリール。ジギングを前提にしたタフなものがおすすめだ。

エキスパートの中にはスピードを得るためだけに大型リールを選択する人もいる。

ハンドル1回転で1m以上、を目安に選択するとよい。

アクションパターンの選択は 「ただ巻き」と「シャクリ」

ブリ狙いの場合、船上でのアクションパターンの選択は「ただ巻き」と「シャクリ」、どちらが有効かを見定めるのが重要だ。

「どちらかに偏ることが多いのが特徴です。シャクる場合でもイレギュラーアクションが出るような激しいものより、小さめでスピードのあるシャクリの方が効果的なことが多いですね」と、秋山船長。

タックルの紹介でも記したが、ブリ狙いの場合はスピードがキーワードになることが多いのが大きな特徴。

高速で動くジグでリアクションバイトを誘発する、というイメージだ。

スピードを出すためにはタックル、とりわけリールに頼ることになる。

ハイギアタイプの大型スピニングリールの最高速度は、小型スピニングリールで出すことはできない。

大型スピニングリールを持っていなければヒットさせることができないことがあるのが現実だ。

タックルセッティングに悩んだら、手持ちのリールの中で巻き取りスピードの速いものを欠かすことなく持っていくことをおすすめする。

スキッディングの場合も同様でベイトリールを使う場合であっても、巻き取りスピードはシビアにチェックした方が良いだろう。

キーワードはスピード。

よく覚えておくことをお勧めする。

中越・柏崎沖の極上寒ブリ!ワラサ釣行レポート

冬のまぶしい朝陽が照らす日本海は幻想的な景観を作り出す

サワラも多い中越エリア。良型だとかなりおいしい

取材時は「アシストクラブ金進丸」推奨、スキッディングでの釣りが中心となった

ワラサクラスを仕留めたのは燕市の前川さん

この走りが最高!

ガンガンシャクって、ガンガン掛けていた新潟市の森山さん

スキッディングではこのベイトタックルが活躍

いつでも何でもよく釣る、腕達者の常連、新潟市の今野さんはしっかりワラサをキャッチ

美味しいゲスト、いや隠れた本命魚、サワラを仕留めたのは長野市の岡田さん

もう少しサイズアップすれば、立派なブリだ

同時ヒットはよくあること。ネットが間に合わないときは思い切ってリーダーを掴んで抜き上げた方が早い

青物ゲームを飽きさせないイナダ。小さくてもおいしい

「アシストクラブ金進丸」は柏崎港のこの船着場から出船する

「冬はブリメインに狙っていくことが多いですね。ただ、ブリが厳しいときもあります。そんなときはスキッディングで色々な魚を釣る、というパターンもありですよ」

新潟柏崎港を拠点に、独自のルアーゲームを展開している「アシストクラブ金進丸」。

秋山進一船長が提案する釣法、スキッディングが人気を博しているが、やはり冬となれば通常のジギングも含め、ブリ狙いで出船することが多くなる。

取材時は日本海側各地でブリシーズン開幕を告げる「ブリ起こし」がすでに到来したとのことだった。

しかし、まだまだ水温は高く、少しシーズンには早い!?というタイミングだった。

まずはブリ狙いとばかりに水深60m台の本命ポイントに急行。

サワラのヒットも期待大!とのことだったので、乗船者も気合いのこもったジャークを繰り返す方が多かった。

期待に反しスタートはイナダクラスのオンパレード。

それでも転戦するうちに次第にサイズはアップ。

残念ながらブリクラスには届かなかったが小ブリと呼んでもいい良型ワラサまではキャッチ成功!

サワラも数本登場し、本格シーズンへの手応えは十分という印象の釣行だった。

「これからは3回予約して1回出船できるイメージ」と船長。

しかし、沖へ出ることさえできればブリキャッチの確率は高くなる。

防寒対策を万全に、ぜひ挑戦をおすすめする。

以上の記事は「つり丸」2016年12月15日号の掲載記事です。

関連記事
人気の中深海スロー系ジギング。焼津市アングラーズショップ「アクア」のキンメ仕立て船に同船。キンメはナンヨウキンメもまじえ,、全員がキャッチに成功!2㎏クラスも登場!大盛り上がりの釣行となった。
こんなときだからこそ、アシストフックの作り方を覚えておきたい!ストックを増やしておきたい!そんな前向きなアングラーに向け、アシストフック作り方講座を開催!
外房 青物ルアーゲームがベストシーズンに突入!現在はジギングでワラサが絶好調!当日は女性陣も満喫。ひとりで何本もキャッチしていた。ヒラマサの大型も回遊!タックルを万全にして出かけよう!
東京湾に横浜新山下「アイランドクルーズFC」が展開する、クロダイ&キビレ新釣法が登場!ワームを使ってキャスティング、ボトムを攻める!ボトムチニング!!その魅力と基本釣法を紹介!
人気の高いショアからのアジングゲーム。勢いはオフショアの釣りにも波及。磯子「釣福丸」は東京湾でも数少ない、通年アジを狙い続けている船だ。連日、沸騰中のアジングナイトゲーム!ぜひ、チャレンジを!
最新記事
「第11回 日本さかな検定(愛称:ととけん)」6月21日に開催 受検者募集
直江津沖水深23mラインでマダイが爆釣!怒涛のマダイラッシュで船中100枚超え!夜ヒラメは、同じく直江津沖水深20mラインで、超大型がキャッチされている。直江津沖は24時間乗っ込み大フィーバー中だ。
豪華賞品がその場で当たるキャンペーン!「YO-ZURIエギ祭2020年春」6月30日まで開催中!
南房洲崎沖は岩礁帯が多く、根魚の魚影が濃い!洲崎港「北山丸」はカサゴのサイズが魅力。25㎝は当たり前、30㎝クラスの超大型が連発!また、マハタやアカハタなど、まじりも多彩で、根魚五目が楽しめる。
最軽量のトランク型クーラーがさらに軽量化し使いやすくなって登場!「ライトトランクα」ZSS/SU/GU/S 3200・2400

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
つり丸船宿一覧
つり丸定期購読