MENU
沖釣り専門誌『つり丸』が徹底取材した釣果、釣り方、仕掛け、タックル、魚の生態、グルメコラムを中心に配信する釣り情報サイト
大物の海!相模湾・茅ヶ崎沖で10kg超え極上寒ブリをキャッチ!

大物の海!相模湾・茅ヶ崎沖で10kg超え極上寒ブリをキャッチ!

相模湾のブリ釣りは、今期も11月に開幕。ポイントは茅ヶ崎沖〜二宮沖水深160〜200m。例年、この深場にベイトを求めて回遊してくるブリを狙う。今期の模様を茅ヶ崎港「湘南海成丸」の鈴木敦船長に聞く。

perm_media 《画像ギャラリー》大物の海!相模湾・茅ヶ崎沖で10kg超え極上寒ブリをキャッチ!の画像をチェック! navigate_next

相模湾の冬の定番メニューになった落とし込みブリ釣り

相模湾のブリ釣りは、今期も11月に開幕した。

以前は深場のブリはカマスエサが大定番、もしくはアジエサであったが、近年はサバエサが主流になっている。

その釣り方は生きエサ釣りではあるが、九州や北陸、東海で盛んな落とし込み釣りである。

落とし込み釣りとは、サバの群れを船で追い、釣り人はまずサバを掛けてから、回収せずにそのままボトム付近まで落とし込み、サバをそのまま泳がしてブリを狙うというもの。

食物連鎖を応用した釣法である。

エサのサバが大きいのでターゲットとなるブリのサイズは10㎏前後だ。

ポイントは、茅ヶ崎沖〜二宮沖水深160〜200m。

例年、この深場にベイトを求めて回遊してくるブリを狙っているのだ。

今期の模様を茅ヶ崎港「湘南海成丸」の鈴木敦船長に聞くと、「とにかく最近はエサのサバを掛けるのが大変なんですよ。なぜだがヤリイカのプラヅノにはよく反応するんだけどね。エサを確保しといて、泳がせでも釣れるんだけど、やっぱり、落とし込みのほうがエサが元気な分、ブリに高アピールするみたいでよく釣れるよ」と話す。

ポイントの水深は160m以深

落とし込み釣りはとにかく 効率よくサバを掛けること

タックルはブリ狙いだからといって専用のものをそろえる必要はない。

竿はビシアジ用で十分。もちろん夏にキハダで活躍したロッドでもよい。

リールは、PE5〜6号を最低でも300m収納してある中型電動。

シマノ社製なら3000番〜4000番、ダイワ社製なら500番でオーケー。

仕掛けは宿で購入できる落とし込み専用の2本バリ胴付き。オモリは150号だ。

ハリにはサバを掛けることが目的なのでピンクフラッシャーが施してある。

これにさらにアピールアップを期待してサバの切り身を付ける。

追っかけアジ釣りのように、船長はサバの群れをソナーを駆使して追いかけて反応の上に船を乗せてから指示を出す。投入は船長の合図で。

船長の指示ダナ付近でリールをサミングしながらストップ&フォールする。

これでサバを掛ける。

サバが掛からず指示ダナを仕掛けが通過してしまったら、指示ダナより10m上まで一気に巻き上げる。

そして、再び、サバを掛けるためにフォールの誘いを行う。

つまり、この釣りではエサのサバはフォールで掛ける!と覚えておこう。

落とし込み専用仕掛けは、胴付き2本バリ。枝スの長さは60㎝だが、この長さがよいという

フラッシャーが付いたハリにサバの切り身を付けサバを釣る

サバが2匹掛かったら、フリーフォールさせてボトムへ

サバが仕掛けに2匹掛かったら、リールのクラッチを切ってフリーにしてボトムまでサバをおろす。

この際、フォールはゆっくりでもよい。とにかく、ブリの遊泳層までエサを落とすことが大事。

すんなりとサバが底まで落ちるより、サバが暴れまくりながらゆっくりと落ちていったほうがいい。

掛かっているサバは1匹より2匹のほうが、ブリに高アピールする。

オモリが着底したら、ポイントにもよるが底上1〜5mの範囲で静止させてアタリを待つ。

タナはその度に船長がら指示されるのでそれに従う。

サバがなかなか掛からないときは イカヅノや専用サビキで

今期のサバは例年に比べてなかなか手ごわい。

エサのベイトを追うためなかなか食わないのか、もともとの個体数が少ないのか、理由は定かではないが1匹が貴重だ。

落としこみでサバがヒットしないときは、ヤリイカの11㎝のシングルカンナのプラヅノサビキやフラッシャーサビキでサバを釣り、
手元のイケスに生かしておこう。

そして、泳がすのだ。
泳がせの仕掛けは落とし込みのものをそのまま流用してもよいが、泳がせ用の仕掛け(イラスト参照)に替えたほうがヒット率があがる。

ブリは捕食下手といわれているので、親バリ孫バリの2本バリ仕掛けで釣るのも一手。

ブリポイントにはヤリイカがいるので、ヤリイカを釣ってそれを泳がせてもよい。

しかし、一番よくヒットするのは、やはり落とし込み釣り、だということを再度言っておく。

元気に泳ぐサバエサが一番なのだ。

アタリがあったら早アワセは 禁物。道糸を送りこむ

アタリは前アタリから竿先に出る。その前アタリとは、サバがブリから逃げ回ることがアタリとして竿先に出る。

激しくサバが逃げ回り、その後、何度も竿が海中に引き込まれる。

この状態になるまでは想像以上の時間がかかるという。

前アタリがきたら、竿は下手に触らず置き竿のままで、まずはリールのドラグを緩める。

なかなか食い込まない(サバは暴れるが引き込まれない)ときは、道糸を送りこむとよいと船長は話す。

そうこうしているうちに竿にテンションがなくなるときもある。これもヒットしている。

いわゆる食い上げだ。

完全に引き込まれたとき、または、食い上げたらそこで初めてアワセを入れる。

アワセは少し強めにシャクリ上げるくらいでよい。

その後は、ポンピングはせずに電動リールで巻き上げてこよう。

10㎏級のブリでも深場でヒットすると、意外にも強烈な引き込みはない。

とてつもなく強い引きは、サメかイシナギであることが多い。

10kg超え極上寒ブリを狙って釣る 相模湾釣行レポート

やり取りは電動リールを活用する

エサのサバをいかに掛けられるかがカギ

泳がせではなく落とし込み釣りで12kgの極上寒ブリをキャッチしたのは、東大和市の湯川さん

ブリの取り込みは船長におまかせ!

町田市の横山さんは6.5kgをキャッチ。これも立派なブリだ

丸々と太ったブリ。船宿仕掛けにしっかりとフッキング。

今回、取材にご協力いただいたのは、神奈川・茅ヶ崎「湘南海成丸」

今年も相模湾はブリの季節となった。

年末から年明けにかけて10㎏クラスのブリがコンスタントに、しかも相模湾であがるとは10年ほど前には誰も想像していなかったであろう。

しかし、近年の相模湾は大物の海というイメージがある。

キハダやイシナギなど20㎏を超える大物が頻繁に釣り上げられているのだ。

それらの延長といってもいいのだろうか…。

相模湾のブリ釣りは年末から冬の間の定番釣り物になっているのだ。

ここで紹介するのは、落とし込み釣り。良型のサバをエサにして10㎏寒ブリを狙う。

「水深160〜200mの深場に毎年ブリが回遊するんですよ。このブリを捉えるためにいろいろと試したけど、落とし込み釣りが一番効率よく釣れることがわかってね。いまは、この釣りメインで狙ってます」とは、茅ヶ崎港「湘南海成丸」の鈴木敦船長。

仕掛けはブリ専用のため、胴付きの2本バリだ。

九州や北陸で使われている一般的な落とし込み仕掛けと比べるとハリスも長めだ。

「今年は昨年と比べてエサのサバを掛けるのが難しくてね。ブリはいるんだけどね。ようはエサ次第ってかんじです」と船長。

泳がせ釣りでは、新鮮で生きのよいエサの確保がとても大事。

その基本をいかに実践できるかが、この釣りの肝といえる。

以上の記事は「つり丸」2017年1月1日号の掲載記事です。

関連記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
走水沖のビシアジが好調だ!今回取材した走水港「関義丸」では半日船でトップ40匹台や50匹台をコンスタントに記録!脂が乗った美味アジの数釣りが楽しめる!!
最新記事
「つり丸・4月15日号(2021年)」の第3特集に掲載され波崎「信栄丸」の波崎沖の春のヤリイカ釣り取材の様子を動画で公開。
西伊豆戸田沖の夜ムギイカ釣りがシーズンイン!アンカーを打ってのカカリ釣りだから、ビギナーでも対応しやすい。盛期ともなれば束釣りは日常茶飯事、2束、3束なんて釣果も飛び出す。
4 月に解禁した大物釣りの聖地“銭洲”でシマアジが絶好調だ。解禁日も凪ぎ日に恵まれ、五目釣りを得意とする沼津「舵丸」船上では、シマアジとカンパチが乱舞した。
「つり丸・5月15日号(2021年)」の第1特集に掲載された東京湾・走水沖のビシアジ取材の様子を公開!
つり丸ちゃんねる
船宿一覧

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt

新型コロナウイルス
つり丸編集部の取り組み

つり丸船宿一覧
つり丸定期購読
get_app
ダウンロードする
キャンセル